調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?

「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?

多くの国が、ロシアに対する制裁を始めています。エール大学経営大学院によると、330社以上がロシア市場での活動の撤退や停止を表明しています。事業の一部または一時的な停止に始まり、事務所の閉鎖、国外への永続的な撤退まで、その措置は多岐にわたります。50ものユニクロ店舗を展開するファーストリテイリングも、結果的に撤退の決断に至りました。世界的になじみ深い有名なブランド企業も歩調を合わせています。今週は、その撤退が与える現地労働者への影響についてデータで迫ってみましょう。(出典:Statista)12万

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ