2013年1月20日 | 調査のチカラ

  2013年1月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
任意の項目でデータを絞り込む

介護サービスについての事業者側の調査です。

アンケート結果からみる定期巡回・随時対応サービス(暫定集計値)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

チェコ経済・金融概況(2013年1月)

チェコ経済・金融概況(2013年1月)

2013年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

BTMU Economic Brief:南アフリカ~ポテンシャルの発揮を妨げているものは何か?

BTMU Economic Brief:南アフリカ~ポテンシャルの発揮を妨げているものは何か?

2013年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治

ロシア経済・金融概況(2013年1月)

ロシア経済・金融概況(2013年1月)

2013年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

海外経済フラッシュ:中国:2012年第4四半期GDPは7.9%へ加速、通年では7.8%へ減速

海外経済フラッシュ:中国:2012年第4四半期GDPは7.9%へ加速、通年では7.8%へ減速

2013年1月20日内閣府フィードバック数:6社会/政治

平成23年度国民経済計算確報(ストック編等)

国民経済計算年次推計厚生労働省より「毎月勤労統計」の再集計値が公表されたことを受け、「雇用者報酬」を再推計し、それに伴い再計算が必要となる「平成29年度国民経済計算(フロー編)」(平成30年12月25日公表)の計数を改定し、1月25日に平成28年及び平成29年分を公表しました。また、4月5日には平成6年から平成27年分を公表しました(雇用者報酬は2月14日にQEで公表したものと同じです)。 統計の概要 推計結果 経済社会総合研究所 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁

二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ

二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ | ニッセイ基礎研究所 二期目のオバマ政権、「財政の崖」回避で緩やかな成長持続へ 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大統領選挙後も政権・議会との勢力図に変化は無くネジレ状態が続いたため、年末・年始に期限を迎えた「財政の崖」の合意が難航、年明けにずれ込んだものの、オバマ大統領が

ユーロ高の実相

ユーロ高の実相 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 外国為替市場では、12年7月を底とするユーロ安の修正局面が続いており、特に対円でのユーロ高には日銀の追加金融緩和期待も手伝って弾みがついている。ユーロの名目実効為替相場の増価率は、制度・政策的にユーロに対する変動幅が抑えられている欧州通貨の比重が高いため、対円の増価率に比べて遥か

2013年1月20日大和総研フィードバック数:5社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか? ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか?安倍政権の成立の影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に改訂調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆安倍政権成立の影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に改訂:当社は、2012年12月26日(水)に、安倍政権が成立した影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に上方修正した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前

2013年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

米国経済見通し 続く財政問題の不透明感

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 続く財政問題の不透明感 ここから本文です米国経済見通し 続く財政問題の不透明感雇用環境の改善は道半ばサマリー◆いわゆる「財政の崖」は、急激な財政緊縮という意味では、2013年初に回避された。だが、2月末にかけて先送りされた歳出の強制一律削減と連邦債務の上限引き上げ、さらに2013会計年度の予算などの財政に絡んだ論点がなおも存在する。◆中長期的な財政再建の方針も明確ではなく、「崖」回避に際して一部増税が行われたが歳出削減は手つかずに近い。こうした議

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ

トップレポート・コラム経済分析中国中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ ここから本文です中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ2012年のジニ係数は0.474と警戒ラインを上回るサマリー◆国家統計局によると、2012年の中国の実質GDP成長率は7.8%だった。成長率の8%割れは1999年の7.6%以来13年ぶりである。四半期ベースの実質GDP成長率は、7月~9月まで7四半期連続の成長率鈍化となったが、10月~12月にようやく上向いた。景気は2012年7月~9月に底を打ち、今後は緩やかに

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し ここから本文です欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆しユーロ圏企業景況感は2か月連続で改善サマリー◆ユーロ圏経済は2012年10-12月期に大きく冷え込んだと推測される。中国向けなどの輸出が失速したことを受け、企業が在庫調整のために生産を落としたとみられる。ただ企業景況感は11月に続き、12月も改善した。米国の景気が緩やかながら拡大していることに加え、中国も景気改善へ転換点を迎えたとみられることが、景況感改善を後押ししてい

Weekly金融市場2013年01月18日号

Weekly金融市場2013年01月18日号

外食のシチュエーションによるポジショニングマップが含まれます。

外食に関する調査

外食に関する調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ