調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年7月21日GO TO MARKETフィードバック数:0企業情報システム

Googleアナリティクス ? GA4 の導入状況に関する調査

33%がGA4を導入済で55%は検討中 | Googleアナリティクス – GA4 の導入状況に関する調査株式会社GO TO MARKET(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:木村暁生)は、全国のマーケティング従事者を対象にGoogleアナリティクス4プロパティ(以下「GA4」)の導入状況に関するアンケート調査を実施しました。本リリースの内容(使用画像、グラフ素材含む)は転載が可能です。本リリースを他メディアにて参照する際は必ず本ページのURLおよび「GO TO MARKET調べ」と追記ください。

日本企業のDX推進実態調査2022

日本企業のDX推進実態調査20221割のDX成功企業から見えてきたDXMOの役割とは?はじめに突発的なゲームチェンジが頻発する不確実性の高い時代においては、変革の成否がビジネスの鍵を握ります。そのような状況下において、多くの日本企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を自社の重要アジェンダと捉え、積極的に取り組んでいます。しかし、グローバル企業と比べるとその取り組みが遅れていると言わざるを得ず、また、成功確率の低さを指摘されています。本レポートでは、日本企業におけるDXの現状を解説し、DX

2022年6月3日ドリーム・アーツフィードバック数:0企業情報システム

【大企業の従業員1,000名に聞いた「DXへの認識」に関する調査】

【大企業の従業員1,000名に聞いた「DXへの認識」に関する調査】会社がDXを推進しているか「わからない」が4割以上、DXへの関わりに“消極的”は約6割、理由1位は「面倒くさい」 「デジタルの民主化(※1)」のリーディングカンパニー 株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、従業員数1,000名以上の企業に所属する従業員1,000名を対象に、「DXへの認識」に関する調査を実施しました。その結果、会社がデジタル

2022年5月26日イルグルム★★フィードバック数:0企業情報システム

マーケティングマネージャーの80%が「データマネジメント・DX」の重要性の高まりを実感

マーケティングマネージャーの80%が「データマネジメント・DX」の重要性の高まりを実感。現場とのコミュニケーションにおける課題も浮き彫りに 株式会社イルグルム(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進、以下「イルグルム」)が提供する広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」は、企業でWebマーケティング関連業務に携わる方659名を対象に「企業のWebマーケティングにおける、データ活用・DX推進に関するアンケート調査」を実施しました。調査結果概要1. マーケター、マーケティングマネージャー

2022年AI予測(日本)

米国に追いつく日本、AI活用の新たなフェーズへ はじめに2022年1月にPwC Japanグループは企業のAIの取り組み内容や活用状況に関して、日本では第3回目となるAI予測調査を行いました。調査結果から見えてくるトレンドと、今後AI推進のために企業が取り組むべき課題とアクションについて考察を行っています。今回の調査はWebアンケートを通じて、売上高500億円以上でAIを導入済み、または導入検討中の企業の部長職以上300名を対象に実施しました。比較対象となる米国の調査1は、2022年1月

MuleSoft、2022年版 接続性ベンチマークレポートを発表

MuleSoft、2022年版 接続性ベンチマークレポートを発表 〜 78%の日本企業が「ユーザーエクスペリエンスを統合できていない」と回答、「データのサイロ化」が阻害要因に〜 米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ジャパン、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)のビジネスユニットであるMuleSoftは本日、「2022年版 接続性ベンチマークレポート」を発表しました。本レポートでは、企業と顧客のやり取りの4分の3はデジタルで行われているなか

2022年2月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年2月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

SBIビジネス・ソリューションズが電子帳簿保存法の猶予措置に関する調査を実施

電子保存2年猶予にどう対応?52.3%の経理担当者が「1年以内に対応」一方、約3人に1人は猶予措置が出たことを「知らない」といった課題も02/01NEWS電子保存2年猶予にどう対応?52.3%の経理担当者が「1年以内に対応」 一方、約3人に1人は猶予措置が出たことを「知らない」といった課題も~SBIビジネス・ソリューションズが電子帳簿保存法の猶予措置に関する調査を実施~ 総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社で、バックオフィス支援サービ

2022年2月4日コドモンフィードバック数:0企業情報システム

【調査レポート】 ICT導入施設にて利用調査アンケート2021を実施 97%の施設が業務省力化を実感

Created with Sketch./【調査レポート】 ICT導入施設にて利用調査アンケート2021を実施 97%の施設が業務省力化を実感し、活用方法等に関するセミナー参加が増加 84%の施設が1年後も継続利用を希望 【調査レポート】 ICT導入施設にて利用調査アンケート2021を実施 97%の施設が業務省力化を実感し、活用方法等に関するセミナー参加が増加 84%の施設が1年後も継続利用を希望 株式会社コドモンは、こども施設向けICTシステム「コドモン」をご利用の全国の施設を対象に、利用

2022年2月4日LINE★★フィードバック数:0企業情報システム

インターネットの利用環境 定点調査(2021年下期)

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2021年下期)2022.02.04LINE 日常的なインターネットの利用環境は、「スマホのみ」での利用が最多を維持年代別の利用者の推移では、年代が上がるほどスマホ利用者の伸びが顕著で、50代〜70代ではスマホ利用者が過去最多という結果にLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2021年下期のインターネット利用環境に関する調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。LINEでは、インターネット上のコミュニケーションプ

2021年12月16日SO Technologies★★フィードバック数:0企業情報システム

過半数の運用課題は「リソースとノウハウ不足」 ~ 多店舗事業者のGoogle ビジネスプロフィールの取り組み状況調査より ~

過半数の運用課題は「リソースとノウハウ不足」 ~ 多店舗事業者のGoogle ビジネスプロフィールの取り組み状況調査より ~店舗事業者向けにGoogle ビジネスプロフィール(マイビジネス)を活用した集客支援サービス『ライクル GMB』を提供するSO Technologies株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:山家 秀一、以下 「SOT」)は、実店舗展開をする多店舗事業者向けに、集客とGoogle ビジネスプロフィールの取り組み状況について調査しました。※Google マイビジネスは、現在

2021年11月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測を発表

18 Oct 2021国内プライベートクラウド市場予測を発表 Japan, 2021年10月18日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内プライベートクラウド市場予測を発表しました。これによると2021年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比35.8%増の1兆2,216億円になると予測しています。また、2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:Co

2021年10月18日ビットミックスフィードバック数:0企業情報システム

今話題の「リファレンスチェック」・「バックグラウンドチェック」の導入実態は!?

今話題の「リファレンスチェック」・「バックグラウンドチェック」の導入実態は!? 経営者550名に調査~中途採用活動における信用調査の必要性~ バックグランドチェックサービス「レキシル」(サービスページ:https://rekishiru.jp/)事業を手掛ける株式会社ビットミックス(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:椿 晋祐)は、中途採用において決裁権を持つ経営者550名に対して「中途採用活動における信用調査の必要性」に関する調査を行いましたので、結果をご報告させていただきます。 調査概要

2021年10月14日メルペイ★フィードバック数:0企業情報システム

メルペイ、消費と支払手段に関する調査を実施

2021.10.11 メルペイ、消費と支払手段に関する調査を実施若年層を中心に、約3人に1人が後払い決済サービスを利用 支払いをあとからコントロールする「フレキシブル消費」が背景に ​​〜 20〜30代の半数以上は、30分以内にモノ・サービスの購入を決断 それゆえ支払いの管理への課題感が高く、利用状況を把握したいニーズが明らかに 〜 株式会社メルペイは、18〜59歳の男女計800名を対象に「消費と支払手段に関する調査」を実施いたしました。昨今、コロナ禍のEC化伸長や、SNSやフリマサービスの利用

2021年10月14日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

本年より4部門の結果を発表。docomo、UQ mobile、IIJmio、LINEMOが各部門で第1位

本年より4部門の結果を発表。docomo、UQ mobile、IIJmio、LINEMOが各部門で第1位 オンライン専用ブランド/プラン が4部門中、最も高い満足度 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、J.D. パワー 2021年携帯電話サービス顧客満足度調査SMの結果を発表した。政府による携帯電話料金の値下げ政策を発端に、近年の携帯電話サービス市場は

2021年8月20日IDCフィードバック数:0企業情報システム

量子コンピューティングに投資し検証を進める企業が増加

03 Aug 2021量子コンピューティングに投資し検証を進める企業が増加 Japan, 2021年8月3日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、量子コンピューティングに関する調査結果を発表しました。最新の調査結果によると、量子コンピューティングへの投資は今後24か月間で増加する見通しです。この技術に年間IT予算の17%以上を投入する企業の割合は、2021年の7%

【IT/システム開発部門の管理職へ調査】3人に1人がDX推進には「試行錯誤の回数」が重要と回答

【IT/システム開発部門の管理職へ調査】3人に1人がDX推進には「試行錯誤の回数」が重要と回答 〜「優秀なIT人材の豊富さ」と「低コスト」で、バングラデシュでの「オフショア開発」が小さなチャレンジを可能に!〜バングラデシュと東京に拠点を置き、事業のDX推進コンサルやオフショア開発リソースの提供・管理などを行うアローサル・テクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:佐藤拓哉)は、従業員301名以上の企業に勤めており、IT/システム開発部門の管理職を務めている人109名を対象に「DX推

2021年8月9日groovesフィードバック数:0企業情報システム

在宅リモート環境下における人材紹介業務の実態調査

News在宅リモート環境下における人材紹介業務の実態調査〜コロナ禍で人材紹介業務においてもオンライン化が普及、求人数に未だ改善は見られず〜 「はたらくヒトと、未来を拓く。」をビジョンに掲げる株式会社grooves(グルーヴス 本社:東京都港区 代表取締役:池見 幸浩)が運営する、国内最大級のクラウド採用プラットフォーム「Crowd Agent(クラウドエージェント)」は、人材紹介業務の担当者96名(88企業)を対象に「在宅リモート環境下における人材紹介業務の実態調査」を2021年6月に実施しまし

2021年7月20日A10フィードバック数:0企業情報システム

ニューノーマルにおける国内企業のクラウドサービス利用時の課題に関する調査結果を発表

2021年7月 9日A10、ニューノーマルにおける国内企業の クラウドサービス利用時の課題に関する調査結果を発表~ 約7割の企業が通信の負荷を課題に持ち、 暗号化通信に潜む脅威に対する専用ソリューションを導入しているのは1割のみ ~ A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、「ニューノーマルにおける国内企業のクラウドサービス利用時のネットワーク・セキュリティ課題に関する調査」の結果を発表します。【調査レ

2021年7月15日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:コラボレーション市場2021

ITR Market View:コラボレーション市場2021 本レポートには、コラボレーション・スイート市場、コンテンツ・コラボレーション市場(ECM/文書管理市場およびオンラインファイル共有市場)、ユーザー間ファイル転送市場、Web会議市場を対象に、国内41ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載しています。コラボレーション・スイート市場:2020年度は上位3社のシェアがさらに拡大、2021年度も寡占状態を維持する見込みコンテンツ・コラ

2021年6月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場バイヤータイプ別予測を発表

30 Jun 2021国内エンタープライズインフラ市場バイヤータイプ別予測を発表 Japan, 2021年6月30日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内エンタープライズインフラ市場 バイヤータイプ別予測を発表しました。IDCでは、サーバーとエンタープライズストレージシステム(ExternalおよびStorage Expansionのみ)を合算した国内エンター

2021年6月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業向けネットワーク機器市場予測を発表

01 Jun 2021国内企業向けネットワーク機器市場予測を発表 Japan, 2021年6月1日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業向けイーサネットスイッチ、企業向けルーター、企業向け無線LAN機器で構成される国内企業向けネットワーク機器市場に関する市場動向と予測を発表しました。2020年の国内企業向けネットワーク機器市場は、新型コロナウイルス感染症(CO

2021年6月7日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本企業の市民開発に関する実態調査の結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、日本企業の市民開発に関する実態調査の結果を発表 市民開発の普及は進んでいるが、属人化、品質のばらつき、ガバナンスの困難さが課題の上位に ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下ガートナー) は、日本企業の市民開

2021年AI予測(日本)

2021年AI予測(日本)Be Bold:今こそAI活用を加速せよ AI Predictions 2021はじめに2020年12月にPwC Japanグループは企業のAIの取り組み内容や活用状況に関して、日本では第2回目となるAI予測調査を行いました。本レポートでは本年度結果を前回(2020年AI予測調査、2020年3月調査実施)との比較や米国における2021年のAI予測調査との比較を行い、紹介しながら、AI推進のために企業が取り組むべき課題と対応について考察を行っています。今回、調査を行う中で

2021年3月13日Kenneth Researchフィードバック数:0企業情報システム

世界のエンタープライズビデオ市場規模調査

世界のエンタープライズビデオ市場規模調査ーコンポーネント別、アプリケーション別(コーポレートコミュニケーション、マーケティングとクライアント管理など)、展開モード別、地域別ー予測2020-2027年 Kenneth Researchは調査レポート「グローバルエンタープライズビデオ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年03月 05日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。レポートの

2021年3月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表

08 Mar 2021国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 Japan, 2021年3月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しました。これによると2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比19.5%増の1兆654億円になりました。また、2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:Co

2021年3月5日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

withコロナ時代で普及が加速する法人向けサービスロボット市場展望 2021年版

withコロナ時代で普及が加速する法人向けサービスロボット市場展望 2021年版withコロナ時代で普及が加速する法人向けサービスロボット市場展望 2021年版【発 刊】2021年3月5日 【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年3月5日の17時で終了しています。注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。注3)PDF版

2021年2月26日Accentureフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くの企業がクラウドによる価値創出に苦戦を続けていることが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――多くの企業がクラウドによる価値創出に苦戦を続けていることが判明 アクセンチュア最新調査――多くの企業がクラウドによる価値創出に苦戦を続けていることが判明2021/02/2225%の企業

2021年2月9日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

2021年の世界IT支出の成長率を6.2%と予測

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 デジタル・トランスフォーメーションの加速がCOVID-19によるIT支出の減速を緩和 米国コネチカット州スタンフォード発、2021年1月25日 — Gartner, Inc. (以下Gartner) は、2021年の世界のIT支出総額が

2021年1月28日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがオンライン商談システム市場の規模推移および予測を発表

2020年度のオンライン商談システム市場は、新型コロナウイルス感染症拡大による需要の急増により、前年度比176.9%増と急成長を予測ITRがオンライン商談システム市場の規模推移および予測を発表 2021年1月28日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のオンライン商談システム市場規模推移および予測を発表します。 オンライン商談システムは、電話とブラウザを組み合わ

2021年1月18日アデコフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)導入に関する意識調査

管理職を対象にした、AI(人工知能)に関する意識調査(2017年・2020年比較) AI導入済の回答が2017年比で19ポイントアップ、AIへの期待感も増加AI時代に必要なビジネス能力は、分析的思考力・概念的思考力」、小学生が取り組んだほうがが良いこととして、「プログラミング」が「語学」を上回る人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、上場企業に勤務する40代から50代

2020年12月23日サイボウズフィードバック数:0企業情報システム

ローコード開発プラットフォームが最も効力を発揮したことは?システム担当者525名に調査、無料レポート公開

ローコード開発プラットフォームが最も効力を発揮したことは?システム担当者525名に調査、無料レポート公開 サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下サイボウズ)は、無料レポート「ニューノーマル時代の企業アプリケーション戦略」を公開したことをお知らせいたします。本レポートは株式会社アイ・ティ・アール(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三浦元裕、以下ITR)により、ローコード開発プラットフォーム導入・展開・活用のあり方について、ユーザー企業に向けて客観的に調査・分析を

2020年12月17日Splunkフィードバック数:0企業情報システム

Splunkによる2021年のデータテクノロジー予測

柔軟かつ安全でコスト効率に優れたデータプラットフォームサービス 検索、分析、可視化により、あらゆるデータから実用的なインサイトを得る セキュリティオーケストレーション、自動化、レスポンスでSOCを強化 フルスタックのインサイトで、ユーザーエクスペリエンスを向上 ハイブリッドクラウド環境のパフォーマンスを瞬時に可視化 クラウドジャーニーを加速させて組織を変革 不確かな時代のビジネス課題に対応するレジリエンスを構築 顧客の求める革新的で円滑なエクスペ

2020年11月19日Teradata★フィードバック数:0企業情報システム

テラデータ、ビジネスにおけるデータの役割に関する調査結果を発表

テラデータ、ビジネスにおけるデータの役割に関する調査結果を発表2020年11月18日 | サンディエゴ9割のビジネスリーダーがデータの重要性が高まったと回答[2020年10 月26日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]新型コロナウイルスのパンデミックに対応して、企業は、絶えず変化するグローバルビジネス環境をよりよく理解し、対応する方法として、データと分析をさらに重要視するようになりました。クラウドベースのデータとアナリティクスを提供するテラデータ・コーポレーショ

2020年11月19日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度AI主要8市場全体は前年度比37.8%増と躍進

2019年度AI主要8市場全体は前年度比37.8%増と躍進、技術的な進歩に加え、ソリューションの拡大が後押し、2024年度には1,000億円に迫ると予測ITRがAI主要8市場規模推移および予測を発表 2020年11月17日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、AI関連の主要8市場である、画像認識、音声認識、音声合成、テキスト・マイニング/ナレッジ活用、翻訳、検索・探索

2020年11月13日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表 - 先進企業はパンデミック下でもデジタル・イノベーションを優先していることが明らかに 日本では2020年11月17~19日にバーチャルで開催する「Gartner IT

2020年11月11日スマートキャンプ★★フィードバック数:0企業情報システム

『SaaS業界レポート2020』公開

記事TOPSaaS情報メディア「ボクシルマガジン」を運営するスマートキャンプ は11月10日、SaaS業界の市場規模や最新トレンドをまとめた『SaaS業界レポート2020』を発刊しました。新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みて、無料で公開します。無料ダウンロード※BOXIL SaaSへの会員登録が必要です(無料) ※2020年11月20日:カオスマップを更新した改訂版をリリースしました最新版『SaaS業界レポート2021 速報版』を2021年8月に公開しました。SaaS業界レポートは、SaaS活

2020年10月16日MS-Japanフィードバック数:0企業情報システム

進まぬ日本のDX 経費精算システムの導入率は約47%

進まぬ日本のDX 経費精算システムの導入率は約47% 半数は未だに紙・エクセルでの実施。導入率No.1の経費精算システムは「楽楽精算」 株式会社MS-Japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:有本隆浩/以下MS-Japan 証券コード:6539)は、同社が運営するビジネスメディア『Manegy(マネジー)』にて、マネジーの会員を対象とした経費精算の状況や、導入システムのシェア、経費精算システムの導入検討状況を調査いたしました。その結果をお知らせいたします。 ※本調査概要調査期間:202

2020年10月9日オープンテキストフィードバック数:0企業情報システム

オープンテキスト、DX推進のためのコンテンツ管理にはハイブリッドクラウドが有効との考察を発表

オープンテキスト、DX推進のためのコンテンツ管理にはハイブリッドクラウドが有効との考察を発表フォレスター・リサーチ社が、顧客満足度を始めとした複数の利点を指摘 東京 – 2020-10-9 – ※本リリースは、OpenText Corporationが2020年9月1日(北米時間)に発表したリリースの抄訳です。OpenText(NASDAQ:OTEX、TSX:OTEX、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:反町浩一郎、以下オープンテキスト)は本日、フォレスター・リサーチ社が実施したレポート「

2020年10月1日みずほ情報総研フィードバック数:0企業情報システム

新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査結果を発表

コロナ禍にBCPが効果的に機能したとの回答は16.7%、オールハザード型BCPへの転換が求められる新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査結果を発表2020年9月8日みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:向井 康眞)は、全国の従業員51名以上の企業に勤める経営者・役員および会社員のうち、事業戦略や経営戦略、BCPの策定に関与する人(722名)を対象に「新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査」を実施し、このたび調査

2020年8月18日月刊総務フィードバック数:0企業情報システム

BCP(事業継続計画)に関する調査

AI健康アプリで健康経営を支援 誰もが自然に健康になれる社会に12345678...9091

2020年7月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITRがAPM市場規模推移および予測を発表

2019年度のAPM市場は市場認知度とニーズの高まりで前年度比22.0%増と大幅な伸び2024年度までのCAGR(2019~2024年度)は20.2%と高い伸びを予測ITRがAPM市場規模推移および予測を発表 2020年7月21日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内APM(Application performance management:アプリケーション・パ

2020年7月10日リトルソフトフィードバック数:0企業情報システム

【テレワークの課題】中小・ベンチャー・スモールビジネス従事者の約4割がテレワークツールに不満を持っている!?

【テレワークの課題】中小・ベンチャー・スモールビジネス従事者の約4割がテレワークツールに不満を持っている!?改善したい部分とは…? テレワークで使用しているツールの改善点は“セキュリティ面”“データやファイル共有の効率化”との声多数! リトルソフト株式会社(本社所在地:東京都豊島区、代表取締役:長尾 寿宏)は、現在テレワーク中の中小企業・ベンチャー企業・スモールビジネス従事者を対象に、「テレワーク中のコミュニケーション」に関する調査を実施しました。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワ

2020年7月9日シーネットフィードバック数:0企業情報システム

2019年度システム稼動実績数698センターにセンター数調査集計結果を発表

HOME>ニュース>シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターに センター数調査集計結果を発表 シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターにセンター数調査集計結果を発表 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、2019年度の期中システム稼動実績センター数調査結果を発表いたしました。この結果、2019年度は698セン

緊急事態宣言解除後のメディア接触調査

~博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施~新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」 博報堂DYメディアパートナーズ2020年7月7日●緊急事態宣言解除後のメディア接触時間は、1月末と同程度の水準———-99.2 % ●時間の変化はないが、情報態度が変化———-「向き合う」「確かめる」「なごむ」 ●わずか4カ月間で伸びた———-デジタル系新メディアサービスの利用行動株式会社博報堂DYメデ

2020年6月23日INTLOOPフィードバック数:0企業情報システム

新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施

>> 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 企業の生産性向上支援、コンサルティング事業などをおこなうINTLOOP株式会社(よみ:イントループ 本社:東京都港区 代表取締役:林 博文、以下当社)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を明らかにするため、当社サービスにご契約いただいている企業を対象に、2020年5月19日(火)~6月12日(金)に「企業のデジタルトラ

2020年6月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表

08 Jun 20202020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表 Japan, 2020年6月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の従業員数100人以上のユーザー企業において社内(組織内)全体のデータ管理、具体的には1.データの整合性/品質の維持、2.データの保全(障害からの回復)、3.データのセキュリティ/コンプライアンス維持の

2020年6月9日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRが国内従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表

従業員エンゲージメント市場は従業員の働き方の多様化や流動化の動きにより、2018年度は前年度の3倍に拡大、2023年度には120億円に迫ると予測ITRが国内従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表 2020年6月9日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内の従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表します。 従業員エンゲージメント市場は、従業員が

2020年5月19日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

パンデミックにおけるRSAの組織支援事例

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) パンデミックにおけるRSAの組織支援事例この数週間、政府機関および民間企業は、サービス提供の停止やリモート業務への速やかな転換など、組織力が試されています。また、パンデミックに便乗したサイバー攻撃も急増しています。RSAは、このような状況に立ち向かうお客様を支援すべく、調達プロセスを早め、このたび「RSA Remote Workforce Resource Center」を立ち上げ、

2020年5月14日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表 企業は、クラウドを「自分で運転」し、時代に即したスタイル・チェンジを加速すべき ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下ガー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ