2019年11月20日 | 調査のチカラ

  2019年11月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月20日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2019年 日本自動車耐久品質調査

新機能、新技術の普及でユーザーの不具合指摘ポイントも変化 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、2019年日本自動車耐久品質調査SM(Vehicle Dependability Study、略称VDS)の結果を発表した。本調査では、新車購入後37~54ヶ月経過したユーザーを対象に8分野*1177項目でユーザーの不具合経験を聴取している。すべての不具合項目

2019年11月20日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2019年 日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査<市販ナビカテゴリー>

業界全体の満足度は向上し、アルパインが8年連続第1位 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、2019年 日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査SM<市販ナビカテゴリー>(Japan Navigation Systems Customer Satisfaction Index StudySM - Aftermarket -)の結果を発表した。市販ナビ全体

2019年11月20日アスマーク★フィードバック数:0ビジネス

プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査

プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査 プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査8割以上が5年以上前からネットショッピングを利用、シニアの男女で価格意識に大きな違いがみられる日本は現在、65歳以上が4人に1人を占め、2040年には3人に1人という超高齢化社会。そのため、シニアの消費に対する注目度が高まっています。高齢者のIT利用率も増加し、ネット=若者の物というイメージは過去のものとなりました。そこで今回は、プ

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」 IASが、コンテンツの品質が広告認知に与える影響に関する調査レポートを発表 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年11月16日、Web広告が表示されるコンテ

2019年11月20日GABA★フィードバック数:0ライフスタイル

ソロ活に関する実態調査2019

マンツーマンに特化した英会話スクールのGabaマンツーマン英会話。 英会話のGabaでは、あえてひとりで行動や体験をして楽しむ“ソロ活動”(以下、“ソロ活”)に関して、ビジネスパーソンの経験や意識を探るため、「ソロ活に関する実態調査2019」を実施(2019年10月1日〜10月3日の3日間)し、全国の20歳〜69歳の男女ビジネスパーソン(男性500名 女性500名 計1,000名)の有効回答を集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)ビジネスパーソンの“ソロ活”経験率は57% 40

2019年11月20日パーソルキャリア★フィードバック数:0社会/政治

「土日・祝日にはたらくこと」に対しての意識調査

ミッション / バリュー 事業・サービス 会社情報 採用情報 プレスルーム 約6割の人が「土日・祝日にはたらくこと」にネガティブな印象を持っている!? 「勤労感謝の日」は、はたらく人たちに感謝を伝えよう!土日・祝日にはたらく人の約6割は、感謝を伝えられることで勤労意欲向上に繋がると回答総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)< https://doda.jp/ >は、11月23日(

2019年11月20日プラネット★フィードバック数:0社会/政治

いい夫婦に関する意識調査

2019.11.13株式会社プラネット暮らしVol.121 いい夫婦に関する意識調査夫婦で使う日用品、共用するものしないものの境界線はどこ? ~若年層ほど何でも“シェア” 、高齢層では「寝室」も別の人が半数~国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第121号として、いい夫婦に関する意識調査の結果をご紹介します。未掲載のデータもご提供で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ