2015年4月8日 | 調査のチカラ

  2015年4月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 2014年度は214件、前年度より半減

「金融円滑化法」関連倒産 2014年度は214件、前年度より半減 公開日付:2015.04.08 3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産は16件だった。14カ月連続で前年同月を下回り、2014年度では前年度より半減の214件にとどまった。3月の負債総額 6カ月連続で100億円を下回る  3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産は16件。2014年2月以降14カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は、73億6,400万円(前年同月比11.4%減)で、6

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「東日本大震災」関連倒産 3月は28件、2年11カ月ぶりに前年同月を上回る

申し訳ございませんが、お探しのページが見つかりませんでしたお探しのページが移動・削除されているか、直接入力されたURLにタイプミスがあるかもしれません。大変お手数でございますが、入力されたURLをご確認のうえ、再度お試しいただけますようお願い申し上げます。なお、弊社では2013年12月9日にホームページを全面リニューアルいたしました。本リニューアルにおきましては、TOPページ以外のページのURLを全て変更しており、これまでブラウザ等のお気に入りに登録されていたお客さまは大変お手数でございますが、

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「人手不足」関連倒産 2014年度は「求人難」型が前年度より2.4倍に増加

「人手不足」関連倒産 2014年度は「求人難」型が前年度より2.4倍に増加 公開日付:2015.04.08 大手企業を中心に業績が好転するなかで、依然として中小企業を中心に人手不足感が解消をみせていない。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近は「求人難」型の増加が目立つ。2015年3月の「人手不足」関連倒産は24件(前年同月28件)だった。これを受け

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる 公開日付:2015.04.08 外国為替市場では、日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかり、一時1ドル=121円台まで円安が進んだ。2015年に入って急速な進行は見られないものの円安基調は続いている。円安は輸出企業の収益を押し上げる要因になる一方で、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野の物価を押し上げ、中小企業の体力を消耗させる恐れがある。3月の「円安」関連倒産は17件(前年同月15件)だ

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度 出版業の倒産状況

公開日付:2015.04.08 全体の企業倒産が低水準に推移するなか、出版業の年度倒産は3年ぶり前年度を上回った。専門書などを扱う老舗企業の倒産が目立ち、メディアの多様化に伴う業界の厳しい現状を映し出した。 全体の倒産がバブル景気時並みの低水準に抑制されるなか、2014年度の出版業倒産は41件(前年度比41.3%増、前年度29件)にのぼり、3年ぶりに前年度を上回った。また、負債総額は113億300万円(同272.4%増、同30億3,500万円)で、平均負債額が2億7,500万円(前年度比164.

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「全国社長 出身地・出身校」調査

公開日付:2015.04.08 都道府県別の社長「輩出率」では徳島県がトップになった。ただし、輩出率の高止まりには歯止めがかからない地方の人口減少が影を落としている。社長の出身地と会社所在地を対比した「地元率」では、最も高率を示したのは沖縄県の94.4%だった。本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約269万社(2014年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)から、出身地や出身校を抽出し集計した。本調査は2010年から5回目。 社長の出身地の都道府県別では、最多は東京都の7万4,86

2015年4月8日文部科学省★フィードバック数:0キャリアとスキル

日教組などの団体への加入状況です。

平成26年度 教職員団体への加入状況に関する調査

現在位置トップ > 教育 > 教員の免許、採用、人事、研修等 > 教職員の人事管理 > 教職員団体への加入状況に関する調査結果について > 平成26年度 教職員団体への加入状況に関する調査結果について 平成26年度 教職員団体への加入状況に関する調査結果について 1 調査日平成26年10月1日現在 (昭和33年(新採用教職員は昭和35年)から毎年10月1日現在で実施)2 調査対象大学及び高等専門学校を除く公立学校に勤務する全ての常勤教職員(再任用職員を含む)を対象として実施。3 調査結果のポイ

2015年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

用意周到さを示したインド準備銀 ~米利上げに対応の一方、追加利下げ実現の可能性を探る姿勢~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Market Flash 揺るぎない決意は変わらない筈

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月8日BlackRock★フィードバック数:0大型消費/投資

投資家調査です。

インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)の日本における調査結果

SEPTEMBER 2021 GLOBAL OUTLOOK - リスク選好を維持する理由 マーケット情報投資アイデア基礎講座(はじめての方へ) 資産とウェルビーイングに関する グローバル調査世界の人々は自分の資産状況について何を考え、感じているのかブラックロックは、個人の資産とWell-Being(ウェルビーイング、人生に対する充実感)がどのような関係にあるかを理解するため、深く掘り下げた調査を行いました。 グローバルで第6回、日本では第4回目となるこの調査は世界13市場の約2万7,000

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

インダストリアル インターネットの機会と課題‐インダストリー4.0

インダストリアルインターネットの機会と課題‐インダストリー4.0 産業界に第4次産業革命(インダストリー4.0)が到来しています。この革命は製品、バリューチェーン、ビジネスモデルのデジタル化の拡大と相互接続を特徴としています。産官学で推進するドイツ企業235社への調査から、インダストリー4.0の本質的な特徴と、それがもたらす機会と課題について報告します。本質的な特徴バリューチェーンの垂直および水平統合と管理改善の機会製品・サービスのデジタル化と相互接続(モノやサービスのインターネット)新

2015年4月8日福井県フィードバック数:0大型消費/投資

恐竜博物館 年間入館者数が70万8,975人となりました!

報道発表資料年間入館者数が70万8,975人となりました!恐竜博物館の平成26年度の年間入館者数は708,975人(野外恐竜博物館を含む。)となり、25年度に引き続き70万人を超えましたので、下記のとおりお知らせします。記1 3月末現在の年度累計入館者数(年度)(入館者数)(前年度との比較)平成26年度708,975人+646人(0.1%増)平成25年度708,329人(これまでの過去最高)平成24年度541,155人平成23年度515,028人※26年度は野外恐竜博物館を含む。2 入館者数の四

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ