2020年6月4日 | 調査のチカラ

  2020年6月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
任意の項目でデータを絞り込む

【調査結果速報】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える)

【調査結果速報】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える) 調査の背景と目的 調査の背景厚生労働省の平成30年(2018)人口動態統計によると、2018年のわが国における出生数は前年比27,746人減の918,400人(統計開始以降最低)、合計特殊出生率は前年比0.01ポイント減の1.42(3年連続の減少)となっています1。このまま状況が改善されない場合、労働力人口の減少や産業の空洞化による日本経済の衰退や社会保障制度の崩壊などにつながることが想定され

2020年6月4日GMOインターネット★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」を実施

2020年6月3日発表の本プレスリリースにおいて、調査対象人数の記載に誤りがございました。深くお詫び申し上げますとともに、以下の通り訂正させていただきます。(2020年6月4日)■訂正箇所(全3カ所)(1)<調査概要>の「方法」に記載の調査対象人数【誤】1,095名【正】5,638名(2)(表1)の2番目の表の調査対象母数【誤】(n=1,547) 【正】(n=613)(3)(表2)調査対象母数【誤】(n=2,382) 【正】(n=1,095)2020年6月3日「マーケティング担当者に聞いた動画活

2020年6月4日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

メンズコスメ・スキンケアに関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアメンズコスメ・スキンケアに関する調査 2020/05/22 2020/05/25Lab名、20代男性564名)を対象に「メンズコスメ・スキンケア」に関する調査を実施しました。肌の悩みの有無やその悩みがなにか、スキンケアの頻度、メンズコスメの認知率や利用率などに関する調査結果を御覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください! まずは、

2020年6月4日NEXERフィードバック数:0マーケティング

【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?

/ / 【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?おうち時間、ユーチューバーの動画を見ていますか?5月14日、ようやく39県を対象に緊急事態宣言が解除されました。緊急事態宣言の発出から約1ヶ月、外出自粛が求められるようになってからはおよそ2ヶ月が経過しました。この2ヶ月間、インスタグラムを中止に「おうち時間」という言葉が拡がり、さまざまな「おうちエンタメ」が改めて注目されました。日本トレンドリサーチでも、有料動画配信サー

2020年6月4日レイ・フロンティアフィードバック数:0社会/政治

神奈川県、外出先滞在時間に大きな減少見られず

2020-05-22神奈川県、外出先滞在時間に大きな減少見られずレイ・フロンティアの佐藤です。レイ・フロンティア株式会社では、自動車や鉄道などの交通分野、人流データ等のマーケティング・リサーチ、人の動態分析を必要するヘルスケア、観光など、多様な分野に対して、データ分析力とシステム企画・開発力の両軸で、世界中の人々へ感動体験を提供していきます。 なお、現在では時勢を鑑み、COVID-19の感染防止に有用となる行動分析データを公開しております。 今回は5月20日の感染者数最多の神奈川県の外出先滞在時

2020年6月4日Wizleapフィードバック数:0大型消費/投資

今年のボーナスの使い道とは?「旅行」に行けなくなった人が増えた?

今年のボーナスの使い道とは?「旅行」に行けなくなった人が増えた? 今年のボーナスの使い道とは?「旅行」に行けなくなった人が増えた? ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険、最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。2020年コロナウイルス感染拡大により、様々な企業にダメージがあります。そこで問

2020年6月4日アスカネットフィードバック数:0ライフスタイル

「コロナショック前後のモノとの接触」に関する意識調査

79.8%が「コロナショック」以降モノとの接触が気になっている! 「コロナショック前後のモノとの接触」に 関する意識調査 お店や施設でやってほしい対策1位は「非接触で操作できるパネルやボタンの導入」何も無い空間に映像や物体を表示するASKA3Dプレートの開発などを行う株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼COO 松尾雄司、以下 アスカネット)が、「コロナショック前後のモノとの接触」について、全国の20~60代の男女1,204名を対象にアンケート調査を行いましたので、調査結果を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ