2013年12月2日 | 調査のチカラ

  2013年12月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費者物価 ここから本文です10月消費者物価コアコアCPIが前年比+0.3%とプラス転換。耐久財価格の一部も上昇サマリー◆2013年10月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.9%と、市場コンセンサス(同+0.9%)通りの結果となった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)が前年比+0.3%と、プラス圏へ浮上したことが、コアCPIの上昇幅が前月から拡大した要因である。◆201

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費統計 ここから本文です10月消費統計一時的に悪化したが、11月以降個人消費は増勢を強める見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年10月の実質消費支出は季節調整済み前月比0.0%と、前月から横ばいとなった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲3.0%と3ヶ月ぶりに減少している。◆経済産業省「商業販売統計」によると、10月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲1.0%と3ヶ月ぶりに減少した。1

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本10月鉱工業生産 ここから本文です10月鉱工業生産コンセンサスからは下振れしたが、増加基調継続サマリー◆2013年10月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+2.0%)からは下振れしたものの、生産は増加基調にあるという判断に変更はなく、先行きについても引き続き増加傾向が続く見込みであることから、過度に悲観視すべき内容ではない。◆10月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種が低下となった。上昇し

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月雇用統計 ここから本文です10月雇用統計建設業の就業者数が3ヶ月連続で増加サマリー◆2013年10月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月から3万人の増加、非労働力人口は同16万人の減少となった。就業者数は前月から8万人増加した。10月の有効求人倍率(季節調整値)は0.98倍と前月から0.03pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月ぶりに前月から減少、有効求人数は13ヶ月連続の増加となった。有効求人倍率に先

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

検討進む日本版スチュワードシップコード

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs検討進む日本版スチュワードシップコード ここから本文です検討進む日本版スチュワードシップコード~機関投資家に何を期待するか?~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー企業の持続的な成長をサポートするために、機関投資家と投資先企業との対話を深めることを促進する機関投資家向け行動原則の策定が進んでいる。これは、英国のスチュワードシップコードを模範とするものである。英国スチュワードシップコードは、適用対象となる機関投資

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

トップレポート・コラム法律・制度税制NISA創設の背景と活用法 ここから本文ですNISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬 サマリー2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資本流入と資本規制

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達資本流入と資本規制 ここから本文です資本流入と資本規制~ASEAN主要国のケース~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリーアジア通貨危機以降、ASEAN4の金融資本市場は大きく発展し、資本流入規模も拡大した。アジア通貨危機前、リーマン・ショック前・後で比べると、徐々に資本流入規模が拡大し、リーマン・ショック後が最も多くなった。リーマン・ショック後で最も多いのが証券投資であった。国別ではEUと米国からの株式投資

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

脱アジアが鍵になる中国のFTA

トップレポート・コラム経済分析中国脱アジアが鍵になる中国のFTA ここから本文です脱アジアが鍵になる中国のFTA~TPP参加も一つの戦略に~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国がアジアにおける覇権のリバランスを図っている。中国は、それを再度リバランスすることに焦点を定め、経済大国の米国に対抗すべく日中韓FTAの締結交渉を進めており、その核心は日中経済の結合強化だった。一方で、中国は2013年5月に米国からTPP交渉への参加を打診されており、それに応える形でTPP

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

成長戦略の一端を担う米国のFTA

トップレポート・コラム経済分析米国成長戦略の一端を担う米国のFTA ここから本文です成長戦略の一端を担う米国のFTA『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国は輸出を増やすために、米国企業の活動の舞台を海外企業と公平さを保つことを目指す通商政策の一つとしてFTAを選択してきた。米国のFTAの多くは、ブッシュ(子)政権の時期に交渉、締結されてきた。オバマ政権は、金融危機以降に輸出倍増戦略を発し、ブッシュ(子)政権時に締結されたFTAを批准し、TPP交渉や対欧州FTAなど

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

トップレポート・コラム経済分析米国米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの ここから本文です米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済転換の鍵を握る地方政府

トップレポート・コラム経済分析中国中国経済転換の鍵を握る地方政府 ここから本文です中国経済転換の鍵を握る地方政府サマリー◆習近平・李克強体制となった中国では、客観的なマクロ経済の諸条件に加え、前政権下で積み残された問題をハイライトすることによって、新政権としての独自性を示し、求心力を高めたいという側面もあってか、中国経済が様々な点から見て今転換期を迎えており、構造改革を進めていく、あるいはいかざるを得ない時期にさしかかっているという認識を強く打ち出すようになっている。注目された11月の三中全会で

【フィリピンGDP】7-9月期は7%を維持、そして台風

【フィリピンGDP】7-9月期は7%を維持、そして台風 | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】7-9月期は7%を維持、そして台風 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は11月28日、2013年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で7.0

輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など

輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など | ニッセイ基礎研究所 輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先進国向けの輸出に加えて、新興国向けの輸出も伸び悩んでいることで、輸出主導経済である韓国や台湾では成長率の低迷が長期化して

金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に

金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に | ニッセイ基礎研究所 金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済では金融危機からは5年が経過した。全治3~4年と言われ、実際、株価やGDPはリセッション前の水準を回復している。しかし、雇用や住宅市場がリセッション前の水準

2013年12月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年12月号 マクロコントロールを強める政府

中国経済展望2013年12月号 マクロコントロールを強める政府

2013年12月2日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成23年商品流通調査

 地域間における商品流通状況を明らかにし、地域産業連関表及び関係都道府県が作成するそれぞれの地域の産業連関表作成のための基礎資料を得る。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 調査分析支援室 産業連関班(2015年12月1日から調査分析支援室が担当になりました。)Tel : 03-3501-1511(代表)(内線2837)、03-3501-6648(直通) 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年12月2日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成23年産業連関構造調査(資本財販売先調査)

 産業連関表(基本表)で資本財として取り扱われる製品について、国内設備投資向け販売高の産業別内訳等を調査し、産業連関表及びその付帯表である「固定資本マトリックス」作成の基礎資料を得る。は、10府省庁共同事業として行っており、本調査は、産業連関表作成の基礎資料収集のために各府省が必要に応じて行う産業連関構造調査の一つ。お知らせ更新情報問い合わせ先 経済産業省 大臣官房調査統計グループ 調査分析支援室 産業連関班Tel : 03-3501-1511(代表)(内線2837)、03-3501-6648

2013年12月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石油統計速報 (平成25年10月分)

石油統計速報(速報のみ)石油統計速報 令和3年9月分 令和3年10月29日資源エネルギー庁資源・燃料部政策課1.原油の動向 9月の原油輸入量は1,177万kl、前年同月比115.3%と2ヶ月連続で前年を上回った。輸入量の多い順にみると、(1)アラブ首長国連邦(427万kl、前年同月比133.0%)(2)サウジアラビア(408万kl、同99.7%)(3)カタール(99万kl、同129.3%)(4)クウェート(95万kl、同116.0%)(5)バーレーン(40万kl、同267.2%) となっている

2013年12月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済産業省生産動態統計速報 (平成25年10月分)

経済産業省生産動態統計統計表一覧(経済産業省生産動態統計) 鉱工業指数をご利用の場合は、こちらをクリックしてください。速報 Preliminary Report【2021年9月分速報】・・・2021年10月29日8時50分 公表確報 Revised Report【2021年9月分確報】・・・2021年11月15日13時30分 公表鉄鋼 銑鉄・フェロアロイ・粗鋼・鋼半製品・鍛鋼品・鋳鋼品,普通鋼熱間圧延鋼材,普通鋼冷間仕上鋼材(線類を除く),めっき鋼材(線類を除く),冷間ロール成型形鋼,特殊鋼圧

2013年12月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成25年10月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)、製造工業生産予測指数 鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向を捉え、また、生産の先行き2か月の計画を把握することで、日本の生産活動をいち早く把握します。鉱工業指数(IIP)についてお問合せ先※新型コロナウイルスに対する感染拡大を防止するため、出勤者の人数を制限しております。電話でのお問い合わせの際にはお待たせする場合がございますが、ご了解下さい。 経済産業省 大臣

2013年12月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計(平成25年7月、8月及び9月分)

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成25年7月、8月及び9月分) 平成25年11月29日 木造3階建て住宅については、昭和62年の建築基準法の改正(同年施行)により、一定の技術基準に適合する戸建て住宅について準防火地域での建設が可能となり、平成4年の建築基準法の改正(平成5年施行)により防火地域、準防火地域以外(平成10年の改正(平成11年施行)により防火地域以外)で一定の技術基準に適合する木造3階建て共同住宅について建設が可能となった。また、枠組壁工法では平成16

2013年12月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年10月分 速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年10月分 速報) 平成25年11月29日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。なお

2013年12月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成25年10月分)

平成25年11月29日10月の住宅着工は, 分譲住宅は減少したが, 持家, 貸家が増加したため, 全体で増加となった。(参考)(PDF 平成25年10月の住宅着工の動向について ファイル172KB)(民間非居住建築物)事務所, 倉庫は減少したが, 店舗, 工場が増加したため, 全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲載内容につきましては『【月次】集計事項/集計範囲一覧表』をご参照下さい。(Excel ファイ

2013年12月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年10月分)について 平成25年11月29日民間工事は、製造業、鉱業,採石業,砂利採取業,建設業、卸売業,小売業等が減少したが、不動産業、サービス業、情報通信業等が増加したため、対前年同月比67.0%増加し、7ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比61.1%増加し、7ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧

2013年12月2日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

福祉行政報告例(平成25年9月分概数)

福祉行政報告例(平成25年9月分概数) 福祉行政報告例は、身体障害者福祉・児童福祉等社会福祉関係諸法規の施行に伴う各都道府県、指定都市及び中核市における行政の実態を数量的に把握して、社会福祉行政運営のための基礎資料を得ることを目的とする。 データを.xls形式でダウンロードできます。 [96KB]統計表1 障害児福祉手当等受給者の状況統計表2 特別児童扶養手当受給者の状況統計表3 保育所の状況統計表4 児童扶養手当受給者の状況表章記号の規約は以下のとおりである。計数不明又は計数を表章することが不

2013年12月2日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用保険事業月報・年報

雇用保険事業月報・年報職業安定局雇用保険課数理係電話:03-5253-1111(内線5762) PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right

2013年12月2日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

被災3県の雇用状況について(平成25年11月分)

被災3県の雇用状況について(平成25年11月分)岩手県、宮城県及び福島県の被災3県について、現在の雇用状況は以下の通りです。 職業安定局雇用政策課(代表電話) 03(5253)1111(内線5722)(直通電話) 03(3502)6770PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5

2013年12月2日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

労働保険の適用徴収状況

労働保険の適用徴収状況労働保険の適用徴収の状況労働保険の適用徴収の状況を把握し、労働保険適用徴収制度の基礎資料を得ることを目的とする。労働基準局労働保険徴収課業務係(内線:5163) (1)都道府県別労災保険・雇用保険適用状況(2)新規成立事業数・廃止事業数(3)都道府県別労働保険料・一般拠出金徴収状況 (1)都道府県別労災保険・雇用保険適用状況(2)新規成立事業数・廃止事業数(3)都道府県別労働保険料・一般拠出金徴収状況 (1)都道府県別労災保険・雇用保険適用状況(2)新規成立事業場数・廃止事

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(内外経済の見通し/総括表)

平成25年11月(内外経済の見通し/総括表)

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(内外経済の見通し/全文)

平成25年11月(内外経済の見通し/全文)

2013年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?

100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ