調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム > 誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは?

誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは?

「中堅・中小企業や小規模企業ではITシステムの運用管理に携わる人員が限られる」というのは周知の事実だ。そうした人員が社内で1人のみという企業も少なくない。そうした状態は「ひとり情シス」と呼ばれることがある。 折しも、スマートデバイスやクラウドといった新たな要素が登場し、中堅・中小企業や小規模企業も次のIT活用に向けてステップを踏み出すべき時に来ている。ひとり情シスにとっては日々の負担を少しでも軽減し、新たな取り組みに割く時間を増やすための工夫が必要となってくる。そこで本連載ではひとり情シスに焦点

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

812-tobi_normal

「訴求できない限り」RT 「人を増やしてくれない」のは自分の価値を訴求限り当然で、だからいろいろやってく必要がある。ひとり情シスてのはその点では記事の通り面白い立場だと思う。 http://t.co/a3oyWX4Un3

812-tobi_normal

「人を増やしてくれない」のは自分の価値を訴求限り当然で、だからいろいろやってく必要がある。ひとり情シスてのはその点では記事の通り面白い立場だと思う。 http://t.co/a3oyWX4Un3

812-tobi_normal

運用管理者というとインフラのお守役みたいなイメージが出てしまって、間接コストとみなされて増員に二の足を踏む、というシーンはよくあるけど、必ずしもそうじゃない。情シス担当者自身がお守役という認識だとその限りでは無いけど。 http://t.co/a3oyWX4Un3

812-tobi_normal

“逆に「ひとり」であることは裁量の幅広さや意思決定の迅速さという面では潜在的な強みとなる。さまざまな課題をうまくクリアすれば、企業活動を次のステージへと導ける可能性も秘めているといえるだろう。” / “誰も当てにできない「ひとり情…” http://t.co/a3oyWX4Un3

Nec_0380_normal

SIerに丸投げにするとカモにされるから気をつけてね。信じていいのは自分だけ。 - 誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは? - TechTargetジャパン システム運用管理 http://t.co/2cnKl1rEye

Cat08_normal

“誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは? - TechTargetジャパン システム運用管理” http://t.co/xHDKqh9ZkB

320312_2704317696_normal

誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは? http://t.co/VxImWBLb5w / 一部上場企業でも情シス部門は他部署兼任の数名というのもザラですが、一人だと悩みのレベルが違うのだろうなぁ。自部門100人のインフラを面倒みてた頃を思い出します。

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ