調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月19日Teradata★フィードバック数:0企業情報システム

テラデータ、ビジネスにおけるデータの役割に関する調査結果を発表

[2020年10 月26日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]新型コロナウイルスのパンデミックに対応して、企業は、絶えず変化するグローバルビジネス環境をよりよく理解し、対応する方法として、データと分析をさらに重要視するようになりました。クラウドベースのデータとアナリティクスを提供するテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)が、独立系調査会社Vanson Bourneに委託して2020年9月に実施した調査報告書は、企業の意思決定者のデータ

2020年11月19日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度AI主要8市場全体は前年度比37.8%増と躍進

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年11月26日(木)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 2019年度AI主要8市場全体は前年度比37.8%増と躍進、技術的な進歩に加え、ソリューションの拡大が後押し、2024年度には1,000億円に迫ると予測ITRがAI主要8市場規模推移および予測を発表 2020年11月17日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・ア

2020年11月13日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表 - 先進企業はパンデミック下でもデジタル・イノベーションを優先していることが明らかに 日本では2020年11月17~19日にバーチャルで開催する「Gartner IT

2020年11月11日スマートキャンプ★★フィードバック数:0企業情報システム

『SaaS業界レポート2020』公開

記事TOP弊メディア「BOXIL MAGAZINE」を運営するスマートキャンプ は11月10日、SaaS業界の市場規模や最新トレンドをまとめた『SaaS業界レポート2020』を発刊しました。新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みて、無料で公開します。無料ダウンロード※BOXIL SaaSへの会員登録が必要です(無料)SaaS業界レポートは、SaaS活用を促進するため、定義や特徴、市場規模をはじめとする統計データ、トレンド、SaaSカオスマップなど、国内外のSaaS業界の概況についてまとめたレポート

2020年10月16日MS-Japanフィードバック数:0企業情報システム

進まぬ日本のDX 経費精算システムの導入率は約47%

進まぬ日本のDX 経費精算システムの導入率は約47% 半数は未だに紙・エクセルでの実施。導入率No.1の経費精算システムは「楽楽精算」 株式会社MS-Japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:有本隆浩/以下MS-Japan 証券コード:6539)は、同社が運営するビジネスメディア『Manegy(マネジー)』にて、マネジーの会員を対象とした経費精算の状況や、導入システムのシェア、経費精算システムの導入検討状況を調査いたしました。その結果をお知らせいたします。 ※本調査概要調査期間:202

2020年10月9日オープンテキストフィードバック数:0企業情報システム

オープンテキスト、DX推進のためのコンテンツ管理にはハイブリッドクラウドが有効との考察を発表

オープンテキスト、DX推進のためのコンテンツ管理にはハイブリッドクラウドが有効との考察を発表フォレスター・リサーチ社が、顧客満足度を始めとした複数の利点を指摘 東京 – 2020-10-9 – ※本リリースは、OpenText Corporationが2020年9月1日(北米時間)に発表したリリースの抄訳です。OpenText(NASDAQ:OTEX、TSX:OTEX、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:反町浩一郎、以下オープンテキスト)は本日、フォレスター・リサーチ社が実施したレポート「

2020年10月1日みずほ情報総研フィードバック数:0企業情報システム

新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査結果を発表

コロナ禍にBCPが効果的に機能したとの回答は16.7%、オールハザード型BCPへの転換が求められる新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査結果を発表2020年9月8日みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:向井 康眞)は、全国の従業員51名以上の企業に勤める経営者・役員および会社員のうち、事業戦略や経営戦略、BCPの策定に関与する人(722名)を対象に「新型コロナウイルス感染症流行を踏まえたBCPに関する調査」を実施し、このたび調査

2020年8月18日月刊総務フィードバック数:0企業情報システム

BCP(事業継続計画)に関する調査

総務の今を知り、これからの総務を創るpowered by 月刊総務 新型コロナウイルスでやっておけばよかったBCP対策は、1位「テレワーク制度の整備」2位「情報の電子化(ペーパーレス化等)」日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』を発行する株式会社月刊総務は、全国の総務担当者216名を対象に、BCP(事業継続計画)に関する調査を実施しました。【調査結果 概要】・BCP策定済み企業のうち、パンデミック対策をしていたのは58.3%・BCP策定済み企業の9割以上が、新型コロナウイルスでBCPの見直しが必

2020年7月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITRがAPM市場規模推移および予測を発表

2019年度のAPM市場は市場認知度とニーズの高まりで前年度比22.0%増と大幅な伸び2024年度までのCAGR(2019~2024年度)は20.2%と高い伸びを予測ITRがAPM市場規模推移および予測を発表 2020年7月21日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内APM(Application performance management:アプリケーション・パ

2020年7月10日リトルソフトフィードバック数:0企業情報システム

【テレワークの課題】中小・ベンチャー・スモールビジネス従事者の約4割がテレワークツールに不満を持っている!?

【テレワークの課題】中小・ベンチャー・スモールビジネス従事者の約4割がテレワークツールに不満を持っている!?改善したい部分とは…? テレワークで使用しているツールの改善点は“セキュリティ面”“データやファイル共有の効率化”との声多数! リトルソフト株式会社(本社所在地:東京都豊島区、代表取締役:長尾 寿宏)は、現在テレワーク中の中小企業・ベンチャー企業・スモールビジネス従事者を対象に、「テレワーク中のコミュニケーション」に関する調査を実施しました。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワ

2020年7月9日シーネットフィードバック数:0企業情報システム

2019年度システム稼動実績数698センターにセンター数調査集計結果を発表

HOME>ニュース>シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターに センター数調査集計結果を発表 シーネット、2019年度システム稼動実績数698センターにセンター数調査集計結果を発表 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、2019年度の期中システム稼動実績センター数調査結果を発表いたしました。この結果、2019年度は698セン

緊急事態宣言解除後のメディア接触調査

~博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施~新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」 博報堂DYメディアパートナーズ2020年7月7日●緊急事態宣言解除後のメディア接触時間は、1月末と同程度の水準———-99.2 % ●時間の変化はないが、情報態度が変化———-「向き合う」「確かめる」「なごむ」 ●わずか4カ月間で伸びた———-デジタル系新メディアサービスの利用行動株式会社博報堂DYメデ

2020年7月7日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル変革の投資を最大化する5つの指針

インダストリーX.0デジタル変革の投資を 最大化する5つの指針 部門の枠を超えたコラボレーションがもたらす効果 概要概要需要が低迷しサプライチェーンが不安定化する時代に企業がデジタル化を継続させるには、部門の枠を超えたコラボレーションにフォーカスする必要があります。たとえ「平常時」であっても、デジタル変革のような複雑な課題に対して十分なコラボレーションがなければ、ROIおよび将来の収益成長が危機にさらされることになりかねません。ポスト・コロナ時代には、昔からのサイロ化問題は多大

2020年6月23日INTLOOPフィードバック数:0企業情報システム

新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施

>> 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 企業の生産性向上支援、コンサルティング事業などをおこなうINTLOOP株式会社(よみ:イントループ 本社:東京都港区 代表取締役:林 博文、以下当社)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を明らかにするため、当社サービスにご契約いただいている企業を対象に、2020年5月19日(火)~6月12日(金)に「企業のデジタルトラ

2020年6月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表

08 Jun 20202020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表 Japan, 2020年6月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の従業員数100人以上のユーザー企業において社内(組織内)全体のデータ管理、具体的には1.データの整合性/品質の維持、2.データの保全(障害からの回復)、3.データのセキュリティ/コンプライアンス維持の

2020年6月9日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRが国内従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表

従業員エンゲージメント市場は従業員の働き方の多様化や流動化の動きにより、2018年度は前年度の3倍に拡大、2023年度には120億円に迫ると予測ITRが国内従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表 2020年6月9日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内の従業員エンゲージメント市場規模推移および予測を発表します。 従業員エンゲージメント市場は、従業員が

2020年5月19日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

パンデミックにおけるRSAの組織支援事例

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちらパンデミックにおけるRSAの組織支援事例この数週間、政府機関および民間企業は、サービス提供の停止やリモート業務への速やかな転換など、組織力が試されています。また、パンデミックに

2020年5月14日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表 企業は、クラウドを「自分で運転」し、時代に即したスタイル・チェンジを加速すべき ガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下ガ

2020年5月13日ITRフィードバック数:0企業情報システム

コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 新型コロナウイルス感染対策が自社のデジタル化を加速させると考える国内企業は7割超ITRが「コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査」の結果を発表 2020年5月12日株式会社アイ・ティ・アール 株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、新型コロナウイルス感染症(CO

2020年5月13日ヌーラボフィードバック数:0企業情報システム

IT業界テレワークの導入率、緊急事態宣言を機に85%に増加。

【Backlog総研/調査リリース】IT業界テレワークの導入率、緊急事態宣言を機に85%に増加。捺印業務の簡素化やペーパレス、セキュリティ面の見直し等が進み利用率も向上。 課題は自宅の業務環境構築。機材不足や子育てとの両立などが障壁に。チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog(バックログ)」「Cacoo(カクー)」「Typetalk(タイプトーク)」を運営する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、プロジェクト管理ツールの「

2020年5月12日ThoughtSpot★フィードバック数:0企業情報システム

成功はフロントラインワーカーが下すデータドリブンな意思決定にかかっていると90%近くの企業が回答

BACK TO PRESS RELEASES成功はフロントラインワーカーが下すデータドリブンな意思決定にかかっていると90%近くの企業が回答していることを新たなレポートが発表 Harvard Business Review Analytic Servicesが実施した新たな調査から、意思決定と自律性の促進に必要な分析ツールとリソースを完備している企業はわずか7%だと示される[米国リリース抄訳] ※当資料は、2020年5月5日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。2020年5月5日

2020年3月25日イーエスピー総研フィードバック数:0企業情報システム

2020年「AI・AIソリューション」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査

2020年「AI・AIソリューション」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査【サブタイトル】~ 当該主要ベンダ(146社・団体)を中心に、「AI・AIソリューション」×「ターゲット・セグメント(340種類)」の網羅的な調査を実施、「AI・AIソリューション」×「有望&新規ターゲット・セグメント」の徹底探索≪合計797件の「AI・AIソリューション」用途・適用分野×全「ターゲット・セグメント」種類(340種類)を抽出・整理&コメント集計・グラフ化≫~【調査対象】・「AI・AIソリ

2020年3月19日アイティクラウド★★フィードバック数:0企業情報システム

IT導入における導入決定者と利用者の意識ギャップ調査 第1弾

【IT導入における導入決定者と利用者の意識ギャップ調査 第1弾】導入されたITツールに約8割の利用者が不満を感じていた!利用者が選定時に重視するのは「スペック」よりも「ツールの扱いやすさ」 ~利用者の74%がIT導入時に「十分な説明を受けていない」と回答~IT製品のレビューサイト「ITreview」を運営するアイティクラウド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:黒野 源太、以下「アイティクラウド」)は、全国の20~60代の男女400人に「ITツール導入に関するアンケート」を実施

2020年3月6日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ 野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、2020年以降どのように進展し実用化されるかを予測した「IT(情報技術)ロードマップ12020年度版」を、このほどとりまと

2020年3月5日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表 2020年2月27日デル株式会社EMCジャパン株式会社デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表中堅企業のDX化に向けて、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)との共同講座および9つの領域でのパートナー23社との協業ソリューション「共有」「学習」「育成」「実践」「支援」施策を実施2020年2月27日、東

2020年3月2日Zendeskフィードバック数:0企業情報システム

Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2020年版を発表

プレスリリース取材や掲載については 以下からメールでお問い合わせください。 企業が提供するエクスペリエンスと顧客の期待にギャップ2020年2月17日 ー Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2020年版を発表 ーZendesk、Inc.(NYSE:ZEN)は、企業がカスタマーロイヤルティを醸成する方法や顧客とのコミュニケーションで重要視するべきポイント、競合他社との差別化方法についてまとめたZendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2020を発表しました。本レ

2020年3月2日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

マーテック市場の現状と展望2020 クラウド型CRM市場編 (第4版)

マーテック市場の現状と展望2020 クラウド型CRM市場編 (第4版)マーテック市場の現状と展望2020クラウド型CRM市場編 (第4版)~第3版からドメインを追加、内容を充実し発刊~【発 刊】2020年2月10日 【資料体裁・価格】[1]A4版400頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格230,000円[3]CD-ROM版価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格57

2020年2月26日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:SFA/統合型マーケティング支援市場2020

ITR Market View:SFA/統合型マーケティング支援市場2020 本レポートには、SFA市場、統合型マーケティング支援市場、名刺管理市場およびセールス・イネーブルメント・ツール市場の国内全39ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023度までの売上げ予測を掲載しています。SFA市場:2018年度の市場は16.1%増と高成長、2019年度も2桁成長を維持名刺管理市場:2018年度の市場は認知度拡大に伴い35.0%増に、2019年度も高成長を維持セールス・イネ

2020年2月19日Accenture★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表 アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表2020/02/18“ひと”の期待に沿ってテクノロジーを活用し、信頼関係を最優先とすることがビジネスの成功に不可欠【ニューヨーク発:2020年2月12日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 202

2020年2月13日Accenture★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、 イノベーションの創出に苦戦 アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦2020/02/13テクノロジー活用で先行する企業の収益成長率は、出遅れた企業の2倍以上になることが判明【スイス・ダボス発:2020年1月21日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新グローバル調査によると、大多数の最高経営責任者(CEO)は、現在の自社ITシステムに対して強い自

2020年2月5日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

ワークプレース体験(WX)への包括的な取り組みがCX改善につながり、20億ドルにのぼるビジネス貢献が可能に

ワークプレース体験(WX)への包括的な取り組みがCX改善につながり、20億ドルにのぼるビジネス貢献が可能に:アバナード最新調査 テクノロジーの刷新だけでなく、顧客と従業員の体験を全体として改善する取り組みで、大きな経済的メリットの可能性:世界1,300人以上の意思決定者を対象にした調査より 【2019年10月29日 – ワシントン州シアトル発、日本のデータについては2020年1月28日追加】マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタルイノベーターであるアバナードは、包括的なワークプレー

2020年1月24日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Mobility Services: The Customer Perspective(モビリティ・サービス:顧客の視点)

アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車を手放すことを検討していることが判明 アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車を手放すことを検討していることが判明2020/01/20モビリティ・サービスの普及により、メーカーには自動車の将来価値の再考が求められる時代に【ニューヨーク発:2019年10月10日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、多くのドライバーが将来的に自動車の所有をやめる

2020年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内地域別 IT支出動向および予測を発表

15 Jan 2020国内地域別 IT支出動向および予測を発表 Japan, 2020年1月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IT市場における地域別の2020年~2023年の市場規模予測を発表しました。2020年における国内IT市場全体は前年までのPC更新需要の反動によって、支出規模は17兆6,861億円、前年比成長率はマイナス1.4%といったん減速

2020年1月9日WalkMe★★フィードバック数:0企業情報システム

SaaS導入後の課題が、「ユーザーへの定着化」であると72.9%が回答

SaaS導入後の課題が、「ユーザーへの定着化」であると72.9%が回答 デジタルアダプションプラットフォームのWalkMeがSaaS導入後の定着化に関する調査報告書を公開 世界初のデジタルアダプションプラットフォーム (DAP)を提供しているWalkMe株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:道下和良、以下、WalkMe)と日経BPコンサルティングは、SaaSの導入・選定に密接に関わる意思決定関与者を対象に共同で調査を実施し、SaaS導入後の定着化に関する調査報告書を公開しました。 ここ数年

2019年12月23日レノボ・ジャパンフィードバック数:0企業情報システム

職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答

>レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答 レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答 レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答調査によると、中小企業※1は従業員の期待に応えられておらず、仕事で満足しているのは60%だけ雇用主の回答者のうち79%は従業員が仕事に満足していると考えているが、従業員の41%はフレキシブルな働き方をするためのテクノロジーが不足していると回答雇用主と従業員が感じる満足度のギャップは業務に最

2019年12月20日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがAI主要6市場規模推移および予測を発表

2018年度は前年度比53.5%増と大幅な伸び、2023年度には640億円に達すると予測ITRがAI主要6市場規模推移および予測を発表 2019年12月19日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内ビジネス分野で実用化が進んでいるAI主要6市場(画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索、翻訳)の市場規模推移および予測を発表します。 2018年度のAI主要

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施 日本企業は、データ分析でのIT部門依存が他国に比較して顕著 79%の社員は、IT部門やビジネスアナリストの支援なしではデータに基づいた意思決定ができない エンタープライズ ソフトウェアの世界的な大手プロバイダーであるMicroStrategy® Incorporated(Nasdaq: MSTR)、並びに日本法人であるマイクロストラテジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、プレジデント:印藤公

2019年12月18日HENNGE★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のSaaS利用に関する調査結果

ニュース企業のSaaS利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2019年11月14日に企業におけるSaaS利用に関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。 調査概要:企業のSaaS利用に関する調査 有効回答:72件 調査日:2019年11月14日 調査方法:HENNGE Oneユーザー(1,428社)の中から、SaaSに関する利用調査表に回答いただいた72社をもとに分析。グループウェア、ビジネスチャット/SNS、Web会議、オンラ

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 2019年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比3.4%増の12兆9,180億円と予測 ~製造業や金融業を中心に、デジタルトランスフォーメーション(DX)が増加基調へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は、2018年度が前年度比

2019年12月11日Facebook Japanフィードバック数:0企業情報システム

Facebook、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)」調査を実施

Facebook、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)」調査を実施、会社とのつながりにおける課題や現場の声が届きにくい現状が明らかに オフィスに常駐しないデスクレス従業員(現場従業員)の22%は会社とのつながりを感じておらず、24%は連絡すべき担当者の連絡先を持っていない Facebookは、従業員数100人以上の企業のシニア管理職250人および現場従業員1,000人を対象に、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)

2019年12月11日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRが「IT投資動向調査2020」の結果を発表

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 国内企業のIT予算の伸びは鈍化するもデジタル変革に向けた体制整備と技術への投資が本格化へITRが「IT投資動向調査2020」の結果を発表 2019年12月11日株式会社アイ・ティ・アール 株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は2019年8月から9月にかけて実施し

2019年12月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――テクノロジー活用で先行する企業の収益成長率は、出遅れた企業の2倍に上ることが判明

Skip to main content Skip to Footerニュースリリース 2019年アクセンチュアが2019年に発表/配信したニュースリリースを掲載しています。 2019年12月2019年11月2019年10月2019年9月2019年8月2019年7月2019年6月2019年5月2019年4月2019年3月2019年2月2019年1月

2019年11月28日Tableau Softwareフィードバック数:0企業情報システム要登録

データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト

ホワイトペーパー デジタル時代におけるデータ活用のビジネスインパクト IDC Asia Pacific 社、分析、ビッグデータ、および人工知能担当アソシエイトバイスプレジデント IDC Asia Pacific 社、ビッグデータおよび分析プラクティス担当シニアリサーチマネージャー APACの700を超える組織のエグゼクティブを対象にした調査結果をまとめたIDC Executive Insightsレポート 「データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト」を読んで、

2019年11月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2019

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2019 本レポートには、RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー、デスクトップ・プロセス分析ツール、プロセス・マイニング市場の全7分野を対象に、国内56ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載してい

2019年11月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表

12 Nov 2019国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 Japan, 2019年11月12日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IoT(Internet of Things)市場の企業ユーザー動向調査結果を発表しました。IDCでは2019年8月~9月にかけて、全国の従業員規模100人以上の企業を対象に、「IoT利用企業動向調査」と「IoT担当者

2019年11月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェアを発表

14 Nov 2019国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェアを発表 Japan, 2019年11月14日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、SDN(Software-Defined Network)に代表されるネットワーク仮想化/自動化の主要構成要素である国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する2018年のベンダーシェアを発表

CompTIA本部 AIビジネスにおける調査レポートを発表

CompTIAライブラリーに掲載されているすべてのレポートが、フォームへの入力なしにダウンロードしていただけるようになりました。今後とも、ぜひお役立てください。 CompTIAライブラリーでは、CompTIA米国本部の調査報告を中心に、日本市場に関連するレポートを全文、または一部翻訳してご提供しています。本ライブラリーよりダウンロードされたレポート/Infographicsは、CompTIAの許可なく、複製・転載することは、禁止されています。■Infographics:タイトルをクリックすると全

2019年11月13日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測 -業種別では特に金融、運輸での高い成長率が見込まれる「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月12~14日、港区高輪)

2019年11月13日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表 - デジタル・ビジネスを推進する上で特に注目すべきテクノロジと そのトレンドを明らかに 「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ