2020年7月2日 | 調査のチカラ

  2020年7月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月2日プラネット★フィードバック数:0ライフスタイル

レジ袋とマイバッグに関する意識調査

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 2020.06.25株式会社プラネット暮らしVol.136 レジ袋とマイバッグに関する意識調査7月1日からレジ袋が有料化…○○円なら、絶対マイバッグ持ちます ~衛生面はOK? 感染リスク気になるも…マイバッグは“洗濯しない“が3割超~国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第136号とし

2020年7月2日ウォンテッドリーフィードバック数:0キャリアとスキル

Wantedlyにおける仕事の動向に関する調査結果

Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです地方企業による副業関連の募集掲載数が3.9倍に 仕事の動向に関する調査結果を発表しました! ウォンテッドリーは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言前の2020年1月から5月までのWantedlyにおける仕事の動向に関する調査結果を発表しました。地方×副業の募集掲載、エントリー数の伸びが顕著Wantedly にて掲載されている募集や、エントリーされている募集を集計したところ、2020年1月と5月の数値を比較すると、特

2020年7月2日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

特別定額給付金について

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 特別定額給付金 】に関するアンケート調査受給済・受給予定者のうち、使い道を決めている人は3割強。「消費や支払い」に使う人が、使い道を決めた人・検討中の人の8割弱、「貯蓄」3割弱、「寄付」4% マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『特別定額給付金』に関するインターネット調査を2020年6月1日〜5日に実施し、10,165件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https:

2020年7月2日MONフィードバック数:0ライフスタイル

ヤギが人間に与える良い影響について

【愛知ヤギ農場】ストレス社会にヤギが効く!ヤギを見ているだけでストレスが70%も解消される調査結果 ヤギが人間に与える良い影響について科学的かつ数値的に立証することに成功 この度、教育会社のMON株式会社(本社:東京都中央区銀座 代表取締役:門田政己)が愛知県知多郡美浜町の愛知ヤギ農場で所有しているヤギ40頭に協力してもらい、ヤギが人間に与える良い影響について唾液中に含まれる消化酵素のα-アミラーゼ(ストレス値)を調査した。その結果、座位状態やテストを実施した状態と比べてヤギを見ているだけで被験

2020年7月2日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

「激辛料理」に関する調査レポート

「激辛料理」に関する調査レポート 6割以上が外食で楽しみたい一方、テイクアウトやお取り寄せへの注目も! withマスクの夏も「激辛料理」で夏バテを吹き飛ばそう! 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、会員へのアンケート調査をもとに「激辛料理」に関する傾向を分析しました。コロナ禍で今年の夏はマスクをつけて過ごすことになり、熱中症に対して注意喚起されています。さらにテレワークの広がりや新しい生活様式に配慮した社会生活から外出頻度が少なくなり、本格的な夏を迎える前に暑

2020年7月2日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

コロナ給付金寄付プロジェクト、10万円特別定額給付金に関する調査を発表

コロナ給付金寄付プロジェクト、10万円特別定額給付金に関する調査を発表 ◇給付金の申請、すでに約9割が手続き済み◇給付金の使い道として寄付に使いたい人は約3割で、そのうち約6割が5000円以上の寄付を検討 コロナ給付金寄付実行委員会、公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、代表理事長:久住 剛、以下「パブリックリソース」)、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川邊 健太郎、以下「ヤフー」)、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社ト

コロナウイルス禍の「たすけあい」に関する意識調査

コロナ禍で、6割以上が自身のたすけあいの意識が高まったと回答 今後の社会で「たすけあい」が必要と思う人は9割以上に こくみん共済 coop 〈全労済〉 コロナウイルス禍の「たすけあい」に関する意識調査を実施 こくみん共済 coop〈全労済〉(全国労働者共済生活協同組合連合会 代表理事理事長:廣田政巳)は、コロナウイルス禍の「たすけあい」に関する意識調査を行いましたので、その結果をお知らせいたします。 【主な調査結果】・これからの社会にたすけあいが必要だと思う人は90.2%。・「自分自身のたすけあ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ