2019年7月11日 | 調査のチカラ

  2019年7月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
任意の項目でデータを絞り込む

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割)・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難 2019年7月8日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏の

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年) 国内キャッシュレス決済市場は2023年度には約126兆円までの拡大を予測 ~モバイル決済の進展とコンタクトレス決済の拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内キャッシュレス決済市場の調査を実施し、市場概況やサービス提供事業者の事業戦略、2023年度までの将来予測を明らかにした。 国内キャッシュレス決済市場規模推移と予測1.市場概況2018年度の国内キャッ

2019年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

高機能包装材料市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 高機能包装材料市場に関する調査を実施(2019年) 2018年の高機能包装材料市場は前年比101.0%の77万9,185tと微増で推移~社会やライフスタイルの変化の中で、包装材料の新たな価値が問われる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の国内の高機能包装材料市場の動向を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 2018年の高機能包装材料の市場規模(国内出荷及び輸出

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ