調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

MRG Effitas Comparative Assessment of Data Protection/Backup Products on Protection, Performance, and Usability

Independent Lab MRG Effitas Confirms Acronis True Image Leads Competition on Ransomware Protection, Performance and Usability, a UK-based independent IT security research company that provides a range of efficacy assessment and assurance services. Th

2017年4月29日トロンフィードバック数:0企業情報システム

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ- IoT関連機器の組込みOSのAPIでも、TRON系OSがトップ - 〒141-0031東京都品川区西五反田2-12-3 第一誠実ビル9FYRPユビキタス・ネットワーキング研究所内TEL:03-5437-0572(窓口)FAX:03-5437-2399(窓口)E-Mail:office@tron.org

2017年4月29日HPフィードバック数:0企業情報システム

The Internet of Things: Today and Tomorrow(IoTの現在と未来)

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちら確実なビジネス・メリットにより、アジア太平洋地域におけるIoTの採用が2019年までに86%に到達する見込み ~世界20か国の調査により、既にIoTを採用している世界中の企業が

2017年4月27日IBMフィードバック数:0企業情報システム

The experience revolution: Digital disappointment -- why some customers aren't fans

The experience revolution: Digital disappointment -- why some customers aren't fans

2017年4月27日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査

導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用 企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用入力フォームがスマートフォン未対応だと、3人に1人が離脱調査結果サマリー導入検討時のWebでの情報収集は、半数が「スマートフォン」Webサイトで情報収集をする人のうち、スマートフォンを活用することが「非常に多い」と答えた人は19.8%、「比較的多い」と答えた人は28.7%でした。一方、パソコンを活用することが「非常に多い

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年4月26日IPAフィードバック数:0企業情報システム

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュ

2017年4月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

国内PLM市場に関する調査を実施(2017年)

国内PLM市場に関する調査を実施(2017年) ~製造業の設備投資が好調で市場は堅調、デジタライゼーションが新たな事業機会を生むと予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のPLM市場についての調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年3月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<PLMとは>PLM(Product Lifecycle Management)とは、開発・生産からメン

2017年4月24日GfK★フィードバック数:0企業情報システム

企業の情報化投資に関する調査

「企業の情報化投資に関する調査」 - タブレット、スマートフォンの導入率は6割へ GfKジャパン(東京:中野区)は、企業の情報化投資動向を把握するため、全国1,461事業所を対象にインターネット調査※を実施した。調査結果より、携帯情報端末の導入や新しいワークスタイルの導入について発表した。 【概要】・企業におけるタブレット、スマートフォン、フィーチャーフォンの導入率は約6割。・「在宅勤務」などの新しい働き方の増加に伴い、Web接続カメラの導入が増加見込み。 【携帯情報端末の導入状況】全国1

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査、および当社専門研究

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析結果を発表 2017年の国内IT市場におけるLOB(事業部門:Line of Business)によるIT支出は3兆7,697億円で、2015年~2020年の年間平均成長率は3.1%と予測 国内IT市場全体に占めるLOB支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を上回ると予測 LOB支出の割合が高い産業は製造、小売、情報サービス、建設/土木 国内企業では、マーケティングなど、LOBのIT支出が進む業務領域がある一方で、IT部門が標準化を

2017年4月23日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末)

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末) 2017年04月13日■ 会計ソフト利用者の内、クラウド会計ソフトの利用率は13.2%■ クラウド会計ソフトの認知度は16年12月調査より3.8ポイント増の69.5%■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が56.8%、マネーフォワードが19.9%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、個人事業主(1万7,420事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。本調査では

2017年4月20日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ビジネスを成功に導くガートナーのサービス ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。 ミッション・クリティカルなビジ

2017年4月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査

~ 基幹系システムデータのビジネス活用、PaaSニーズが拡大 ~国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査結果を発表 「企業のグローバル展開」「データの活用」がEAソリューション市場の重要な成長要因 2017年以降の製品導入ではIaaS/SaaS に加え、システム連携とデータ活用でPaaS需要が上昇 製造業のデジタル化は、生産情報やルールのデジタル化から、IoTなど多様なIT活用で設計と製造のコラボレーションへと今後数年かけて高度化を図る IT専門調査会社

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場の、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2021年に62%に達する 国内企業の多くがデジタルビジネス売上を成長させるべく、IoTに関連するクラウドプラットフォーム、アナリティクス、導入/運用サービスなどに対する支出を拡大しつつある IoTに関わるROIの算定やセキュリティ対策を事前に予測することは困難。企業の経営者は本番環境でIoT運用する中でそれらを徐々に見極めていく「アジャイル的」な思想が必須に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-47

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談

2017年4月12日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ビジネスを成功に導くガートナーのサービス ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。 ミッション・クリティカルなビジ

2017年4月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

SDNおよびNFVに関する国内市場予測

いずれの領域でも顕著な進展を見せた2016年の国内SDN市場は、355億円規模に成長 ベストプラクティスを得つつあるデータセンターSDN市場は、2021年にかけて年間平均成長率30.2%で成長し、2021年には777億円に 運用管理体制の整備や処理能力の不足といったNFV導入の課題克服には、通信事業者とベンダー双方の積極的な働きかけが必須 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3

2017年4月11日all engineer.jp★フィードバック数:0企業情報システム

「人工知能(AI)」に関するアンケート調査

人工知能(AI)の有望な活用法、製造系エンジニアはどう考える?~現時点で最も実用的なのは「自動運転」(36.3%)。「救助ロボット」に伸びしろを感じるエンジニアも多数~ポイント現時点で最も実用的なAI活用は「自動運転」(36.3%)。「スマート工場」「製品設計の支援」も2割前後が実用的と評価製造系エンジニアの2人に1人、「自動運転」に将来性を感じる 伸びしろがあるAI活用の分野は「救助ロボット」「自動運転」「病気の診断」か 人工知能を活用の製品・サービス、認知度トップ3は「ルンバ」「Google

2017年4月9日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 『破壊的

2017年3月31日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年2月分)

2017年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は58万9千台(前年比114.7%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同113.3%)、ノート型:43万6千台(同115.2%)であった。ノート型比率は74.1%であった。○出荷金額は536億円(前年比114.5%)となった。うちデスクトップ:129億円(同103.1%)、ノート型:406億円(同118.6%)であった。2月は、台

2017年3月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

「企業IT利活用動向調査2017」の速報

国内企業の情報セキュリティ支出は2017年度も拡大の見込み改正個人情報保護法には、駆け込みでの対応が多数派JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2017」の速報結果を発表 2017年3月27日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業653社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査20

2017年3月30日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

供形態別国内予算管理市場規模推移および予測

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 2015年度の予算管理市場は前年度比8.3%増、2016年度は同36.3%増の大幅増提供形態別では、2017年度にはSaaSがパッケージを逆転ITRが提供形態別国内予算管理市場規模推移および予測を発表 2017年3月23日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アー

2017年3月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表 2020年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,422億9,600万円、2015年~2020年の年間平均成長率は10.7%と予測 2016年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の前年比成長率は2.6%、スケールアウトソリューションへのシフトが進む データの急速な増加とデータ活用の重要性の高まりを背景に、拡張性や運用管理の効率性への評価が高まる。データ活用基盤としての将来像を提示した展開が重要となる

2017年3月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績を発表 2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は1,830億5,000万円で前年比8.9%減 オールフラッシュアレイは168億5,900万円で同84.3%増 テクノロジーの変化をビジネス機会に生かす能力がシェアに影響する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-355

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

国内事業者データセンター延床面積は2016年末時点で203万3,540平方メートル。2021年末には220万319平方メートルに達する見込み クラウドサービス向け大規模データセンターの増設が成長要因 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内事業者データセンター(DC)の延床面積を発表しました。これは、ITベンダー、ITサービス事業者、通信事業者、クラウド

2017年3月22日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2017年 ERPリプレース提案で差をつけるための3つのポイント

2017年 ERPリプレース提案で差をつけるための3つのポイント

2017年3月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

PaaS市場規模推移および予測

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 2015年度のPaaS市場は74.4%増と高成長、2020年度は約6倍の市場規模を予測ITRがPaaS市場規模推移および予測を発表 2017年3月14日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国

2017年3月15日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2021年までのITロードマップ チャットボット

2021年までのITロードマップ チャットボット

2017年3月10日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 製造業のIoT投資意向を左右する訴求方法の違いに関する分析

2017年 製造業のIoT投資意向を左右する訴求方法の違いに関する分析

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について [2017年3月1日]マイクロソフトによるアジア地域における調査から、他地域との傾向の違いが明確にPosted by: 岡部 一志コーポレートコミュニケーション本部 本部長マイクロソフトは、この度、アジアの 13 か国・地域※のビジネス

2017年3月3日マカフィーフィードバック数:0企業情報システム

Building Trust in a Cloudy Sky(クラウド環境の信頼性の向上―クラウドの普及度とセキュリティの現状)

McAfee ニュースルームサイバーセキュリティに関する最新のニュースをご覧ください。 年頭のご挨拶多様化する利用環境に適応するサイバーセキュリティを支える企業に2020年1月5日プレス リリースを読む

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体認証など先進技術の

2017年3月1日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年)

フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてフォースフィードバックデバイス世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年1月2.調査対象:フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動IC メーカー、ソフトウェアメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<フォースフィードバックとは>スマートフォンやゲーム機のコントローラ等

2017年2月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内Software-Defined Storage市場予測

2020年の国内Software-Defined Storage市場は758億円、2015年~2020年の年間平均成長率は31.1%と予測 2016年の国内Software-Defined Storage市場は前年比成長率39.8%と高成長 ストレージの調達コストや運用管理コストの削減ニーズに応えるソリューションとして国内市場に普及 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556

2017年2月27日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

2017年2月27日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ERP投資額シミュレーションに基づくソリューション訴求の優先度決定

2017年 ERP投資額シミュレーションに基づくソリューション訴求の優先度決定

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する 高い成長性が期待されるユースケースは、農業フィールド監視、小売店舗内個別リコメンデーション、院内クリニカルケア、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマートアプライアンス 2020年以降もベンダーがIoTビジネスを継続的に成長させるためには、新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携を進

2017年2月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年) ~財務・会計システムでは、オンプレミスからクラウドへのシフトが進む見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、ERPや業務ソフトウェアの導入実態と今後の動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~12月2.調査対象:日本国内の民間企業及び地方自治体等551社・団体3.調査方法:郵送アンケート調査<ER

2017年2月24日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoTソリューション市場展望2016年度版

IoTソリューション市場展望2016年度版IoTソリューション市場展望2016年度版【発 刊】2017年1月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版299頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及

2017年2月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~

ホワイトペーパーITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2017-01かつて多くの企業が、巨大な単一システムで自社ビジネスをグローバル規模で支援する構想を持っていたが、それは夢に終わった。現在必要なことは、ビジネス環境の変化や続々登場する革新的なテクノロジに対して柔軟かつ迅速に適応する企業システムであり、それは多種多様なアプリケーションの集合体となる。このような時代に

2017年2月21日デル★★フィードバック数:0企業情報システム

IT動向調査

デル、中堅企業400社以上を対象にした「IT動向調査」結果と中堅企業向け事業戦略を発表 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:)は、2016年12月~2017年1月にかけて中堅企業の顧客400社以上を対象に実施したITの投資規模、動向や姿勢に関する「IT動向調査」の結果を発表しました。デルは、本調査の結果をもとに、現在の中堅企業を取り巻くIT環境の状況を把握し、中堅企業向けサービスの更なる向上を目指します。「IT動向調査」の結果をもとに、デルは従来は不透

2017年2月21日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本のアプリケーション開発に関する調査

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、日本のアプリケーション開発に関する調査結果を発表 『エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017』(3月16~17日、東京・港区) において、アプリケーション戦略に関する知見を

2017年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2017年)

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2017年) ~マイナンバーに加えて新たな需要を背景に、自治体向けソリューション市場は成長~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自治体向けソリューション市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年11月~2017年1月2. 調査対象:自治体向けソリューション提供事業者、全国の地方自治体等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材・調査、ならびに文献調査を併用<自治体向けソリューションとは>自治体

2017年2月19日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 サーバ環境におけるクラウド/オンプレミスの選択を大きく左右する要因

2017年 サーバ環境におけるクラウド/オンプレミスの選択を大きく左右する要因

企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2017年2月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

HRTechクラウド市場の実態と展望2016年度版

HRTechクラウド市場の実態と展望2016年度版HRTechクラウド市場の実態と展望2016年度版 ~採用管理/人事・配置/労務管理/育成・定着 ~【発 刊】2017年1月5日 【資料体裁・価格】[1]A4版600頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円価格は消費税を含みま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ