2008年9月1日 | 調査のチカラ

  2008年9月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
任意の項目でデータを絞り込む
2008年9月1日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日本銀行による電子マネーの動向調査です。

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について2008年8月22日日本銀行決済機構局要旨 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況をみると、年度末発行枚数は8,000万枚を超え、同発行残高(未使用残高)も771億円となった。また、年度中の決済件数は810百万件、同決済金額は5,636億円と、それぞれ大幅に増加した。こうした利用増加の背景としては、新規電子マネーの発行や一部電子マネーにおける相互運用の開始、共用端末設置の拡充等

2008年9月1日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

ネット証券の利用(第10回)

株式売買の経験率は3割。過去3年間の利用経験率の推移をみても3割程度で落ち着いている状況 株式売買経験者ベースでは、8割がインターネットでの株式売買経験あり ネット取引経験がある証券会社トップは「イー・トレード証券」。また「ジョインベスト証券」が前年に比べ10ポイント程度上昇 主にネット取引をしている証券会社のイメージは「手数料が自分の投資スタイルとあっている」が5割でトップ、2位は「わかりやすい」と続く 【調査対象】 インターネットコミュニティ「MyVoice」の登録メンバー【調査方法

2008年9月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したい理由」IBMの「機能」とNECの「導入後サービス」への支持率が低下

「利用したい理由」IBMの「機能」とNECの「導入後サービス」への支持率が低下

2008年9月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「SIerを選ぶ理由」大塚の「コスト」,NTTデータの「ブランド」強し

「SIerを選ぶ理由」大塚の「コスト」,NTTデータの「ブランド」強し

2008年9月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「SIerを選ぶ理由」FJBが「実績」で急伸,NSSOLの「提案力」,電サの「保守」は強みを維持

「SIerを選ぶ理由」FJBが「実績」で急伸,NSSOLの「提案力」,電サの「保守」は強みを維持

2008年9月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「サーバー選定の条件」で「環境にやさしい」が,今後の選定では約6割に急増

「サーバー選定の条件」で「環境にやさしい」が,今後の選定では約6割に急増

2008年9月1日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ブレードサーバの採用検討が進んでいるようです。

「サーバーを切り替え予定」の約20%が「ブレードを採用見込み」,特にIA64利用者が高率

「サーバーを切り替え予定」の約20%が「ブレードを採用見込み」,特にIA64利用者が高率

2008年9月1日アイシェアフィードバック数:0モバイル

携帯電話との距離は? 仕事中「30cm以内」が4割~寝る時も3割が30cm以内に

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2008年9月1日マイボイスコムフィードバック数:3モバイル

iPhone

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへiPhone所有者は0.5%。良いと感じているのは「Web閲覧」「iPod機能」「デザイン」、不満点は「使用料金が高い」「端末価格が高い」「バッテリーの消耗が早い」など iPhone購入意向者は19.1%。魅力点は「タッチパネル」が最も高く、次いで「iPod機能」「Web閲覧」 購入意向者が希望する利用形態は、「iPhoneのみ」が68.2%、「複数所有して使い分ける」が18.8% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニ

2008年9月1日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ネットからの「架空請求」4割が経験アリ~対応は?「無視」が9割

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

クロスメディアに関する調査--30代が最も「指定検索キーワード広告」に接触

クロスメディアに関する調査--30代が最も「指定検索キーワード広告」に接触  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、クロスメディアに関する調査を実施した。 前回の調査「第2回クロスメディアに関する調査(上)」では、「○○と検索してください」という手法の接触率や検索率、広告の影響度に関する調査を行った。 今回は、前回の調査を世帯年収別と年代別にクロス集計をし、クロスメディアがどのような層に効果があるのかを探ってみた。 ≪調査結果サマリー≫世帯年収が高

ジェネレータコンテンツに関する調査--キャンペーン成功のカギはクチコミと・・・

ジェネレータコンテンツに関する調査--キャンペーン成功のカギはクチコミと・・・  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、「顔ちぇき!」などに代表されるジェネレータコンテンツに関する調査を行った。≪調査結果サマリー≫ジェネレータコンテンツの利用経験率は31.6%。男性に比べ女性の利用率が15ポイント以上高い。SoftBankユーザーにおける利用率が最も高く、auユーザーが最も低い。95%以上のユーザーは「5個未満」のジェネレータコンテンツしか

アスリートイメージ評価調査

「アスリートイメージ評価調査」を実施 ~アスリートに対し生活者が抱くイメージを総合的に測定~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2008年8月27日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:佐藤孝 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:萩原徳正 以下博報堂DYスポーツマーケティング)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。この調査はCMキャスティン

2008年9月1日マクロミルフィードバック数:0エンタテインメント

2008年 北京オリンピック事後調査

2008年08月28日北京オリンピックを「観戦した人」は75%。観戦競技は「競泳」が85%でトップ活躍したと思う選手・チームは「北島選手(競泳)」が88%で最多、次いで「ソフトボールチーム」が71%、「上野投手(ソフトボール)」が62%感動したシーンは「競泳男子平泳ぎ北島選手の2冠達成」、「ソフトボールチーム、上野投手が連投で金メダル獲得」がともに7割を超える北京オリンピック、「日本人選手の活躍に感動した(87%) 」、「日本人として恥ずかしくないプレーを見せてくれた(78%)」インターネット調

2008年9月1日NTTアドフィードバック数:0ライフスタイル

見た目年齢に対する自己認識と願望

見た目年齢に対する自己認識と願望

2008年9月1日ネットエイジアフィードバック数:1大型消費/投資

自動車に関する調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」

日系企業イメージ調査in 中国

日系企業イメージ調査ランキング日系企業イメージ調査2008 in 中国 企業好感度 ランキング(全体上位10社・日本企業上位10社)好感度トップ3はIBM、マイクロソフト、ノキアの欧米系企業が並ぶ。日系企業では9位のキヤノンが最高であった。イメージスコア* ランキング(全体上位10社・日本企業上位10社)イメージ上位3社はIBM、BMW、メルセデス・ベンツとなり、好感度と同様、欧米系企業となった。日系企業は10位以内には1社も入らず、最高はキヤノンの11位だった。*ポジティブイメージ合計とネガテ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ