2020年9月4日 | 調査のチカラ

  2020年9月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月4日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

今夏の節電・暑さ対策に関するアンケート調査(第10回)

今夏の節電・暑さ対策に関するアンケート調査(第10回) ■今年の夏、節電を意識している人は5割強。節水を意識している人は5割弱。節電・節水とも、高年代層での比率が高い傾向。■今年夏に家で実施した節電対策は「エアコンの使用時間・設定温度などを工夫」が4割強、「節水を心がける」「照明をなるべく使わない、こまめに消す」「エアコンをなるべく使わない」「日差しを遮る工夫」が各2割強~3割。■今夏の熱中症対策実施者は5割弱で、2018年以降減少。熱中症対策のために飲食しているものは「水、ミネラルウォー

2020年9月4日りらいあデジタルフィードバック数:0ビジネス

チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用

チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用 〜採用企業では利用率や社内認知が向上した事例も〜 チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用 〜採用企業では利用率や社内認知が向上した事例も〜 この度、りらいあデジタルはチャットボットにおけるキャラクターの採用比率に関する調査をいたしました。チャットボットのユーザーインターフェース(以下、UI)には、企業ロゴや入力ボックスだけを表示す

2020年9月4日SB C&Sフィードバック数:0ビジネス

ビデオ会議に関する意識調査を実施

~ビデオ会議で短縮できる会議時間の平均は23.2分!~SB C&S株式会社(以下「SB C&S」)は、新型コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークを導入する企業の急増に伴い、仕事でビデオ会議を利用する機会がある人を対象に「ビデオ会議に関する意識調査」を実施しました。実施した調査結果をお知らせします。テレワークの導入により、影響を受けている業務、第1位は「社内会議(69.5%)」、第2位「社外会議(49.8%)」、第3位「報告・相談(37.8%)」という結果に約8割の人がビデオ会議の利点は「移動

2020年9月4日ベルフェイス★★フィードバック数:0ビジネス

営業職500名に聞く オンライン営業の実態。 9割以上が“オンライン営業”の機会が増えたと回答。

営業職500名に聞く オンライン営業の実態。9割以上が“オン... 営業職500名に聞く オンライン営業の実態。 9割以上が“オンライン営業”の機会が増えたと回答。 86.6%がオンライン会議時に、資料共有や進め方で困ったことがある! 「スムーズに動かない」「資料が映らない」教育や情報共有にも影響、20.1%が議事録の提出を必須にベルフェイスが、リモートワーク下における営業を調査オンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」の開発・販売事業を行う、ベルフェイス株式会社(本社:東

2020年9月4日ビッグローブ★フィードバック数:0社会/政治

SNSでの誹謗中傷に対する罰則「強化すべき」8割強 BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第2弾を発表

プレスルームSNSでの誹謗中傷に対する罰則「強化すべき」8割強BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第2弾を発表~withコロナ時代に行動をSNSに投稿することに抵抗「感じる」3割強~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人(内SNSを利用している770人)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年8月5日~8月6日、調

2020年9月4日イスプリフィードバック数:0ビジネス

【調査レポート】バックオフィス業務のテレワーク実態調査を実施

【イスプリ情報局より】データ共有・クラウド管理・リモートワークのお役立ち情報をお届けします 【調査レポート】バックオフィス業務のテレワーク実態調査を実施 クラウド型文書管理システム「aiTask(アイタスク)」を販売する、株式会社イスプリ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:水野 稔)は、従業員数300名以下の企業の総務・経理・人事部に勤めている方を対象に、バックオフィス業務におけるテレワークの実態調査を実施しました。 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、テレワークの導入を開始

2020年9月4日コクヨフィードバック数:0ライフスタイル

中高生の学びに関する実態調査レポート「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」

「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」  学習指導要領の改訂、大学入試共通テストの導入、長期の休校等により、中高生の学びは大きな変化にさらされています。そのような環境下において、学生自身が感じている課題等を調査することを目的に、2020年6月、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、全国の中高生を対象に「勉強に関するアンケート」を実施しました。勉強方法や情報収集の仕方、関心の高い文具等について、調査から浮かび上がってきた中高生の学びの実態をレポートします。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ