2021年6月11日 | 調査のチカラ

  2021年6月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月11日LASSICフィードバック数:0ライフスタイル

テレワーク時の『服装』・『オンオフ切替方法』に関するアンケート

【テレワーク時の『服装』・『オンオフ切替方法』に関するアンケート】2人に1人が普段着で仕事をしている結果に。テレワーカーがオンオフを切り替えるために実施していることとは? 株式会社LASSIC(ラシック)(本社: 鳥取県鳥取市、代表取締役社長: 若山幸司、以下「LASSIC」)が運営する、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」は、テレワーク時の『服装』・『オンオフ切替方法』に関するアンケート調査を全国20歳

2021年6月11日エーテンラボフィードバック数:0ライフスタイル

喫煙女性の4割がコロナ禍で喫煙量増加、増加した割合は男性の2倍に

喫煙女性の4割がコロナ禍で喫煙量増加、増加した割合は男性の2倍に 世界禁煙デーに合わせて「タバコに関するアンケート調査」の結果を公開 〜喫煙者の半数以上が禁煙のメリットを理解するも、6割が継続のコツを掴めず〜 エーテンラボ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役CEO:長坂 剛)は、嗜好品(酒・タバコ・カフェイン・菓子類)の摂取に関する意識と行動を調査するため、自社で開発する習慣化アプリ「みんチャレ」のユーザーに対し、2021年5月23日〜24日にアンケート調査を実施しました(回答者数:全国1,963

【10~20代限定 世論調査結果】東京五輪は「無観客開催」3割・「中止」3割で意見割れる

【10~20代限定 世論調査結果】東京五輪は「無観客開催」3割・「中止」3割で意見割れる。また、今後は「オンライン授業を主に」と6割が回答 ~中高生から20代の若者世代と政治・社会をつなぐ「学校総選挙プロジェクト」~CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)と株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長島弘明)は、これからの未来を担う中高生から20代の若者世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙プロジェクト」(https

2021年6月11日トライトフィードバック数:0ビジネス

【介護事業所におけるDX実態調査】半数がコロナ下でDXに取り組んでいる実態が明らかに

【介護事業所におけるDX実態調査】半数がコロナ下でDXに取り組んでいる実態が明らかに 一方、身体介護など「ケアサポート」面でのロボット活用は1割未満と進まず 〜介護業界の二大課題「人材不足」「定着化」でのDXニーズは6割超も、知識不足が最大の障壁〜 医療・福祉分野での人材紹介・派遣サービス大手のトライトグループ(本社:大阪府大阪市、東京本部:東京都千代田区、代表取締役CEO:笹井 英孝)は、この度、10代から60代以上の介護従事者男女303名を対象に、「介護事業所におけるDX実態調査」を実施しま

新型コロナウイルスとホテル利用意向

<アンケート調査 新型コロナウイルスとホテル利用意向> コロナ禍のホテル利用意向、地元や近場での宿泊が昨年から増加。今後のホテル選びの重視点は、「温泉・大浴場」が上位に。顧客満足度(CS)調査や消費者動向に関するリサーチ・コンサルティング会社である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、新型コロナウイルスとホテル利用に関する調査結果を発表致します。現在、各地では緊急事態宣言の延長や地域の追加がなされ、変異型ウイルスの拡大の懸念も

2021年6月11日ハッカズークフィードバック数:0ビジネス

「退職者との交流によって生じる影響」を調査

​20〜40代の会社員を対象に「退職者との交流によって生じる影響」を調査。約9割が「交流してよかった」と回答 6/2(水)19時より関連ウェビナー『元リクルート&元アクセンチュアが語る「退職者」が誇りに思う会社の条件』を開催 株式会社ハッカズーク(本社:東京都、代表取締役CEO:鈴木仁志、以下ハッカズーク)は、「退職者との交流によって生じる影響」について、20〜40代の会社員を対象に意識調査を実施しました。 「退職者と交流してよかったと思うことがあるか」を聞くと、約9割があると回答。ほとんどの人

2021年6月11日TDKフィードバック数:0キャリアとスキル

2022卒理系学生「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」

2022卒理系学生「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」オンラインでの就職活動、9割超が経験あり。 ・初期フェーズではオンライン、中期~後期ではオフラインが高ニーズ。・「選考日程の柔軟化」「オンライン化」「動画活用」に取り組む企業は高評価。・就活予算の全国平均は6万1千円。最高額エリアは中国・四国地方。 TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、2022年に卒業予定の理系学生を対象に、「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」を実施し、344名から回答を得ました。結果は以下の通りで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ