調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

5G時代におけるXRビジネスの需要探索に関する調査

ドリームニュースプレスリリース一覧株式会社AQU先端テクノロジー総研「5Gに関心ある」4割強! 期待分野は医療、教育、エンターテイメントなど! VR、360度動画、ローカル5Gなどへの関心高い! 会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー総研 2019年07月08日 13:00「5Gに関心ある」4割強! 期待分野は医療、教育、エンターテイメントなど! VR、360度動画、ローカル5Gなどへの関心高い! 会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー総研 5G、XR(

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割)・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難 2019年7月8日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏

2019年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表

08 Jul 2019国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表 Japan, 2019年7月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表しました。これによると国内における2018年のハイパーコンバージドシステム市場の支出額は前年比成長率93.9%、305億2,000万円になりました。国内ハイパーコンバージドシステム

2019年6月24日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内法人における3Dプリンターの導入実態調査(2019年5月調査)

国内法人における3Dプリンターの導入実態調査(2019年5月調査) 2019年06月17日■2018年の国内3Dプリンター市場規模は330億円(前年比18.4%増) ■導入率の伸びは鈍化、メリットを得た利用者が本格運用を開始 ■造形物の強度向上や3Dデータ作成のサポートが課題  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は6月17日、国内法人における3Dプリンターの導入実態に関する調査結果を発表した。国内法人の34,776人を対象にWebアンケートを実施し、回答者の中から、さらに3Dプリンター機器

2019年6月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

17 Jun 2019国内クライアント仮想化関連市場予測を発表 Japan, 2019年6月17日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年の調査実績をもとに2019年~2023年の国内クライアント仮想化関連市場について予測を行い、その結果を発表しました。国内クライアント仮想化ソリューション市場は、2023年には8,858億円まで拡大し、2018年~2023

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%減の6,385億円

2018年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%減の6,385億円、今後は横這い・微減推移の見通し~国の方針もあり、自治体クラウド関連ビジネスは好調推移の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の自治体向けソリューション市場を調査し、市場概況や市場規模推移、将来展望、自治体クラウドビジネスや主要ベンダーの動向などを明らかにした。 自治体向けソリューション市場規模推移・予測1.市場概況2018年度の国内自治体向けソリューション市場規模(事業者売上高ベース

2019年6月11日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測

ユーザー間ファイル転送市場は、2017年度はパッケージの落ち込みにより微減となるも、2018年度以降はSaaSの伸びにより堅調に推移すると予測ITRがユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表 2019年5月28日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表します。 ITRではユーザー間ファイル転送を「従業

2019年6月5日カスペルスキーフィードバック数:0企業情報システム

Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1

Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1

2019年6月4日デルフィードバック数:0企業情報システム

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用 当資料は、2019年4月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。2019年5月23日デル株式会社EMCジャパン株式会社【最新調査レポート】企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用2019年4月29日、米バージニア州マクリーン発:エンタープライズ クラスのクラウド ソリューション ベンダーでデル テクノロジーズ傘下のVirtustreamは本日、2019年4月の最新調査「

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表

27 May 2019国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表 Japan, 2019年5月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内サーバー市場のシステムタイプ別予測を発表しました。IDCではシステムタイプを「SoR(Systems of Record)」「SoE(Systems of Engagement)」「SoI(Systems of Insig

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内エンタープライズインフラ市場 ベンダーシェアを発表

22 May 20192018年 国内エンタープライズインフラ市場 ベンダーシェアを発表 Japan, 2019年5月22日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内エンタープライズインフラにおけるシステムタイプ別市場規模とベンダーシェアを発表しました。なお、エンタープライズインフラ市場とは、サーバー、エンタープライズストレージシステム(ExternalおよびSt

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別/企業規模別 IT支出動向および予測を発表

23 May 2019国内産業分野別/企業規模別 IT支出動向および予測を発表 Japan, 2019年5月23日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内産業分野別 企業規模別 IT市場の2019年~2023年の予測を発表しました。これによると、2019年の国内IT市場においては、2020年1月のWindows 7のサポート終了に伴うPCの更新需要に加えて、同じ

2019年5月30日NTTレゾナント★★フィードバック数:0企業情報システム

チャットボットの利用に関する調査

利用者1099人に聞いた「チャットボット実態調査」レポート2019 多くの企業で導入が進むAIチャットボット。最近では「業務効率化」の枠を超え「顧客体験の向上」といった応用事例も登場しています。 そこで本資料では、チャットボットを利用した新たなチャネル創造へのヒントをつかんでいただくため、ユーザーの本音や利用実態に迫ります。 資料を読むとこれが分かる! ◯今話題のチャットボット。ユーザーの利用実態と効果とは?◯ユーザーが抱くチャットボットとブランドイメージの関係性 ◯ユーザーの不満から読み

2019年5月27日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表全社的にデータを利活用している企業は20%、データの利活用からビジネス成果を十分に得ている企業は全体のわずか3%という現状が明らかにガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、

2019年5月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測​~実証実験から商用化への移行度合いが市場拡大のカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ブロックチェーン活用サービス市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにした。 国内ブロックチェーン活用サービス市場規模推移予測1.市場概況2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模(事業者売上高ベース)は、171億5,000万円の見込みで

「Tech Trends 2019日本版」発表

「Tech Trends 2019日本版」発表個別テクノロジーの活用から複合的活用による真のデジタルトランスフォーメーション実現へ サイバーリスク、NoOps、次世代コネクティビティ、人とAIが協働する組織、進化するマーケティング:顧客体験の再考など8つの最新トレンドと企業のデジタル戦略の在り方を解説 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、デロイトがグローバルで毎年まとめているレポートに日本独自の動向と見解

2019年5月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

最新の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測を発表

20 May 2019最新の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測を発表 Japan, 2019年5月20日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブアプリケーション(UC&C)市場を調査し、2018年の同市場の分析と2019年~2023年の市場予測を発表しました。IDCでは、国内UC&C市場を

2019年5月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム市場予測を発表

Japan, 2019年5月21日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内AIシステム市場を調査し、2018年の同市場の分析と2018年~2023年の市場予測を発表しました。IDCではAIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術として定義して

2019年5月20日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に 早期に責任あるアプローチを採ることで、XRによるビジネス機会を飛躍的に拡大かつ維持することが可能に【ニューヨーク発:2019年5月15日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、XR※は経済や社会に極めて大きなメリットをもたらしうる半面、従来にはなかった物理的、心理的および社会的リスクをもたらす可能性があることが明らかになりました。ビジネスリーダーは、XR導入の初期段階か

2019年5月20日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ベリタス、データ管理の効率性が収益にもたらす影響についてグローバルの調査結果を発表

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジタルビジネス

2019年5月17日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるBIツールの導入状況に関する調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、企業におけるBIツールの導入状況に関する調査結果を発表対象者の74%が自社でBIツールを利用しているが、利用頻度や積極性にはばらつきがある現状が明らかにガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下 ガートナー) は、

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

13 May 2019最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表 Japan, 2019年5月13日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2018年の同市場の分析と2019年~2023年の市場予測を発表しました。本調査によると、2018年の国内第3のプラットフォーム市場の市場規模(支出額ベース)は、14兆8,909億円と

2019年5月16日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェアを発表

15 May 2019国内クライアント仮想化市場シェアを発表 Japan, 2019年5月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化市場に関し、シンクライアント専用端末市場、クライアント仮想化ソフトウェア市場、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、クライアント仮想化サービス市場、モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに 新しいスキルセットと AI の重要性が高まる将来や、企業はデータがもたらす大きな可能性を業績拡大に活用できていないことが判明 サンフランシスコ発 – 2019 年 5 月 7 日 データの世界からアクションと成果を導き出す Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は本日、ダークデータ(未活用の潜在的な価値を持つデータ)に関する調査結果を発表しました。この調査から、企業幹部は社

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

25 Apr 2019国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表 Japan, 2019年4月25日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表しました。本調査では、国内企業/組織におけるITインフラ導入の意思決定やITインフラ導入のプロセスに関与する方を対象としたアンケート調査を

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

09 May 2019ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し Japan, 2019年5月9日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、全世界のビッグデータおよびビジネスアナリティクス(BDA)ソリューションの予測を発表しました。Worldwide Semiannual Big

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表

10 May 2019ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表 Japan, 2019年5月10日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、SDN(Software-Defined Network)を含むネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表しました。これによると、データセンター、企業ネットワーク、通信事業者向けを合計した国内ネットワーク仮想

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

24 Apr 2019国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表 Japan, 2019年4月24日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表しました。本調査では、国内企業/組織におけるITインフラ導入の意思決定やITインフラ導入のプロセスに関与する方を対象としたアンケート調査を

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告 ~ 北海道をはじめ、道内の9自治体が参加 ~ 自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告~ 北海道をはじめ、道内の9自治体が参加 ~ NTTアドバンステクノロジ株式会社株式会社HARPアライズイノベーション株式会社株式会社HBA東日本電信電話株式会社北海道事業部NTTアドバンステクノロジ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治、以下:NTT-AT)と、株式会社HARP(本社:北海道札幌市、代表取締役:駒崎征明、以下:

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk Pro

2019年4月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内ユーザー企業調査 産業分野別/企業規模別 IT投資動向と課題の分析結果

23 Apr 20192019年 国内ユーザー企業調査 産業分野別/企業規模別 IT投資動向と課題の分析結果を発表 Japan, 2019年4月23日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年 国内ユーザー企業調査 産業分野別/企業規模別 IT投資動向と課題の分析結果を発表しました。これによるとIDCでは、今回の調査では前年調査と比較してSMB(Small

2019年4月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表

18 Apr 2019国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表 Japan, 2019年4月18日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業におけるAI(Artificial Intelligence:人工知能)システム、およびRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について、ユーザー企業調査結果を発表しました。I

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

ポストデジタル時代の到来を迎え、パーソナライズされたリアルな体験の提供が企業に新たなビジネスチャンスをもたらす――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2019」 信頼、責任、プライバシー、セキュリティを担保しつつ、最新テクノロジーをうまく活用することが成功のカギにアクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2019(以下、テクノロジービジョン2019)」を発表しまし

クラウドサービス導入後の社内ネットワークの状況に関するアンケート

NURO Biz インフォメーションデスク9:30〜18:00(土日祝、年末年始除く) Office 365やG suite、Dropboxに代表されるクラウドサービスとは、サーバやソフトウェアをネットワーク経由で利用者に提供するサービスのことです。近年、企業におけるクラウドサービスの使用が拡大しています。クラウドサービスの使用増加によって「社内ネットワークが重くなった」と実感しているネットワーク管理者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ソニービズネットワークス株式会社は、

2019年4月9日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627億3,600万円

2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627 億3,600 万円(8市場計) ~データ活用需要や新規参入事業者増などを背景に好調推移を予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のサブスクリプション(定額)サービス市場 を調査し、主要カテゴリーの市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 サブスクリプションサービス国内市場規模予測(8市場計)1.市場概況2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模(8市場計)はエンドユーザ

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円~DXの基盤としての活用、基幹系システムのクラウド移行による従量拡大は2019年以降に期待~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場を調査し、市場規模推移・予測、クラウドベンダ動向、新サービス普及状況等を明らかにした。 クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場規模推移と予測1.市場概況2018年の国内クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場(

JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表

ニューストピックスGDPR未対応企業が3割超に上り、個人情報のグローバル対応が課題にインシデント認知率ではWeb不正アクセスとなりすましメールが増加 — JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表 —2019年3月26日一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (法人番号:1010405009403)株式会社アイ・ティ・アール (法人番号:3011101047117)  一般財団法人日本情報経済社会推進協会(所在地:東京都港区、会長:杉山 秀二、以下、JIPDEC)と株

2019年4月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ブロックチェーンに対する世界の支出額は2019年には29億ドルに到達する

28 Mar 2019ブロックチェーンに対する世界の支出額は2019年には29億ドルに到達する Japan, 2019年3月28日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界全体のブロックチェーンソリューション市場の支出額予測を発表しました。最新のI DC Worldwide Semiannual Block chain Spending Guide では、ブロック

2019年4月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大

02 Apr 2019人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大 Japan, 2019年4月2日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界全体の人工知能(Artificial Intelligence: AI)システム市場の支出額予測を発表しました。これによるとAIシステムに対する世界の支出額が2019年に358億ドルに達することが予

2019年3月28日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループのグループ会社で、エンジニア人財サービスを提供する株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、当社の取引先企業を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施し、需要の高まりが見込まれる技術が明らかになりました。 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?調査結果今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?【OS・サーバ・ストレージ・データベース】昨年の調査結果に引き続き、

2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き AIツールとマーケティング業務に関する実態調査5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向きAIツールの導入により、4割強が「業務効率が向上した」調査結果サマリー5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き 現在、所属部署においてAIツールやサービスを「導入している」人は、17.3%でした。また、現時点では導入していなくても、「2019年中には導入予定」(8.7%)、「導入する案は持ち上がっている」(13.2%)、「導入す

2019年3月15日リアルインサイトフィードバック数:0企業情報システム

「日本の中小企業のAI導入状況」調査

全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%!... 全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%! 「日本の中小企業のAI導入状況」調査結果を発表株式会社リアルインサイト(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:鳥内 浩一)は「日本の中小企業のAI導入状況」について、アンケート調査を実施しました。会社にAIを導入したいか【調査背景】・2017年5月1日にMM総研調査が発表した企業のAI導入率は、米国が約13.3%、ドイツで約4.9%、そして日本は1.8%とかなり遅

2019年3月14日Tealium Japan★フィードバック数:0企業情報システム

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか ~Tealium委託のグローバル規模の調査において、大半の企業の顧客データ戦略は主要なビジネス目的の達成に貢献できていないことが判明~サンディエゴ発 – 2019年3月14日(木):リアルタイムの顧客データオーケストレーションのパイオニアであるTealium(ティーリアム)は、Forrester Consultingに委託し実施した企業の顧客データ戦略に関する最新のグローバル調査[i

オンラインストレージの利用実態

ダイレクトクラウドが、「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施 法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」を提供する株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都港区、代表取締役社長:安 貞善)は、2018年11月1日~11月10日にかけて「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施しました。 【調査概要】集計期間:2018年11月1日~11月10日調査対象:業務でオンラインストレージを利用している方調査人数:330名調査方法:インターネ

2019年3月8日Genesys★フィードバック数:0企業情報システム

ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査

Home > Announcements > ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査~87%が顧客エンゲージメント・ソリューションのクラウドへの移行を計画ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査~87%が顧客エンゲージメント・ソリューションのクラウドへの移行を計画レガシー型のITインフラがデジタル・チャネル、チャット/音声ボット、オートメーションといった最新のカスタマーサービス・テクノロジー導入にあたっての障壁に東京 — 2019年3

2019年3月8日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表IoTを実装している組織の75%が、既にデジタル・ツインを使用しているか、1年以内に使用する予定であることが明らかに米国コネチカット州スタンフォード発 - 2019年

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)

次世代モニタリングシステムの2017年度末での国内工場・製造分野の普及率は21.1%と推計~今後の設備導入進展により、2022年度末の普及率42.1%と予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、次世代モニタリングシステムを調査し、分野別の普及状況と将来見通し、遠隔監視からITモニタリングへの移行に関する環境変化、主要ITベンダーやユーザ企業の動向を明らかにした。 次世代モニタリングシステム 国内工場・製造分野での普及率推移・予測1.市場概況次世代モニタリングシステムとは、I

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内MaaS市場に関する調査を実施(2018年)

2030年には国内MaaS市場規模は6兆3,600億円に拡大! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内MaaS(Mobility as a Service)市場を調査し、MaaSサービス分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.調査結果概要MaaS(Mobility as a Service)とは、近年ICTを活用して、公共交通か否か、また運営主体に関わらず、マイカー以外のすべての手段によるモビリティを1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」

2019年2月21日レノボ・ジャパンフィードバック数:0企業情報システム

オンライン会議システムの利用実態及びテレワーク制度に関する意識調査

テレワークの制度及びシステムの利用に関する実態調査。テレワーク活用者の「遠慮と気遣い」、オンライン会議システムに感じる不満とは? 働き方改革、次の一手は会議改革? レノボ・ジャパン株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 デビット・ベネット、以下 レノボ)は、日頃から会議に参加している、全国の20~60代の社会人を対象としたアンケート調査を実施。オンライン会議システムの利用実態及びテレワーク制度に関する意識調査を行いましたのでご報告いたします。 <調査概要>・調査名 :「Web会議システ

2019年2月18日シンクロ・フードフィードバック数:0企業情報システム

ITツールの導入状況に関するアンケート調査

飲食店に対し、ITツールの導入状況に関するアンケート調査を実施。キャッシュレス決済の導入率は55.2%、POSレジの導入率は41.6% 飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」(https://www.inshokuten.com/research/company/)を運営する株式会社シンクロ・フード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一、東証一部:3963)は、飲食店.COM会員を対象に、ITツールの導入状況に関するアンケート調査を実施いたしました。 <本調査について>■調査概

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ