2020年8月5日 | 調査のチカラ

  2020年8月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
任意の項目でデータを絞り込む
2020年8月5日セコム★フィードバック数:0社会/政治

女性の「安全・安心」に関する意識調査

−「女性の『安全・安心』に関する意識調査」− 犯罪被害を経験した女性の6割が「何もできなかった」と回答 実際の被害は「痴漢」「ストーカー」「盗撮」が上位 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、10代以上女性(12-19歳50名、20-29歳100名(うち大学生58名)、30-39歳50名の計200名)を対象に、「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施しました。ネット・SNSのトラブルや悪用に関する項目も設定し、身近な犯罪被害の原因になり得る、ネット環境への意識について

2020年8月5日diniiフィードバック数:0ビジネス

テイクアウトモバイルオーダー導入の152店舗から4月-6月期の状況についてアンケート回答

モバイルオーダー導入店約60%で売上昨対超え。テイクアウトモバイルオーダー導入の152店舗から4月-6月期の状況についてアンケート回答 テイクアウト用モバイルオーダー「ダイニーfor」導入店にアンケートを実施しコロナ渦での店舗状況を調査。2020年4月-6月期の業績、テイクアウト需要、今後のモバイルオーダー活用についてまとめる。 株式会社dinii (本社:東京都文京区、代表取締役社長:山田真央、以下 ダイニー) は、2018年より「テイクアウトモバイルオーダー:ダイニーfor」を展開。2020

2020年8月5日ジャストシステムフィードバック数:0ビジネス

サブスクコマース経験率が最も高いのは、20代のEC利用経験者

サブスクコマース経験率が最も高いのは、20代のEC利用経験者 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年6月度) ~新型コロナウイルス流行後、6割以上が「サブスクコマース利用が増えた」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年6月度)』の結果を発表します。本調査

2020年8月5日フルカイテンフィードバック数:0ビジネス

コロナ危機で主要アパレルの在庫月数が最大2.5倍に増加

コロナ危機で主要アパレルの在庫月数が最大2.5倍に増加 フルカイテンが調査結果を公表 小売企業向けに在庫問題を解決するクラウドサービス(SaaS)を開発・提供するフルカイテン株式会社(本社・大阪市福島区、代表取締役・瀬川直寛)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売上が大きく落ち込んだアパレル企業について、需要の消失が経営に与えたインパクトを在庫(棚卸資産)量の視点から定量的かつ客観的に計測するため、2020年3~5月期を対象に在庫月数(※)と在庫回転率を分析しました。概要は以下のとおりです。

子どもがいる親世代に聞いた「2020年子どもの夏休みに関する調査アンケート」

子どもがいる親世代に聞いた「2020年子どもの夏休みに関する調査アンケート」9割以上がオンラインでの習い事を検討!夏休みの習い事は「英語・英会話スクール」「プログラミング」が引き続き人気 約半数が夏休み短縮賛成の一方で、感染予防対策に不安視する声もe-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、コロナウイルスの感染拡大を受け、イレギュラーな夏が訪れている今、子どもの夏休みの過ごし

AIを活用した甲状腺機能異常判別システムの研究成果発表

AIを活用した甲状腺機能異常判別システムの研究成果発表 AIを活用した甲状腺機能異常判別システムの研究成果発表株式会社コスミックコーポレーション(本社:東京都文京区、代表取締役:宮田 剛、以下「当社」)は、日本甲状腺学会(事務局:東京都千代田区、理事長:山田 正信、以下「甲状腺学会」)と甲状腺疾患の診断、治療及び予防を支援するシステムの共同研究をすすめております。このたび、人工知能(AI)による甲状腺機能異常判別システム(以下「本システム」)を開発しました。その研究成果を、2020年7月2

2020年8月5日クラスコフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスによる不動産賃貸仲介への影響に関する調査

【調査報告】79%が「集客減」、74.6%が「売上減」を実感。新型コロナウイルスによる不動産賃貸仲介への影響に関する調査 クラスココンサルファーム(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘)は、2020年6月に、全国の不動産業界における新型コロナウイルスによる賃貸仲介業への影響を調査するアンケートを実施しました。79%が「集客減」、74.6%が「売上減」を実感しており、不動産仲介業にも新型コロナウイルスによる影響が大きく表れていることがわかりました。 ■約6割が「新型コロナウイルスによる影

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ