調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月14日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2017年09月26日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は14.5% ■ クラウド会計ソフトの導入メリットはコスト削減と情報の集約管理 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が32.3%で首位 ■ インターネットバンキングなど、データ連携により業務効率化に期待  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月26日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等8,851社を対象にWebアンケートを実

2017年10月14日インプレス★フィードバック数:0企業情報システム

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共にクラウドシフトがより鮮明に 『データセンター調査報告書2017』 10月2日発行 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『データセンター調査報告書2017』(https://book.impress.co.jp/books/1117501008)を2017年10月2日(月)より発売いたします。本書は、インプレスの専門メディア『クラ

2017年10月12日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリティやプライバシー保護に変革をもたらす アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリテ

業務用無人機(ドローン)の市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 業務用無人機(ドローン)の市場動向業務用無人機(ドローン)の市場規模は、→ 2022年に1,570億円の市場になると予測(2016年85億円の約18.5倍)→ ドローンを使ったサービスの市場が急速に成長するなかでも、資材管理、運輸・宅配、運搬分野の伸びが期待される 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は業務用無人機(ドローン)に関する調査を行い、このほど

2017年10月5日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

AI活用を支援するスタートアップの実態調査

2021.11.23電子工作の作品・アイデア競う「みんなのラズパイコンテスト2021」開催2021.11.03『競争政策の経済学』『バブルの経済理論』の2作品が「第64回 日経・経済図書文化賞」を受賞2021.10.12日経クロストレンド「トレンドマップ 2021下半期」を発表2021.10.08日経BP「第2回ESGブランド調査」2021.10.01第2回日経ウーマンエンパワーメント広告賞が決定2021.09.28日経BP、新型コロナ診療への支援を強化2021.08.30ヒット書籍『人事の組み

2017年10月3日Capgeminiフィードバック数:0企業情報システム

Turning AI into concrete value: the successful implementers’ toolkit

人工知能(AI)を展開する企業における雇用機会の創出と売上の増加 本プレスリリースは、キャップジェミニ(フランス・パリ)が英語で発表したものを日本語に翻訳、再編集したものです。詳細は右記PDFをご参照ください。なお、内容につきまして、解釈やニュアンス等原文と微妙な相違がある場合、原文である英語のプレスリリースを優先させていただきます。【2017年9月7日:パリ発】世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーであるキャップジェミニは、人工知能(AI)を試験

AIスタートアップレポート

人工知能(AI)関連スタートアップ174社を網羅「AIスタートアップレポート」販売開始 2017年9月14日 Scrum Ventures LLCサンフランシスコを拠点にベンチャー投資を行うスクラムベンチャーズ(ジェネラルパートナー:宮田 拓弥)は、日本企業向けに、人工知能(Artificial Intelligence, AI)関連スタートアップ174社を網羅した「AIスタートアップレポート」の販売を開始しました。*****現在大きな注目を集めているAI業界は2025年には350億ドルの市場規

2017年10月2日マクロミル★★フィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2017年9月28日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年7月分)

2017年7月 パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万9千台(前年比77.4%)となった。うちデスクトップ:12万台(同83.1%)、ノート型:33万9千台(同75.6%)であった。ノート型比率は73.9%であった。○出荷金額は436億円(前年比85.7%)となった。うちデスクトップ:111億円(同88.2%)、ノート型:325億円(同84.8%)であった。7月は、個人向け・企業向

2017年9月22日AINOW★フィードバック数:0企業情報システム

to B向け人工知能業界マップ2017

HOME/ /【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~ 【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~2017年7月にリリースをし、反響が大きかった人工知能サービスマップ「人工知能サービスマップ2017」。人工知能サービスマップは、人工知能を活用したサービスを分かりやすくマップにまとめたもので、情報収集を行うサポートになるマップです。今もたくさんの方からア

2017年9月21日IC Insightsフィードバック数:0企業情報システム

Most of 2017 Capital Spending Will Go to Foundry and Flash Memory

Most of 2017 Capital Spending Will Go to Foundry and Flash MemoryFollowing a substantial increase in semiconductor capital expenditures during the first half of this year, IC Insights raised its annual semiconductor capex forecast to a record high of

2017年9月18日エン・ジャパン★フィードバック数:0企業情報システム

「AIと事務職」をテーマにアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースAIによって、事務職はなくなるのか?5割の女性が、10~20年以内では代替されないと回答。ー『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果ー AIによって、事務職はなくなるのか?5割の女性が、10~20年以内では代替されないと回答。ー『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長

2017年9月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

故障予知ソリューション動向に関する調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 故障予知ソリューション動向に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の故障予知ソリューションの動向に関する調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年7月2.調査対象:設備機器ベンダー、プラント事業者、ITソリューションベンダ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談ならびに文献調査を併用調査結果サマリー◆製造・保全分野へのAI活用は、慎重さが求められるこれまで、ビッグデータを背景

2017年8月31日DataSignフィードバック数:0企業情報システム

上場企業が利用しているウェブサービスランキングTOP100(2017年8月度)

第1位は『Googleアナリティクスの83%超え』上場企業が利用しているWebサービスランキングTOP100(2017年8月度)「DataSign Report」は、同意管理サービス「webtru」開発の過程で収集しているデータを統計的にまとめたレポートです。レポート作成の背景デジタル・マーケティングにおいて、パーソナルデータ活用により企業活動を促進すべく様々なWebサービスが世界中で提供されています。これらWebサービスは、Google社が提供するGoogleアナリティクス(上場企業3,558

2017年8月30日Appierフィードバック数:0企業情報システム

アジア太平洋地域版クロスデバイス利用動向調査(2016年下半期)

最新のAI、マーケティング、広告インサイトや最適な施策の情報を入手しましょう。 AiDealは「最優秀AI搭載のアナリティクスソリューション」に認定されました AppierはThe Drum Digital Advertising Awards APAC 2020にて高評価を獲得しました Appierは、CB Insightsから2018年版の「AI 100」に選出されました Appierはガートナーによ

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中堅・中小企業におけるストレージ導入の最新動向と今後の施策

2017年 中堅・中小企業におけるストレージ導入の最新動向と今後の施策

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

2017年8月26日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」

Redline Infostealer の進化Redline Infostealer は主にフィッシングメール経由で感染するマルウェアの一種です。BlackBerry が以前公開したRedline に関するブログでは、この脅威がもたらす危険性とその機能について解説を行いました。BlackBerry の最近の調査により、Redline Infostealerのコマンドアンドコントロール (C2) 通信の実現方法に大幅なアップデートがあったことが判明しました。 Magniber ランサムウェアがも

2017年8月26日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Identifies Three Megatrends That Will Drive Digital Business Into the Next Decade

The emerging technologies on the Gartner Inc. Hype Cycle for Emerging Technologies, 2017 reveal three distinct megatrends that will enable businesses to survive and thrive in the digital economy over the next five to 10 years.The Hype Cycle for Emerg

2017年8月16日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占

日経クロステック トップネットワークネット機器 不満足度調査スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占 スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占企業のシステム担当者にとって、ネットワークの構築や更新で頭を悩ますのが、ネットワーク機器の選定。「ほかの企業ではどんな機器を使っているのか」「インテグレーターに薦められたベンダーの製品は評判がいいのか」といったことが気になるだろう。 日経NETWORKでは、企業ネットワークの利用実態を調べるユーザーアンケートを毎年春に実施している。企業でよく使うネットワー

2017年8月14日SHIFTフィードバック数:0企業情報システム

企業のアジャイル開発に関する実態調査

ニュース企業のアジャイル開発に関する実態調査を実施 SHIFT がアジャイル開発に関する実態調査を実施約 7 割の企業がアジャイルを導入~ 識者不足による組織全体への適応が課題 ~ソフトウェアテストの株式会社SHIFT(本社:東京都港区/代表取締役社長:丹下大、東証マザーズ:3697、以下SHIFT)は、システム開発を行うIT関連企業85社(※1)を対象に、「アジャイル開発に関する実態」についてWebアンケート調査(調査期間:2017年4月13日~5月12日)を実施しました。<調査サマリー>調査

2017年8月13日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

エンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測

エンタープライズ・モバイル管理市場は2016年度21.2%増の高成長、2021年度までのCAGRは9.9%の安定した伸びを予測ITRがエンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測を発表 2017年8月3日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のエンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測を発表します。 2016年度の売上金額は117億円、前年度比2

2017年8月13日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 文書データ管理とクラウドやAI活用との関係性に関する調査

2017年 文書データ管理とクラウドやAI活用との関係性に関する調査

2017年8月13日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ユーザ企業が今後導入したいと考えるサーバ機器やサーバサービスの形態

2017年 ユーザ企業が今後導入したいと考えるサーバ機器やサーバサービスの形態

2017年8月10日イノベーション★★フィードバック数:0企業情報システム

IT製品の上半期ランキング

資料請求リストに製品が追加されていません。 2017年上半期、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド上半期ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2017年1月1日~5月31日までの期間の資料請求数をもとに集計しています。 IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。こちらのページでは、2017年上半期(1月~5月)の人気製品ランキングをご紹介してい

2017年8月10日InterSystemsフィードバック数:0企業情報システム

企業はリアルタイムにデータが繋がっていないことで、 ビジネス機会を喪失していることが判明

ニュース世界各国で発表されたニュースを掲載しています @InterSystemsJP/ いよいよ11/30(火)まで📢 物流セミナー🚚オンデマンド配信💻 \ オンラインセミナー「SCM4.0とサプライチェーン全体最適ー物流クライシスからの脱却」の配信は今月末まで🔚 今後の物流DXを加速するためのヒントを先進事… https://t.co/AaxDmFn0P5/ 11/19(金) 共催セミナー開催📢 🏥第41回医療情報学連合大会🏥 \ 医療IT面で先進的な取組みを行う《蒲郡市民病院》様。現場

2017年8月8日アイティメディア★★フィードバック数:0企業情報システム

2017年度IT優先度調査

関連キーワードCEO | コンプライアンス  米ドナルド・トランプ政権は、グローバル産業において標準となっている連邦規制を緩和することを最優先事項にすると発表している。 ただし、TechTargetが実施した「IT Priorities 2017 Survey」(2017年度IT優先度調査)では、大半のコンプライアンスの専門家にとって、規制は依然として最重要事項であることが明らかになった。コンプライアンスとコーポレートガバナンスに従事していると答えた回答者のうち3分の2近くが、2017年に新たな

2017年8月3日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017 保険業界向け

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 保険業界向け」 保険会社の経営幹部は、AIによ

2017年8月2日Teradata★フィードバック数:0企業情報システム

2017年 テラデータ クラウド調査

テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、世界9ヶ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、日本、英国、米国、インド、スペイン、ロシア)の大企業の意思決定権を持つ上級エグゼクティブ(各国100名、計900の回答者)を対象に、クラウド活用に関する調査を実施しました※。グローバルで調査対象の59%が、現在、企業データの全てをクラウドに保管(プライベート・クラウド:24%、ハイブリッド・クラウド:18%、パブリック・クラウド:17%)している一方、全てをオンプレミス(データ・セ

2017年8月2日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査

アバナード、人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査 デジタルおよびクラウドサービスを提供するリーディングプロバイダーであるアバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下「アバナード」)は、人工知能(AI)やロボティクス、拡張ワークフォースなどを活用した業務の自動化に関する企業実態調査を8ヶ国で実施しました。調査結果から、日本の企業経営に携わる大多数のビジネスリーダー(93%)は、5年以内にAIを活用したインテリジェント・オートメーション*を導入しなければ、

2017年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています IoT型センサーシステム数を予測(2017年) ~IoT/ビッグデータ/AI社会実現に向けて、IoT型センサーシステムの普及が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内でのIoT型センサーシステム市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関、ユーザ企業など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mai

2017年7月25日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)活用の最新動向と今後の施策

2017年 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)活用の最新動向と今後の施策

2017年7月24日ITRフィードバック数:0企業情報システム

SaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測

2016年度のSaaS型IDM/IAM市場は30.9%増と高成長、2021年度にかけて2ケタ成長を維持ITRがSaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測を発表 2017年7月13日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSaaS型IDM/IAM*市場規模推移および予測を発表します。 *IDM/IAM:Identity Management/Identity &

2017年7月24日バリュープレスフィードバック数:0企業情報システム

「人工知能に関する情報発信」についてのアンケート調査

検索64.7%が人工知能に関する情報が足りていないと回答。「ValuePress!」はディップと共同で人工知能スタートアップの情報発信を支援します。 「ValuePress!」は、ディップが運営する人工知能スタートアップに特化したアクセラレータプログラム「AI.Accelerator」にPRのパートナー企業として参画します。本発表に合わせて、全国の男女300名を対象に「人工知能に関する情報発信」についてのアンケート調査を実施しました。 広報PR支援の株式会社バリュープレス(所在地:東京都世田谷区

2017年7月24日AINOW★フィードバック数:0企業情報システム

AIサービスマップ 2017 Summer

HOME/ AINOW編集部 /全232サービス!「AIサービスマップ 2017 Summer」9カテゴリ132サービス増加 ~新たな領域での活用に期待~ 全232サービス!「AIサービスマップ 2017 Summer」9カテゴリ132サービス増加 ~新たな領域での活用に期待~最終更新日: 2021年6月30日AINOW編集部のなっぴです。昨年、反響が大きかった人工知能サービスマップ「人工知能サービスマップ2016 Summer」。人工知能サービスマップは、人工知能を活用したサービスを分かりやす

日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかに

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちらピュア・ストレージがグローバル調査を発表-日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかにビジネスクリティカルなワークロードのパブリッククラ

日本企業のデジタル化とCDO

2016年、グローバルでCDO(Chief Digital Officer)を設置している企業は19% PwCネットワークのStrategy&は、グローバルおよび日本のChief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー、以下CDO)に関する調査を行い、『日本企業のデジタル化とCDO』と題するレポートを発行いたしました。CDOはデジタル化に対応するための全社的な変革を担当し、そのミッションは企業の現状を揺り動かし、変革を実現するものです。グローバルおよび日本の調査から

2017年7月19日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中堅・中小企業におけるサーバ導入の最新動向と今後の施策

2017年 中堅・中小企業におけるサーバ導入の最新動向と今後の施策

2017年7月18日Rimini Streetフィードバック数:0企業情報システム

世界中のSAPのライセンシーを対象に行った最新調査

ソリューションニーズ目的・業種・役割別のソリューション サポート対象のソフトウェアビジネス上最重要なアプリケーションのための独立系保守サービス サポートサービス包括的で統一されたサポートサービス お客様 関連資料関連資料ライブラリリミニストリートのコンテンツとオンデマンド配信のオンラインセミナーにアクセスできます 試算ツール潜在的なコストとコスト削減想定額を試算できます。 ブログ新しい情報とインサイトを得て、戦略的な意思決定をしましょう 会社概要会社概要リミニストリー

2017年7月18日Voicebotフィードバック数:0企業情報システム

Amazon Alexa Skill Count Passes 15,000 in the U.S.

Amazon Alexa Skill Count Passes 15,000 in the U.S.on July 2, 2017 at 4:25 pmAmazon Alexa skills in the U.S. passed 15,000 for the first time on June 30, 2017. Voicebot was first to report when Alexa skills came in at 7,000 on January 3rd. Skill count

2017年7月14日コロプラフィードバック数:0企業情報システム

目的別プログラミング言語ランキング2017

プログラミング言語ランキング2017 | 利用目的別では、業務はVisual Basic、研究・学習はC言語、趣味はJavaがトップに!スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,000人を対象に、「プログラミング」について、今までの使用経験や使用言語、1か月以内における目的別使用言語などに関するアンケートを実施しました。 男性の3人に1人はプログラミング経験ありまず、今までにコンピュータでプログラミングをしたことがあるか質問を行いました。(この質問文では「HTMLを書くことはプログラ

2017年7月14日businesswireフィードバック数:0企業情報システム

Robots to Enhance, not Replace Humans in most Jobs

Key findings: 61% of respondents think AI will help society, with only 22% believing change will be negative Future jobs: 30% list job concerns as biggest drawback of AI citing construction, delivery and transportation as being most impacted Health

2017年7月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新レポート――2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能 アクセンチュア最新レポート――2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能2017/07/05【ニ

2017年7月12日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年5月分)

2017年5月 パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は40万1千台(前年比93.4%)となった。うちデスクトップ:10万2千台(同87.9%)、ノート型:29万9千台(同95.4%)であった。ノート型比率は74.6%であった。○出荷金額は373億円(前年比95.0%)となった。うちデスクトップ:93億円(同86.6%)、ノート型:279億円(同98.2%)であった。5月は、企業向けが低調

2017年7月11日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

人工知能技術の市場調査・ビジネス戦略レポート

人工知能技術の市場調査・ビジネス戦略レポートを発売――9月8日に関連セミナー開催(当社メルマガご登録者は抽選で招待) 2017年06月30日■The Business Model Canvasによるビジネスモデルの可視化と、政治・経済・社会・技術の市場トレンドを分析するPEST分析でビジネスモデルや提供価値を可視化。■日本企業の「AIのイメージ認知率」、「導入検討されている業種別AIサービス種類」、「導入目的」――などマーケティングデータも網羅。データ集として利用可能。  MM総研(東京都港区

2017年7月10日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度 国内PCサーバー出荷概況

2016年度 国内PCサーバー出荷概況出荷台数は前年度比6.8%減と3年連続の減少 2017年06月29日■出荷台数は前年度比6.8%減の44万5,688台と3年連続の減少■出荷金額も7年振りの減少、5.2%減の2,456億円■2017年度は台数の減少幅縮小で金額も微減の見通し  MM総研は、2016年度(16年4月~17年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、国内PCサーバーの出荷台数は、前年度比6.8%減の44万5,688台となった。半期別に見ると、上半期は前年同期比1

2017年7月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Boost Your AIQ: Transforming into an AI Business(AIQを磨け:AIビジネスへの変革に向けて)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――人工知能を有効に活用している企業ほど大きな株主価値を生み出す アクセンチュア最新調査――人工知能を有効に活用している企業ほど大きな株主価値を生み出す2017/06/28【ニューヨーク発

2017年7月4日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民との連携が効果的 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民

2017年6月27日CISCOフィードバック数:0企業情報システム

Cisco Visual Networking Index(VNI)

Cisco Visual Networking Index(VNI)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ