調査のチカラ TOP > 分類一覧 > エンタテインメント > 【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析

アジア各都市でのエンタメコンテンツについての調査です。

【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析

【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析■マンガ・アニメは圧倒的に日本、ドラマは依然として韓国のコンテンツが強い ■多くの都市で自国コンテンツ志向が徐々に進行。自国コンテンツが非常に強いのはインド ■香港・台北は日本コンテンツ志向、上海・ホーチミンシティは韓国コンテンツ志向 ■他のASEAN都市の志向はまだら模様。海外コンテンツを徐々に受け入れはじめたジャカルタ2013年5月22日博報堂では、グローバル市場でのマーケティング

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ