2019年10月 | 調査のチカラ

  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
任意の項目でデータを絞り込む

17日

2019年10月17日コアシステムフィードバック数:0社会/政治

お子様の栄養管理に関する実態調査

【スポーツをしているお子様を応援する母親1,106人徹底調査!】応援したい!だけど母親は心配なんです…。子を思う母の気持ち一挙大公開! 家族の笑顔を願う会社近年、日本のスポーツ界では10代で目覚ましい活躍を見せる選手達に注目が集まっています。いつかは自分の子どもがプロアスリートになったり、世界の舞台で活躍したりするのを期待するお母様方も多いのではないでしょうか。しかし、成長期で一生懸命スポーツをしているお子様は通常よりも栄養を消費するため、本来の成長に必要な栄養が不足しがちです。若い段階で選手生

2019年10月17日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

保険業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位はかんぽ生命保険

保険業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位はかんぽ生命保険(企業口コミサイトキャリコネ) キャリコネユーザーが本音で評価 年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「保険業界の“休日の満足度が高い企業”ランキング」を発表します。 保険業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「休日の満足度」評価の平

2019年10月17日ブレアパッチフィードバック数:0キャリアとスキル

英会話を学びたい約7割の人がオンライン英会話を使ってみたいと回答!~英会話スクール・レッスンに関する調査結果~

英会話を学びたい約7割の人がオンライン英会話を使ってみたいと... 英会話を学びたい約7割の人が オンライン英会話を使ってみたいと回答!~英会話スクール・レッスンに関する調査結果~英語学習情報メディア「エイカツ」を運営する株式会社ブレアパッチ(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役:河合 酉樹、以下 ブレアパッチ)は、「英会話スクール・レッスン」に関する調査を実施いたしました。英会話を習得したいと考えた時に、「英会話に通う」という方法が浮かぶ方がほとんどでしょう。最近では、パソコンやタブレッ

ラグビーに関するアンケート調査

ホーム > ニュースリリース > 2019年度 > 『ラグビーに関するアンケート調査』ラグビーW杯開催で「ラグビーに興味を持った人」3割と意識が高まり「テレビでラグビーW杯を観戦した人」は4割に!ニュースリリース『ラグビーに関するアンケート調査』ラグビーW杯開催で「ラグビーに興味を持った人」3割と意識が高まり「テレビでラグビーW杯を観戦した人」は4割に! カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年10月17日 ~注目選手1位「リーチ マイケル」 2位「松島幸太朗」 3位「福岡堅樹」~カ

2019年10月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

海外進出に関する企業の意識調査(2019年)

2019/10/15海外進出に関する企業の意識調査(2019年)企業の24.7%が海外に進出〜 海外進出への課題、「社内人材(邦人)の確保」がトップ 〜はじめに政府は、成長戦略のなかで中小企業の海外進出を重要な政策課題として位置づけている。こうしたなか、国や自治体の積極的な支援を追い風として、大企業だけでなく、中小企業を含む日本企業がより一層の海外進出を目指すことが期待されている。一方で、企業にとって、現地情報の収集や日本と諸外国との関係などが海外に進出する際のリスクとして顕在している。そこで、

16日

2019年10月16日日本オラクル★★フィードバック数:0企業情報システム

「職場におけるAI」調査:回答者の64%はマネージャーよりもロボットを信頼

該当する結果がありません一致する検索結果がありませんでした 「職場におけるAI」調査:回答者の64%はマネージャーよりもロボットを信頼日本を含む世界8,730名の調査から、AIが職場における人とテクノロジーの関係を変化させていることが明らかに「カリフォルニア州 レッドウッドショアズ」発—2019/10/16 (本資料は米国2019年10月15日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)「人々は、マネージャーよりもロボットのほうに信頼を置いています」 ― オ

2019年10月16日MarkLogicフィードバック数:0ビジネス

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加 世界の100社以上を調査したレポートを発表 複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporation(https://jp.marklogic.com/)は、金融市場のテクノロジー情報プロバイダーであるWaters Technologyと共同で、ヨーロッパ、北米、APACの投資銀行、アセットマネージャ、ブローカー・ディーラーなど100社以上の金融サービス企業を調査し

2019年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1

2019年10月16日ナスタフィードバック数:0社会/政治

働くパパに聞いた!今どき育メンの実態

検索 株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、働くパパ1000人を対象に、「育児に関する意識調査」を行いました。10月19日の「イクメンの日」※1,※2にちなみ、福利厚生として男性社員の1か月育児休暇取得を義務付けた「育メン留学制度」※3を実施しているナスタが、働くパパ達の育児休暇に関する実態を調査しました。  株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、働くパパ1000人を対象に、「育児に関する意識調査」を行いました。 1

2019年10月16日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

香水に関する意識調査

FromプラネットVol.118<香水に関する意識調査> 女性は香水を自分のために使う、男性は女性へのアピールで使う?~同じ香りでも…ほのかなら“いい香り”、キツければ“いやなにおい”~ 国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第118号として、香水に関する意識調査の結果をご紹介します。未掲載のデータもご提供できますのでお気軽にお問い合

2019年10月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2019年)

2018年度のコールセンターサービス市場は前年度比2.9%増の9,419億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比2.2%増の4,847億円~コールセンターサービスは顧客企業における人材不足からアウトソース需要が堅調に推移、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化への対応が進む~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。​

2019年10月16日ドゥ・ハウス★★フィードバック数:0マーケティング

「商品のキャッチコピー」に関する調査結果

2019.10.08「商品のキャッチコピー」に関する調査結果店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れ、様々なプロモーションが行われています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?今回の調査では、アテンションをとるためのキャッチコピーや、サンプリングやインスタグラムなどのプロモーションの影響度合いについて調査しました。調査サマリ女性の商品購入経験がもっとも多いキャッチコピーは「売り上げNo.1」。「医者がすすめる」と

15日

2019年10月15日マクロミルフィードバック数:0エンタテインメント

2019年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】 2019年スポーツマーケティング基礎調査~ワールドカップ日本開催で高まるラグビー人気~ 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林聡)は、共同企画として「2019年スポーツマーケティング基礎調査」を実施しましたので、速報版を発表いたします。本調査は、全国15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女

経営企画・マーケティング担当者400名に聞く 「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」

経営企画・マーケティング担当者400名に聞く「高齢者市場攻略... 経営企画・マーケティング担当者400名に聞く 「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」多くの企業が高齢者マーケティングの必要性を認識するものの、 具体的なアクションを展開している企業は約2割 株式会社日本能率協会総合研究所(東京都港区・代表取締役社長:譲原 正昭)では、高齢者人口増大という人口動態的変化を受け、高齢者市場を攻略すべくマーケティング戦略を検討する企業が増えているのを背景に、クライアントの高齢者マーケティ

2019年10月15日エウレカ★フィードバック数:0ライフスタイル

平成ジャンプ世代の「婚活本音調査」-Vol.1- を発表!

Created with Sketch.Created with Sketch.Created with Sketch.Created with Sketch.Created with Sketch.平成ジャンプ世代の「婚活本音調査」-Vol.1- を発表!キーワードは「パーソナル」~成婚へのカギは、二人三脚で臨む“伴走婚活”にあり~結婚に対する焦りやプレッシャー、婚活ストレスを解消する鍵に!?6割以上の平成ジャンプ世代が「パーソナル婚活」を支持!株式会社エウレカ(本社:東京都港区、代表取締役C

「働き方改革における管理職への影響と変化」に関する調査

企業ニュース働き方改革関連法 施行から半年6割の管理職が「残業時間変わらない」“ボスジレンマ”に直面時短人材の活用に前向きな姿勢も- 働き方改革における管理職への影響と変化 調査結果 -2019年9月30日 株式会社リクルートスタッフィング 調査結果のポイント◆4月以降も「6割の中間管理職」が残業時間が変わらないと回答「仕事量が増えている」と3割が回答。残業の理由として、管理業務に次いで「部下のサポート業務」が挙がる自身の残業時間も延ばせない中、業務負荷は増える“ボスジレンマ”を抱えている姿が

「わが家の電気・ガス料金しらべ」 電気・ガス料金や電力会社の切り替え動向などを調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2019年09月30日「わが家の電気・ガス料金しらべ」調査結果より 電力会社を「切り替えた」が23.8%と、電力自由化3年で大きく増加 ~停電リスクは変わらないものの、約2割が電力会社選びで「停電の心配がないこと」を最重要視~ ~消費税の使途に「年金制度」を望む声が最多。30代子育て世帯の8割が「子育て支援」を期待~日本生協連では、電気小売事業の全面自由化から3年、都市ガス小売り事業自由化から2年を踏まえ、組合員が現

11日

国内の人材市場動向数値 (建設業界編)9月

ヒューマンタッチ総研 国内の人材市場動向数値 (建設業界編)9月建設業界の転職支援と人材育成のヒューマンタッチ 9月まとめヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、最新の人材市場に関する公的データをまとめた 『ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2019年9月』 を発表しました。建設業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関

2019年10月11日IBMフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車業界の未来に関する調査 MaaS時代のブランド価値は車を取りまくデジタル体験へ

IBM調査:MaaS時代のブランド価値は車を取りまくデジタル体験へ 自動車業界のエグゼクティブの83%が、データの戦略的価値を理解しているものの、デジタル・データ・プラットフォームの運用は、現在のところ18%にとどまっている 2019年9月30日 [米国ニューヨーク州アーモンク - 2019年9月11日(現地時間)PRNewswire発]IBM(NYSE:IBM)が行った自動車業界の未来に関する最新の調査結果から、今後10年間で「車の所有」から「車の使用」へとユーザーの志向が変わること、そし

事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査

2019年 会計事務所白書[サマリー版] 「事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査」軽減税率についてどの程度ご存じですか 「実務レベルで理解している」「熟知している」が  あなたの事務所では、顧問先に軽減税率対策として補助金の活用についてサポートしましたか 顧問先の軽減税率対策はどの程度進んでいますか? 半分、もしくはほとんどの顧問先が対応できていないと回答した事務所が、 軽減税率対策は会計事務所のサポートありきメディアで話題になっていることもあり、軽減税率そのものの認知

10日

2019年10月10日ミュゼプラチナム★フィードバック数:0ライフスタイル

「タピオカブームは一過性」と6割が回答。女性1,764人に聞く、タピオカを飲む理由

「タピオカブームは一過性」と6割が回答。女性1,764人に聞く、タピオカを飲む理由

2019年10月10日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる ~メールチェックの時間は調査7か国で最短。電子メール利用実態調査2019年版より~【2019年10月10日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、電子メール利用実態調査「2019 Consumer Email Survey」を発表しました。この調査は、2019年7月に、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、インド、日本の各国約1

第4回魅力度ブランディング調査

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

9日

2019年10月9日出前総研★フィードバック数:0社会/政治

消費増税に関する調査 外食・中食での軽減税率適用による食生活の変化

明日から消費増税、3割が消費増税で出前の利用が増えると回答2019.09.30 02:00出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、今年10月に実施される消費増税と外食・中食での軽減税率適用による食生活の変化について調査した結果を報告いたします。<調査結果サマリ>1. 新たに導入される軽減税率の理解度● 食品購入時の軽減税率の適用理解している81.9%知らない・聞いたことがない1.9%● 中食・外食での軽減税率の適用理解している68.4%知らない・聞いたことがない15.3%

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第2弾

プレスルーム「経済的に子供をもつ余裕がない」7割を超えるBIGLOBEが「お金に関する意識調査」第2弾を発表~適切な預貯金「できていない」7割強、今後貯める自信「ない」7割弱~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは100人ずつ抽出

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは10

2019年10月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

テイクアウト・持ち帰りに関するアンケート調査

テイクアウト・持ち帰りに関するアンケート調査 ■直近1年間テイクアウト利用者は、全体の7割強。「ファストフード」が4割強、「牛丼、餃子、寿司などのチェーン店」「イートインスペース」が各2~3割。■直近1年間テイクアウト利用頻度は「月に2~3回」「月に1回程度」「2~3か月に1回程度」が直近1年間テイクアウト利用者の各2割でボリュームゾーン。週1回以上は2割弱。直近1年間での食べ物のテイクアウト利用者の目的・用途は「休日・昼食」が4割強、「平日・昼食」が3割強、平日や休日の夕食が各3割弱。■

2019年10月9日Gzブレインフィードバック数:0エンタテインメント

2019年秋アニメ番組の視聴意向ランキングを発表

2019年秋アニメ番組の視聴意向ランキングを発表!~エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』~ 株式会社Gzブレイン(KADOKAWAグループ) 第1位は『ちはやふる3』、第2位は「七つの大罪 神々の逆鱗」に 株式会社Gzブレイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊島秀介)は、映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス『eb-i Xpress』(イー・ビー・アイ・エクスプレス)を配信して

働き方改革に関する意識調査

言葉だけ先行か?「なんとなく知っている程度」「知らない」が約半数。働き方改革の理解不⼗分な現状が浮き彫りに。 株式会社日本マーケティングリサーチ機構公式サイト:https://jmro.co.jp/ 株式会社日本マーケティングリサーチ機構(本社:東京都、代表:大隅豊仁)は男女1574名を対象にインターネットアンケート形式で『働き方改革に関する意識調査』実施しました。 一億総活躍社会の実現に向けた、労働環境を大きく見直すための「働き方改革」。2019年4月より多くの法改正が適用されました。運用か

8日

2019年10月8日Loco Partnersフィードバック数:0大型消費/投資

秋のひとり旅 動向調査

Reluxトラベルラボ、「秋のひとり旅 動向調査」を発表 人気温泉地、第1位は「由布院温泉」!  ホテル・旅館の宿泊予約アプリ「Relux(リラックス)」(https://rlx.jp)を運営する株式会社Loco Partners(本社:東京都港区、代表取締役:篠塚孝哉、以下Loco Partners)は、カスタマーの旅行動向や人気の宿泊施設の傾向を調査する機関「Reluxトラベルラボ」より、「秋のひとり旅 動向調査」を発表いたします。【秋のひとり旅 動向調査結果 概要】過ごしやすい気候で、紅葉

2019年10月8日YOLO JAPAN★フィードバック数:0社会/政治

在留外国人アンケート調査、8割以上の人は消費税率10%への引き上げを認知

YOLO JAPAN在留外国人アンケート調査、8割以上の人は消費税率10%への引き上げを認知 ~日本の未来に期待し3割は増税について肯定的。税金について学ぶ機会を求める声も~ 2019年10月1日に施行される消費税増税に伴い、在留外国人を対象に、225ヵ国12万人以上の在留外国人が登録する日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、「日本の税金」に関するアンケート調査を実施しました。※アンケート実施期

2019年10月8日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

スキンケアに関する意識調査

20代・30代女性の約2人に1人が、時間があれば「しっかりスキンケア」をしたい!その中でも時間に余裕があれば、毎日使いたいアイテムは意外にも「シートマスク」が1位! 20代・30代の働く女性に聞きました!スキンケアに関する意識調査 本格的に秋が到来し、過ごしやすくなってきた一方で、湿度の低下による乾燥や季節の変わり目に起こりやすい肌トラブルを感じている方も多いのではないでしょうか?そこで、肌バリアを整えながら健康的な肌に導くスキンケアブランド「バリアリペア」を展開するマンダムでは、20代~30代

2019年10月8日TRUE DATAフィードバック数:0ライフスタイル

ドラッグストア2019年7月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2019年7月のインバウンド消費調査〉続く化粧品人気!「パック」が今年最多の8商品ランクイン~EC法の影響か、インバウンド売上のマイナス傾向続く~データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年7月のインバウンド消費動向調査を発表します。日本政府観光局(JNTO)の発表によると、7月の訪日外国人数は前年同月比 5.6%増の299 万1千人で単月として過去最高を記

2019年10月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

レトルト食品の利用に関するアンケート調査(第7回)

レトルト食品の利用に関するアンケート調査(第7回) ■レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱。ボリュームゾーンは「月2~3回程度」、週1回以上利用者は3割弱。レトルト利用者のうち「カレー」利用者が8割弱、「パスタソース」が5割弱で上位2位。■レトルト食品利用場面は、「ふだんの食事のメニューとして」「時間がない、すぐ食べたい」「作るのが面倒」が、利用者の各4~5割。過去調査と比べ「ふだんの食事のメニューとして」が増加傾向。■レトルト食品購入者の重視点は「味」「価格」が各70%台、「

7日

2019年10月7日LINEフィードバック数:0マーケティング

注目のヒゲダン、EXITもランクイン。2019年9月期の若者のトレンドを調査

【LINEリサーチ】注目のヒゲダン、EXITもランクイン。2019年9月期の若者のトレンドを調査 LINEリサーチでは、四半期毎に全国の15~24歳の男女に対して、最近の流行について自由記述形式で調査しています。今回は、2019年9月期の調査結果をお伝えします!2019年9月期の流行トレンド第1位は、前回に引き続き「タピオカ」。まだまだ圧倒的な人気が続いており、前回値(6月度)を0.8%ほどさらに上回った結果でタピオカブーム継続中の様子です。第2位には日本テレビ系列で2019年7月から2クー

2019年10月7日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内RPAソフトウェア市場シェアを発表

07 Oct 20192018年 国内RPAソフトウェア市場シェアを発表 Japan, 2019年10月7日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内RPAソフトウェア市場シェアを発表しました。2018年の国内RPAソフトウェア市場(ベンダー売上額ベース)は前年比成長率が113.5%、市場規模は155億600万円となりました。2018年は前年に引き続きオンプレミス

2019年10月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2019年第2四半期の実績を発表

20 Sep 2019国内外付型エンタープライズストレージ市場 2019年第2四半期の実績を発表 Japan, 2019年9月20日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年第2四半期(4月~6月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表しました。これによると、2018年第2四半期の支出額は471億6,300万円で前年同

2019年10月7日IDCフィードバック数:0モバイル

スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し

27 Sep 2019スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し Japan, 2019年9月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のスマートフォンの出荷に関する予測を発表しました。Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker の新しい予測によると、20

2019年10月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表

30 Sep 20192019年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 Japan, 2019年9月30日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を発表しました。2019年第2四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,090億円で、前年同期から6.0%減少しました。出荷台数は12万台で、前年同期から2.5%増加

4日

2019年10月4日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂買物研究所、「チャネル別買物体験調査」の分析結果を発表 情報氾濫時代に求められる買物体験は「楽しさ」と「選びやすさ」へ

NEWSHOMENEWSニュースリリース博報堂買物研究所、「チャネル別買物体験調査」の分析結果を発表 情報氾濫時代に求められる買物体験は「楽しさ」と「選びやすさ」へ博報堂買物研究所、「チャネル別買物体験調査」の分析結果を発表 情報氾濫時代に求められる買物体験は「楽しさ」と「選びやすさ」へ 2019年10月02日博報堂買物研究所は、2003年に設立以来、長年にわたり生活者の消費実態・トレンドを研究しております。2019年10月に掲げるテーマは「情報氾濫時代に利用したいチャネル」です。情報が氾濫する

東南アジアの化粧品市場について調査結果を発表

トップページ > ビューティー > 2019年 東南アジアの化粧品市場―紫外線ケア意識の向上により拡大する美白ケア・日焼け止め市場― 2019年 東南アジアの化粧品市場―紫外線ケア意識の向上により拡大する美白ケア・日焼け止め市場―商品番号 mr210190453 概要【調査趣旨】◆2018年度の東南アジア6ヶ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)の化粧品市場は、前年度比5.4%増の8,820億円と好調推移を維持しており、この10年で1.9倍以上にまで拡大して

2019年10月4日Finatext★フィードバック数:0社会/政治

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~ 株式会社 Finatextホールディングス(代表取締役:林 良太)の子会社で、ビッグデータの中でも、世界で注目が高まるオルタナティブデータの解析・分析に強みを持つ株式会社ナウキャスト(代表取締役CEO:辻中仁士、以下、「ナウキャスト」)は、金融機関や政府、ヘッジファンドなどに「経済の“今”を伝えるデータ」を提供し、資産運用や経済調査業務の支援を行っています。消費税率が8%

3日

2019年10月3日マーキュリーフィードバック数:0大型消費/投資

23区/ホテル開業相次ぐ~2018年から2020年の供給動向調査結果発表~

23区/ホテル開業相次ぐ~2018年から2020年の供給動向調査結果発表~ 新築マンションのビッグデータを活用し、不動産情報プラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向を集計。2018年と2019年を比較しました。また、2020年に竣工が予定されている物件についてもまとめました。 ■追い風を受けるホテル業界日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しており、日本政府観光局(JNTO)の発表によると2018 年

2019年10月3日1st Penguinフィードバック数:0企業情報システム

「SaaS導入」に関するアンケート調査

SaaS導入経験者72.5%が「社内運用が定着しない」と回答!自社に適したSaaSを判断できず、専門家が欲しいという声7割越え 〜1st Penguin、「SaaS導入」に関するアンケート調査を実施〜1st Penguin株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:村井庸介、以下 ファーストペンギン)は、SaaS導入を推進した経験がある人111名の方を対象に「SaaS導入」に関するアンケート調査を実施し、そのうち有効回答を得られた108人の回答を集計、発表しました。 調査概要:「SaaS導入」に関

2019年10月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Incident Response report 2018

Incident Response report 2018

2日

2019年10月2日GEEKLY★フィードバック数:0キャリアとスキル

【IT業界/面接対策】「面接が通過しない」理由とその解決策について徹底解説!

IT/Web/ゲーム業界専門の人材紹介会社 ギークリー コンテンツへスキップIT/Web/ゲーム業界専門の人材紹介会社 ギークリーのコラム 【IT業界/面接対策】「面接が通過しない」理由とその解決策について徹底解説!【IT業界/面接対策】「面接が通過しない」理由とその解決策について徹底解説!面接に臨むにあたって、「面接が通過しないのはどんな時なんだろう?」ということを正確に理解している方は少ないと思います。更にはその解決策まで理解している人はごくわずかだと思います。そこで、弊社の豊富な紹

2019年10月2日リクルートフィードバック数:0ビジネス

外食市場調査(2019年8月度)

外食市場調査(2019年8月度)

2019年10月2日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明 先進企業は、創造的破壊を通じてイノベーションを促進【東京発:2019年10月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、72%の企業が過去8年間で創造的破壊の規模拡大を経験しており、企業価値(調査対象企業の時価総額と純負債の合計)のうち41兆ドルものビジネスが破壊の対象になっていることが明らかになりました。アクセンチュアの最新レポート「Breaking Through Disr

2019年10月2日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

食育・孤食に関する意識調査

食育・孤食に関する意識調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ