2013年11月29日 | 調査のチカラ

  2013年11月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
任意の項目でデータを絞り込む

第13回:企業の工業見学ページのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第13回:企業の工業見学ページのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、企業の工場見学ページのネット視聴率を調べました。調査期間:2012年11月1日~2013年4月15日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なりま

第23回:選挙候補予定者公式サイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第23回:選挙候補予定者公式サイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、参議院選挙候補予定者の公式サイトの視聴率を調べました。調査期間:2013年6月6日~2013年6月30日調査内容:6月13日現在で各政党の公式サイトに掲載されていた公認候補予定者について、各候補予定者の公式サイトトップページの視聴率を測定。候補予定者の公式サイトは以下の条件で選定。政党の公式サイトで紹介されているWebサイトまたはブログWebサイトとブログの両方の掲載がある場合は、Webサ

第28回:ファストファッションサイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第28回:ファストファッションサイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、ファストファッションサイトの視聴率を調べました。調査期間:2013年4月10日~2013年8月19日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なります。このランキングはあくまでも弊社が設定した調査の結果

第34回:派遣会社サイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第34回:派遣会社サイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、派遣会社のサイトの視聴率を調べました。調査期間:2013年5月28日~2013年9月30日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なります。このランキン

第36回:パワースポットサイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第36回:パワースポットサイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、パワースポットのサイトの視聴率を調べました。調査期間:2013年1月3日~2013年10月23日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なります。

第37回:ドラッグストアサイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第37回:ドラッグストアサイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、ドラッグストアサイトの視聴率を調べました。調査期間:2013年4月10日~2013年10月28日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なります。

第38回:水族館サイトのネット視聴率ランキング(2013)

ネット視聴率ランキング第38回:水族館サイトのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、水族館サイトの視聴率を調べました。調査期間:2012年12月27日~2013年11月10日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって結果が異なります。このランキング

第5回:好きなカフェとそのイメージ(2007)

ブランドなんでもランキング第5回:好きなカフェとそのイメージ営業で外回りをして疲れ切って、ふと目に付いたカフェについつい入ってしまう、そういう方も多いのではないでしょうか。「ブランドなんでもランキング」5回目は大手カフェチェーンのイメージを聞いてみました。スタバとドトールが2強まずは、好きなカフェを聞いてみたところ、スターバックス52ポイント、ドトールコーヒー46ポイントとほかを大きく引き離した結果となりました。ちなみに、気軽に本格的コーヒーを楽しめる店としてドトールがオープンしたのが1980年

第8回:携帯電話の機種およびキャリア変更の動機(2007)

ブランドなんでもランキング第8回:携帯電話の機種およびキャリア変更の動機各社とも競い合うように開発している新機種。とあるグッズ誌の編集者が「毎月新製品を紹介するページがあるけど、とてもすべてカバーできない」と言うほど、大量に毎月発売になります。業界としては大変にぎわっているようですが、はたしてユーザーはどうなのでしょう。今回は携帯電話の機種変更について、聞いてみました。デザイン重視が圧倒的まず、機種変更の際、重要視する点を聞いてみたところ、「デザインが好みかどうか」が圧倒的に多く、59パーセント

第17回:「Panasonicの“生活家電”」に対する馴染み度調査(1回目)(2008)

ブランドなんでもランキング第17回:「Panasonicの“生活家電”」に対する馴染み度調査(1回目)先般、松下電器産業株式会社は2008年10月をもって社名を「パナソニック株式会社」に変更することを発表しました。同時に、日本国内で、白物家電・住宅設備機器などの生活家電分野で長年使用してきた「National」ブランドの「Panasonic」への切り替えに着手することも発表しました。同社によれば、「National」は2009年度を目処に廃止される予定とのことです。今後は、AV機器など「黒物家電

第31回:商品ブランド単独 VS 企業ブランド付き商品ブランド(2009)

ブランドなんでもランキング第31回:商品ブランド単独 VS 企業ブランド付き商品ブランド企業は商品を販売する際、自社ブランドを付ける場合と反対に自社ブランドをあえて前面に出さない戦略を採る場合があります。それでは、単独で商品ブランドを見たときと、企業ブランドが付いた商品ブランドを見たときとで、私たちの受けるイメージにはどういった違いが出るのでしょうか。今回は5つの製品について、「商品ブランドのみ」及び「商品ブランド+企業ブランド」で提示したときに受けるイメージをそれぞれ聞いてみました。調査対象は

第32回:冷蔵庫の機能名称(2009)

ブランドなんでもランキング第32回:冷蔵庫の機能名称各社技術を競い、日々進化している家電。製品そのものだけでなく、それぞれの機能にまでネーミングが施されている製品は他にあまりないのではないでしょうか。今回はそんな家電の中で冷蔵庫にフォーカスしてみたいと思います。冷蔵庫を選ぶのに、今のご時世省エネ性能は当然のこと。しかしもちろんそれだけでは冷蔵庫は決められません。メーカー側も機能に様々な名称をつけてその特長をアピールしています。それでは消費者が魅力的だと感じるネーミングとはどんなものなのでしょうか

第33回:新旧ロゴマークイメージ調査(2009)

ブランドなんでもランキング第33回:新旧ロゴマークイメージ調査ロゴマークは企業のもつビジョンやコンセプトを視覚化することでブランドを伝達するものです。消費者にとってもロゴマークは企業を認識するための重要な手掛かりとなります。長年消費者に親しまれたロゴマークを変更することは、企業にとってブランド戦略の大きな節目となることが少なくありません。今回は近年変更されたロゴマークについて、新しいロゴマークのどのような点が評価できるのか、消費者のイメージを尋ねてみました。Case1:明治製菓この8月に明治乳業

第34回:企業のCSR活動事例に対するイメージ調査(2)(2009)

ブランドなんでもランキング第34回:企業のCSR活動事例に対するイメージ調査(2)企業の社会的責任、CSR(Corporate Social Responsibility)という言葉は徐々に定着してきました。最近では「義務」としての側面から「期待に応える」社会的責任に変化しているといわれています。こういった中、自社の利益追求だけを求めるのではなく、社会との調和を通じて企業価値の向上を目指す企業もあります。今回はこうした企業の取り組みが、消費者にどのように受け止められているのかを調査してみました。

第38回:Car Brands 2010 in Chinaの上位車種・ブランド調査(2010)

ブランドなんでもランキング第38回:Car Brands 2010 in Chinaの上位車種・ブランド調査今年の第一四半期、中国でのGDPの成長率は前年比約12%の伸びというから中国の経済成長はすさまじいものです。日本ブランド戦略研究所ではこの度、Car Brands 2010 in China調査を行いました。認知度、広告接触度、機能的価値、情緒的価値、購入意向、プレミアム意向や他者への推奨意向など様々な観点から行った中国自動車市場での車種別ブランド調査です。今回はこのCar Brands

第44回:国民の86%は消費税の増税を容認!? 質問の仕方による回答の差異に関する調査  その2(2011)

ブランドなんでもランキング第44回:国民の86%は消費税の増税を容認!?– 質問の仕方による回答の差異に関する調査 その2かつて、消費税の前身である売上税の導入を巡ってある新聞社が行った世論調査に対して、その政策の実現を支援するためにあえて賛成者が増えるような質問の仕方をしていたという疑問が提起されました。調査には必ず前提条件があって行われるものですが、それを受け止める側には様々な立場の人がいますので、こうしたバイアスに対する批判はつきものという感はあります。とはいえ、質問の仕方以外の条件は全く

第47回:製品ジャンルを代表するブランド(2011)

ブランドなんでもランキング第47回:製品ジャンルを代表するブランド市場創造型の革新的ブランドが出ると、その強烈な印象から本来は特定メーカーの登録商標であるブランド名がその製品を含む製品ジャンルの代表であるかのように用いられるようになることがあります。かつて、昭和の時代には多くの人がコピーを取ることを「ゼロックスする」といったり、携帯カセット音楽プレーヤーのことをウォークマンと呼んだりしたものでした。製品ジャンルの代表のように用いられることには強いブランドであることを示す象徴的意義があります。今回

第48回:ランキングによる企業イメージの変化(2011)

ブランドなんでもランキング第48回:ランキングによる企業イメージの変化世の中には企業を対象とした様々なランキングが発表されています。そのデータは自社に有益な情報をもたらしてくれますが、公表される順位を見て外部の人がどのように感じたかも気になるところです。今回はそんなランキングによる企業イメージの変化を調べてみました。調査の結果は以下の通りです。転職人気企業1位のグーグルには「この企業に興味を持った」転職サイトのDODA(デューダ)が社会人5,000人に対するアンケートに基づいて行う転職人気企業ラ

第60回:4月クールドラマの番組ホームページ訪問者(推定接触者)(2013)

ブランドなんでもランキング第60回:4月クールドラマの番組ホームページ訪問者(推定接触者)4月クールのドラマは最終回を向えました。各ドラマの最終回前に当たる6月12日に弊社より今期のドラマの番組ホームページネット視聴率ランキングについてリリースを出しておりましたが、最終回を終えた今、改めてTV視聴率が良かった番組について番組ホームページ訪問者(推定接触者)の動向を見てみたいと思います。今4月クールで最もTV視聴率の高かったドラマは「ガリレオ」(フジテレビ系)で最終回では19.1%でした。特に女性

2013年11月29日ディップ★フィードバック数:0キャリアとスキル

当事者アンケートです。

「派遣法改正案の認知度と感想」についてユーザー意識調査

申し訳ございませんが端末を縦向きにしてご利用ください 人、AI・RPAの両面から企業を 支援する労働力の総合商社へ人材サービスに加え、AI・RPAを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。 採用情報“夢” “アイデア” “情熱”に溢れる あなた方との出会いを楽しみにしています。

2013年11月29日Twin Planetフィードバック数:0ライフスタイル

GRP Award 2013

2021 Copyright. All Rights Reserved.The Sponsored Listings displayed above are served automatically by a third party. Neither the service provider nor the domain owner maintain any relationship with the advertisers. In case of trademark issues please

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014~15年米欧経済見通し-QE縮小をこなし回復が続く米国、なお脆弱さが残る欧州

2014~15年米欧経済見通し-QE縮小をこなし回復が続く米国、なお脆弱さが残る欧州

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ