2019年9月19日 | 調査のチカラ

  2019年9月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
任意の項目でデータを絞り込む

カタリナ マーケティング ジャパン、2019 年の消費税増税に向けた購買動向を分析

2019年の消費税増税に向けた購買動向を分析 カタリナ マーケティング ジャパン、国内のSM/GMS流通売上の5割以上を網羅する流通ネットワークを対象 〜消費増税前後における、売上と購買行動傾向をカテゴリー別に分析、考察する〜 カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Brett Wayn、以下 カタリナ)は、国内のSM/GMS流通売上の5割以上を構成する主要チェーンの1万を超える店舗において、週あたり1億件以上、年間4700万IDの購買データを捕捉しています

「STARTUP DB」調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング

国内スタートアップ資金調達金額ランキングレポート(2019年1〜8月)近年、大型資金調達のニュースが多く見受けられる。2017年に比べ、2018年に資金を調達したスタートアップは企業数こそ減っているものの、STARTUP DB調べで合計資金調達額は1.5倍に伸びている。5年で見ると、4倍にまで伸びている。つまり、1社あたりの金額が増加しているということが言えるだろう。大学とスタートアップの提携や、経済産業省によるスタートアップ支援プログラム”J-Startup”、INCJをはじめとする官民ファン

2019年9月19日ニフティフィードバック数:0エンタテインメント

ラグビーW杯、7割が観戦予定。女性は「観ない」が43%で、注目度に男女差も

ラグビーW杯、7割が観戦予定。女性は「観ない」が43%で、注目度に男女差も。@niftyニュース「何でも調査団」で「ラグビー」についての調査レポートを公開 ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野島 亮司)は、同社子会社のニフティネクサス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田 由希子)が運営する、@niftyニュース「何でも調査団」にて、「ラグビーについてのアンケート・ランキング」を、本日9月13日(金)に公開しました。 「何でも調査団」では、日本で初めての開催と

2019年9月19日LINEフィードバック数:0社会/政治

LINEリサーチで消費税増税に関するアンケート調査を実施

【LINEリサーチ】8%から10%に消費税が増税。キャッシュレス決済普及への期待は? 今年の10月、ついに消費税が8%から10%に引き上げられることになっています。今回は全国10~60代の方々に、増税についてのアンケートを実施しました。その調査結果をお伝えします。①増税にはあきらめムード、駆け込み購入には結婚式も! 今年10月に消費税が引き上げられることについては、98%の方々が「知っていた」と回答しました。今回の増税について考えていることについては、「しかたがないこと」との回答がトップとな

2019年9月19日レノボ・ジャパンフィードバック数:0モバイル

74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」

[プレスリリース]74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」 レノボ、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施 レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、テクノロジーがもたらす年齢への意識について調査結果を発表しました。 レノボは、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施しました。その結果日本では、74歳以上世代の3人に1人が、日ごろからスマホなどに触れていることで

2019年9月19日ビデオリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

シニア女性のメイクアップ化粧品への関心が増加~ネットでの情報収集は10%アップ~

ニュース シニア女性のメイクアップ化粧品への関心が増加~ネットでの情報収集は10%アップ~シニア女性のメイクアップ化粧品への関心が増加株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:望月 渡)は、敬老の日にちなみ「Senior+/ex(シニアプラスエクス)」の最新データから「シニア女性の化粧品に対する関心と情報収集の変化」を分析しました。なお、この分析はビデオリサーチのシニア研究チーム「ひと研究所 VRエイジング・ラボ」が協力して実施しています。シニア女性のメイクアップ化粧品(ベース、ポイ

2019年9月19日ネスレ日本フィードバック数:0ライフスタイル

後期高齢者(75歳以上)の食と健康に関する実態調査

[後期高齢者(75歳以上)の食と健康に関する実態調査]を発表 75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連 必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在 高齢者の意識は「粗食が大切」、一方、管理栄養士は「逆に不健康」と回答 ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー(本社: 兵庫県神戸市、カンパニープレジデント: 中島 昭広、以下「ネスレ ヘルスサイエンス」)は、「後期高齢者(75歳以上)の食と健康に関する実態調査」を実施しました。75歳以上の男女(以下、高齢者

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ