ビジネス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月20日アスマーク★フィードバック数:0ビジネス

プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査

ネットリサーチとは? ネットリサーチは、インターネットを利用した市場調査で、インターネットリサーチ・インターネット調査・ネット調査・web調査などとも言います。弊社が保有するモニター(パネル)と言うアンケート回答者にウェブでアンケートに回答してもらう仕組みです。低コスト・短期間で実施でき、また、モニターの属性が登録されていますので、対象者を細かく設定できます。 実施可能な調査ブランドイメージ調査企業イメージ調査利用実態調査ライフスタイル調査コンセプト評価調査ネーミング調査プライシング調査広告評価

2019年11月20日J.D. Powerフィードバック数:0ビジネス

2019年 ホテル宿泊客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さい. Main Menu (Japan)ニュース&イベントJ.D. パワーのビジネスは、クライアント企業の業務と、何が顧客ロイヤルティを向上させる要因かを把握することです。J.D. パワーがサービスを提供している世界中の業界において、アナリストがデータに基づいた実用性の高いインサイトの提供を行っています。 サービス提供業界/ ソリューシ

2019年11月19日佳秀工業フィードバック数:0ビジネス

「工場現場で働く人の手洗い」に関する状況調査

【工場で使われている手洗い洗剤について調査】汚れがよく落ちると実感しているのは6割程度!汚れが落ちないことや手荒れや乾燥に悩んでいる人が多いことがわかりました。 金属製品製造業と化粧品製造業を営む佳秀工業株式会社から、「現場を支える現場プロジェクト」発表! 金属製品製造業と化粧品製造業を営む佳秀工業株式会社は、現場(金属加工、機械加工)で働く20代〜60代の男女に対し「工場現場で働く人の手洗い」に関する状況調査を実施しました。 3K(きつい、汚い、危険)とも呼ばれる工場の現場において、現代では

2019年10月28日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

呉服市場に関する調査を実施(2019年)

2018 年の呉服小売市場規模は 前年比 98.9%の 2,681億円 -多様化する消費者需要により「通信販売」と「リサイクル」が伸長- 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内呉服(きもの)市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2018 年の呉服小売市場規模は 前年比 98.9%の2,681億円と推計した。少子化の影響や婚姻組数減少※のなか、消費者のきもの離れもあり、国内の呉服市場は厳しい市場環境下にある。主要販売チャネルである一般呉

2019年10月25日ANSYS★フィードバック数:0ビジネス

ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に自動運転車が人間をしのぐだろうと回答

ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に自... ANSYSが実施した調査で、消費者の多くが今後10年以内に 自動運転車が人間をしのぐだろうと回答ANSYSの『Global Autonomous Vehicles Report』で 自動運転車に対する消費者の認識や期待が明らかにピッツバーグ、2019年10月1日 - ANSYS(NASDAQ:ANSS)が調査機関に委託したワールドワイドな消費者調査によれば、消費者の10人に7人が、2029年までに自動運転車が人間の運転能力

2019年10月24日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

受託臨床検査市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度の国内受託臨床検査市場は前年度比1.6%増の5,650億円~微増推移傾向の受託臨床検査市場、予防医療観点での検査需要が拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内受託臨床検査市場を調査し、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況主要臨床検査センター各社の決算状況や中小センターの経営状況などから、2018年度の国内受託臨床検査市場規模(受託事業者売上高ベース)を前年度比1.6%増の5,650億円と推計した。市場拡大は、診療報酬改定を背景と

2019年10月24日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

紙袋市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度の国内紙袋販売量は、前年度比102.5%の152億4,500万袋の見込~平袋が市場を牽引し、紙袋市場は拡大推移の見通し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の紙袋市場の調査を実施し、製品セグメント別の動向や参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 2017年度の国内紙袋市場規模は、コンバータの販売数量ベースで148億7,676万袋(前年度比3.0%増)であった。本調査では手提げ袋、角底袋、平袋の3つの紙製包装材を対象としているが、食品の包装材として

2019年10月21日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0ビジネス

社名に「令和」を含む企業

公開日付:2019.10.1810月22日、天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が執り行われる。4月1日、新元号が発表され、5月1日「令和」がスタートした。新元号が発表された4月1日、東京商工リサーチが保有する企業データベース(317万社)では社名に「令和」を含む企業はゼロだった。その後、4月1日付で「令和」企業が8社設立され、19社が従来の社名から「令和」を含む企業名に変更した。その後も「令和」企業の新設・社名変更が続き、即位礼正殿の儀を前にした10月17日現在、

2019年10月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「後継者難倒産」の動向調査(2019年1~9月累計)

2019/10/10「後継者難倒産」の動向調査(2019年1〜9月累計)後継者難倒産、前年同期比12.8%増〜 事業承継問題の深刻化で、年間最多を更新する勢い 〜はじめに企業経営者の高齢化が進むなか、政府は2021年までの5年間を中小企業の事業承継支援の集中期間と定めている。中小企業庁は昨年10月、中小企業の経営者、後継者、支援機関などを一堂に会した「全国事業承継推進会議」を開催。以降も、今年に入り各地で地方ブロック会議が開催されるなど、より積極的な支援に乗り出している。一方、後継者が不在の企業

2019年10月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

海外進出に関する企業の意識調査(2019年)

2019/10/15海外進出に関する企業の意識調査(2019年)企業の24.7%が海外に進出〜 海外進出への課題、「社内人材(邦人)の確保」がトップ 〜はじめに政府は、成長戦略のなかで中小企業の海外進出を重要な政策課題として位置づけている。こうしたなか、国や自治体の積極的な支援を追い風として、大企業だけでなく、中小企業を含む日本企業がより一層の海外進出を目指すことが期待されている。一方で、企業にとって、現地情報の収集や日本と諸外国との関係などが海外に進出する際のリスクとして顕在している。そこで、

2019年10月16日MarkLogicフィードバック数:0ビジネス

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加 世界の100社以上を調査したレポートを発表 複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporation(https://jp.marklogic.com/)は、金融市場のテクノロジー情報プロバイダーであるWaters Technologyと共同で、ヨーロッパ、北米、APACの投資銀行、アセットマネージャ、ブローカー・ディーラーなど100社以上の金融サービス企業を調査し

働き方改革に関する意識調査

言葉だけ先行か?「なんとなく知っている程度」「知らない」が約半数。働き方改革の理解不⼗分な現状が浮き彫りに。 株式会社日本マーケティングリサーチ機構公式サイト:https://jmro.co.jp/ 株式会社日本マーケティングリサーチ機構(本社:東京都、代表:大隅豊仁)は男女1574名を対象にインターネットアンケート形式で『働き方改革に関する意識調査』実施しました。 一億総活躍社会の実現に向けた、労働環境を大きく見直すための「働き方改革」。2019年4月より多くの法改正が適用されました。運用か

2019年10月2日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明 先進企業は、創造的破壊を通じてイノベーションを促進【東京発:2019年10月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、72%の企業が過去8年間で創造的破壊の規模拡大を経験しており、企業価値(調査対象企業の時価総額と純負債の合計)のうち41兆ドルものビジネスが破壊の対象になっていることが明らかになりました。アクセンチュアの最新レポート「Breaking Through Disr

2019年10月2日リクルートフィードバック数:0ビジネス

外食市場調査(2019年8月度)

外食市場調査(2019年8月度)

2019年10月2日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

業務効率化に関する実態調査 中小企業の6割以上が業務デジタル化の重要性を実感

中小企業の6割以上が業務デジタル化の重要性を実感 電子サインソリューションの活用でビジネスのスピード向上を ~アドビ「業務効率化に関する実態調査」結果より~ #AdobeSign いかに業務の手間を減らして生産性を上げるか – 業務効率化は企業にとって長年の課題です。アドビではこの度、従業員数300人以下の中小企業を対象に、「業務効率化に関する実態調査」を実施しました。■中小企業の6割以上が業務のデジタル化を重要だと実感。最も重要性を訴えるのは「事務系」会社員今回の調査では、業務のデジタル

2019年9月26日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

トップ在任期間の実績を徹底調査

トップ在任期間の実績を徹底調査

「STARTUP DB」調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング

国内スタートアップ資金調達金額ランキングレポート(2019年1〜8月)近年、大型資金調達のニュースが多く見受けられる。2017年に比べ、2018年に資金を調達したスタートアップは企業数こそ減っているものの、STARTUP DB調べで合計資金調達額は1.5倍に伸びている。5年で見ると、4倍にまで伸びている。つまり、1社あたりの金額が増加しているということが言えるだろう。大学とスタートアップの提携や、経済産業省によるスタートアップ支援プログラム”J-Startup”、INCJをはじめとする官民ファン

2019年9月11日IDCフィードバック数:0ビジネス

2019年第2四半期の国内トラディショナルPC市場実績値を発表

21 Aug 20192019年第2四半期の国内トラディショナルPC市場実績値を発表 Japan, 2019年8月21日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。これによると、2019年第2四半期(4月~6月)の国内トラディショナルPC出荷台数は、法人市場が前年同期比63.5%増の285万台、家庭

2019年9月11日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ページボリュームの動向を発表

Japan, 2019年8月26日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ページボリューム(プリンターや複合機からの出力されたページの総数)の動向を発表しました。これによると、2018年の国内ページボリュームは、前年比成長率マイナス2.9%の3,226億ページでした。内訳は、レーザー機器(※)からの出力が2,889億ページ(前年比成長率マイナス2.8%)、インジェット機

オプトホールディング、「企業のデジタルシフトに関する調査」を実施

オプトホールディング、「企業のデジタルシフトに関する調査」を実施 企業の将来性は「デジタルシフト」にかかっている?!社員の半数以上、デジタルシフトしていない企業で「働きたくない」と回答~人材流出の危機招く?経営者と社員の認識にズレあり~ 日本全国の企業のデジタルシフトをリードする株式会社オプトホールディング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 グループCEO 鉢嶺 登、以下オプトホールディング)は、20~60代の経営者・会社員計300名を対象に、「企業のデジタルシフトに関する調査」を実施いたし

2019年8月28日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~ 2019年5月の改元からはや3か月。改元に伴い、システムから書類に至るまで元号の変更作業に苦労した企業も多かったのではないでしょうか。アドビではこの度、「改元対応業務に関する実態調査」を実施。業種別の調査結果を参考に、約1か月後に迫る消費税増税に伴う対応業務を改めて整理してみませんか?■改元対応が最も大変だった業務はダントツで「書類」!金融業は「情報システム」の負担が大きかっ

ECサイトにおける決済手段の利用実態調査

当社では決済代行会社として、ネットビジネスに導入可能なクレジットカード決済やコンビニ決済などの20種類以上の決済サービスにはじまり、実店舗向けにもクレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応している「店舗向け決済サービス」をご提供しております。 目的や方法から探すサービス、業態・ニーズ、セキュリティ、ショッピングカート、課金方式・接続方式など、事業者さまのさまざまな目的に合わせて、最適なサービスを検索・ご確認いただけます。 当社は、物販、デジタルコンテンツ販売、会員制サイトなど、

会社の飲み会についての調査

会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数!若者の酒離れの加速とプライベート重視派の増加か!?会社は飲み会のあり方を考え直すべき… ベースメントアップス株式会社が、「会社の飲み会についての調査」を実施しました。 【調査概要:仕事に関する意識調査】■調査日:2019年7月30日 〜2019年8月6日■調査方法 :インターネット調査■調査人数 : 123名■調査対象 :社会人 ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の

2019年8月5日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第7回「金持ち企業ランキング」調査

第7回「金持ち企業ランキング」調査 話題のあの企業が初のラン... 第7回「金持ち企業ランキング」調査話題のあの企業が初のランキングトップに?! 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第7回「金持ち企業ランキング」調査結果を発表いたしました。[調査結果]依然として製造業はお金持ち! 決算書の記載に基づき算出したNetCash(※)を比較した「金持ち企業ランキング」のランキング1位は「東芝」(Ne

2019年7月31日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

ラストワンマイル物流市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度のラストワンマイル物流市場規模は約1.8兆円 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、ラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の物流スキームと動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年度のラストワンマイル物流市場規模は前年度比113.7%の1兆8,300億円と推計した。国内では、宅配便がラストワンマイル物流を担う大きなインフラとなっており、宅配便の取扱個数の拡大、ならびに配送単価の高騰とともに、ラストワンマイル物流市場規模も拡大している。本調査

2019年7月23日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

商品券・ギフト券/eギフト市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度のeギフト市場は1,167億円、2023年度には2,492億円まで拡大すると予測 ~商品券・ギフト券発行事業者もサーバー管理型の発行を検討~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の商品券・ギフト券/eギフト市場を調査し、商品・サービスカテゴリー別の市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年度における商品券・ギフト券/eギフトの市場規模は発行金額ベースで約8,628億円であり、内訳は商品券・ギフト券(PETカード型プリペイドカード、プ

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

ポイントサービス市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度の国内ポイントサービス市場規模は1兆8,930億円まで拡大​~加速するマルチポイント化・共通ポイント乗り換えの動き~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ポイントサービス市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年度の国内ポイントサービス市場規模(ポイント発行額ベース)は1兆8,930億円と推計した。ハウスポイントの発行の広まりに加え、複数の共通ポイントを導入する事業者の増加に伴って、マルチポイント化(1社で数種類の

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 自社の情報やデータ資産の価値を財務的に測定している組織は全体の10%以下であることが明らかに ガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下 ガートナー) は、世界中の最高データ責任者 (CDO) や最高アナリティクス責任者 (

2019年7月16日DOMO★★フィードバック数:0ビジネス

Domo、年次分析レポート「Data Never Sleeps 7.0」を公開

2019/07/16 Domo、年次分析レポート「Data Never Sleeps 7.0」を公開 ~データ生成の勢いは当面失速しない~(米国報道発表資料抄訳)2019年7月9日、ユタ州シリコンスロープス – Domo(Nasdaq: DOMO)は本日、Instagram、Twitter、Google、Netflixなどの人気のプラットフォームやアプリケーション全体で毎分生成されるデータ量から、オンライン上での消費者行動を分析したレポートの最新版「Data Never Sleeps 7.0」を

PwCアドバイザリー、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表

PwCアドバイザリー、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表 買収先企業の業績が当初計画を上回ったとの回答は約1割にとどまる2019年7月10日PwCアドバイザリー合同会社PwCアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役:吉田あかね)は、7月10日、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表しました。M&Aの経験を有する企業のうち、買収した企業の業績が「計画を上回って推移」と回答したのは約1割

2019年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

血液分析装置市場に関する調査を実施(2019年)

2018年の国内血液分析装置市場規模は前年比0.9%増の573.2億円~国内市場は成熟し、買い替え(リプレース)需要中心に、装置メーカー各社はマルチ分析を志向した開発を進める~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の血液分析装置市場を調査し、製品品目別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 国内の血液分析装置(9品目)市場規模推移・予測1.市場概況 本調査の対象とする血液分析装置は、検体検査装置のうち生化学的検査に属する生化学自動分析装置、ドライタイプとしてのドラ

2019年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

高機能包装材料市場に関する調査を実施(2019年)

2018年の高機能包装材料市場は前年比101.0%の77万9,185tと微増で推移~社会やライフスタイルの変化の中で、包装材料の新たな価値が問われる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の国内の高機能包装材料市場の動向を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 2018年の高機能包装材料の市場規模(国内出荷及び輸出量)は前年比101.0%の779,185tであった。シーラントフィルムが前年比102.6%、バリアフィルムが同

2019年7月4日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内インダストリアル/3Dプリンター市場予測を発表

27 Jun 2019国内インダストリアル/3Dプリンター市場予測を発表 Japan, 2019年6月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インダストリアル/3Dプリンティング市場の2018年支出額実績と、2023年までの予測を発表しました。これによると、国内インダストリアル/3Dプリンティング市場の2018年の支出額全体は、前年比2.1%減の918億1

2019年6月20日アマゾンジャパン★★フィードバック数:0ビジネス

Amazon、日本版「2019年 中小企業インパクトレポート」を発表

HomeServiceプレスリリースニュースの詳細 Amazon、日本版「2019年 中小企業インパクトレポート」を発表 中小企業の成長を支援 Amazon、日本版「2019年 中小企業インパクトレポート」を発表 中小企業の成長を支援日本の中小企業の15万以上がAmazon.co.jpに出品 2018年、日本の中小企業の販売事業者様のAmazon.co.jpでの流通総額が、9,000億円超える 2019/06/20 Amazon(所在地:東京都目黒区)は、2019年6月20日(木)、Amazo

2019年6月20日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア、最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表

アクセンチュア、最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表 社会課題の解決に向けた「Skills to Succeed(スキルによる発展)」プログラムおよび環境負荷抑制や多様性を推進する取り組みの進捗を報告【ニューヨーク発:2019年4月16日】アクセンチュア(NYSE:ACN)は最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表し、世界中の人々の働き方と暮らしを向上させるためにグローバルで推進している取り組みの目標や進捗状況について報告しました。アクセンチュアの最高CSR責

2019年6月19日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

「上司と部下」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース1万人が回答!「上司と部下」意識調査 20代・30代が選ぶ理想の上司は「天海祐希」。 理想の部下は「神木隆之介」が1位。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― 1万人が回答!「上司と部下」意識調査―『エン転職』ユーザーアンケート― 20代・30代が選ぶ理想の上司は「天海祐希」。理想の部下は「神木隆之介」が1位。 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京

2019年6月14日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2018年度 国内パソコン出荷概要

2019年06月04日■出荷台数は1,183.5万台で、前年度比14.5%増 ■Windows10特需で法人市場が26.3%増の826万台 ■2019年度は13.1%増の1,339万台を見込む  MM総研(東京都港区、所長・中島洋)は6月4日、2018年度(18 年4月~19年3月)の国内パソコン出荷実績調査の結果を発表した。それによると国内パソコン出荷台数は前年度比14.5%増の1,183万5,000台となった。Windows7搭載パソコンのサポート終了に伴う入れ替え需要により法人向け出荷台

2019年6月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内サテライトオフィス市場予測を発表

06 Jun 2019国内サテライトオフィス市場予測を発表 Japan, 2019年6月6日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内サテライトオフィスの拠点数および施設利用型テレワークについての分析を行い、2023年までの予測結果を発表しました。働き方改革の施策の一つに、テレワークの導入があげられます。テレワークは在宅型/施設利用型/モバイルワーク型に分類され、

産業医を設置している265社対象「自社の働き方改革」に関する調査

産業医を設置している265社対象「自社の働き方改革」に関する調査 〜実行にあたり抱える課題は大企業から中小企業まで同じことが判明〜株式会社メンタルヘルステクノロジーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:刀禰真之介、https://mh-tec.co.jp/)は、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)」が2019年4月1日順次施行されたことに伴い、産業医を設置している265社を対象に、自社の働き方改革の進み具合や課題感に関する調査を実施しました。 ■約6割の企業が

日本企業の7割がまだ知らない!?営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.2会いに行かない営業が主流に?インサイドセールスが変える営業の未来

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 Vol.1では日本の企業における人材の育成や営業の生産性アップにおける課題と、それらを解決する有望な打ち手としてインサイドセールスをご紹介しました。Vol.2では、日本でインサイドセールスがどのくらい利用されているのか、また導入している企業ではどのような効果が表れているのかについて詳しく解説していきます。まずは日本国内のインサイドセールスの認知度を見ていきましょう。アンケートの結果、日本におけるインサイドセールスの認知度

人材育成にも役立つ?!営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.1~新規見込み客の獲得に効く!インサイドセールスという新しい営業のかたち

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 経済産業省の「2018年度版ものづくり白書」によると、社会的な人手不足の中、国内の製造業において約8割近くの企業が「人材育成」に何らかの問題があると答えました。なかでも課題として多くあげられたのが、若年層、さらには指導する側の人材不足、IT人材の育成です。人手不足が深刻化する現場では、デジタル技術革新に伴いAIやIoTなどのツールを利活用して業務効率を上げ、従業員の労働を高付加価値なものにしていく人材育成が重要だと考えら

2019年5月30日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > キャッシュレス派の現金利用最多「自動販売機」46.2% 現金派のキャッシュレス利用最多「交通費のカード型交通系電子マネー」55.0%。キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス利用場面、キャッシュレス派「ショッピングモール」、現金派「交通機関」 キャッシュレス派の現金利用最多「自動販売機」46.2% 現金派のキャッシュレス利用最多「交通費の

2019年5月20日ナイルフィードバック数:0ビジネス

スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答

スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ) ~話題性の高い「PayPay」が人気。「楽天ペイ」と「LINE Pay」は僅差に~ ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年4月23日から4月30日の期間中、10代から60代以上の男女を対象に、QR(バーコード)決済サービ

ビジネスパーソンの休み明け本音調査

〜 オー人事から見る【ビジネスパーソンの休み明け本音調査】〜 連休明け、仕事が辛い人8割超え失敗、寝坊、ズル休みなど実態が明らかに 休み明けに退職、転職を考える人が4割以上オー人事twitterキャンペーンにて「令和元年祝日」がプリントされたQUOカードプレゼント! 休み明け対策ムービーも公開 人材総合サービスの株式会社スタッフサービス・ホールディングスは、令和初の大型連休を受けて、「令和元年 連休コレクションQUOカードプレゼントキャンペーン」を5月2日(木)より実施しております。当キャンペー

2019年5月10日Zuora★★フィードバック数:0ビジネス

世界の「サブスクリプション」における実態調査 日本人の7割以上が「所有」より「利用」を選択

世界の「サブスクリプション」における実態調査日本人の7割以上が「所有」より「利用」を選択 2019年05月09日サブスクリプション・ビジネスにおける収益化のためのプラットフォームを提供するZuora(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人 Zuora Japan株式会社:東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下Zuora)は、現在急速に拡大している「サブスクリプション」について、調査会社The Harris Pollの協力で世界12カ国にて18歳から59歳の男女を対象とし

2019年4月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

働き方改革がプリントに与える影響に関する調査結果

08 Apr 2019働き方改革がプリントに与える影響に関する調査結果を発表 Japan, 2019年4月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ユーザー企業のプリンター/複合機の導入判断者/導入提案者を対象に、機器の導入状況、働き方改革に関する取り組みとプリント量との関係、将来のプリント量などに対する考え方について調査した結果を発表しました。この調査はプリ

2019年4月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測/2018年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.7%増の7,691億円

Japan, 2019年4月3日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場予測を発表しました。これによると、2018年の同市場は前年比4.7%増の7,691億円となり、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.5%、2023年の同市場規模は9,147

人と組織からみたオープン・イノベーションを成功させる要因とは?

オープン・イノベーションに関する実態調査 人・組織の視点から見る、社外連携を成功させるポイント 新規事業開発、新技術開発、新商品・サービス開発において、外部の経営資源をいかに効果的に活用するかというオープン・イノベーションの議論が盛んである。では、実際に新規開発の担当者は、何を課題と捉え、オープン化という手法にどのような期待や手ごたえを見出しているのだろうか。334名へのアンケート調査をひもといていきたい。 調査概要業員規模300名以上の企業において、新規事業開発、新技術開発、新商品・サービス開

外国人労働者と働いた経験のある日本人に対して意識調査

【改正出入国管理法施行を受け、外国人労働者と働いた経験のある日本人への業界別意識調査を実施】約7割が外国人労働者受け入れに賛成 賛成最多は「介護・医療業」で約8割 外国人労働者の受け入れ準備、未実施企業は約4割 受け入れ準備の実施率は、「建設業」が高く「飲食業」が低い結果に 仕事用のLINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、2019年4月外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管

2018年Chief Digital Officer調査

PwC Strategy& 日本における「2018年Chief Digital Officer調査」の結果を発表04/17/19 PwCの戦略コンサルティングサービスを担うStrategy&は4月17日、「日本企業のデジタル化の成功に向けて:2018年Chief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー:最高デジタル責任者、以下CDO)調査」を発行しました。日本国内のCDOに関し、企業に属する3,781名に対しスクリーニング調査を実施し、そのうち「自社はデジタル化を推進してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ