2020年12月2日 | 調査のチカラ

  2020年12月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
任意の項目でデータを絞り込む
2020年12月2日Avast Softwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本のフィッシング詐欺被害者の3人に2人が被害を報告していないことが明らかに

ニュースルームに戻るアバスト調査:日本のフィッシング詐欺被害者の3人に2人が被害を報告していないことが明らかに 13. 11月 20203人に1人は、フィッシング詐欺の報告先がわからないと回答 デジタルセキュリティおよびプライバシー製品のグローバルリーダーであるアバストは本日、日本国内のインターネットユーザー1,106人を対象とした調査の結果を発表しました。調査の結果、日本のフィッシング詐欺被害者の3人に2人が被害を報告しておらず、また、日本人の3人に1人は詐欺を発見した際、どこに報告すれば良い

2020年12月2日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークで「会社の方向性を伝えにくくなった」が79.1%。そのうち95.7%が社員のエンゲージメント低下を実感

総務の今を知り、これからの総務を創るpowered by 月刊総務 アンケート調査:テレワークで「会社の方向性を伝えにくくなった」が79.1%。そのうち95.7%が社員のエンゲージメント低下を実感2020-11-12 15:00 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象にモチベーションに関する調査を実施し、253名から回答を得ました。【調査結果 概要】 ・94.5%が新型コロナウイルスの感染拡大以降「社員同士が対面で会う機会が減った」 ・社員同士で顔を合わせる機会が減ることで「モチベーションに

2020年12月2日スピードM&Aフィードバック数:0ビジネス

コロナは個人M&Aの追い風に。コロナ禍での買収意欲は「高まった」が90%増。

コロナは個人M&Aの追い風に。コロナ禍での買収意欲は「高まった」が90%増。 M&A・事業承継を支援するM&Aプラットフォーム「スピードM&A」を運営する株式会社スピードM&A(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:江波戸 浩之、以下「当社」)は、譲り受けを希望される個人会員65名を対象に、ウェブアンケートによる意識調査を実施いたしました。テーマ:コロナ禍での買収意欲の変化について 方法:ウェブアンケート 期間:2020年9月〜同年10月 有効回答:会社・事業の譲り受けを希望される個人会員65名

2020年12月2日住まいサーフィンフィードバック数:0キャリアとスキル

外国人管理員への委任意向はコロナ禍でも拡大

マンションの適正価格や資産価値を判断するための価格情報サイト 外国人管理員への委任意向はコロナ禍でも拡大コロナ禍で入国できない外国人労働者に代わり進むIoT化 目次要旨調査概要調査結果全項目でDI値が上昇、外国人管理員への管理業務の委任意向が大幅に高まる外国人管理員への期待は高まったが、依然としてコミュニケーションの不安は拭えず「清掃業務」と「サービス取次ぎ」ではDIが初めて30を超える一方、相談業務の委任には未だ心理的ハードルが存在渡航できない外国人労働者に代わり、目覚ましく進歩するAI・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ