ビジネス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

メタバースのビジネス利用に関する日本企業1,000社調査

メタバースは「ゲーム・エンタテイメントのための仮想空間」からビジネス活用のフェーズへ―PwCコンサルティングによる日本企業1,000社超を対象としたメタバース事業者サーベイ結果より―はじめに2022年はメタバース元年とも言われるほど、メタバースをめぐる環境が急速に進化しています。「メタバース」という言葉は、1992年に発表されたSF小説『スノウ・クラッシュ』(ニール・スティーヴンスン)で初めて紹介され、2000年代中盤にはメタバースの先駆けとされるアプリの公開などをきっかけにブームが起き、特にゲ

2022年5月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

ロシア・ウクライナ情勢による企業の仕入れへの影響調査

2022/5/16ロシア・ウクライナ情勢による企業の仕入れへの影響調査ロシア・ウクライナ情勢で50.8%が「仕入確保」に影響、66.7%が「価格」に影響〜 問題に直面している企業の1割近くが生産拠点の国内回帰を検討 〜 はじめにロシアのウクライナ侵攻開始から2カ月が経過、日本国内では原油や原材料価格の一段の高騰による影響の拡大が危惧されている。またロシアは日本を含む「非友好国」に対して、木材の輸出を禁止する措置を発動し、日本側でもロシアからの輸入依存度が高い単板を含む木材や機械など38品目を輸入

2022年5月11日レブコムフィードバック数:0ビジネス

新卒営業時代の「壁」調査

新卒時代の営業職、仕事をやりたくないと感じた時期は「5月」が最多で42.0% 最もやりたくないと感じた業務は「商談」 ~最初の壁「5月」をどのように乗り越えた?先輩営業パーソン302名に調査~ 株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史、以下RevComm)は、新卒時代に営業職として働いていた、社会人2年目以上の営業職302名を対象に、新卒営業時代の「壁」調査を実施いたしました。 調査概要:新卒営業時代の「壁」調査調査方法:インターネット調査調査期間:2022年

2022年5月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「主要外食100社」価格改定動向調査

2022/4/30「主要外食100社」価格改定動向調査主要外食100社、3割が過去1年に値上げ 価格は平均70円超アップ〜 飲食店の原価率が18年ぶり急騰、上昇幅は過去最大 〜調査結果 経営努力での吸収に限界、夏以降に「値上げ」が相次ぎ実施される可能性も 主要外食100社の3割が1年以内に値上げ 価格は平均77円アップ、原材料費高騰が響く 外食企業の原価率が急騰、2021年度は37.5% 過去10年で最高、18年ぶりの高水準 詳細はPDFをご確認くださいお問い合わせ先株式会社帝国データバンク 東

2022年4月28日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内DX支援サービスの需要調査結果を発表

26 Apr 2022国内DX支援サービスの需要調査結果を発表 Japan, 2022年4月26日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表しました。これによると、DXイニシアティブにおける最重要パートナーとして、コンサルティングファームとSI事業者の重

2022年4月19日RevCommフィードバック数:0ビジネス

新卒時のテレアポ実態調査

新卒時代のテレアポ業務、9割以上が「大変だった」一方「現在の仕事に活きている」が64.5% 〜モチベーション維持の秘訣も明らかに、新卒時代にテレアポを行った社会人316名に調査〜 株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史、以下RevComm)は、新卒入社時にテレアポ業務を行っていた、20代〜30代の会社員316名を対象に、新卒時のテレアポ実態調査を実施いたしました。 調査概要:新卒時のテレアポ実態調査調査方法:インターネット調査調査期間:2022年4月6日〜同

2022年4月19日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年4月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2022年4月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

日本企業の「ロシア進出」状況調査(4月)

2022/4/15日本企業の「ロシア進出」状況調査(4月)ロシア進出の日本企業、「現地事業停止」4割 1カ月で約2倍に急増〜 完全撤退も判明、「脱ロシア」日本企業で加速 〜 はじめにロシアがウクライナ侵攻を開始して以降、ロシア現地工場の操業停止や同国への製品輸出を見合わせるなどの動きが日本企業でも急激に進んでいる。背景には、米欧各国をはじめとした対ロシア制裁の影響が大きく、物流の混乱などから正常な事業活動が今後も難しいことが各社で認知されたことがあげられる。ただ、ロシア事業継続の判断が消費者や投

2022年4月12日電通グループフィードバック数:0ビジネス

電通ジャパンネットワーク、第6回「カーボンニュートラルに関する生活者調査」を実施

電通ジャパンネットワーク、第6回「カーボンニュートラルに関する生活者調査」を実施― 生活者の約4割が、企業のカーボンニュートラルの取り組みによる「追加コスト負担」を許容 ―電通ジャパンネットワーク(本社:東京都港区、社長執行役員CEO:榑谷 典洋)においてグループ横断でサステナビリティに関するプロジェクトを推進する「サステナビリティ推進オフィス」および「電通Team SDGs」は、全国10~70代の男女計1,400名を対象に、2022年 1月28〜30日に第6回「カーボンニュートラルに関する生活

2022年4月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2021年度報

2021年度報年度倒産件数は56年ぶりの6000件割れ 今後「コロナ収束」のタイミングが、中小零細企業の先行きを占う倒産件数は5916件、1965年度以来56年ぶりの低水準 負債総額は1兆1828億7100万円、4年連続の減少 主要ポイント■2021年度の倒産件数は5916件(前年度7314件、19.1%減)と、1965年度(5593件)に次ぐ過去2番目の低水準となったほか、半世紀ぶりの6000件割れを記録■2021年度の負債総額は1兆1828億7100万円(前年度1兆2174億6900万円、2

2022年4月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

企業の今後1年の値上げに関する動向アンケート

2022/4/8企業の今後1年の値上げに関する動向アンケート止まらない!値上げ実施済・予定企業は64.7%に!!〜 ロシアのウクライナ侵攻で原材料価格の高騰が加速、6社に1社は値上げできず 〜 はじめに新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした供給制約やロシアのウクライナ侵攻などにより、原材料価格や、輸送費などに影響を及ぼす原油価格の高騰が続いています。こうしたなか、コストアップを受けた企業で製商品の値上げの動きが相次いでいます。そこで、帝国データバンクは、企業の今後1年の値上げ動向についてアンケ

中小企業の5割以上が事業費決済にクレジットカードを利用 今後12カ月の事業費決済利用方法伸び幅1位もクレジットカードに

1. 86%が今後のビジネスに前向き、特に建設業では93%がビジネスは上向くだろうと回答倒産や廃業、事業転換などビジネス環境の変化が大きく見られたコロナ禍にもかかわらず、調査対象となった中小企業の約半数(47%)が昨年、利益を増加させ、業績を回復させたと答えています。また、中小企業の約5社に1社は、二桁以上の成長だった、と答えました。コロナ禍で業績の良い企業には共通した特徴が見られ、有事においてストレスや環境変化に対し、より柔軟で適応力がある、という結果が見られました。例えば、売上高の高いビジネ

2022年3月28日HubSpot Japan★★フィードバック数:0ビジネス

日本の営業に関する意識・実態調査2022の結果をHubSpotが発表

2022年2月16日2 年のコロナ禍を経て、買い手が好む営業スタイルは「訪問・リモートどちらでもよい」が昨年の 1.5 倍に急増 日本の営業に関する意識・実態調査2022の結果をHubSpotが発表  CRM(顧客関係管理)プラットフォームを提供するHubSpot Japan株式会社(日本法人所在地:東京都千代田区、代表:カントリーマネージャー 廣田 達樹、以下 「HubSpot」)はこのたび、日本の営業組織にまつわる第3回目の意識・実態調査を実施しました。 2021年2月に発表した第2回

2022年3月28日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件

「メタバース」や「Web3」などと並び「NFT(非代替性トークン)」というキーワードを耳にする機会が増えています。「NFTとは」というワードで、Google検索をした人も多いかと思います。まずはウィキペディア(外部リンク)に掲載されている定義をおさらいしましょう。非代替性トークン(NFT)とは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位である。NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけられる。代替可

2022年3月14日PwC Japanグループ★★フィードバック数:0ビジネス

【調査レポート】第25回世界CEO意識調査(日本分析版)

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 【調査レポート】第25回世界CEO意識調査(日本分析版)PwC Japanグループはこの度、調査レポート『第25回世界CEO意識調査』を公開しました。2021年10月〜11月にかけて実施した第25回世界CEO意識調査では、世界89カ国・地域の4,446名のCEO(うち日本のCEOは195名)に、世界経済の動向、気候変動への企業の対応などについて聞きました。この調査結果から、気候変動に

2022年3月3日トランスコスモス★★フィードバック数:0ビジネス

トランスコスモス、「世界8都市オンラインショッピング利用動向調査2022」結果を発表

お客様企業のデジタル・トランスフォーメーション・パートナー。 トランスコスモス、「世界8都市オンラインショッピング利用動向調査2022」結果を発表環境に配慮するサスティナブル消費意識に大きな違い トランスコスモス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、世界のオンラインショッピング利用の現状を探る自主調査「世界8都市オンラインショッピング利用調査2022」を実施しました。2018年より毎年実施してきた「アジア10都市オンラインショッピング利用調査」の設問を継承し、調査対

2022年2月28日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

Uberに学ぶコロナ適応力 業績急回復を支える事業とは?

日本では特殊な業界構造や規制により、本業であるライドシェアビジネスが展開できていないUberですが、そのブランドはフードデリバリーサービスとして、すっかり定着しています。「Uber Eats」のロゴが入った大きな黒バッグを背負ったライダーが自転車でさっそうと配達する風景はもはや日常となった感があります(街中ですれ違って、時にヒヤッとすることもありますが)。 実は同社においてフードデリバリー事業の存在感が増しているのは日本だけの現象ではありません。今回は、Uberのコロナ直前の2019年からのパフ

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月-12月)

国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月-12月)SODAがSoftBank Vision Fund 2から約28億円の資金調達を実施2021年1-12月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングは、先月と比べて順位の変動が無かったものの、国内最大級のスニーカーフリマ「SNKRDUNK」を提供するスタートアップのSODAが12月2日にシリーズDラウンドにおいてSoftBank Vision Fund 2から第三者割当増資を実施した。これにより同社は評価額を約380億円にまで上げた

2022年2月21日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

GAFAはどこへ消えた? 米国の特許認可数ランキング

誰もが知る「IBM」の3文字が「International Business Machines」の略語であることを即答できる人は、いまどきどれくらいいるでしょうか。 創業110年のIBM(外部リンク/英語)の歴史においては、ATMやHDDなど、数々の発明があります。現在の同社もまた、インド出身のCEO(最高経営責任者)の下、AI(人工知能)やクラウドなどでイノベーション創造を続けています。 先端テクノロジーといえばGAFAに集中しているような印象を抱いている人も少なくないと思います。しかし、特許

2022年2月21日ライボフィードバック数:0ビジネス

「社内コミュニケーション調査」報告資料

NavigationNEWSJob総研 「社内コミュニケーション調査」報告資料

2022年2月18日全研本社フィードバック数:0ビジネス

【製造業の脱炭素経営に関する実態調査】約6割の企業が、脱炭素経営にあたり、「機器やシステムの導入が難しい」

【製造業の脱炭素経営に関する実態調査】約6割の企業が、脱炭素経営にあたり、「機器やシステムの導入が難しい」【製造業の脱炭素経営に関する実態調査】約6割の企業が、脱炭素経営にあたり、「機器やシステムの導入が難しい」〜「自社にあった機器やシステムの情報が得られない」などの声〜業界別のマーケティング情報に特化したWebメディア「キャククル」(https://www.shopowner-support.net/)」を運用する全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 順之亮)は、脱炭素経営

2022年2月7日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

Gartner、2021年の上位10社の電子機器メーカーによる半導体消費は25.2%増加したと発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 Gartner、2021年の上位10社の電子機器メーカーによる半導体消費は25.2%増加したと発表 半導体不足とパンデミックの影響が生産中断と価格の上昇の要因に 米国コネチカット州スタンフォード発、2022年2月1日 — Gartne

2022年2月2日ペーパーロジックフィードバック数:0ビジネス

「ペーパーレス化に伴う2022年度予算」に関する調査

ペーパーロジックは文書の内容や重要度に応じて立会人型・当事者型の電子署名を自由に使い分けることが可能、全ての文書にタイムスタンプが自動的に付与されます。 【リサーチ】「ペーパーレス化に伴う2022年度予算」に関する調査【ペーパーレス化に伴う2022年度予算調査】72.3%の企業が「2021年にペーパーレス化」を推進引き続き75.0%が「2022年度にペーパーレス化システム導入のための予算配分」を「予定/検討」〜約8割の企業が社内のペーパーレス化を課題と実感〜■調査概要調査概要:「ペーパー

2022年1月17日アドビ★★フィードバック数:0ビジネス

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録アドビは本日、2021年のホリデーシーズン(11月1日〜12月31日)における米国での最終的なオンライン消費額を発表しました。これはアドビが追跡しているオンライン経済指標であるAdobe Digital Economy Indexの一環であり、オンラインでの消費者の直接取引を分析することで得られた米国のEコマースの現況を包括的に示します。この分析は、米国の小売サイトへの1兆回以

2022年1月17日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ

英語では同じものを比較する際に「Apple to Apple」という表現を使うことがあります。しかし、現在世界で最も市場価値のある巨大企業においては、経営トップと平均的な従業員の給与には巨大りんご(ギネス認定された「スタークジャンボ」などを想像してください)と姫りんご(イヌリンゴ)くらいの格差があるようです。 2022年1月上旬にAppleが米証券取引委員会(SEC)に提出したドキュメント(外部リンク/英語)によると、スティーブ・ジョブズ氏の後任として2011年にAppleのCEO(最高経営責任

2022年1月14日ITR★★フィードバック数:0ビジネス

オンライン商談システム市場の規模推移および予測

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2022年1月28日(金)15時〜16時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 2020年度のオンライン商談システム市場はコロナ禍による需要の急増で前年度から倍増、2021年度よりBtoBからBtoCへと需要が大きくシフトする見込みITRがオンライン商談システム市場の規模推移および予測を発表 2022年1月13日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ

2022年1月14日トライベック★★フィードバック数:0ビジネス

最新版「Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編>」発表

最新版「Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編>」発表 最新版「Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編>」発表 2022.01.13 トライベック株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、「Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価しました。調査は2021年9月下旬から12月上旬にかけて実施しました。Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編> ト

2022年1月11日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年1月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2022年1月11日電通デジタル★★フィードバック数:0ビジネス

日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2021年度)

「顧客の期待に応えられていない」企業が4割も コロナ禍で、DXがさらなる全社重要課題にプレスリリース「顧客の期待に応えられていない」企業が4割も コロナ禍で、DXがさらなる全社重要課題に 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、株式会社日経BPコンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2021年度)」を実施しました。本調査は2017年以降、経年で調査を続け、今回で5回目の実施となります。世

2022年1月7日ハンモックフィードバック数:0ビジネス

製造業『営業部門のデジタル化ツール導入』~実態調査レポートを公開~

製造業『営業部門のデジタル化ツール導入』~実態調査レポートを公開~ 2021年度に導入した営業・マーケティング支援ツール第1位は「SFA(営業支援ツール)」 法人向けソフトウェアを提供する株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役:若山 大典、以下 ハンモック)は、営業活動に課題を感じている従業員数100名以上の製造業の経営者304名を対象に、「営業・マーケティング支援ツールの導入」について実態調査を実施いたしました。 ▼本内容は調査結果を一部抜粋しております。調査全文はこちらから無料ダ

2021年12月27日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施

野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施 野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施〜社会経済活動正常化にはワクチン接種とともに治療方法確立と医療体制整備が不可欠〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2021年11月26日から11月27日にかけて、全国20~79歳の男女合計5,156人を対象に、コロナ禍における生活やビジネスへの意識動向に関するインターネットアンケート調査(以下、「本調査

2021年12月27日Scene Liveフィードバック数:0ビジネス

営業組織を持つ経営者の約7割が、自社の「テレアポ」を課題視 「担当者ごとのアポ獲得数にばらつきがある」などの声

営業組織を持つ経営者の約7割が、自社の「テレアポ」を課題視 「担当者ごとのアポ獲得数にばらつきがある」などの声 〜一方で「コールシステム」導入企業の9割以上が「架電効率が上がった」など効果を実感〜アウトバウンドコールシステム『List Navigator.』を開発・提供する株式会社Scene Live(本社:大阪府大阪市、代表取締役:磯村 亮典 以下、Scene Live)は、テレアポ担当者が5名以上いる企業の経営者・役員310名に対し、「テレアポの課題」に関する調査を実施いたしましたので、お知

ヘルスケアの未来―エコシステムの構造変化と新たな価値創造

ヘルスケアの未来―エコシステムの構造変化と新たな価値創造 ヘルスケアを取り巻く環境は大きく変化しつつある。治療から予防へのシフト、医療の個別化、デジタル技術の進化などの大きな変化の中で、患者を中心に置くヘルスケアエコシステムの形成が進み、それに関わる企業・その他ヘルスケア関連組織(以降総じて「プレイヤー」と呼ぶ)の価値創造の在り方が大きく変わりつつある。これまでは伝統的なプレイヤー、例えば製薬企業や医療機器メーカーが「商品を作って売ること」、医療機関が「病気にかかった患者を治療すること」

《調査報告》 中小企業の4社に1社が「業務知識の属人化」に課題

《調査報告》 中小企業の4社に1社が「業務知識の属人化」に課題 ~コロナ禍で対面型研修に制限も“オンライン研修実施”は34% さらなるオンライン化を目指す中小企業に必要な機能とは~ 導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、中小企業の経営者らを対象に人材育成や教育研修に関する調査を実施し、その結果をまとめた報告書を公開致しました。 アンケートの結果、中小企業が抱える人材

2021年12月24日さとふるフィードバック数:0ビジネス

2021年ふるさと納税の変化に関するアンケート調査を全国272自治体と676事業者へ実施

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) さとふる、2021年ふるさと納税の変化に関するアンケート調査を全国272自治体と676事業者へ実施~コロナ禍2年目も巣ごもり消費の影響で寄付額は増加傾向。お礼品のラインアップや寄付金の使い道に変化も~ 株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)でお礼品を提供する全国の

2021年12月17日SalesNowフィードバック数:0ビジネス

新事業提案制度が多い業界・都道府県ランキング

SalesNow DBでは500万件以上からなる企業データベースを公開しています。アポ獲得に、生産性革命を。ぜひご活用ください。SalesNow DBでは500万件以上からなる企業データベースを公開しています。アポ獲得に、生産性革命を。ぜひご活用ください。新事業提案制度が多い業界・都道府県ランキング|制度がある391社一覧新事業提案制度を導入している会社は391社ありました。そこから新事業提案制度が多い業界ランキングTOP5・都道府県ランキングTOP5を作成しました。都道府県は、東京都や愛知県や

2021年12月17日インテージ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ2年目 「2021年、販売苦戦したランキング」

コロナ2年目 「2021年、販売苦戦したランキング」1位・うがい薬、2位・殺菌消毒剤、3位・ほほべに医薬品、衛生系商品、化粧品が上位を占める。マスクは? 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに今年、日用消費財の中で何がより苦戦したかを、推定販売金額の減少から振り返る「2021年、販売苦戦したものランキング」を発表しました。(データは10月分まで使用)[

2021年12月15日ライボフィードバック数:0ビジネス

「仕事の悩みに関する調査」

NavigationNEWSJob総研 「仕事の悩みに関する調査」報告資料

2021年12月13日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

Google、Microsoft、Adobe、IBM、Twitter なぜインド出身CEOはイケてるTech企業を導くのか?

日常的に慣れ親しんでいる製品やサービスを提供している企業のCEO(最高経営責任者)の顔を、皆さんは思い浮かべることはできますか? また、その出身地について意識したことはあるでしょうか。 つい先日、Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏がCEOから身を引き、CTO(最高技術責任者)を務めてきたパラグ・アグラワル氏が新たに就任したことが話題になりました。Twitterは、ハイテク企業の時価総額としては比較的小規模ですが、ソーシャルネットワークにおける社会的影響力は疑いの余地がありません。今

2021年12月9日PayPalフィードバック数:0ビジネス

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表~日本におけるECの現状と未来~ 消費者による行動の変化や、越境ECへの意欲が明らかに グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Pte. Ltd. 本社:シンガポール、東京支店 日本事業統括責任者:ピーター・ケネバン、以下「ペイパル」)は、「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」の結果を発表しました。本調査では、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大(パンデミ

コロナ禍の営業施策に関する調査

〈コロナ禍の営業施策に関する調査〉決裁者が最も多く利用する営業施策は「電話・メール営業」を抑えて「Web広告」という結果に!一方で、現在実施中の営業施策の費用対効果に「満足していない」という声も。 「決裁者と直接つながることができない」ことを経営課題に感じているという調査結果も明らかに。これからのBtoB企業経営の成功は、「決裁者に会える営業」が決め手に! 決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY(URL:https://onlystory.co.jp/ )」の運営する株式会社オンリー

2021年12月2日フィードバック数:0ビジネス

【保育ICTに関するパパママ実態調査】 子育て支援で注目のICT、活用実態は4割以下の結果に

Skip to content【保育ICTに関するパパママ実態調査】 子育て支援で注目のICT、活用実態は4割以下の結果に 今後の活用期待度は9割を超え、利用継続を希望する声は100% 〜園とのコミュニケーションで電話や紙は敬遠方向。子どもの様子と成長記録にも期待〜ICTで保育士の働き方改革や保育業界のDXを推進し、子どもの幸せを生み出すことを目指す千株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 千葉伸明、以下 当社)は、保育施設に通う子どもを持つ親 100名を対象に「保育ICTに関する意識調

2021年11月26日True Data★★フィードバック数:0ビジネス

ドラッグストア、食品スーパーマーケット 伸び率TOP20カテゴリを発表

NEWS 緊急事態宣言が解除された10月「ウチ消費」に加え「ソト消費」にも好調カテゴリ~ドラッグストア、食品スーパーマーケット 伸び率TOP20カテゴリを発表 ~ 株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、当社の統計データをもとに、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年10月の売り上げ伸長カテゴリを発表します。当月は家飲みが習慣化した影響か、「スピリッツ」、「リキュール類」などの酒類が前年同月と比べ売り上げを伸ばした一方、

緊急事態宣言解除後、約70%の酒蔵が「売上が上がりそう」と回答。しかし約60%は「製造量を減らす」という結果に

緊急事態宣言解除後、約70%の酒蔵が「売上が上がりそう」と回答。しかし約60%は「製造量を減らす」という結果に ~緊急事態宣言解除後の酒蔵一斉調査~ リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:荻原恭朗)は、弊社が運営するお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」の取引中の酒蔵、ワイナリー、ブルワリーを対象に、「緊急事態宣言解除に伴う影響」に関するアンケート調査を2021年10月14日(木)~10月18日(月)に実施しました。緊急事態宣言解除後、酒類提供が再開し酒蔵へ

オンライン会議に関する実態調査を実施しました。5割超が対面時に比べ「メンタルが疲労するようになった」と回答

【プレスリリース】オンライン会議に関する実態調査を実施しました。 5割超が対面時に比べ「メンタルが疲労するようになった」と回答 『ビデオオフ』『マイクミュート』で感情わからず神経使う〜74.3%がオンライン化により「コミュニケーションの質の低下」を実感。細かい設定/所作の工夫1つが、オンラインコミュニケーション向上のカギに〜オンラインコミュニケーション協会(本社:東京都千代田、代表理事 初谷 純)は、週に5回以上、社内のオンライン会議を行っているビジネスパーソン103名を対象に、「オンライン会議

2021年11月10日Sansan★★フィードバック数:0ビジネス

Sansan、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を発表

 2021. 11. 10 Sansan、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を発表 ~「正確な情報の入手・提供」を名刺の価値と捉え、6割以上のビジネスパーソンが、今後も名刺文化は継続すると回答~ Sansan株式会社は、全国の20〜60代のビジネスパーソン1050名を対象に、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施しました。今回の調査では、コロナ禍においてオンラインでの商談や会議が普及し、紙の名刺交換が減少する中でも、名刺がビジネスに必要だと感じている人が過半数おり、「正確

2021年11月9日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年11月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年11月8日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

テスラも仲間入り 「1兆ドルクラブ」の華麗なる面々

先日発表された世界の長者番付(外部リンク/英語)によると、Tesla(以下、テスラ)のイーロン・マスクCEOがAmazon.comのジェフ・ベゾスCEOを抜いて1位に躍り出ました。初の民間人宇宙旅行(めでたく地球帰還)や人型ロボットの開発(173センチ、57キロだそう)、ブレインテック(猿は脳内チップでゲームをプレイ)など、先端分野で大忙しですが、現在の「本業」であるテスラにも一つのマイルストーンが訪れました。レンタカー会社のHertzが大盤振る舞いで10万台のテスラ車を注文(外部リンク/英語)

Salesforce、「中堅・中小企業向け トレンドレポート」(第5版)日本語版を公開

Salesforce、「中堅・中小企業向け トレンドレポート」(第5版)日本語版を公開 〜 世界の中小企業の7割以上が「デジタル化でパンデミックを切り抜けた」と回答デジタル化を進めることで顧客と従業員との信頼構築に尽力したことが明らかに 〜 2021年11月5日株式会社セールスフォース・ドットコム 株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、Salesforce)は、「中堅・中小企業向けトレンドレポート」の第5版を発表しました。本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ