「van」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(2月)

公開日付:2017.03.08 2月の外国為替市況では、24日のニューヨーク外国為替市場において、米国新政権の経済政策に対する不透明感を背景にリスク回避的な円買い・ドル売りが加速し、円相場は約2週間ぶりに1ドル=111円台の円高に振れた。米国の連邦準備制度理事会(FRB)による3月での利上げは難しいとの観測を強めたことも円相場を押し上げる要因になり、2月9日以来の円高ドル安水準を付けた。こうしたなか、企業倒産は依然として沈静化が続き、2月の「円安」関連倒産は3件(前年同月14件)だった。また、「

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(12月)

公開日付:2017.01.13 2016年12月のドル円相場は、米国大統領選挙でトランプ氏が勝利した以降は、次期政権での財政支出拡大の期待から、16日の東京外国為替市場では一時1ドル=118円台まで円安が進んだ。118円台になったのは2016年2月初旬以来、約10カ月ぶり。さらに、12月に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げと2017年の政策金利の引き上げ見通しが3回となったことを受けて、ドル買い・円売りの動きが継続された。こうしたなか、2016年12月の「円安」関連倒産

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(11月)

公開日付:2016.12.08 11月のドル円相場は、9日に1ドル=101円台で推移したが、米国大統領選挙の結果が判明した以降は、次期政権での財政支出拡大の期待もあって、24日の東京外国為替市場では1ドル=113円台まで急激に円安が進んだ。113円台になったのは、3月29日以来約8カ月ぶり。さらに堅調な経済状況を背景に米国の連邦準備制度理事会が12月にも利上げに踏み切るとの思惑が広がり、金利上昇が見込んだドル買いの動きが進んだ。こうしたなか、2016年11月の「円安」関連倒産は3件(前年同月13

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(10月)

公開日付:2016.11.09 10月のドル円相場は、円高基調で推移するなか、27日のニューヨーク外国為替市場では1ドル=105円台まで下落した。105円台になったのは、7月29日以来約3カ月ぶり。米国経済の雇用状況の堅調さから、米国の連邦準備制度理事会の年内利上げに対する思惑が膨らみ、ドル買いが一段と広がったことが影響した。このほか、資源エネルギー庁発表の10月31日時点のレギュラーガソリンの全国平均店頭価格は年初来高値の126.3円になり4週連続で上昇した。今後の各方面への波及が懸念される。

2016年10月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(9月)

公開日付:2016.10.11 9月のドル円相場は、概ね1ドル=102円レベルを軸に推移した。米国の早期利上げ観測が後退するなか、9月21日の日銀金融政策決定会合で長短金利操作付きの新型金融緩和の導入で1ドル=102円後半まで動いた。しかし、日銀の政策決定に対する評価が分かれたことや米国の連邦準備制度理事会が利上げを見送ったことで、ドル円相場はその後に100円前半まで円高に振れた。為替相場は今年1月以降、「円高・ドル安」が進んできたが、相場関係者の中では円高要因になっていた日本の貿易黒字拡大に鈍

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「円安」関連倒産(3月、2015年度)

公開日付:2016.04.08 2016年3月のドル円相場は、3月17日に海外市場において一時1ドル=110円67銭を付けた。これは日銀が追加金融緩和に踏み切った2014年10月31日以来、約1年4カ月ぶりの円高・ドル安水準になった。その後も円相場は、1ドル=111円から113円台で推移し、2016年3月の「円安」関連倒産は、14件(前年同月17件)になった。この結果、2015年度(2015年4月-2016年3月)の関連倒産の累計は145件(前年度比44.2%減、前年度260件)で、前年度より4

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「円安」関連倒産 2015年累計は151件

公開日付:2016.01.13 2015年のドル円相場は、6月に東京外国為替市場で2002年12月以来12年半ぶりに一時、1ドル=125円台をつけて円安が進行した。その後は一服をみせたが、8月に入って中国経済の減速懸念から金融市場が動揺し、ニューヨーク外国為替市場では1ドル=116円台まで円が一転して急上昇するなど不安定さを強めた。12月のドル円相場は、後半からは狭いレンジで推移し、概ね1ドル=120円台で推移して1年を終えた。2015年12月の「円安」関連倒産は8件(前年同月22件)にとどまり

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 2014年度は214件、前年度より半減

「金融円滑化法」関連倒産 2014年度は214件、前年度より半減 公開日付:2015.04.08 3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産は16件だった。14カ月連続で前年同月を下回り、2014年度では前年度より半減の214件にとどまった。3月の負債総額 6カ月連続で100億円を下回る  3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産は16件。2014年2月以降14カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は、73億6,400万円(前年同月比11.4%減)で、6

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件 公開日付:2015.01.13 2014年12月5日の外国為替市場は一時1ドル=121円台まで円安が進み、2007年7月以来、7年4カ月ぶりの円安水準になった。日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかっている。急速な円安は輸出企業には収益を押し上げるメリットもあるが、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野では物価を押し上げ中小企業の体力を消耗させている。倒産全体は中小企業への年末資金の円滑化が図られ抑制されたが

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 11月は21件

公開日付:2014.12.08 外国為替市場での円安進行が止まらない。12月5日には一時1ドル=121円台まで円安が進み、2007年7月以来7年4カ月ぶりの円安水準になった。急速な円安は、輸出企業には収益を押し上げるが、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野では物価を押し上げ中小企業の体力を消耗させ、一般家庭の支出行動にも影響が出始めている。2014年11月の「円安」関連倒産は21件(前年同月比16.6%増、前年同月18件)だった。日銀の追加金融緩和で円安に拍車がかかっている

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ