「today」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月29日LINEフィードバック数:0マーケティング

LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破

【LINE NEWS】LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破2017.04.20LINE 特に30-50代男性におけるMAU増加率が高く、ユーザー数・ユーザー層共に拡大海外で展開している「LINE TODAY」を含んだ合計MAUは1億5,000万人以上を記録LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(

2015年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2万円でも日本株はまだ回復途上だ

リサーチ TODAY2015 年 4 月 15 日2万円でも日本株はまだ回復途上だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、日経平均株価は15年ぶりに2万円を回復したことが話題になった。みずほ総合研究所は、「日経平均株価2万円が視野に」と題するリポート1を発表しており、当該水準をすでに展望しながら議論してきた。確かに2万円は象徴的な水準であるが、1989年のバブルピークの4万円近い水準からは依然大きな差がある。より重要なのは、むしろ時価総額ではバブルピークの590兆円に近づいてきたことと考

2015年4月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

短観の注目点、なぜ企業は慎重なままなのか

リサーチ TODAY2015 年 4 月 6 日短観の注目点、なぜ企業は慎重なままなのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創4月1日に日銀から発表された2015年3月の短観では、下記の図表のように、大企業・製造業が横ばいとなったものの、大企業・非製造業が個人消費の回復などから改善し、内需の緩やかな回復が確認できるものとなった。みずほ総合研究所は、今回の短観に関するリポートを発表している1。製造業は、円安が押し上げ要因になる一方で、中国を中心とした新興国の減速などが意識され、全体としては横ば

2015年3月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか

リサーチ TODAY2015 年 3 月 23 日達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創円/ドル為替については、円安が進み、一時は121円台と2008年以来8年ぶりの円安水準になった。筆者が為替について長らくストーリーラインとしてきたのは、「達磨さんが転んだ」だった。すなわち、戦後の為替の5年から10年といった中期トレンドの転換はすべて米国サイドにあったとし、「ゲームのルール」を決める主導権はいつも「鬼」としての米国サイドにあったとするものだった。

2015年2月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀はどこまで国債を買えるか、2020年に国債は買占めだ

リサーチ TODAY2015 年 2 月 27 日日銀はどこまで国債を買えるか、2020年に国債は買占めだ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創これまでTODAYにおいて、日本の債券市場の機能は中央銀行による大量国債購入でまるで「麻酔状態」のようになっていると称してきた1。いまやこの状況は日本に限らない。直近のTODAYで「世界の金利の『水没』マップ」2と題して示したように、先進国を中心に世界が超低金利状態にある。欧州を筆頭に、日本でも中期ゾーンまでが水没に近い状態にあるが、米国においてQE

2015年1月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり

リサーチ TODAY2015 年 1 月 26 日若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創若年層の失業率低下や新卒者の求人倍率改善が示すように、足元で若者を取り巻く雇用環境は改善している。一方、若者の非正社員比率の上昇に歯止めがかかっていないこと、学校を卒業して就職した後に早期離職する若者の割合が近年上昇しているなど、若者の雇用を巡る環境には依然問題が多い。みずほ総合研究所は、若者就労に関するリポートを発表している1。今後の対策としては、限定正社員の普及

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

韓国から学ぶ訪日外客数拡大の鍵

リサーチ TODAY2014 年 3 月 31 日韓国から学ぶ訪日外客数拡大の鍵常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表にあるように、2013年は訪日外国人が初めて1,000万人を超えた記念すべき年だった1。東南アジアや、NIEs諸国からの訪問客が前年比1.5倍近くに増加したことが主因であり、アジアからの増加が今後も訪日外客数拡大の鍵を握ると展望される。みずほ総合研究所は「ASEAN観光客誘致策の日韓比較」と題したリポートを発表した2。そこではASEANからの観光客が急増した韓国との

2014年3月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州の経常収支黒字化も新興国問題の背景に

リサーチ TODAY2014 年 3 月 7 日欧州の経常収支黒字化も新興国問題の背景に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創過去1年余りを振り返り、ユーロ上昇やスプレッドタイト化の背景にあったのは、欧州債務危機の源にあった経常収支の赤字が黒字に大きく転換したことである。下記の図表のように、2013年のユーロ圏の経常黒字は約2,200億ユーロ(名目GDP比2.3%相当)と過去最大になった1。特筆すべきは、南欧諸国が経常黒字に転じたことである。ドイツが高水準の黒字を維持するなか、南欧における経

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年のシナリオは米国のもう一段の上方修正

リサーチ TODAY2014 年 2 月 25 日2014年のシナリオは米国のもう一段の上方修正常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週発表した内外経済見通しの大きなポイントは、2014年を展望するにあたり米国の見通しを上方修正させたことにあった1。2013年以降、みずほ総合研究所は経済全般の見通しを大きく前向き方向へと舵を切ったが、その背景には米国への見方を大きく転換したことにあった。それは同時に、ドル安誘導の為替政策からドル高に向かう転換を意味した。すなわち、米国が2007年以降の戦後

2014年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル

リサーチ TODAY2014 年 1 月 21 日2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年の経済については4月以降の消費税率引き上げに伴う減速もあることから、先行きには警戒を示す見方も多い。我々も消費税率引き上げに伴う一時的な減速は不可避と見るものの、その後、再び緩やかな回復を展望する。その背景には、今年は過去の3つの大きな足枷から正常化の基調にあるという位置づけがある。それは、脱「失われた3年」、脱「失われた7年」、脱「失われた2

2013年12月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

いま、グローバル金融機関は何に注目するか?

リサーチ TODAY2013 年 12 月 13 日いま、グローバル金融機関は何に注目するか?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日に引き続き、米国出張記録第2弾である。今回の米国出張の最大の目的はIIF(The Institute ofInternational Finance) の中にあるグループ、The Market Monitoring Group (MMG)の会合へ参加することであった。そもそもIIFは1983年にグローバルな債務危機に対応することを目的として設立された民間金融

2013年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国出張メモ、アベノミクスへの関心は根強い

リサーチ TODAY2013 年 12 月 12 日米国出張メモ、アベノミクスへの関心は根強い常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、ニューヨークで米国の市場関係者を中心に意見交換を行った。米国訪問は、アベノミクスのセミナーで行った6月、10月に続いて、今年3回目となった。アベノミクスが始まってから約1年が経過したが、改めて日本への関心、アベノミクスへの根強い関心を米国の市場関係者が持っていることを意識した。年半ば以降は、日本株の調整も含めアベノミクスへの関心が沈静化した面を意識していた

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の賃金は本当に上がらないのか

リサーチ TODAY2013 年 11 月 27 日日本の賃金は本当に上がらないのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のTODAYで、円安にも関わらずなぜ輸出の伸びが鈍いのかという論点を取り上げた。今日、さらに日本経済に関し議論になる論点の一つに、日本の賃金は本当に上がらないのかという点がある1。足元、日本企業の収益は改善が示され、安倍政権は政労使協議の場などで産業界に賃上げを要請している。また、一部の企業経営者からは賃上げに前向きな発言も聞こえている2。下記の図表に示されるように春

2013年10月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

男性無業率の高止まりが意味するもの

リサーチ TODAY2013 年 10 月 17 日男性無業率の高止まりが意味するもの常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創15歳~59歳の既卒男性のうち無業者(ふだん仕事をしていないか、臨時的にしかしていない人)の割合をみると、バブル崩壊後に急上昇したのち、高止まりしている。みずほ総合研究所は先月、無業者の実態把握と支援の強化が必要との趣旨のリポートを発表している1。下記の図表から、無業者の人口に占める割合(無業率)は1992年~2002年にかけて顕著に上昇し、2002年以降は高止まりが続

2013年10月10日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を見ています。

消費増税で家計負担はどうなる、住宅購入は?

リサーチ TODAY2013 年 10 月 10 日消費増税で家計負担はどうなる、住宅購入は?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創消費税率を引き上げた場合の景気等への影響が大きな話題になったここ数カ月であった。これまでも、みずほ総合研究所は消費税率引上げの影響を議論してきたが、今回、改めて消費増税の前後で家計負担がどう変化するかについて試算を行った1。下記の図表は、一定の前提のもとに、年収別に消費税率引上げによる増税額を試算した結果である。■図表:年収階層別の消費税負担額(試算)年間収入年

2013年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

東京五輪で日本への観光客拡大、都市再生を

リサーチ TODAY2013 年 10 月 8 日東京五輪で日本への観光客拡大、都市再生を常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2020年の東京オリンピック開催決定に関しては、既に先月、TODAYでも取り上げた1。また、今月の『みずほリサーチ』2でも述べたが、その趣旨は、直接的に建設費等で試算される効果を越え幅広い影響が及ぶ点にある。そのリポートでも次の5要因から、今日、日本の置かれた環境にとっては絶妙のタイミングで、脱「失われた20年」に向けた効果があるとした。■図表:2020年東京オリン

2013年10月6日Epticaフィードバック数:0モバイル海外

Mobile websites failing to deliver right experience to 52% of UK consumers

You are here91% of consumers say good digital customer service from insurers makes them more loyal – yet the UK’s leading insurance companies fail to accurately answer more than two thirds (68%) of routine questions asked through the web, email, Twit

2013年10月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今、韓国でも注目されるアベノミクス

リサーチ TODAY2013 年 10 月 1 日今、韓国でも注目されるアベノミクス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、韓国ソウルで開催された韓国をテーマとしたセミナーに参加した 1。そのなかで、「日本経済と韓国」、アベノミクスが韓国に与える影響についてのパネルに加わった。韓国は2008年のリーマン危機後、世界に先駆けて景気回復を果たし、2009年にはプラス成長(0.3%)を維持できた。その主因は輸出の持ち直しにあり、サムスン電子や現代自動車を筆頭に韓国企業はグローバル市場で存在感を

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も

リサーチ TODAY2013 年 8 月 30 日日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本の銀行貸出の推移である。2011年以降、着実に改善の傾向が続いている。貸出増加の大層は大企業が中心であったが、足元、漸く中小企業もプラスに転ずる兆しがある。株価は上昇し、企業のマインドに先行きへの明るさが生じたが、企業がキャッシュを潤沢に保有する状況下、外部資金を積極的に取り込むまでには至っていない。企業マインドは着実に変化を示すが、資金需要が

2013年8月29日イード★★フィードバック数:0モバイル

モバイル通信の実測データを基にしたレポートです。

RBB TODAY SPEED TEST分析レポート

News 2013年8月28日 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 2013年8月28日 各位 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋 以下、イード)が運営するIT総合ニュースサイト「RBB TODAY」は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが計測したデータよりNTTドコモ、KDDI、ソフト

2013年8月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日米の長期金利の乖離はどこまで続くか

リサーチ TODAY2013 年 8 月 23 日日米の長期金利の乖離はどこまで続くか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創1カ月前のTODAYで足元の状況は日本版「ペギング(釘付け)」状態との問題意識を改めて示した1。下記の図表は、今年の日米の長期金利の推移である。日本の長期金利は5月に0.8%台に上昇したあと、再び0.7%台まで低下し、さながら1%以下でペギング状態に入ったように見える。日銀が大量の長期国債購入をコミットするなか、市場金利の安定を志向するとの認識が市場に共有されたことで、

2013年8月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国減速第二弾、中国は急減速を避けられるか

リサーチ TODAY2013 年 8 月 20 日新興国減速第二弾、中国は急減速を避けられるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所では新興国経済の減速への転換に注目し、各地域を担当するエコノミストが分析を加えている。今回はその第二弾として、最も注目度の高い中国経済への分析を紹介する。中国では景気の減速下、今年6月には銀行間取引市場での金利高騰による混乱も生じたことから、経済の先行き不透明感が強く意識されている。こうした状況を見極めるべく、今月みずほ総合研究所では、中国経済の

2013年7月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

曲がり角にある韓国の新政権

リサーチ TODAY2013 年 7 月 2 日曲がり角にある韓国の新政権常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創韓国は米国や日本を目標とするキャッチアップ型の発展を遂げてきた。韓国企業は米国や日本などが開発した技術にいち早く適応し、それをベースに製品開発を進めるファストフォロワー戦略で競争力を高め、2000年代に入るとサムソン電子や現代自動車を筆頭にグローバル市場で存在感を高めた。2008年のリーマン危機後、韓国が世界に先駆けて景気回復を果たし、2009年にプラス成長(0.3%)を維持できた

2013年6月14日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

世界中、どこを見ても2%物価目標は困難だ

リサーチ TODAY2013 年 6 月 14 日世界中、どこを見ても2%物価目標は困難だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回も引き続き、先週の米国出張記録第3弾である。昨日のTODAYで日米の長期金利は金融政策の出口論が生じるなかでもその上昇は限られるとした。その一因には、本日の主題である世界の物価は内外市場参加者が意識するほどには上がりにくくなっている点がある。以上の論点は、先週の米国セミナーで筆者が主張した点でもあり、米国の市場参加者の関心を引いた点でもあった。下記の図表は日米欧

2013年5月31日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

街おこしに企業の視点を活かそう

リサーチ TODAY2013 年 5 月 31 日街おこしに企業の視点を活かそう常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所では、4月に地域経済に関し長年の経験をベースにした『地域活性化ビジネス』と題する書籍を刊行した1。下記の図表はそのなかで示した各都道府県別の人口増加率の推移である。今日、アベノミクスで成長戦略が課題になるが、東京を中心とした大都市圏を除き、殆どの地域が人口減少にあるなかで、いかに地域活性化を実現できるかが問われている。■図表:都道府県別にみた人口増減6(%)4

2013年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

経済は米国で決まる、やっぱり米国経済を学びなさい

リサーチ TODAY2013 年 5 月 28 日経済は米国で決まる、やっぱり米国経済を学びなさい常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は今月、米国経済に関し米国の調査経験豊かな2人のエコノミストによる『やっぱりアメリカ経済を学びなさい』と題する書籍を刊行した1。今年、みずほ総合研究所は米国経済のバランスシート調整が大きく進展したとの認識に転換し、成長率も大幅に上昇修正した。その結果、日本を中心に見通しを大きく前向きに転換し「脱失われた20年」の第一歩としたが、その背景にある

2013年4月10日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

貿易収支は2012年度が底で今年度は改善に

リサーチ TODAY2013 年 4 月 10 日貿易収支は2012年度が底で今年度は改善に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2月のTODAYで円安の効果は、輸出の増加を通じて日本経済にプラスの影響を与えるとした1。今回はそこでの議論をさらに発展させて、今後の貿易収支の展望を行う。今回行ったみずほ総合研究所の試算では、海外景気の回復を織り込むと貿易赤字は2012年度に最大となり、2013年度以降は赤字が縮小する。ここでは輸出の回復力が鍵を握るが、我々の推計からは輸出の為替感応度が近年低下

2013年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治

日銀の金融革命、今度は民間に問われる「今でしょ」

リサーチ TODAY2013 年 4 月 8 日日銀の金融革命、今度は民間に問われる「今でしょ」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年2月に日銀新総裁に黒田氏の指名が決まったとき、筆者に「ドリームチーム」と話した海外投資家は4月4日の日銀の決定を「Kuroda big bang 最高のプレゼントだ」とした。かねてより筆者が世界の中央銀行の置かれた状況を「金融緩和オリンピック」と称していることを受け、「今回のオリンピックの勝者は日本」とした。今回の決定は甘利経済財政政策担当大臣が110%と

2013年3月30日Arbitronフィードバック数:0モバイル海外

APPS DOMINATE VIDEO ONLINE CONSUMPTION ACROSS SEVEN ARBITRON MOBILE SMARTPHONE PANELS IN THE U.S., EUROPE, AND ASIA

Nielsen today announced that premium podcasting company Panoply Media has selected the Nielsen Data Management Platform (DMP) - a core Nielsen Marketing Cloud application - to power in part its Megaphone Targeted Marketplace, which introduces audienc

2013年3月24日イード★フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

ソフトバンクが優位とのことです。

RBB TODAY SPEED TEST分析レポート

News 2013年3月19日 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 2013年3月19日 各位 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋 以下、イード)が運営するIT総合ニュースサイト「RBB TODAY」は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが計測したデータよりNTTドコモ、KDDI、ソフ

2013年2月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本は絶好の円安(対ドル、ユーロ、ウォン)を活かせ

リサーチ TODAY2013 年 2 月 7 日日本は絶好の円安(対ドル、ユーロ、ウォン)を活かせ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYではユーロ高の影響を議論した1。今日、日本で生じているマインド改善は為替の円安による面が大きいが、それは対ドルによる影響に止まらない。むしろ、産業界の意識としてこれまで日本の輸出産業と競合してきたのは、欧州ではドイツであり、アジアでは韓国であった。その結果、産業界は対ドルの円高にとどまらず、ユーロ安や韓国ウォン安の影響を強く問題視してきた。足

2009年11月9日イードフィードバック数:0モバイル

RBB TODAY モバイルアワード2009

News 2009年10月20日 【RBB TODAY】「モバイルアワード2009」を発表 2010年10月20日 各位 ユーザー満足度・期待度の高いモバイル製品/サービスを決める「モバイルアワード 2009」を発表 株式会社IRIコマース&テクノロジー東京都中野区中央1丁目38番1号代表取締役 宮川 洋 株式会社IRIコマース&テクノロジー(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋)が運営する「RBB TODAY」は20日、「モバイルアワード2009」の結果を発表した。 読者投票によりユ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ