2020年7月14日 | 調査のチカラ

  2020年7月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

2020年7月14日アイランドフィードバック数:0ライフスタイル

withコロナ時代の料理や生活に関する意向調査

「みんなの暮らしを、もっと楽しく、わくわく、心地よく」ライフスタイルメディアカンパニー アイランド株式会社 withコロナ時代の料理や生活に関する意向調査~72%が「暮らしや人生に対する価値観が変わる」、 56%は「料理をする機会が増える」~ ニュースリリースwithコロナ時代の料理や生活に関する意向調査~72%が「暮らしや人生に対する価値観が変わる」、 56%は「料理をする機会が増える」~アイランド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟飯原 理咲)が運営する、日本最大級の料理ブログのポー

新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化

全国男女3,000名調査 「新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化」アンケート報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2020年6月30日「新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化」新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除から1か月が経過しました。手洗い・うがいの徹底や、マスクの着用や、3密(密集・密接・密閉)を避け、日常生活では人との距離をとる(ソーシャルディスタンス)など、新しい生活様式が浸透しつつあります。そこで今回は、フィール

2020年7月14日cotoboxフィードバック数:0ビジネス

【商標に関する実態調査】商標出願をした方の約3割が商標トラブル経験があると回答

2020年7月1日【商標に関する実態調査】商標出願をした方の約3割が商標トラブル経験があると回答オンライン商標登録サービス「コトボックス」を運営するCotobox(コトボックス)株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:五味 和泰、 以下コトボックス)が、 5月26日から6月9日にあたりコトボックスユーザーに対し「商標に関する実態調査」を実施した結果、 商標出願の経験がある方の約3割(29.5%)は商標トラブルに巻き込まれたことがあると回答しました。 また、 トラブルの内容に関する質問では「同じ

2020年7月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

家での過ごし方に関するアンケート調査

■今年の3~5月頃の平日の在宅時間が「24時間」は3割弱、専業主婦や無職などで40%台。家で過ごす時間が増えた人は7割弱、女性での比率が高い。男性30代では「変わらない」が他の層より比率が高い。■家ですることが増えたのは「掃除、部屋の片づけ・整理など」「インターネットの閲覧・検索など」「テレビや録画」「動画共有サイト」などが各2割前後。「SNS」「動画共有サイト」「ゲーム」などは若年層での比率が高い傾向。■家で過ごすために購入したのは「インスタント、冷凍食品、レトルトなど」が3割強、「その他食品

2020年7月14日リブセンスフィードバック数:0キャリアとスキル

【新型コロナ】減収したアルバイト層の過半数、6月も収入回復せず

2020/07/01 【新型コロナ】減収したアルバイト層の過半数、6月も収入回復せず(マッハバイト調べ) マッハバイトがサイト利用者を対象とした第2回・新型コロナウイルスの影響に関するアンケート調査の結果を公開株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)が運営する成功報酬型アルバイト求人サイト「マッハバイト」(https://j-sen.jp/)は、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請等がパートタイム・有期雇用の労働者に与える影響を測る

2020年7月14日J.D. Powerフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍により三大都市圏で7割の世帯が電気使用増加と回答

コロナ禍により三大都市圏で7割の世帯が電気使用増加と回答 全3エリアで楽天でんきが総合満足度第1位。 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、J.D. パワー 2020年新電力切り替え満足度調査℠の結果を発表した。今回、初めての実施となった当調査は、関東・中部・関西の3地域において1年以内に新電力に申し込みをしたユーザーを対象とし、本年5月に実施した。関東

これまでとは全く異なる働き方に直面!コロナ禍で入社した新入社員の新傾向とは?

これまでとは全く異なる働き方に直面!コロナ禍で入社した新入社員の新傾向とは?上司や先輩社員に期待される対応も明らかに2020年06月30日企業における経営・人事課題の解決および、事業・戦略の推進を⽀援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ (本社:東京都品川区 代表取締役社長:藤島 敬太郎 以下、当社)は、「2020年新入社員意識調査」を実施し、「社会人として働く上で大切にしたいこと」「職場や上司に期待すること」「仕事をする上で不安に思っていること」などについて公表しました。詳細はこ

2020年7月14日スターツ出版フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍によってお金の使い方はどう変わった?

コロナ禍をきっかけに「食料品」「テイクアウト」「お酒」など家での飲食に関わることにお金をかけるようになった人が多かった。子どもがいる人は家での食費がかさんでしまった、と必然的にお金がかかった人が多かったようだけど、子どもがいない人は、「普段よりもおいしいものや体にいい品質のものなどを買うようになった」「テイクアウトやお取り寄せを楽しんだ」「オンライン飲みが増えてお酒の購入頻度が増えた」など、自粛により外食を我慢していた分、家の中での飲食を楽しむために積極的にお金をかけていたよう。また57.7%が

2020年7月14日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査

夫の“家の中の美化意識”は高まる一方、“身だしなみ意識”は低下 特にルーズになってしまった身だしなみは“ニオイケア” 在宅ワーク・外出自粛における夫婦の意識調査 働き⽅改⾰や感染症対策の影響で、在宅ワークを実施するなど「家の中で過ごす」時間が増えています。ミドル男性向けコスメブランド「ルシード」を展開するマンダムは、働く35~49歳の既婚男女444名に「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査を実施しましたのでご報告します。 【調査概要】調査⼿法:インターネットリサーチ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ