2020年1月29日 | 調査のチカラ

  2020年1月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
任意の項目でデータを絞り込む
2020年1月29日コネヒトフィードバック数:0キャリアとスキル

夫が育休を取得した508名のママ調査から見えた「とるだけ育休」の実態と育休の「7つの法則」

2020-01-22夫が育休を取得した508名のママ調査から見えた「とるだけ育休」の実態と育休の「7つの法則」ー男性育休義務化の流れの中、「育休の質」に焦点ーママ向けNo.1アプリ*1「ママリ」を提供しているコネヒト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 北吉 竜也、以下「コネヒト」)は、夫が育休を取得した508名のママの回答を基に、過ごし方が夫婦で練られていない質の低い育休「とるだけ育休」が発生している実態と、それを防ぐ方策を取りまとめました。コネヒトではこれを基に、「とるだけ育休」を防ぐ

2020年1月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年「休廃業・解散企業」動向調査

公開日付:2020.01.222019年に全国で休廃業・解散した企業(以下、休廃業企業)は4万3,348件(前年比7.2%減)で、2年ぶりに減少した。11年ぶりに前年を上回った企業倒産(8,383件、前年比1.8%増)とは対照的な結果となった。休廃業・解散と企業倒産の合計は5万1,731件で、全企業358万9,000者の1.4%が2019年に市場から撤退・消滅したことになる。休廃業企業の代表者の約4割が70代で、60代以上でみると8割(構成比83.5%)を超える。これは2018年(83.7%)よ

2020年1月29日エイチームフィードバック数:0キャリアとスキル

企業の転勤実態

引越し侍2020 / 01 / 22 引越し侍が、企業の転勤実態を調査「引っ越し難民」の社会問題化で「引っ越し難民」対策を実際に行った企業は86%! 当社のグループ会社である株式会社エイチーム引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、当社が運営する「転勤相見積り代行サービス」の提携企業に対してアンケートを実施し、企業の転勤実態を調査しました。◆調査サマリ転勤が最も多く発生するのは5月「引っ越し難民」対策を検討していた企業は57%「引っ越し難民」対策を実際に行った企業は86%「

2020年1月29日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「マイナビ 人材ニーズ調査」を発表

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択~ 既に約半数の企業が、2020年4月に適用される「同一労働・同一賃金」の対応に着手 ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、人材採用に関して「採用実施」「手法選定」「雇用の決定」のいずれかの決裁権を持つ採用担当者(2,077名)を対象に調査した、「マイナビ 人材ニーズ調査」を発表しました。本調査は、今回で4回目となります。【TOPICS】▼2019年

令和初「ユーザビリティランキング2020」発表

令和初「ユーザビリティランキング2020」発表リニューアルし... 令和初「ユーザビリティランキング2020」発表 リニューアルした企業が大幅ランクアップ~ 半数の企業でCX向上に向けたサイト改善意識の高まり ~トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)および子会社である株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、「ユーザビリティランキング2020<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユ

2020年1月29日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 リスク管理部門の管理職は、AIやブロックチェーン、RPAの導入で想定外のリスクを発生させる可能性があると回答。72%は自身のスキル向上よりも速いペースで複雑なリスクが発生していると認識 【ニューヨーク発:2019年12月3日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、金融機関のリスク管理部門を率いる管理職の大多数が、自身が破壊的技術のリスクを適切に評価できる能力があるとは考えておらず、新たな脅威により効果

2020年1月29日ANREVフィードバック数:0社会/政治

2020年は更に対日不動産投資への関心が増大―投資意向調査

2020年は更に対日不動産投資への関心が増大―投資意向調査 2020年1月22日、東京 – ANREV、INREVおよびPREAの発表した2020年グローバル投資意向調査によると、東京はグローバル機関投資家の選ぶ不動産投資先として3位にランキングされ、回答者の56.1%がアジア太平洋地域で2020年に選好する投資先都市のひとつとして東京を挙げた。日本の都市としてトップであり、グローバル機関投資家の65.9%と58.5%がそれぞれ選好したシドニーとメルボルンに迫る結果である。一方、欧州と北米の投

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ