調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

年次HPCトレンド調査

[DDNジャパン] ,ストレージ HPC ハイブリッドクラウド フラッシュメモリ DDN トレンド調査 ハイパフォーマンスコンピューティング

2016年11月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

企業のストレージ利用状況に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年7月25日から8月26日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業のストレージ利用状況に関する読者調査」を実施した。企業のストレージ製品、特にSSDなどのフラッシュストレージ導入に関与する会員を対象に調査。その結果からは、企業が導入しているストレージ製品の現状とフラッシュストレージの導入意欲と理由、そしてフラッシュストレージの導入で発生する問題点などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクか

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における運用管理・資産管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における運用管理・資産管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業「文書管理・ファイル管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業「文書管理・ファイル管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2016年10月26日ノークリサーチ★★フィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアとユーザ企業の課題/ニーズ

2016年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアとユーザ企業の課題/ニーズ

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「生産管理システム」の導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業における「生産管理システム」の導入社数シェアとユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ企業が抱える課題

2016年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ企業が抱える課題

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態とユーザ評価

2016年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態とユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「BI・帳票」製品/サービスの活用実態と今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における「BI・帳票」製品/サービスの活用実態と今後のニーズ

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年販社/SIerの「システム構築力」や「保守/サポート」などに関するユーザ評価

2016年販社/SIerの「システム構築力」や「保守/サポート」などに関するユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小市場における販社/SIerの顧客社数シェアと取り扱い商材の関連調査

2016年 中堅・中小市場における販社/SIerの顧客社数シェアと取り扱い商材の関連調査

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年ERP/基幹系システムのクラウド移行につながる機能ニーズに関する調査

2016年ERP/基幹系システムのクラウド移行につながる機能ニーズに関する調査

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小市場におけるIT商材の導入効果と費用に関する調査

2016年 中堅・中小市場におけるIT商材の導入効果と費用に関する調査

2016年10月21日Accentureフィードバック数:0企業情報システム

Majority of Businesses and Economies Are Not Ready for Digital Platforms

Majority of Businesses and Economies Are Not Ready for Digital Platforms, Accenture Research ShowsChina, India and the US to dominate the global platform economy; much of Europe lagsNEW YORK; Sept. 13, 2016 – Research released by Accenture (NYSE: ACN

2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

国内企業のIT予算は堅調に増加 AI、IoTなどの新技術に対する投資意欲も拡大 ― ITRが「IT投資動向調査2017」の結果を発表 ―2016年10月19日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2016年8月から9月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。 2001年の調査開始から16回目を数える今回の調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向、重視するIT戦略などに加えて、全110項目に

2016年10月12日リスク対策.com★★フィードバック数:0企業情報システム

組織の風評被害に対するアンケート調査

2016/10/04組織の風評被害対策 アンケート対応方針やマニュアル整備などに課題 ツイート e-mail 広告表示のない形式で、記事を印刷できます。 クリップ記事やフォロー連載は、マイページでチェック!あなただけのマイページが作れます。 クリップ記事やフォロー連載は、マイページでチェック!あなただけのマイページが作れます。 本誌では、メールマガジン読者者を対象に、組織の風評被害に対するアンケート調査を実施した。その結果、回答者の約15%が風評被害を受けた経験があるとしたが、

2016年10月6日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2016年09月29日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型の利用率は17.2% ■ 設立1年未満の中小企業・団体では、クラウドの利用率が5割超 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が36.6%で首位 ■ クラウド会計ソフトの導入メリットは情報の集約管理とコスト削減  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月29日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等5,015社を対象にWebアンケートを実

2016年9月26日Appier★フィードバック数:0企業情報システム

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire AI企業「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2016年上半期)」の結果を発表Appier、「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2016年上半期)」の結果を発表デバイス間のユーザー行動はより複雑かつ予測困難に■日本のデジタルデバイスユーザーの半数以上が4台以上の端末を利用■その多くは今まで以上に複雑に、かつ各端末を連携させながら使用していることが判明■さらに、利用端末によってオンライン

2016年9月26日Forbesフィードバック数:0企業情報システム

Cloud 100 2016

The Cloud 100 2021

2016年9月9日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

クラウドインフラに関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年6月27日から8月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「クラウドインフラに関する読者調査」を実施した。調査結果からは、パブリッククラウド、プライベートクラウドの導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のクラウドインフラの導入、検討、業務利用の状況について調査するため方法:Webによるアンケ

2016年9月9日厚生労働省★フィードバック数:0企業情報システム

医療機器等における情報化進捗状況調査

平成28年9月2日【照会先】医政局経済課流通指導官 阿部 雅信流通指導官 矢野 健太郎(代表電話) 03-5253-1111(内線2536)(直通電話) 03-3595-2421 報道関係者各位「医療機器等における情報化進捗状況調査」の結果公表 厚生労働省では、(一社)日本医療機器産業連合会と(一社)日本臨床検査薬協会の協力により、医療機器等のバーコード表示状況などを把握するために、「医療機器等における情報化進捗状況調査」を行い、その結果がまとまりましたので概要を公表します。PDFファイ

2016年9月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

Quarterly Report 2016年 夏版(2016年8月)

Quarterly Report 2016年 夏版(2016年8月)

2016年9月6日Tripwireフィードバック数:0企業情報システム

IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > 調査:IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下 調査:IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下オレゴン州ポートランド、2016 年 8 月 25 日 – エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダである Tripwire, Inc.は、Black Hat USA 2016 に参加した 220 人超の情報セキュリティプロフ

2016年9月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

国内ストレッチャブルデバイス市場に関する調査(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内ストレッチャブルデバイス市場に関する調査を実施(2016年) ~「ストレッチャブル」(伸縮性)が、ウェアラブルデバイスの普及促進の鍵へ~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のストレッチャブルデバイス・部材市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年4月~7月2.調査対象:導電性ペーストメーカー、導電性繊維メーカー、回路基板メーカー、機能性素材・ウェアメーカー等3.調査方法:当社専門調査員による直接面談取材をベースに

2016年8月31日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:運用管理市場2016

ITR Market View:運用管理市場2016本レポートの販売は終了いたしました。本レポートは、運用管理市場の全19分野を対象に、国内54ベンダーへの調査に基づいた市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。オープンソースの台頭とクラウドシフトに伴い、運用管理市場は減速傾向運用自動化が2015年度22.3%増の高成長、19分野の中で最も高い伸びSaaS型運用管理は2015年度前年度比55.9%増の大幅な伸び、2016年度も高い伸びを維持 調査ハイ

2016年8月16日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

IT アウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年) ~クラウドの普及によりサービスの多様化が進み、顧客の自由な選択が可能に~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のITアウトソーシングサービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年5月~7月2. 調査対象:コンピューターメーカー、システムインテグレーター(SIer)、データセンター専業者等のITアウトソーシングサービス提供事業者3. 調査方法:当社専

第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

◆パッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は34.0%、会計ソフトのクラウド率は、13.0% ◆法人、個人事業主合わせて最も利用されているクラウド型会計ソフト提供事業者はfreee(40.9%)、これに、弥生(25.5%)、マネーフォワード(13.0%)が続く ◆クラウド型会計ソフトのサービス選定では、全体の8 割超が「簡単」であることを重要視 デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下智之、以下デジタルインファクト)

FinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングFinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査 • ビットコイン取引高は、→ 2016年上半期は約780万ビットコイン (約4,300億円)→ 2016年下半期は約3,000万ビットコイン、2017年には1億5000万ビットコインの取引高になると推定• 取引高トップ3は、① bitFlyer、② BTCボックス、③ QUOINE• 現在の取引の大半は投資目的だが、今後は、利用用途が拡大 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プラン

2016年8月7日ねこじゃらしフィードバック数:0企業情報システム

法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のバックアップ利用状況を分析したレポート

[株式会社ねこじゃらし] ,セキュリティ インターネット トレンド バックアップ 分析 クラウド BCP ランサムウェア IT クラウドバックアップ

2016年8月2日Veeva Systemsフィードバック数:0企業情報システム

Veeva 2016 ペーパーレスTMFサーベイ

業界最大規模のTMF調査で、臨床試験オペレーションにおける大... 業界最大規模のTMF調査で、 臨床試験オペレーションにおける大きな変化が明らかに~ 業界全体が査察への準備体制強化と臨床試験期間の短縮を進める中、 eTMFアプリケーションの使用率も倍増 ~Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、医薬品情報協会(DIA)の年次総会において、治験マスターファイル(TM

2016年8月1日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ハイブリッドクラウドの現状に関するレポート

ハイブリッドクラウドの現状に関するレポート

2016年7月31日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるオンラインストレージサービス活用の動向予測

2016年中堅・中小企業におけるオンラインストレージサービス活用の動向予測

2016年7月30日ネクスウェイフィードバック数:0企業情報システム

IT製品の情報配信機能に関する調査

HOMEニュース&トピックスプロダクトマネージャー向け「IT製品の情報配信機能に関する調査」を実施プロダクトマネージャー向け「IT製品の情報配信機能に関する調査」を実施 ~郵送機能を求めるIT製品は「顧客管理業務」「研究開発業務」「営業管理業務」~2016年7月19日株式会社ネクスウェイ TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 宏昌、以下ネクスウェイ)は、IT製品のプロダクトマネージャーを対象とした「IT製品の情報配信機能に関する調査」を実施しまし

2016年7月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています センサーネットワークシステム数を予測(2016年) ~IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数の拡大を予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内のセンサーネットワークの市場調査を実施した。1.調査期間:2015年9月~2016年6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mail によるヒアリング、

2016年7月25日帝国データバンク★フィードバック数:0企業情報システム

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査

2016/7/14事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査BCP策定、企業の15.5%にとどまる〜 半数超の企業が「地震」を意識、大規模地震の想定地域で高く 〜はじめに近年、地震や台風・豪雨などの自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合の企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。そこで、帝国データバンクは、事業継続計画(BCP)に対す

2016年7月23日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセンス出荷数が234%、導入企業数が167%といずれも高い成

農業IT化の市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場予測 農業IT化の市場規模は、● 2020年に732億円強と予測→ 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展→ 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化の現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど

2016年7月19日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年4月11日から5月12日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する読者調査」を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のサーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入、検討、業務利用の状況について調査するた

2016年7月12日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

SCMの導入状況(2016年・前編)

キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツールの利用状況が明らかになった。 キーマンズネットでは、2016年5月12日〜30日にかけて「SCMの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数368件)。回答者の顔ぶれは、業種別では「IT製品関連・ITサービス業」が38.9%、「電気・電子・OA」が10.3%、それら以外の業種が50.8%、企業規模別では大企業が39.9%、中堅企業が38.3%、中・小企業が21.7%という構成比だった。 前編

2016年7月11日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年6月30日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年5月分)

2016年5月 パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は43万台(前年比83.5%)となった。 うちデスクトップ:11万6千台(同98.9%)、ノート型:31万4千台(同78.9%)であった。 ノート型比率は73.0%であった。○出荷金額は392億円(前年比81.3%)となった。 うちデスクトップ:108億円(同96.2%)、ノート型:284億円(同76.7%)であった。個人向けにおいて低

2016年6月29日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS、ビジネスチャット、オンラインストレージの導入状況(2016年)・前編

社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況(2016年)/前編:IT担当者300人に聞きました キーマンズネット会員308人を対象にアンケート調査を実施した。社内SNSとビジネスチャットの導入状況が明らかになった。 キーマンズネットでは、2016年3月28日〜4月15日にかけて「社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数308人)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の52.3%、情報システム部門が27.5%、

2016年6月24日TOP500.orgフィードバック数:0企業情報システム

New Chinese Supercomputer Named World’s Fastest System on Latest TOP500 List

NewsNew Chinese Supercomputer Named Worlds Fastest System on Latest TOP500 List June 19, 2016 By: TOP500 TeamSystem achieves 93 petaflop/s running LINPACK on Chinese-designed CPUsChina draws Equal to the U.S . in Overall InstallationsFRANKFURT, Germa

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ