2020年4月20日 | 調査のチカラ

  2020年4月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
任意の項目でデータを絞り込む

新型コロナウイルス感染拡大による生活の変化がテレビ視聴時間にどう影響したか

新型コロナウイルス感染拡大による生活の変化がテレビ視聴時間にどう影響したか生活の変化をテレビ視聴データから読み解く「テレビ効果を可視化する」をコンセプトにメディアリサーチデータを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役:福羽泰紀)は、関東1都6県の男女約5600名に対して、継続した機械式テレビ視聴調査を行っています。今回は、この約2か月間の、不要不急の外出自粛要請や休業・休校要請、感染防止対策等さまざまな要因によって生じた人々の生活の大きな変化が、テレビの視聴時間に

国内スタートアップ想定時価総額ランキング(2020年4月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年4月)先月からの順位の変動はなし、ランキング上位企業の新型コロナウイルス対応に関して2020年4月の時価総額ランキングに先月から変化はなかった。世界的な新型コロナウイルスの流行の中で、企業の経済活動にも影響が出ている。現在の状況でも、新型コロナウイルスへの対応としてサービス提供を行っているスタートアップ企業がある。ランクインしている3社でも、新型コロナウイルス対策のためのサービスを提供している。ピックアップ企業同社が運用するニュースアプリ

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

リモートワークに関する実態調査

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」 リモートワークに関する実態調査6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」約7割が、「緊急時のリモートワークに賛成」調査結果サマリー 直近 3 カ月の間に、「緊急時対応として、リモートワークを導入、または推奨を発表した」企業を 「知っている」人は 43.7 %でした。そのうち、 62.9 %の人が導入企業に対する「印象が良くなっ た」と回答しました※1 。一方、「どちらとも言えない」

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編

動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続 動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続10代、20代の「Instagram」ユーザーの約6割に、「ストーリーズ」投稿経験調査結果サマリー 2019 年 11 月度調査において、月額制動画配信サービスを利用している人は 24.1 %でした。 現在、利用している月額制動画配信サービスを聞いたとこ

2020年4月20日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所「第1回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年4月)

博報堂生活総合研究所「第1回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年4月)現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点 不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%株式会社博報堂(本社:東京度港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年4月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました。 (調査実施は4月2-6日 ※政府の緊急事態宣言前、対象は首都圏・名古屋・阪神圏の20~6

2020年4月20日シニアジョブフィードバック数:0社会/政治

シニアを雇用する企業の新型コロナ対策に関するアンケート調査

ニュースお知らせシニアを雇用する企業の新型コロナ対策に関するアンケート調査50代、60代のシニア人材に特化した人材紹介、人材派遣を提供する(株)シニアジョブは、高齢者が重症化しやすいと言われる新型コロナウイルスの感染拡大を受け、紹介した、あるいは派遣しているシニア人材が勤務する企業に対し、感染防止対策に関する緊急アンケート調査を実施しました。企業が実施している感染防止対策について、特にシニア人材向けの対策を含めて集計し、その情報を再びシニア人材を雇用する企業にフィードバックすることで、複数の企業

アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態を調査

ログインHaysSEOFriendlyURLヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査日本企業の派遣・契約社員の活用率は4年連続でアジア最大 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、「ヘイズ 2020 5ヶ国・地域(中国、香港、日本、シンガポール、マレーシア)における12445,146人を対象に行った雇用の実態調査の結果をまとめた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ