2019年3月4日 | 調査のチカラ

  2019年3月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)

2019/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)正社員、非正社員ともに1月の過去最高を更新〜 「飲食店」は正社員、非正社員ともに前年から不足感が上昇 〜はじめに2018年の人手不足倒産の件数は153件(前年比44.3%増)となり、調査を開始した2013年以降で最多を更新し、人手不足が企業活動に与える影響は一段と強まっている(帝国データバンク「『人手不足倒産』の動向調査(2013〜18年)」)。また、2018年の有効求人倍率は45年ぶりの高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増して

2019年3月4日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査(2019年2月)

2020年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査(2019年2月)

2019年3月4日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

学生の地元で働く意向調査

プレスリリース記事詳細「地元には東京にない魅力と可能性がある。でも...」 Uターンに4割が意欲も、二の足を踏む理由は?株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)の研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、学生調査モニターの大学生を対象に、「就職プロセス調査」を実施いたしました。本リリースでは、2018年12月1日時点で民間企業への就職が確定している大学生に「地元で働くことについての考え」と「地元で働くことについて不安はあるか」を尋ねた結果を分析し、まと

2019年3月4日GMOメディアフィードバック数:0大型消費/投資

決済手段とキャッシュレス事情に関する調査

「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~ 2019.2.2110代女子の「キャッシュレス」の認知度は7割超意味まで知っている子は2割超昨今、現金を用いないで支払う「キャッシュレス」決済が話題となっていますが、10代女子における「キャッシュレス」の認知度はどの程度なのかを調査しました。その結果、「

生活健康基礎調査

一般生活者より「塩・糖・脂」の摂りすぎに注意している 医師のセルフケアに関する調査 医療従事者への簡易Web調査「TenQuick」/一般生活者への健康に関する意識と実態「生活健康基礎調査」株式会社アンテリオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢)は、全国の16~79歳の男女2632人を対象に、「健康」に関する意識と実態の把握を目的とした自主企画調査「生活健康基礎調査」を実施しました。今回、その中から健康のためのセルフケアに関する回答を抜粋し、医師に対して簡易Web調査「TenQui

2019年3月4日エンパワーフィードバック数:0大型消費/投資

中古品買取に関する実態について調査

買取専門店「大吉」で売却できる意外なもの5選 年賀はがきを現金化!(全国約280店舗を展開する買取専門店「大吉」が「中古品買取」に関する実態調査を実施) ブランド品などの買取りを手掛ける買取専門店「大吉」(以下「大吉」)を全国約280店舗展開する株式会社エンパワー(代表取締役社長:増井 俊介 本社:東京都新宿区、以下、エンパワー)は、「大吉」の主要10店舗に来店された20代から80代の男女を対象に中古品買取に関する実態について調査を実施しました。 ■調査概要【データ出典】調査方法:買取専門店

2019年3月4日リーズンホワイフィードバック数:0ライフスタイル

がん患者が納得できる治療を目指す医療機関によるサポートその現状と課題を探る調査

がん領域の専門看護師・認定看護師の87%が「セカンドオピニオンの推進活動が不十分」と回答 -がん患者が納得できる治療を目指す医療機関によるサポートその現状と課題を探る調査結果を発表- 2月24日、福岡国際会議場などで開催される「第33回日本がん看護学会学術集会」の教育セミナー(リーズンホワイ株式会社共催)(*1)で、がん化学療法看護認定看護師の柳澤史乃らによって実施された調査結果が発表されます。調査の目的は、「セカンドオピニオン」の推進状況と「がん患者指導管理料」の取得状況を明らかにし、課題を抽

高校生の日常生活・学習に関する調査

高校生の約40%は動画投稿も!?高校生の日常生活・学習に関する調査結果を公開(学研教育総合研究所) 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)の学研教育総合研究所は、全国の高校生1~3年生の各学年・男女100人ずつ(計600組)を対象にアンケート調査を行い、その結果を高校生白書Web版 「高校生の日常生活・学習に関する調査」として公開しました。《「高校生白書2018」調査カテゴリ》●日常生活について●メディア・情報通信機器について●将来について●学習について●習い事

2019年3月4日i-plugフィードバック数:0キャリアとスキル

就活生の『働き方』意識調査結果発表

平成最後の就活生は「適職より”適職場”型」。就活生の『働き方』意識調査結果発表 2020年卒は「だれと働くか」が基点。「どのような人が働いているか」を気にする学生が約7割。社内の雰囲気も重視 株式会社i-plugは2019年2月、2020年卒の学生向けに「働き方」に関する意識調査を実施しました。2017年(2018年卒向け)、2018年(2019年卒向け)に続き3度目の調査です。3月1日、今年も採用広報活動解禁日を迎えます。働き方改革による時間外労働等の見直しが、少しずつ浸透してきました。若者

2019年3月4日アデコフィードバック数:0ビジネス

女性管理職の意識調査

【女性管理職の意識調査】管理職を自ら希望した女性管理職は、わずか1割未満。4割以上が、採用や昇進において「男性優位」を感じる ― さらに上級職へ昇進したい女性管理職は55% ― アデコは、管理職として働く女性550名を対象に、働きがいや昇進のきっかけなどに関する意識調査を実施しました。 ⼈財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの⽇本法⼈で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、管理職(※1)として働く女

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ