ビジネス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月30日HubSpot Japan★★フィードバック数:0ビジネス

2020年6月末までを振り返る:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が企業に与えた影響

2020年6月末までを振り返る:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が企業に与えた影響 3月11日、世界保健機関(WHO)によって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが宣言されました。宣言から丸1四半期以上もの間、企業はCOVID-19の経済的影響を鑑みながらの経営を迫られています。刻一刻と変化する状況に対応する企業の皆様に有用なベンチマークを提供するべく、HubSpotではこの数か月間、主要パフォーマンス指標データを週単位で発表してきました。2020年4月〜6月期

2020年7月30日タナベ経営フィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスの企業経営に与える影響に関する調査

〈タナベ経営調査〉95% の企業が「コロナショックで業績面でのマイナスインパクトのリスクあり」。タナベ経営「新型コロナウイルスの企業経営に与える影響に関する調査」結果を発表 また、デジタルツールを活用しながらも62% の企業が「コミュニケーションに課題あり」と回答。~全国の企業経営者・役員・管理職・監査職・一般社員459名にアンケート調査を実施~ 日本初の経営コンサルティングファームである株式会社タナベ経営(本社:大阪市淀川区・東京都千代田区、代表取締役社長:若松 孝彦)は、全国の企業経営者・役

2020年7月28日ギミックフィードバック数:0ビジネス

コロナ禍における影響について、開業医119名を対象に独自調査

【コロナ禍における影響について、開業医119名を対象に独自調査】9割以上が2020年4月度の医院経営に「影響を受けた」と回答 ~総合医療情報サイト「ドクターズ・ファイル」が『新型コロナウイルス感染拡大における医院運営への影響とその対策について』の調査を実施~ 全国16万件のクリニック・病院情報をインターネットで紹介している総合医療情報サイト「ドクターズ・ファイル」を運営する株式会社ギミック(本社:東京都渋谷区 代表:横嶋大輔)は開業医119名を対象に、新型コロナウイルス感染拡大における医院運営へ

2020年7月24日日本M&Aセンターフィードバック数:0ビジネス

ITソフトウェア業界の経営に関する意識調査

お知らせITソフトウェア業界の経営に関する意識調査 -M&Aに対して86%がポジティブなイメージを持つ- 株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区 / 代表:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、全国のITソフトウェア業界経営者向けに、経営に関する意識調査アンケートを実施しました。 【アンケート結果】■ITソフトウェア業界の未来は、再編が進み企業数が減ると予想する割合が57%と最も多い結果に。M&Aに対しては、86%がポジティブ

新型コロナウイルス影響を紐解く調査⑤職場の飲み会実態1000人調査

自粛明けも約8割は職場の飲み会に行っていない!「会社の禁止」も2割強【新型コロナウイルス影響を紐解く調査⑤職場の飲み会実態1000人調査】NEWS / INFORMATION ツナググループ・ホールディングス自粛明けも約8割は職場の飲み会に行っていない!「会社の禁止」も2割強【新型コロナウイルス影響を紐解く調査⑤職場の飲み会実態1000人調査】当社を母体とする多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(拠点:東京都千代田区/ツナグ働き方研究所 所長:平賀 充記、以下ツナグ働き方研究所)」は、

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-6月)

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-6月)タクシー配車アプリを手掛けるMobility Technologiesが40.5億円の資金調達で8位にランクインは、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」「MOV」をはじめとした、タクシー事業車などに向けた配車システム提供などのモビリティ関連事業を手掛ける企業。登記簿情報から、2020年3〜4月にかけて総額40.5億円の資金調達を実施していることが分かった。2020年4月には、のタクシー配車アプリ「MOV」の事業と統合し、社名変更。20

2020年7月23日エムステージ?フィードバック数:0ビジネス

コロナ禍での企業の産業保健活動調査

facebook twitterTOPニュース 2020.07.09 【コロナ禍での企業の産業保健活動調査】 産業医の企業訪問をオンライン希望した企業が6割以上、アフターコロナは社員のメンタルヘルスケアを強化したい企業が約8割という結果に企業の健康経営を支援する「産業保健サービス」を提供する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役:杉田雄二)は、2020年6月11日~17日の間に、59社の人事担当者に『新型コロナウイルス禍での、産業保健活動の状況』についてアンケート調査を実施しました。その

2020年7月23日ぺガジャパンフィードバック数:0ビジネス

パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表

Pegasystems、パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表 ・ 74%が、今般のパンデミックにより予想よりも広範なITギャップが顕在化したと回答• 54%は、顧客を支援するためにより多くのことをすべきだったと認識• 71%が、パンデミックの結果としてDX計画を加速すると回答 Pegasystems Inc. (NASDAQ: PEGA)の日本法人、ぺガジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 宣

2020年7月23日セールスヴィガーフィードバック数:0ビジネス

コロナウイルス感染の影響下、営業担当者の意識調査を実施

コロナウイルス感染の影響下、営業担当者の意識調査を実施。営業活動における、「プロセス」や「仕事環境」「業績」への影響を探る。 自宅勤務やテレワークの拡大後、営業業務にはどのような影響があったのか。業績や業務効率は上がっているのか。全国20代・30代・40代の営業職、男女・年代別に500名に調査した結果を報告致します。 株式会社セールスヴィガー (東京都千代田区、代表:大西芳明)は、新型コロナウイルス感染拡大の環境下、営業担当者の「営業活動・業績の状況」「職場環境の変化」「仕事への取り組み姿勢や意

2020年7月21日WMHフィードバック数:0ビジネス

ウィズコロナの接客の正解は?ファッション店舗の接客力調査レポート

ウィズコロナの接客の正解は?ファッション店舗の接客力調査レポート SEEP NEWS Vol. 5 最短2 週間で店舗の改善ポイントがわかる、業界初のファッション・コスメ企業向けCS・ES 改善クラウド『SEEP(シープ)』は、東京、大阪、名古屋エリアにおける接客の実態調査を、「ラグジュアリー」「セレクト」「カジュアル」3 つのカテゴリーのブランドに対して2020 年6 月15 日~7 月5 日に実施しました。営業を再開してから、ウィズコロナでの接客について各店が試行錯誤する中、お客様が接客から

2020年7月20日バトンズフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスを背景としたM&A需要調査を実施

コロナ禍、「生き残り」のためのM&A!64.8%の経営者が新型コロナの影響で会社や事業の買収を実施・検討の事実 〜新型コロナウイルスを背景としたM&A需要調査を実施〜新型コロナウイルスを背景としたM&A需要の調査を目的に、会社・事業の売却もしくは買収について検討したことがある経営者111名を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施しましたのでお知らせいたします。■調査概要調査概要:新型コロナウイルスを背景としたM&A需要の調査調査方法:インターネット調査調査期間:2020年6月24日〜同

2020年7月20日日本M&Aセンターフィードバック数:0ビジネス

コロナ禍、「生き残り」のためのM&A

【アンケート調査】コロナ禍、「生き残り」のためのM&A 新型コロナウィルスは、これまで誰も経験したことのない恐怖やいつ収束するのか、第二波、第三波はいつ起こるのかという不安を生んでいます。4月~6月の間は、未曾有の危機に右往左往していた経営者も、7月に入り今後の経営戦略や次の危機をどう乗り切るか、考えている方も多いかと思います。Withコロナ時代に、企業は自社の経営をどのように考え、どのような戦略で次の危機を乗り切るか。会社・事業の売却もしくは買収について検討したことがある経営者111名を対象に

2020年7月17日シーネットフィードバック数:0ビジネス

シーネット、2019年度当社システム稼働実績数の調査を発表

HOME>ニュース>シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターに センター数調査集計結果を発表 シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターにセンター数調査集計結果を発表 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、2019年度の期中システム稼動実績センター数調査結果を発表いたしました。この結果、2019年度は698セン

2020年7月17日CLINKSフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルス対策として行ったテレワークに関する実態調査

新型コロナウイルス対策として行ったテレワークに関する実態調査CLINKS株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:河原浩介 以下CLINKS)は、社内におけるテレワーク率の向上、およびテレワーク関連サービスへの活用のため、全従業員を対象に「2020年5月CLINKSテレワーク調査」を行いました。回答期間は5月28日(木)~6月8日(月)の12日間で、生産性とコミュニケーションの変化、テレワーク運用ルールの改善点および今後のテレワークへの志向などの項目についてアンケートを実施しました。その調査結果

2020年7月16日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

SDGsに関する企業の意識調査

企業の24.4%がSDGsに積極的~ 力を入れて取り組む目標は『8.働きがいも経済成長も』がトップ ~はじめに(持続可能な開発目標)は、年月の国連サミットにおいて、世界カ国が産官学民などのステークホルダーとともに同意した「年アジェンダ」に掲載されている世界共通の目標である。採択から年が経過しようとするなか、政府や行政機関のみならず民間企業の経営指針としても急速に注目を集めている。そこで、帝国データバンクは、SDGsに関する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2020年6

2020年7月14日cotoboxフィードバック数:0ビジネス

【商標に関する実態調査】商標出願をした方の約3割が商標トラブル経験があると回答

2020年7月1日【商標に関する実態調査】商標出願をした方の約3割が商標トラブル経験があると回答オンライン商標登録サービス「コトボックス」を運営するCotobox(コトボックス)株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:五味 和泰、 以下コトボックス)が、 5月26日から6月9日にあたりコトボックスユーザーに対し「商標に関する実態調査」を実施した結果、 商標出願の経験がある方の約3割(29.5%)は商標トラブルに巻き込まれたことがあると回答しました。 また、 トラブルの内容に関する質問では「同じ

2020年7月6日クニエ★フィードバック数:0ビジネス

新規事業の実態調査レポート

2020.07.03新規事業の実態調査レポート~新規事業の成功確率を高めるには~株式会社クニエコンサルティングファームの株式会社クニエ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高木真也、以下 クニエ)は、新規事業経験者600名に対して新規事業の実態調査を実施しました。本調査では、企業における新規事業の成功確率を高めることを目的に、各新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因となる「体制」「プロセス」「仕組み」がどのようになっていたかについて調査・分析を行いま

2020年7月6日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

緊急事態宣言中に完全リモートワークができた総務は1.6% 出社理由は1位「郵便物の対応」2位「契約書等の押印」

緊急事態宣言中に完全リモートワークができた総務は1.6% 出社理由は1位「郵便物の対応」2位「契約書等の押印」 〜「総務は会社にいるもの」という固定概念を変える必要性を訴える声も〜日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』を発行する株式会社月刊総務(所在地:東京都千代田区、代表取締役:豊田健一)は、全国の総務担当者320名を対象に、「総務のリモートワークの実態」に関する調査を実施いたしました。 【調査結果 概要】緊急事態宣言中に完全にリモートワークができた総務は1.6%出社理由は1位「郵便物の対応」2位

2020年7月6日ディップフィードバック数:0ビジネス

社会人2,000人調査「人工知能(AI)とは何か説明できますか?」に6割ができると回答

社会人2,000人調査「人工知能(AI)とは何か説明できますか?」に6割ができると回答「人工知能のイメージTOP10」1位「かしこい」2位「怖い」3位「かっこいい」 ~「人工知能とは?」を説明できるようになる「WHAT IS AI?」特設サイトを公開~ 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社 (以下当社)の運営する人工知能専門メディアAINOWは、「社会人2,000人に聞いた、人工知能って説明できる?調査」を実施しましたので、お知らせいたします。また、AINOWで「人工知能とは?」を説明で

2020年7月1日フーディソンフィードバック数:0ビジネス

飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く

飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く 飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く生鮮流通のデジタル化を推進する株式会社フーディソン(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山本徹、以下当社)は、2020年6月8日(月)~13日(土)に飲食店向け生鮮品ECサービス「魚ポチ」(https://uopochi.jp/)内で、緊急事態宣言前後の飲食店における営業方針・仕入に関するアンケート調査を実施しました。新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲

2020年6月29日freeeフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査について

新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査について freee株式会社(以下、freee)は、新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査を行い、公表することをお知らせします。 本調査結果は、スモールビジネスの支援に携わる公的機関の政策立案をはじめ、支援に携わる皆様が有効な支援策を実行できるよう、定量的な調査を実施し、公表することとしました。今回の公表に当たっては、freeeの利用規約に基づき、個社、個人が特定、類推されないよう細心の注意を払い、統計情報

2020年6月29日ライナフフィードバック数:0ビジネス

不動産業界向け「DX意識調査アンケート」

不動産業界全体のDX化進捗は約50%以下、約90%の不動産企業がITツール導入後、DXに効果あり 〜115社対象、不動産業界向け「DX意識調査アンケート」の実施〜 テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにする「イタンジ株式会社」、不動産管理会社向け業務支援ソフトウェア「WealthParkビジネス」を提供する「WealthPark株式会社」、不動産業界特化のWEB制作会社である「株式会社サービシンク」、VRクラウドソフト「スペースリー」を運営する「株式会社スペースリー」、不動産業界に特化したD

2020年6月24日マネックス証券フィードバック数:0ビジネス

MONEX個人投資家サーベイ 2020年6月調査

「MONEX個人投資家サーベイ 2020年6月調査」 ~アフターコロナを踏まえた投資スタンスについて~マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、2020年5月27日から6月1日までインターネットを通じて、マネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケート調査(回答数1,194件)を実施しました。今回、定例調査である個人投資家の相場観の調査に加え、新型コロナウイルス影響下の投資行動について特別調査を行いました。 <調査結果概要>【特別調査】ア

2020年6月24日ロジレスフィードバック数:0ビジネス

「EC事業者の受注・出荷業務」に関する実態調査

EC事業者の約56%が「送料含む配送コストの高騰」に課題ありと回答! 329社回答の『「EC事業者の受注・出荷業務」に関する実態調査』レポートを公開 物流代行を利用中のEC事業者は約37%。主なメリットは「労働力の確保がいらなくなる」。 「物流危機からECの未来を守り、進化させる。」LOGISTICS INNOVATION STARTUP 株式会社ロジレス(所在地:東京都豊島区、代表取締役:西川真央)は、EC業界専門のメディアポータルサイト「ECのミカタ」を提供するMIKATA株式会社(所在地:

STORESが「データから見えるコロナ禍の経済活動の実態」を独自調査

事業者の約80%が「新型コロナウイルス以降のビジネスに未だ不安あり」と回答!STORESが「データから見えるコロナ禍の経済活動の実態」を独自調査 開設サポートとオーナーさま事例もご紹介! 誰でもかんたんにネットショップがつくれるサービス「STORES」を運営するストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、小売業、サービス業、クリエイター活動などに従事する男女524名に、「お商売活動における新型コロナウイルスの影響について」の独自アンケート調査を実施しました。STORESでは4月から新型コロナウイル

NPS?ベンチマーク調査 2020【生命保険】

アフターフォローやマイページを通じた適切なコミュニケーションがNPS向上につながる2020/6/11NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、生命保険業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSのベンチマーク調査を実施しました。有効回答者数は、6,304件でした。 ※NPSのベンチマーク調査を通じて、契約者が、知人や友人に該当の生命保険会社を「どのくらいおすすめしたいか」が分かります。<調査対象企業>SOMPOひまわり生命、アクサ生命、アフラック、オリックス生命、

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-5月)

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-5月)LayerXが30億円の資金調達で10位にランクイン。6社が新しい顔ぶれブロックチェーン技術などのテクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進するLayerXは、、ANRI、YJを引受先とした総額約30億円の資金調達を実施し、10位にランクイン。これにより同社の想定時価総額は128億円となった。今回調達した資金は、商用化のための事業会社設立資金や、これらに対応した事業及びプロダクト開発、人材採用に割り当てる方針である。代表は201

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年6月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年6月)時価総額ランキングの変動はなし。累計資金調達額ではPaidyが首位2020年6月の想定時価総額ランキングでは、先月からの変化はなかった。また、スタートアップ全体の1社平均資金調達額は7.6億円(STARTUP DB調べ)であるのに対し、今回ランクインしている20社の平均資金調達額は105.8億円と、約14倍の開きがあることがわかった。このことから、企業ごとに差はあるものの、想定時価総額が上位のスタートアップ企業は他企業に比べて多額の

2020年6月22日モノレコフィードバック数:0ビジネス

リモートワーク中にメイクが薄くなった女性は85%

ビューティーリモートワーク中にメイクが薄くなった女性は85%!外出自粛期間中のスキンケア事情を年代別に調査!リモートワーク中にメイクが薄くなった女性は85%!外出自粛期間中のスキンケア事情を年代別に調査!世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス。日本でも、緊急事態宣言や外出自粛要請の影響で、勤務体制がリモートワーク・在宅勤務になった方は多かったと思います。お子さんの休校で家事が増えたり、出社や外出の必要がなくなるなど、様々な環境の変化の中で、世の中の女性たちの美容意識はどのように変わったのでし

ポスト・コロナにおけるマネジメントアジェンダ

ポスト・コロナにおけるマネジメントアジェンダ ポスト・コロナの時代において、マネジメントはどのような視点で企業経営を考えるべきか? エグゼクティブサマリーCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の発生により、従前存在したメガトレンドが大幅に変容し、その影響で日本の経営環境においても、企業運営の暗黙の前提や必要とされるオペレーティングモデルに変化が生じています。COVID-19がもたらすインパクトが一過性でないシナリオも想定され、変容したメガトレンドの中長期的な継続を前提とした企業経

2020年6月18日コグニティ★★フィードバック数:0ビジネス

対面商談とオンライン商談の成約率の差に関する調査レポート

コンテンツへスキップ【プレスリリース】アフターコロナ下で急増するオンライン商談をAIが支援 成約するオンライン商談をチェックできる新サービスの提供開始〜対面商談とオンライン商談の成約率の差に関する調査レポートを合わせて発表〜 プレゼンテーションや営業トークなど、ビジネスコミュニケーションのAI解析技術を持つコグニティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役: 河野 理愛 以下コグニティ)は、テレワーク拡大に伴いオンライン商談が急増していることから、オンライン商談時の営業トークをAIがチェックし、

2020年6月13日ビズアップフィードバック数:0ビジネス

経営者・役員のロゴデザインの印象調査

自社プロダクトのロゴデザインを重要視する経営者等は98.2%、77.1%が「サービスや商品のイメージが決まる」と回答 ~ソーシャルディスタンスの企業ロゴに「イメージ戦略の重要性を再認識した」や「時代に敏感で共感できた」の声~株式会社ビズアップ(本社:東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-7ART-1ビル2F、代表:津久井 将信、以下ビズアップ)は、経営者・役員のロゴデザインの印象調査を目的に、自社商品や自社サービスの開発、運営をしている全国の経営者・役員111名を対象に、インターネットによるアンケート調査

2020年6月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンサルティングサービス市場予測を発表

15 Jun 2020国内コンサルティングサービス市場予測を発表 Japan, 2020年6月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ビジネスおよびITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測を発表しました。これによると2019年の同市場規模は前年比7.3%増の8,217億円になったとみられ、2024年に1兆円に達するとみられます。

スタートアップにおける新型コロナウイルスの影響を調査、3割以上がチャンスと回答

スタートアップにおける新型コロナウイルスの影響を調査、3割以上がチャンスと回答 ITやオンライン学習、ECで売上向上などの好影響 一般社団法人日本スタートアップ支援協会(代表理事:岡隆宏、以下JSSA)は、NPO法人生態会(所在地:大阪府大阪市北区、理事長:アレン・マイナー)と共同でスタートアップ147 社を対象に「新型コロナウイルスがスタートアップに与えた影響」について調査しました 本調査は、新型コロナウイルスの感染拡大によるスタートアップへの影響を探るため、NPO法人生態会が2020年4月に

2020年6月12日GMOコインフィードバック数:0ビジネス

暗号資産アンケート調査2020

【GMOコインユーザーを対象にした暗号資産アンケート調査を2020年も実施】 暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に! 一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!【GMOコインユーザーを対象にした暗号資産アンケート調査を2020年も実施】 暗号資産の今後に期待している人が上昇し7割以上に! 一番期待する通貨は「リップル」から「ビットコイン」へ!GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、暗号資産取引業を営むGMOコイン株式会社(代

コロナ禍の影響下におけるM&Aに関するアンケート

コロナ禍の影響下におけるM&Aに関するアンケート 2020年6月12日ビジョナル・インキュベーション株式会社コロナ禍の影響下におけるM&Aに関するアンケートに、9割超が今後M&A市場が「活性化する」と回答ビズリーチ・サクシード、譲渡(売却検討)企業の新規登録社数:前年同期比4.3倍 Visionalグループのビジョナル・インキュベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:永田 信)は、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」(https://br-succeed.j

2020年6月12日フーディストフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について」に関するアンケート調査 「新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について」に関するアンケート調査 集計結果Q1現在の営業状態をお答えください。(複数回答可)(回答必須) Q22020年4月の売上の昨年対比をお答えください。(回答必須) Q3政府・地方自治体・企業などが実施している何らかの支援策のうち、利用した金融支援があればお答えください。(複数回答可)(回答必須) この質問の回答結果は

2020年6月11日宣伝会議フィードバック数:0ビジネス

「新型コロナを受けての広報対応調査」第2弾 緊急宣言発令後、5割の広報部門が在宅勤務、役員との情報共有は3割が「増」

【調査結果のご案内】「新型コロナを受けての広報対応調査」第2弾 緊急宣言発令後、5割の広報部門が在宅勤務、役員との情報共有は3割が「増」 広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(宣伝会議刊)調べ 広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議発行)は4月28日から5月8日にかけて、全国の企業157社を対象に、新型コロナウイルスに関する広報対応についてアンケート調査を実施しました。今回は「緊急事態宣言発令後の広報業務の変化について」調べました。 調査の結果、5割の企業の広報担当者は発令

2020年6月11日KDDIエボルバ★フィードバック数:0ビジネス

企業とお客さまとのコミュニケーション実態2020年版 リリース!

"緊急追加!!コロナで お客さまニーズは どう変化した?追加調査レポート付き 3年目を迎えた「企業とお客さまとのコミュニケーション実態」調査レポート。ライフスタイルやカスタマージャーニーにおける各タイミングによって、 お客さまが求めるサポート対応は変化します。カスタマーサポートの現場において、注目が高まるAIチャットボット・FAQナレッジ拡充による 自己解決の促進、そしてRPAを活用したより効率的な運用など。お客さまにとってするために、企業は何をすべきでしょうか。 ダウンロードはこちら 前回

UDF(ユニバーサルデザインフード)生産統計

「UDF(ユニバーサルデザインフード)」生産量倍増◆前年対比... 「UDF(ユニバーサルデザインフード)」生産量倍増 ◆前年対比は生産量241.5%・生産額150.3%◆製品登録数は1,989アイテム◆「介護食品」の認知率ほぼ5割(認知度定点調査結果)今般、日本介護食品協議会(会長:森 佳光(キユーピー(株) 執行役員 広報・グループコミュニケーション室長)、会員企業数86社)は、会員企業を対象に令和元(2019)年(暦年)のUDF生産統計を集計しました。この結果、生産量58,387トン

2020年6月8日COUXUフィードバック数:0ビジネス

【新型コロナウイルス海外企業調査レポート第2弾】コロナによって失う機会と得る機会

【新型コロナウイルス海外企業調査レポート第2弾】6カ国22社の海外企業にアンケート!コロナによって失う機会と得る機会 6カ国22社の海外企業に新型コロナウイルスにおけるビジネスへの影響をインタビュー調査を行ったので公開します。 世界29カ国約2,000社の海外企業を保有しており、その海外企業が仕入れたい日本商品をクラウド上に公開し、直接海外企業に提案できるサービス『セカイコネクト』()を運営しており、日本企業の海外展開を支援しているCOUXU株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大村 晶彦

2020年6月2日博報堂★★フィードバック数:0ビジネス

「信用スコア」に関する生活者調査を実施

HAKUHODO Fintex Base、「信用スコア」に関する生活者調査を実施「信用スコア」の社会浸透に賛成57%・反対43% 「信用スコア」利用意向層は各種金融商品・サービスの利用率も高め 運営会社への個人情報提供にも前向き株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が2019年9月に発足したFintechサービスに関する生活者の意識・行動の調査研究を行うプロジェクト「HAKUHODO Fintex Base」(博報堂フィンテックスベース)は、変化の激しいFintech領域において

2020年5月29日LIFULLフィードバック数:0ビジネス

第3回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査

LIFULL HOME'S調査<第3回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査> 株式会社は、新型コロナウイルス感染症の影響が不動産事業者の事業運営や営業活動にも波及していることを受け、加盟店企業に対し「第3回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査」を実施いたしました。「」は加盟店企業や、賃貸物件、住み替えを検討中の方双方に、より安心、安全にサービスをご利用いただき売上高回復に貢献できるよう、新規で申し込みをされる加盟店向けに提供期間限定で、賃貸物件を対象とし

2020年5月28日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」

生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」 2020年5月18日 公益財団法人 日本生産性本部 調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部は5月18日、「産業別労働生産性水準(2017年)の国際比較」を発表しました。 これは、2018年4月に「産業別労働生産性水準(2015年)の国際比較」として公表した日米独英仏の5カ国比

2020年5月28日Rejouiフィードバック数:0ビジネス

Rejoui×アイブリッジ、新型コロナウイルスの影響による在宅勤務に関する調査を実施

検索Rejoui×アイブリッジ、新型コロナウイルスの影響による在宅勤務に関する調査を実施。約3割が全面在宅実施、在宅勤務体制有無が従業員エンゲージメントに影響。 株式会社Rejoui(リジョウイ、東京都渋谷区、代表取締役:菅 由紀子)と、アイブリッジ株式会社(東京都品川区、代表取締役:荒川 和也)は共同で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が最初に発令された地域に住むオフィスワーカーを対象に、在宅勤務の実施状況および就業者のエンゲージメントに関する実態調査を行ない、調査結果をまとめた。

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【後編】

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【後編】 テレワークがあぶりだすマネジャー依存の限界と、自律・協働志向組織への転換 このたび、弊社の組織行動研究所では、あらかじめ計画していた「働き方改革」の実態調査を拡大し、特にテレワークの実態を丁寧に尋ねる調査を実施した。調査期間は3月26日〜28日の3日間である。 で明らかになった非対面・非集合時代で重要さを増す「自律」と「つながり」について、後半ではテレワーク経験者のデータに絞り、より組織的な観点からの分析・考察を試みた。

2020年5月27日グラフィコフィードバック数:0ビジネス

【在宅ワーク女子の実態調査】在宅ワークによるからだの不調やコロナ太りがありつつも…今後も在宅ワークを続けたい 70.3%

【在宅ワーク女子の実態調査】在宅ワークによるからだの不調やコロナ太りがありつつも…今後も在宅ワークを続けたい 70.3%【在宅ワークを快適にする方法、恋愛面への影響も浮き彫りに!】 在宅ワーク女子が感じるからだの不調1位「肩こり」57.8% その中で4人に1人は在宅ワークで肩こりデビュー ピンクの温感パッチ「鎮痛消炎ミニ温膏 A」「鎮痛消炎ミニ温膏 B」の製造販売を行う株式会社グラフィコ(所在地:東京都品川区、代表取締役:長谷川 純代)は、2020年4月24日(金)~4月27日(月)の4日間、全

2020年5月27日ヒューマンフィードバック数:0ビジネス

世界のIT技術者の給与ランキング、日本は92カ国中18位、伸び率は年5.9%増で20位

ヒューマンリソシア調査 [独自レポート]世界のIT技術者の給与ランキング、日本は92カ国中18位、伸び率は年5.9%増で20位 ~「92カ国をデータでみるITエンジニアレポートvol.2」発表~ ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢、以下「当社」)はこのたび、世界のITエンジニアの給与について調査し、「92カ国をデータでみるITエンジニアレポートvol.2 世界各国のIT技術者給与まとめ」

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【前編】

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【前編】 温かく明快なコミュニケーションで、誰も孤立させないテレワークを このたび、弊社の組織行動研究所では、あらかじめ計画していた「働き方改革」の実態調査を拡大し、特にテレワークの実態を丁寧に尋ねる調査を実施した。調査期間は3月26日〜28日の3日間である。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京五輪・パラリンピックの延期が決定された3月24日の直後、首都圏など7都府県で緊急事態が宣言される4月7日の一週間ほど前という、緊張感が

2020年5月26日マクロミルフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスが及ぼす消費者心理への影響(5月第1週)

Macromill Weekly Index 調査レポート新型コロナウイルスが及ぼす消費者心理への影響(5月第1週) 2020年5月15日 │ マクロミル総合研究所 研究員 村上智章[著] マクロミルでは、新型コロナウイルスによる消費者心理や消費金額などの影響を、定点観測調査データMacromilll Weekly Indexから読み解きお届けしている。今回は、先月に引き続き2020年4月から5月1週までの消費者心理の動向を紹介する。 関心のある話題・ニュースの変化 2020年4月から5月第1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ