2019年9月10日 | 調査のチカラ

  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
任意の項目でデータを絞り込む
2019年9月10日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

DX国内動向調査結果を発表

Japan, 2019年8月29日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業を対象としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の動向調査結果を発表しました。これによると、国内企業のDXへの取り組みは、より現実的な目標、業務上の課題解決に向けたものとなっている一方で、その効果を実感していない企業も多く、DXプロジェクト/システム間の連携も道半ばであることがわかりました

2019年9月10日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し

03 Sep 2019顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し Japan, 2019年9月3日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界の顧客エクスペリエンス(CX)テクノロジーに対するIT支出額予測を発表しました。Worldwide Semiannual Customer Experience Spending

2019年9月10日LeadingTechフィードバック数:0大型消費/投資

貯金実態調査2019

貯金実態調査2019LeadingTechが運営する情報メディア「ワイズローン」は、「貯金実態調査2019」を発表しました。本調査は2019年現在の国民の貯金状況を明らかにすることを目的に実施され、計1,060の有効回答を得ました。従来の調査では簡易的な選択式アンケートが用いられているのに対し、本調査では数値データを取得することでより精緻な分析を行っています。サマリ貯金額の平均値は317万円、中央値は100万円。全体の53%が貯金100万円以下 貯金年数と貯金額に強い相関。早期からの資産形成が鍵

2019年9月10日CCCマーケティング★フィードバック数:0大型消費/投資

SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較

TOP >ニュースリリース >SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較ニュースリリース SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較 CCCマーケティング株式会社 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント 来街目的、消費傾向、エンタメ、ファッション...イマドキ女子大生の比較分析からみえたエリア特性T会員のライフスタイル・データに基づく

2019年9月10日FUN! JAPAN★フィードバック数:0エンタテインメント

日本のどんなコンテンツが視聴されている?FUN! JAPANオンライン調査結果を発表

日本のどんなコンテンツが視聴されている?FUN! JAPANオンライン調査結果を発表 アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下Fun Japan Communications)は、台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドのアジア7カ国の訪日旅行事情について調査しました。日本への関心が高い100万人以上のFUN! JAPA

【2019年若者の離職意向に関する調査】入社3年以内、『退職予備軍』は約5割

【ニュースリリース】2019年若者の離職意向に関する調査/入社3年以内、『退職予備軍』は約5割 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、17~29歳の正社員・契約社員・公務員の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。入社3年以内の若者に対し、4月末時点においての退職意向と、意向があればその理由について調査、結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。 ※本調査は、8月13日にリ

【2019年若者の副業に関する調査】「副業をしている・したい」若者は7割

【ニュースリリース】2019年若者の副業に関する調査/「副業をしている・したい」若者は7割 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、17~29歳の正社員・契約社員・公務員の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。そのなかで、近年話題となっている「副業」についての結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。※本調査は、8月13日にリリースした「退職代行サービスの利用意向」に続き、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ