調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム > クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果

社会インフラとしてのネット/クラウドについてのレポートです。

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果について更新日 2012年10月9日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、日本においてクラウドコンピューティング(*1)(以下「クラウド」)が各方面で広く使われるようになりつつある現状を踏まえ、社会インフラとして平時の生活や経済活動を支えている点や、緊急時の情報インフラとしての機能を期待できることに対応して、クラウドが停止したときの影響の評価や、クラウドの機能を緊急時や災害

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

41639_100001409825069_8264_q_normal

9月にIPAに出てた、野村総研のまとめた記事。BCP関連>情報処理推進機構:クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果について http://t.co/8jS1TASb

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ