2022年6月23日 | 調査のチカラ

  2022年6月  
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
任意の項目でデータを絞り込む
2022年6月23日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂「第二回 生活者の脱炭素意識&アクション調査」~2022年3月調査結果~

博報堂「第二回 生活者の脱炭素意識&アクション調査」 ~2022年3月調査結果~「脱炭素」名称認知は9割に。一方、行動に移している人は増えていない。 関連商品の利用促進ポイントは、若年層「有名人が勧める」「環境に配慮していることを周知できる」、シニア層「利用・廃棄時に環境への影響が少ない」「CO2削減量がわかる」が高め株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)の「博報堂SDGsプロジェクト」は今年3月、「生活者の脱炭素意識&アクション調査」の第二回調査を実施しました。第一回調査から半

2022年6月23日Accenture★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――AI活用において、60%以上の企業が概念実証に留まる

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――AI活用において、60%以上の企業が概念実証に留まる アクセンチュア最新調査――AI活用において、60%以上の企業が概念実証に留まる2022/06/23高い価値を生み出すためには「AI

【第3回「エシカル消費研究会」】消費者は「現在か未来」に「自分か他人」に便益があるかどうかでエシカル消費を実行

【第3回「エシカル消費研究会」】消費者は「現在か未来」に「自分か他人」に便益があるかどうかでエシカル消費を実行 ~6月は「環境月間」。エシカル消費でイメージするのは「環境」「SDGs」「地産地消」「フェアトレード」など~CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田代誠)は、食の領域を中心とした生活者のエシカル消費に関してさまざまな視点で研究開発し、その成果を発表していく「エシカル消費研究会」の第3回目を、2022年5月31日に流通・メーカー・専門家の方々に参加いただきオ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ