2018年3月5日 | 調査のチカラ

  2018年3月  
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
任意の項目でデータを絞り込む

動画広告においてインバナー/インフィード広告はユーザーにとって ストレスを比較的感じにくい動画広告フォーマットである調査結果を発表

動画広告においてインバナー/インリード広告はユーザーにとって ストレスを比較的感じにくい動画広告フォーマットである調査結果を発表 アルファアーキテクト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岸 伴哉)が運営する動画プラットフォーム「VeleT(ベレット)」にて、動画広告の種類によってユーザーへ与えるストレスの違いに関するアンケート調査(※1)を行いました。 ■動画広告フォーマットによる意識調査に関して本調査では、インバナー/インリード広告(従来のバナー広告枠や、様々な記事内に動画が挿入され、

2018年3月5日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

生活者に選ばれている電子マネーとは?利用実態を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2018年3月5日フィードフォースフィードバック数:0マーケティング

ソーシャルPLUS、過去1年間のソーシャルログイン利用状況を発表

>> ソーシャルPLUS、過去1年間のソーシャルログイン利用状況を発表!~過去1年間で最も多く利用されたのはYahoo!ログイン。モバイルではLINEログインがトップに~ソーシャルPLUS、過去1年間のソーシャルログイン利用状況を発表!~過去1年間で最も多く利用されたのはYahoo!ログイン。モバイルではLINEログインがトップに~株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」

2018年3月5日GEM Partnersフィードバック数:0マーケティング

動画配信(VOD)市場5年間予測(2018-2022年)レポート

<動画配信(VOD)市場規模の予測>2022年の動画配信市場は2017年比1.4倍、定額制動画配信(SVOD)サービスが市場の約8割を占めると予想 動画配信(VOD)市場5年間予測(2018-2022年)レポート 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都港区、代表取締役:梅津 文)は、2017年の動画配信(VOD)市場と、その後2022年までの市場規模を3つのシナリオで予測した「動画

2017年のPC動画広告、6秒以下の短尺素材シェアが前年比大幅増

2017年のPC動画広告、6秒以下の短尺素材シェアが前年比大幅増2018年02月28日株式会社ビデオリサーチインタラクティブインターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之)は、先月(1月25日)のプレスリリースに引き続き、動画広告の広告統計サービスをもとに、2017年の動画広告素材の尺(長さ)について取りまとめました。今回の結果は、当社独自基準に基づいて収集・DB化した、PCの動画広告やディスプレイ広告など

消費者のSNS利用を左右する「承認欲求」を徹底分析!

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 2017年は、「インスタ映え」が流行語の年間大賞をとり(※1)、国内のInstagram月間ユーザー数が2,000万人に急伸したことも発表されました(※2)。このようにInstagramをはじめ、FacebookやTwitterなどのSNSは、現在、消費者の生活に欠かせないものになっています。そしてSNSが社会に浸透したことで、いいね!を得るためにモノを買ったり、どこかへ出かけるといった、「承認欲求に起因する消費者行動の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ