2020年7月29日 | 調査のチカラ

  2020年7月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月29日日本財団フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第27回テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて ―結果速報―

日本財団「18歳意識調査」第27回テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて ―結果速報― 日本財団は7月上旬、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により1年延期が決定した「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマに18歳意識調査を実施しました。大会開催については「予定どおり開催」が28.0%と最も多く、「(さらに)1年延期し22年に開催」22.3%、「中止」19.7%、「簡素化して開催」18.5%と意見が割れました。簡素化の方法として「観客席の縮小、チケット販売の制限」「閉会式・開会式

2020年7月29日シスコシステムズ★★フィードバック数:0社会/政治

シスコ、中小企業のデジタル化により、アジア太平洋地域は2024年までに景気回復と予測

Skip to contentコーポレートシスコ、中小企業のデジタル化により、アジア太平洋地域は2024年までに景気回復と予測 ~日本のGDPは、44兆6,260億円から、最大52兆2,580億円拡大~<ニュースサマリー>アジア太平洋地域の中小企業の94%が、新型コロナウイルス感染症の流行下において、ビジネスを継続するために、テクノロジーの活用を強化7割近くの中小企業が、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、ビジネスのデジタル化を推進デジタル成熟度の高い中小企業は収益性が高く、生産性の向上によ

2020年7月29日ONE COMPATHフィードバック数:0ライフスタイル

自分への「ごほうび」に関する意識調査

TOP >コラム >調査レポート >コロナ自粛で頑張った私へのごほうびはやっぱり「スイーツ」6割 月イチ・プチ贅沢が癒やしのカギ? コロナ自粛で頑張った私へのごほうびはやっぱり「スイーツ」6割 月イチ・プチ贅沢が癒やしのカギ? 電子チラシサービス「Shufoo!」、1万人の女性の”ごほうび”意識調査凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼 ※1)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シ

2020年7月29日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

チラシから読み解く新型コロナウイルスの影響(4月)

2020.07.21「チラシから読み解く新型コロナウイルスの影響(4月)」総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。 今回は、いつものレポートとは異なり、新型コロナウイルスの影響で大きく変化したチラシ発行の現状や、その内容の変化について、弊社カバーしているすべてのチェーンのデータからレポートしました。 新型コロナウイルスによって、チラシはどのような影響を受けている

2020年7月29日Recovery Internationalフィードバック数:0社会/政治

訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果

訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果【調査対象:1000名以上】訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果【調査対象:1000名以上】訪問看護ステーションの業務においてオンコール業務は重要業務の一つです。病院ではあまり馴染みのない業務であり、実際の回数や内容が、ステーションによっても違い、ブラックボックスな業務になります。そのため、訪問看護をしたいと思っていても、転職を躊躇ってしまうことが多いです。現在1万ステーション以上があり、80~9

2020年7月29日Momentum★フィードバック数:0マーケティング

エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020

エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020 ~代理店規模による意識格差が明確に~ エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020 ~代理店規模による意識格差が明確に~ 目次 この度、インターネット広告代理店(以下、エージェンシー)を対象としたアドベリフィケーションに関する意識調査を発表いたしました。モメンタムでは、アドバタイザー(以下、アドバタイザー)を対象とした同様の調査も2018年、2020年に実施しました。広告事業者のアドベリフィケーションに関する意識を定点

2020年7月29日エイチームフィードバック数:0ライフスタイル

「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する実態調査

Life.2020 / 07 / 21 お墓・霊園探しの「ライフドット」が「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する実態調査を実施 ~親と子供で異なるお墓に対する意識!~ 当社のグループ会社である株式会社エイチームライフスタイル(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:間瀬文雄)は、ライフエンディングの総合サイト「ライフドット(Life.)」において「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する調査を実施しました。■サマリー■納骨先・方法に対する意識の違い親世代は散骨を希望する人が26.4%子世代

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ