調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2018年)

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2018年)

米ドル/円のボックス相場、新興国通貨の急落、景気拡大などを背景に、2018年3月期の市場規模(預り証拠金残高)と口座数は増加、年間取引高は減少 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、国内FX(外国為替証拠金取引)市場の調査を実施し、店頭FX市場の動向、預かり証拠金残高、口座数、年間取引高の推移を明らかにした。1.市場概況①2018年3月期の市場規模(預り証拠金残高)は1兆4,143億円2018年3月期の市場規模(預り証拠金残高)は1兆4,143億2,900万円となり、前年同期

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ