為替好感トップ100

ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100自己資本を強化する「為替換算調整勘定」 首位の三井物産は資源・エネルギーなどの海外事業が巨大 円安の進行で輸出型企業を中心に業績回復の期待が集まる中、利益計上とその累積とは別の経路で、自己資本が増強される企業が増えている。そのカギは「為替換算調整勘定」の改善だ。3カ月で3兆0025億円の改善東洋経済が財務データベースを集計した結果、連結貸借対照表に計上された自己資本の内訳項目である「為替換算調整勘定」の総計は、2012年9月末(第2四半期)は▲14兆0

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ