調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年2月13日Accenture★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、 イノベーションの創出に苦戦 アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦

2020年2月5日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

ワークプレース体験(WX)への包括的な取り組みがCX改善につながり、20億ドルにのぼるビジネス貢献が可能に

ワークプレース体験(WX)への包括的な取り組みがCX改善につながり、20億ドルにのぼるビジネス貢献が可能に:アバナード最新調査 テクノロジーの刷新だけでなく、顧客と従業員の体験を全体として改善する取り組みで、大きな経済的メリットの可能性:世界1,300人以上の意思決定者を対象にした調査より 【2019年10月29日 – ワシントン州シアトル発、日本のデータについては2020年1月28日追加】マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタルイノベーターであるアバナードは、包括的なワークプレー

2020年1月30日Microstrategyフィードバック数:0企業情報システム海外

MicroStrategy、2020年のエンタープライズ アナリティクスのトップ10トレンドを発表

We’re ready to work with you.Our team will reach out soon to connect you to what you need.Explore these resources to get ready:

2020年1月24日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Mobility Services: The Customer Perspective(モビリティ・サービス:顧客の視点)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車を手放すことを検討していることが判明 アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車

2020年1月9日WalkMe★★フィードバック数:0企業情報システム

SaaS導入後の課題が、「ユーザーへの定着化」であると72.9%が回答

SaaS導入後の課題が、「ユーザーへの定着化」であると72.9%が回答 デジタルアダプションプラットフォームのWalkMeがSaaS導入後の定着化に関する調査報告書を公開 世界初のデジタルアダプションプラットフォーム (DAP)を提供しているWalkMe株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:道下和良、以下、WalkMe)と日経BPコンサルティングは、SaaSの導入・選定に密接に関わる意思決定関与者を対象に共同で調査を実施し、SaaS導入後の定着化に関する調査報告書を公開しました。 ここ数年

2019年12月23日レノボ・ジャパンフィードバック数:0企業情報システム

職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答

レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答 レノボ国際調査:職場におけるテクノロジー、従業員の4割が不満と回答調査によると、中小企業※1は従業員の期待に応えられておらず、仕事で満足しているのは60%だけ雇用主の回答者のうち79%は従業員が仕事に満足していると考えているが、従業員の41%はフレキシブルな働き方をするためのテクノロジーが不足していると回答雇用主と従業員が感じる満足度のギャップは業務に最適な

2019年12月20日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがAI主要6市場規模推移および予測を発表

2018年度は前年度比53.5%増と大幅な伸び、2023年度には640億円に達すると予測ITRがAI主要6市場規模推移および予測を発表 2019年12月19日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内ビジネス分野で実用化が進んでいるAI主要6市場(画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索、翻訳)の市場規模推移および予測を発表します。 2018年度のAI主要

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施 日本企業は、データ分析でのIT部門依存が他国に比較して顕著 79%の社員は、IT部門やビジネスアナリストの支援なしではデータに基づいた意思決定ができない エンタープライズ ソフトウェアの世界的な大手プロバイダーであるMicroStrategy® Incorporated(Nasdaq: MSTR)、並びに日本法人であるマイクロストラテジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、プレジデント:印藤公

2019年12月18日HENNGE★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のSaaS利用に関する調査結果

ニュース企業のSaaS利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2019年11月14日に企業におけるSaaS利用に関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。 調査概要:企業のSaaS利用に関する調査 有効回答:72件 調査日:2019年11月14日 調査方法:HENNGE Oneユーザー(1,428社)の中から、SaaSに関する利用調査表に回答いただいた72社をもとに分析。グループウェア、ビジネスチャット/SNS、Web会議、オンラ

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内企業のIT投資に関する調査を実施(2019年) 2019年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比3.4%増の12兆9,180億円と予測 ~製造業や金融業を中心に、デジタルトランスフォーメーション(DX)が増加基調へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハ

2019年12月11日Facebook Japanフィードバック数:0企業情報システム

Facebook、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)」調査を実施

Facebook、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)」調査を実施、会社とのつながりにおける課題や現場の声が届きにくい現状が明らかに オフィスに常駐しないデスクレス従業員(現場従業員)の22%は会社とのつながりを感じておらず、24%は連絡すべき担当者の連絡先を持っていない Facebookは、従業員数100人以上の企業のシニア管理職250人および現場従業員1,000人を対象に、「Deskless not Voiceless (デスクがなくても、声は届く)

2019年12月11日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRが「IT投資動向調査2020」の結果を発表

国内企業のIT予算の伸びは鈍化するもデジタル変革に向けた体制整備と技術への投資が本格化へITRが「IT投資動向調査2020」の結果を発表 2019年12月11日株式会社アイ・ティ・アール 株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は2019年8月から9月にかけて実施したIT投資動向調査の一部結果を発表いたします。全調査結果を掲載したレポートも本日より販売を開始いたします。 本調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向や製品・サービス

2019年12月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――テクノロジー活用で先行する企業の収益成長率は、出遅れた企業の2倍に上ることが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア、株式会社タンバリンの買収に合意し、顧客体験を基点としたビジネス変革の支援体制を強化 【東京発:2021年11月19日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセン

2019年11月28日Tableau Softwareフィードバック数:0企業情報システム要登録

データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト

ホワイトペーパー デジタル時代におけるデータ活用のビジネスインパクト IDC Asia Pacific 社、分析、ビッグデータ、および人工知能担当アソシエイトバイスプレジデント IDC Asia Pacific 社、ビッグデータおよび分析プラクティス担当シニアリサーチマネージャー APACの700を超える組織のエグゼクティブを対象にした調査結果をまとめたIDC Executive Insightsレポート 「データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト」を読んで、

2019年11月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2019

ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2019 本レポートには、RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー、デスクトップ・プロセス分析ツール、プロセス・マイニング市場の全7分野を対象に、国内56ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。RPA市場:2018年度は前年度から3.2倍と高成長を維持、2019年度も幅広い業種・業務に導入が拡大ワークフロー市場:2018年度市場は14.6%増と好調な伸び、2019

CompTIA本部 AIビジネスにおける調査レポートを発表

CompTIAライブラリーに掲載されているすべてのレポートが、フォームへの入力なしにダウンロードしていただけるようになりました。今後とも、ぜひお役立てください。 CompTIAライブラリーでは、CompTIA米国本部の調査報告を中心に、日本市場に関連するレポートを全文、または一部翻訳してご提供しています。本ライブラリーよりダウンロードされたレポート/Infographicsは、CompTIAの許可なく、複製・転載することは、禁止されています。■Infographics:タイトルをクリックすると全

2019年11月13日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表 - デジタル・ビジネスを推進する上で特に注目すべきテクノロジと そのトレンドを明らかに 「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月

2019年11月13日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測 -業種別では特に金融、運輸での高い成長率が見込まれる 「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月12~14日、港区

2019年11月8日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ビジネスチャット市場2019

ITR Market View:ビジネスチャット市場2019 本レポートには、ビジネスチャット市場およびチャットボット市場の国内全29ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。ビジネスチャット市場:2018年度は上位ベンダーのシェアに大きな変動、2019年度も中位ベンダー以上で激しいシェア争いの様相チャットボット市場:2018年度は市場が活性化し市場規模が倍増、2019年度も高成長を維持 調査ハイライト チャットボット市場の20

2019年11月1日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

データセンタ市場と消費電力・省エネ対策の実態調査 【2019年版】

データセンタ市場と消費電力・省エネ対策の実態調査 【2019年版】データセンタ市場と消費電力・省エネ対策の実態調査 【2019年版】【発 刊】2019年9月30日 【資料体裁・価格】[1]A4版300頁(ハードコピー版)価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格230,000円[3]CD-ROM版価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本)価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF)価格570,000円※[2]PDF版+ハードコピー版の複数ユーザ

2019年11月1日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

驚異的な拡大続くRPAソリューションの市場動向 2019年度版

驚異的な拡大続くRPAソリューションの市場動向 2019年度版驚異的な拡大続くRPAソリューションの市場動向 2019年度版【発刊】2019年10月25日 【資料体裁・価格】[1]A4版220頁(ハードコピー版)価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格230,000円[3]CD-ROM版価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円※[2]PDF版+ハードコピー版の複数ユーザー利

2019年10月25日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、世界のCIO 1000人以上を対象にしたサーベイ結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、世界のCIO 1,000人以上を対象にしたサーベイ結果を発表 - ビジネスの転換期に備えて態勢を整えた「適合した」企業が転機を勝機に変えられることが明らかに 「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」

2019年9月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2019年) 2018年度の国内FinTech市場規模は前年度比42.7%増の2,145億円、2022年度には1兆2,102億円にまで拡大すると予測 ~API連携による協業やブロックチェーンの商用利用、基盤を固めた暗号資産の広がりが市場拡大のカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内FinTech市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにし

2019年8月26日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成 アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を

2019年8月16日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内法人のAI-OCR導入実態調査(2019年6月実施)

国内法人のAI-OCR導入実態調査(2019年6月実施)導入企業の8割が改善効果に満足 2019年07月30日■ AI-OCRサービスを導入している国内法人は全体の9.6%■ 国内法人の約半数がAI-OCRの「利用に関心あり」■ 導入企業の8割以上が「データ作成時間」「ミス発生率」の改善効果に満足■ 複数の有力サービスについて手書き文字の認識能力を比較した結果、NTT東日本「AIよみと~る」がトップの成績 MM総研は(東京都港区、所長・関口 和一)は7月30日、AIを活用した手書き文字認識のA

ITやテック業界の経済的機会のあるテクノロジーランキングベスト10

CompTIA Emerging Technology Communityがランキング発表 ITやテック業界の経済的機会のあるテクノロジーランキングベスト10 IoTが2年連続1位獲得CompTIA Emerging Technology Communityがランキング発表 ITやテック業界の経済的機会のあるテクノロジーランキングベスト10 IoTが2年連続1位獲得 世界のハイテク業界をリードする CompTIAのEmerging Technology Communityの調査によれば、IoT(

2019年7月22日ワークデイ★フィードバック数:0企業情報システム

ワークデイ、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状と課題に関する洞察を発表

ワークデイ、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状と課題に関する洞察を発表

5G時代におけるXRビジネスの需要探索に関する調査

ドリームニュースプレスリリース一覧株式会社AQU先端テクノロジー総研「5Gに関心ある」4割強! 期待分野は医療、教育、エンターテイメントなど! VR、360度動画、ローカル5Gなどへの関心高い! 会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー総研 2019年07月08日 13:00「5Gに関心ある」4割強! 期待分野は医療、教育、エンターテイメントなど! VR、360度動画、ローカル5Gなどへの関心高い! 会社員・公務員、2300人意識調査、AQU先端テクノロジー総研 5G、XR(

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表 ブックマークが追加されました 「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表 ブックマークが削除されました 記事タイトル 「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表 既にブックマークされています 「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心

2019年6月24日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内法人における3Dプリンターの導入実態調査(2019年5月調査)

国内法人における3Dプリンターの導入実態調査(2019年5月調査) 2019年06月17日■ 2018年の国内3Dプリンター市場規模は330億円(前年比18.4%増) ■ 導入率の伸びは鈍化、メリットを得た利用者が本格運用を開始 ■ 造形物の強度向上や3Dデータ作成のサポートが課題  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は6月17日、国内法人における3Dプリンターの導入実態に関する調査結果を発表した。国内法人の34,776人を対象にWebアンケートを実施し、回答者の中から、さらに3Dプリンタ

2019年6月11日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測

ユーザー間ファイル転送市場は、2017年度はパッケージの落ち込みにより微減となるも、2018年度以降はSaaSの伸びにより堅調に推移すると予測ITRがユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表 2019年5月28日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表します。 ITRではユーザー間ファイル転送を「従業

2019年6月5日カスペルスキーフィードバック数:0企業情報システム

Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1

<Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1>無秩序に増加する、管理されていないデジタルデータがセキュリティ上のリスクに 世界14か国の企業に勤務する7,000人を対象に、企業内のデータ管理・保護に関するインターネット調査を実施しました。調査の結果から、企業内で無秩序に増加する管理されていない雑多なファイルや文書、データ(デジタルクラッター)と、その背後にある人間の習慣に関連性が浮かび上がってきました。~ 自宅冷蔵庫の片づけができている人は、業務で使うデ

2019年6月4日デルフィードバック数:0企業情報システム

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用当資料は、2019年4月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。2019年5月23日デル株式会社EMCジャパン株式会社【最新調査レポート】企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用2019年4月29日、米バージニア州マクリーン発:エンタープライズ クラスのクラウド ソリューション ベンダーでデル テクノロジーズ傘下のVirtustreamは本日、2019年4月の最新調査「M

2019年5月30日NTTレゾナント★★フィードバック数:0企業情報システム

チャットボットの利用に関する調査

多くの企業で導入が進むAIチャットボット。最近では「業務効率化」の枠を超え「顧客体験の向上」といった応用事例も登場しています。 そこで本資料では、チャットボットを利用した新たなチャネル創造へのヒントをつかんでいただくため、ユーザーの本音や利用実態に迫ります。 資料を読むとこれが分かる! ◯今話題のチャットボット。ユーザーの利用実態と効果とは?◯ユーザーが抱くチャットボットとブランドイメージの関係性◯ユーザーの不満から読み解く、今求められるチャットボットとは?

2019年5月27日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表 全社的にデータを利活用している企業は20%、データの利活用からビジネス成果を十分に得ている企業は全体のわずか3%という現状が明らかに ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都

「Tech Trends 2019日本版」発表

記事タイトル既にブックマークされています 「Tech Trends 2019日本版」発表個別テクノロジーの活用から複合的活用による真のデジタルトランスフォーメーション実現へ サイバーリスク、NoOps、次世代コネクティビティ、人とAIが協働する組織、進化するマーケティング:顧客体験の再考など8つの最新トレンドと企業のデジタル戦略の在り方を解説 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、デロイトがグローバル

2019年5月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています ブロックチェーン活用サービス市場に関する調査を実施(2019年) 2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測​~実証実験から商用化への移行度合いが市場拡大のカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ブロックチェーン活用サービス市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにした。 国内ブロックチェーン活用サービス市場規模推移予測

2019年5月20日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に2019/05/

2019年5月20日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ベリタス、データ管理の効率性が収益にもたらす影響についてグローバルの調査結果を発表

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対応した包括的な 360 度アプローチでは、情報がどこにあっても、すべての場所で保護し、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援します。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応しており、デジタルビジネスの推進を強力に支援します

2019年5月17日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるBIツールの導入状況に関する調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、企業におけるBIツールの導入状況に関する調査結果を発表 対象者の74%が自社でBIツールを利用しているが、利用頻度や積極性にはばらつきがある現状が明らかに ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下 ガートナー)

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

あらゆるデータへのアクセス、高度な分析、自動化を実現するデータプラットフォーム 詳細はこちら クラウドトランスフォーメーションクラウドジャーニーを加速させて組織を変革 ビジネスレジリエンス不確かな時代のビジネス課題に対応するレジリエンスを構築 デジタルカスタマーエクスペリエンス顧客の求める革新的で円滑なエクスペリエンスを提供 セキュリティリアルタイムの監視と分析がビジネスにイノベーションを起こす DevOps卓越したユーザーエクスペリエンスの提供を加

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk Pro

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告 ~ 北海道をはじめ、道内の9自治体が参加 ~ 自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告~ 北海道をはじめ、道内の9自治体が参加 ~ NTTアドバンステクノロジ株式会社株式会社HARPアライズイノベーション株式会社株式会社HBA東日本電信電話株式会社北海道事業部NTTアドバンステクノロジ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治、以下:NTT-AT)と、株式会社HARP(本社:北海道札幌市、代表取締役:駒崎征明、以下:

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 ポストデジタル時代の到来を迎え、パーソナライズされたリアルな体験の提供が企業に新たなビジネスチャンスをもたらす――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2019」 ポストデジタル時代の到来を迎え、パー

クラウドサービス導入後の社内ネットワークの状況に関するアンケート

NURO Biz インフォメーションデスク9:30〜18:00(土日祝、年末年始除く) Office 365やG suite、Dropboxに代表されるクラウドサービスとは、サーバやソフトウェアをネットワーク経由で利用者に提供するサービスのことです。近年、企業におけるクラウドサービスの使用が拡大しています。クラウドサービスの使用増加によって「社内ネットワークが重くなった」と実感しているネットワーク管理者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ソニービズネットワークス株式会社は、

JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表

ニューストピックスGDPR未対応企業が3割超に上り、個人情報のグローバル対応が課題にインシデント認知率ではWeb不正アクセスとなりすましメールが増加 — JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表 —2019年3月26日一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (法人番号:1010405009403)株式会社アイ・ティ・アール (法人番号:3011101047117)  一般財団法人日本情報経済社会推進協会(所在地:東京都港区、会長:杉山 秀二、以下、JIPDEC)と株

2019年3月28日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

企業のスマート化・デジタル化が進むにつれ、エンジニアリングや研究開発、ITに関わる投資は、スマートインダストリーの実現に向けられています。その中心にいるのがクラウド、IoT、ビッグデータを扱うディスラプターであり、彼らにより組織の効率化やスマートな未来を生み出す新しい製品・サービスの開発が進められています。スマートインダストリーは、私たちが提供するほぼすべてのサービスに関わり、 3つの要素「消費者ニーズの変化」「画期的なビジネスモデルの採用」「新たな製品市場とサービスの創造」によって発展します。

2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き AIツールとマーケティング業務に関する実態調査5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向きAIツールの導入により、4割強が「業務効率が向上した」調査結果サマリー5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き 現在、所属部署においてAIツールやサービスを「導入している」人は、17.3%でした。また、現時点では導入していなくても、「2019年中には導入予定」(8.7%)、「導入する案は持ち上がっている」(13.2%)、「導入す

2019年3月15日リアルインサイトフィードバック数:0企業情報システム

「日本の中小企業のAI導入状況」調査

全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%!... 全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%! 「日本の中小企業のAI導入状況」調査結果を発表株式会社リアルインサイト(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:鳥内 浩一)は「日本の中小企業のAI導入状況」について、アンケート調査を実施しました。会社にAIを導入したいか【調査背景】・2017年5月1日にMM総研調査が発表した企業のAI導入率は、米国が約13.3%、ドイツで約4.9%、そして日本は1.8%とかなり遅

2019年3月14日Tealium Japan★フィードバック数:0企業情報システム

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか ~Tealium委託のグローバル規模の調査において、大半の企業の顧客データ戦略は主要なビジネス目的の達成に貢献できていないことが判明~サンディエゴ発 – 2019年3月14日(木):リアルタイムの顧客データオーケストレーションのパイオニアであるTealium(ティーリアム)は、Forrester Consultingに委託し実施した企業の顧客データ戦略に関する最新のグローバル調査[i

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ