賃金構造の官民比較

賃金構造の官民比較概要行政サービスは大きな経済的シェアを持つサービス・セクターであり、その効率性は一国の経済パフォーマンスに大きく影響する。本稿は、「就業構造基本調査」(2007年)のミクロデータを使用して賃金関数を推計し、官公庁と民間企業の賃金構造を比較する。平均賃金水準の官民比較ではなく、性別・年齢・学歴・職種等による賃金構造の違いや分布特性に焦点を当てる。分析結果によれば、(1)欧米主要国と同様、官公庁は民間企業と比較して、男女間賃金格差、大学・大学院を含む学歴間賃金格差が小さい。(2)官

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ