調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル

ライフスタイル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

withコロナにおける日本人の心理の変化・今後やりたいこと

プレスリリース 消費者の自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」。 自粛期間終了後の3大欲求は「旅行」「外食」「(リアル)ショッピング」、 3大願望は「買い占め・転売がなくなる」「国内生産が増える」「マスク着用・手洗い習慣の定着」サイバーエージェント次世代生活研究所、withコロナにおける日本人の意識の変化について、全国3,094人を対象に意識調査、第2弾を発表 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード47

withコロナにおける日本人の消費行動とメディア行動の変化について

プレスリリース コロナ禍で、消費者の「オンラインショッピング」と「動画配信サービス」・「料理系アプリ」の需要が増加。 withコロナにおける日本人の消費意識とメディア行動の変化を調査~サイバーエージェント次世代生活研究所、全国3,094人を対象に意識調査を実施~ 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はインターネット広告事業における「サイバーエージェント次世代生活研究所」において、withコロナにおける日本人の消費意識とメデ

2020年7月31日4MEEEフィードバック数:0ライフスタイル

【出会いのきっかけ5割強がオンライン】コロナ時代の新しい恋愛様式!

【出会いのきっかけ5割強がオンライン】コロナ時代の新しい恋愛様式! 2020年夏、4MEEE読者のみなさんにご協力いただいたコロナ時代のLOVEアンケートの結果をついに発表いたします!【コロナ時代のLOVEアンケート】結果発表!いつも4MEEE(フォーミー)を読んでくださっているみなさん、ありがとうございます。大好評の読者アンケート企画、第3回目のテーマは『コロナ時代の恋愛事情』について。「自粛ムードの中、どうやってデートしてる?」「コロナ期間で、彼との関係性は変わった?」ライフスタイルも恋愛の

2020年7月30日ソニー生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

コミュニケーションに関する意識調査2020

ニュースリリース(2020年度)コミュニケーションに関する意識調査20202020年7月21日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2020年6月17日~6月19日の3日間、15歳~69歳の男女に対し、「コミュニケーションに関する意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要【コミュニケーションの際に実践していること】 コミュニケーションの際に気をつけていることTO

2020年7月30日カラダノートフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍における健康意識に関する調査

2020. 07. 21 コロナ禍で約5割は血圧意識に変化の兆し高まる健康への意識-中高年世代の健康意識-「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、家族のライフステージごとの意思決定支援サービスを行なう株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営する血圧記録アプリ『血圧ノート』のユーザーを対象に、『コロナ禍における健康意識に関する調査』(調査期間:2020年6月30日〜2020年7月6日)を実施しました。(n=1,762)■ユーザーの半数は、持病なく健康管理

2020年7月29日ONE COMPATHフィードバック数:0ライフスタイル

自分への「ごほうび」に関する意識調査

TOP >コラム >調査レポート >コロナ自粛で頑張った私へのごほうびはやっぱり「スイーツ」6割 月イチ・プチ贅沢が癒やしのカギ? コロナ自粛で頑張った私へのごほうびはやっぱり「スイーツ」6割 月イチ・プチ贅沢が癒やしのカギ? 電子チラシサービス「Shufoo!」、1万人の女性の”ごほうび”意識調査凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼 ※1)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シ

2020年7月29日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

チラシから読み解く新型コロナウイルスの影響(4月)

2020.07.21「チラシから読み解く新型コロナウイルスの影響(4月)」総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。 今回は、いつものレポートとは異なり、新型コロナウイルスの影響で大きく変化したチラシ発行の現状や、その内容の変化について、弊社カバーしているすべてのチェーンのデータからレポートしました。 新型コロナウイルスによって、チラシはどのような影響を受けている

2020年7月29日エイチームフィードバック数:0ライフスタイル

「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する実態調査

Life.2020 / 07 / 21 お墓・霊園探しの「ライフドット」が「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する実態調査を実施 ~親と子供で異なるお墓に対する意識!~ 当社のグループ会社である株式会社エイチームライフスタイル(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:間瀬文雄)は、ライフエンディングの総合サイト「ライフドット(Life.)」において「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する調査を実施しました。■サマリー■納骨先・方法に対する意識の違い親世代は散骨を希望する人が26.4%子世代

2020年7月24日明治安田生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

明治安田生命 コロナ禍における子育て世帯への緊急アンケート調査を実施!

明治安田生命 コロナ禍における子育て世帯への緊急アンケート調査を実施!

2020年7月24日ストライド★フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍でのランニング調査

【コロナ禍でのランニング調査】 マスク着用のランニングで心肺への負担が増大、呼吸困難もスポーツ科学の専門家「マスクランはゆったりとしたペースで」 ~コロナ影響下でランナー増加の中、マスクを着用したランニングの危険性を実験~ 生涯スポーツの普及を目指し、シューズブランド「ALTRA(アルトラ)」を展開する株式会社ストライド(本社:東京都多摩市、代表取締役: 福地孝、以下アルトラ)は、新型コロナウイルスの感染予防のためにマスクを着用したランナーが増加していることを受け、「マスクを着用したランニングの

2020年7月23日養命酒製造フィードバック数:0ライフスタイル

メンタル疲れの原因や症状・サインがある人 “メンタル疲れさん”は全体の75%

養命酒製造株式会社調べ メンタル疲れの原因や症状・サインがあ... 養命酒製造株式会社調べメンタル疲れの原因や症状・サインがある人 “メンタル疲れさん”は全体の75%“メンタル疲れさん”が多いのは40代女性、 断然少ないのは50代男性~メンタル疲れと免疫力に関する調査2020~養命酒製造株式会社は、「メンタル疲れと免疫力」というテーマで、インターネット調査を2020年6月26日~6月29日の4日間で行い、全国の20歳~59歳の男女1,000名の有効回答を回収しました。(調査協力会社:ネット

2020年7月23日日本香堂フィードバック数:0ライフスタイル

『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査

『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査・今年のお盆の過ごし方、「帰省」は37%と、コロナ環境影響か ・ 帰省の自粛派「実家といつもより頻繁に連絡をとる」51% ・ 「お墓参り」は5割超がする意向 ・ ウィズコロナ時代、縮まる「心の距離」が明らかに弊社は新型コロナウイルス感染拡大防止のための移動自粛要請が全国解除されて間もない6月23~24日に、全国の成人男女1,036名を対象とした『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査を実施しま

顧客ロイヤルティの高い推奨者はクレジットカードの月額利用金額が高い

NPS®ベンチマーク調査 2020【クレジットカード】 顧客ロイヤルティの高い推奨者はクレジットカードの月額利用金額が高い2020/7/9NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、クレジットカード業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSのベンチマーク調査を実施しました。有効回答者数は、7,850件でした。 ※NPSのベンチマーク調査を通じて、対象のクレジットカードの利用者が、知人や友人にそのカードを「どのくらいおススメしたいか」と、各クレジットカードの業界内

2020年7月23日RooMooN★フィードバック数:0ライフスタイル

若年層女性の「夏休みの過ごし方」に関する調査

コロナ禍の夏休みは“予算減”、“自粛意識の過ごし方”に変化!女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」が、「若年層女性の夏休みの過ごし方」を調査 RooMooN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:浜内 久乃、以下RooMooN)が運営する、女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project 」は、この度女子大生および女子高生を対象に、「夏休みの過ごし方」に関するアンケート調査を実施しました。 調査サマリー今年の夏休み予算は「10

65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査

65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前より、50%以上が運動量減少を実感全国の緊急事態宣言解除から一ヶ月、日常生活の変化により生じた不調のトップ3は「膝の痛み」「腰痛」「目の疲れ」 オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、65歳から85歳の男女1,000人を対象に、「65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査」をおこないました。本調査では、新型コロナウイルス感

2020年7月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

魚肉加工品の利用に関するアンケート調査(第4回)

魚肉加工品の利用に関するアンケート調査(第4回) ■魚肉加工品が好きな人は全体の7割強。週1回以上食べる人は5割弱。いずれも、高年代層での比率が高い傾向。■直近1年以内に食べた魚肉加工品は「ちくわ」「かまぼこ」が、食べた人の各8割前後、「さつまあげ、つけあげ」「かにかま」「魚肉ソーセージ」「はんぺん」などが各5~6割。地域差がみられる。■魚肉加工品購入時の重視点は「味」「価格」の他、「原材料」「賞味期限・消費期限」「生産国」「量・サイズ、販売単位」などが上位。■魚肉加工品の魅力は「そのまま

2020年7月22日CCCマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

【生活者意識調査】外食には行きたいけれど・・・

【生活者意識調査】外食には行きたいけれど・・・ ~生活者アンケートから見える外食店に望まれること~約6割は感染症拡大前より外食機会は減らす 外食産業は新型コロナウイルス感染症の拡大によって、大きなダメージを受けている産業の一つです。CCCMK総研では、コロナウイルス感染症拡大を受けて、生活者の外食に対する意識がどう変化しているのか注目し、独自調査を実施しました。約4割が新型コロナウイル感染症拡大前の水準、もしくはそれ以上まで外食機会を増やすと回答しています。つまり当面、外食機会を減らすという

2020年7月22日CCCマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

【生活者意識調査】with コロナで変わること

~with コロナ時代における生活者アンケートより~ 新型コロナウイルス感染症の拡大は、私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。リモートワーク、時差出勤、教育環境、ショッピング、食生活…ありとあらゆる分野で様々な変化が生じています。直近では都市部を中心に新型コロナウイルス感染症の感染者数が再び増加する動きを見せており、経済的な動きが活発化してきている一方で、先行き不透明な状況を見せてきています。CCCMK総研では、コロナウイルス感染症が拡大して以降の生活者の意識の変化を把握するため、全国の18

2020年7月22日ロコタビフィードバック数:0ライフスタイル

海外在住者が見た新型コロナによる、町の変化と新しい生活様式

【世界10都市】海外在住者が見た新型コロナによる、町の変化と新しい生活様式【海外調査】 イタリアでは国民に健康的な生活を推奨するため「自転車ボーナス」が発案 株式会社ロコタビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:椎谷豊、以下 当社)は、当社が提供している「ロコタビ」に登録している海外在住者を対象に、新型コロナウイルス感染拡大によって変化した「5月から6月の町の様子」について調査レポートインフォグラフィックを公開致しました。 海外と関わる人の課題を解決する事を目的に運営する「ロコタビ」が今できる

2020年7月21日大東建託フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスによる住まいの意識変化やテレワーク実施状況を調査

HOME企業情報広報活動トピックス2020年新型コロナウイルスによる住まいの意識変化やテレワーク実施状況を調査 新型コロナウイルスによる住まいの意識変化やテレワーク実施状況を調査郊外への引っ越し意向・都心への引っ越し意向、いずれも5.3%と拮抗 大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、6月16日から同22日の期間、全国2,081名を対象に、新型コロナウイルスによる住まいへの意識変化やテレワーク実施状況等についてインターネット調査を行いました。本調査は、新型コロナウイルス

2020年7月21日Kyashフィードバック数:0ライフスタイル

5月と6月の20代、30代の消費動向を調査

6月の消費は増加傾向。オンラインでの決済比率がさらに上昇株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、2020年5月と6月において、当社が運営するウォレットアプリ「Kyash」の使用頻度が高い「Kyash」ユーザー、20代、30代、それぞれ1万名の購買データを元に統計情報として作成し、消費動向調査として公表しました。 ———————調査概要【調査主旨】20代、30代の消費動向の変化を調査(5月と6月の消費動向を比較)【調査対象】2020年5月において使用頻度の高い20、

2020年7月21日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

アフターコロナにおける?動デザイン予報

博報堂⾏動デザイン研究所、「アフターコロナにおける⾏動デザイン予報」を発表『同調』『優越』系欲求が特徴的なソーシャルメディア時代においても ⾃⼰を重視する『安⼼』『充実』系欲求の⾼まりが続く⾒込み株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:⽔島正幸)の専⾨組織・博報堂⾏動デザイン研究所は、昨年発表したデジタル時代の⾏動デザインモデル「PIX ループ™」に関連し、15〜69 歳スマートフォン保有の男⼥1,000 名に対して、「デジタルを活⽤し欲求を満たせる情報を⽇常からうまく引き寄せ“貯めて

2020年7月20日トレンダーズ★フィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の「美容」に関する生活者意識を調査

緊急事態宣言解除後の「美容」に関する生活…緊急事態宣言解除後の「美容」に関する生活者意識を調査 アイテム購入は減少傾向も、約4割がスキンケア意識向上 「マスク焼け」や「メイク崩れ」など新たな悩みも マーケティング事業を展開するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒川涼子、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、緊急事態宣言解除後(6月時点)の「美容」に関する意識・実態を調査いたしました。新型コロナウイルス感染拡大によって、国内で初めて発令された緊急事態宣言。5月25日

食卓を手軽に楽しく演出! 女性が選ぶホットプレートランキング

食卓を手軽に楽しく演出! 女性が選ぶホットプレートランキング | あんふぁんWeb 食卓を手軽に楽しく演出! 女性が選ぶホットプレートランキング 女性が選ぶおすすめの商品やサービスを様々な切り口で調査し、結果をランキングにして発表する「ウーマンリサーチ」。第49回のテーマは、女性が選ぶ「ホットプレート」ランキングです。ホットプレート所有は7割。よく作るものは「お好み焼き」ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「ホットプレート」についての調査を実施。回答者1719人中、ホットプレ

2020年7月20日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイの飲用に関するアンケート調査(第16回)

缶チューハイの飲用に関するアンケート調査(第16回) ■缶チューハイ飲用率は全体の5割弱。アルコール飲用者に占める比率は約65%で、女性や若年層の比率が高い傾向。週1~2日以上飲用者は全体の2割弱、缶チューハイ飲用者の4割弱。■缶チューハイ飲用シーンは「食事中」が飲用者の5割強、「自宅でくつろいでいるとき」「食事のあと」「入浴後」などが各2割前後。■缶チューハイに期待することは「好みのフレーバー」「果汁感を楽しめる」「スッキリ」「甘くない・甘さ控えめ」「価格が安い」「炭酸を楽しめる」などが

2020年7月17日リビタフィードバック数:0ライフスタイル

「暮らしと住まいに関するアンケート調査」

「暮らしと住まいに関するアンケート調査」を実施 Stay Home期間中7割の人がリノベーションや住み替えを考えるという結果に! ― 住まいの希望条件に変化も ― リノベーションとコミュニティづくりで暮らしを豊かにする「場」を生み出している株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役:川島純一)はリノベーション住宅購入検討者・賃貸住宅入居者・オフィスや商業施設利用者などを中心とした267名に対して「暮らしと住まいのアンケート調査」を実施しました。この調査は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を

2020年7月17日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について

新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について 新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について首都圏在住の60代・70代女性はキャッシュレスやインターネット、宅配などのツールを積極的に活用新型コロナウイルスによる影響を受け、地域世代問わず、ライフスタイルにおける未知なる変化が起こりました。今回は60~70代の全国シニア世代の生活変遷へ焦点を当て、コロナ前後の行動や気持ちのコントラストを調査。シニアが自宅でど

2020年7月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%

/ / 【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%キャッシュレス決済を利用していますか?2019年10月の増税に伴って始まったキャッシュレス・ポイント還元事業が、2020年6月いっぱいで終了しました。キャッシュレス化の推進などを目的に、一部対象店舗の利用で、利用額の最大5%が還元されるというもので、期間中は意識的にキャッシュレス決済を利用していた方も多いのではないでしょうか。今回は、全国の男女550名ずつを対象にキャッシュレス決済に

2020年7月17日FJネクストフィードバック数:0ライフスタイル

首都圏 20・30代単身生活者アンケート  単身者が選んだ「住みたい街ランキング2020」

首都圏 20・30代単身生活者アンケート  単身者が選んだ「住みたい街ランキング2020」

2020年7月17日CCCマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

“外出自粛”が、むしろ親子を“密”にする!コロナ禍を経て、4割が「親子関係が円満になった」と回答

TOP >ニュースリリース >【Tアンケート】"外出自粛"が、むしろ親子を"密"にする!コロナ禍を経て、4割が「親子関係が円満になった」と回答ニュースリリース 【Tアンケート】"外出自粛"が、むしろ親子を"密"にする!コロナ禍を経て、4割が「親子関係が円満になった」と回答"外出自粛"が、むしろ親子を"密"にする コロナ禍を経て、4割が「親子関係が円満になった」と回答 ~映画やボードゲーム・カードゲームを通じて「子どもの成長を実感した」との声も~CCC MARKETING HOLDINGS株式会

2020年7月16日ENECHANGEフィードバック数:0ライフスタイル

ENECHANGE

社員の3割が引っ越しを検討 ニューノーマルな働き方「ハイブリッド勤務」の本格導入による変化

2020.07.02 社員の3割が引っ越しを検討 ニューノーマルな働き方「ハイブリッド勤務」の本格導入による変化オンライン会議利用を見込んだ会議室も新設 ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:城口洋平、代表取締役COO:有田一平)は、緊急事態宣言解除後の6月から試験期間としてテレワークを恒久化するとともに出社を組み合わせた働き方へ移行してきましたが、7月1日から「ハイブリッド勤務」制度を本格導入しました。またオフィススペースの約40%を縮小したことに

ネオマーケティング

新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 リサーチ・市場調査ならネオマーケティング リサーチに関する独自調査レポート afterコロナの食料品購買傾向は元に戻る!?新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査 新型コロナウイルスの流行による食生活の変化を徹底調査! afterコロナの食料品購買傾向は元に戻る!?「新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査」今後の食料品購買傾向は、新型コロナウイルスの流行以前に戻る!? 総合マーケティング支援を行

2020年7月16日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

BIGLOBE

withコロナに関する意識調査

プレスルームこれから日本社会は「変化する」9割弱 BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第5弾を発表~今後政治に「ワクチン開発促進」「失業者・休業者支援」「医療関係者への支援」を期待~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に「withコロナに関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第5弾を発表します。本調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は緊急事態

2020年7月16日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ヴァリューズ

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年7月16日ファンケルフィードバック数:0ライフスタイル

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査 20代・30代の約6割が外出自粛にストレスを実感!テレワーク経験者の約9割が今後もテレワークが増えると予想 株式会社ファンケルは、2020年4月7日から5月25日までの緊急事態宣言による外出自粛要請期間中に、週5日以上テレワーク(以下、完全テレワーク)をしていた20代から60代の男女、計500名に「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識や実態を調査しました。本調査の結果、すべての世代の約半数が外出自粛にストレス

自粛解除後の外出意識調査 ?夏休み編?

少人数のオフ会から大規模セミナーまで、豊富なスペースで対応 東京五輪が開催される前提で、祝日の特別シフトが組まれていた2020年の7月。東京五輪自体は延期になりましたが、7月23日から26日は4連休は変わりません。みなさんは、今年の夏休みどのように過ごすご予定ですか? スペースマーケットでは、今年の夏休みの過ごし方について意識調査を実施しました。(調査期間:2020年6月17日〜6月22日 件数:1,637人)【子連れファミリー・学生】夏休みは短い約5割。まだ未定が約3割就学児のお子様がい

新型コロナウイルス生活影響度調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 新型コロナウイルス生活影響度調査(第8回) 2020 / 07 / 06 新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響の把握を目的として、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2500人を対象に「新型コロナウ

2020年7月15日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】

Vol.113 これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】 Vol.113 これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】調査日時:2020年6月17日(水)~6月18日(木) 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、今後の消費は、どのように変化していくのでしょうか。「これからの生活者サーベイ」と題し、生活様式も大きく変わり、今後、生活者がどのように変化していくのかについて、バルクでは、定期的にアンケートを実施し、発表しています。今回は、201

2020年7月15日Retty★フィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査

「せっかくの外食だからXXな体験がしたい!」消費者の外食に求める期待高まる。緊急事態宣言「解除後」現在の外食行動と意識の変化 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也)は、緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査を実施しました。5月25日に全国の緊急事態宣言が解除され1ヶ月以上が経過し、街には少しずつ活気も戻り始めています。一方で、数ヶ月にも及ぶ自粛生活を経て消費者の行動や気持ちに変化が起こっているの

2020年7月15日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

61.0%の男子学生が「夏休みが短縮」という事態に

61.0%の男子学生が「夏休みが短縮」という事態に!それでも65.5%は、集中して夏休みを楽しみたい!と前向き 学生の味方・ギャツビーによる緊急調査!!~10-20代男子学生の2020年の夏休みはどうなる?~ ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開する株式会社マンダムは、10-20代の男子学生203人を対象に、夏休みに関する調査を行いました。新型コロナウイルスの影響で、楽しみにしていた夏の行事が激変すると予測されます。そんな、Withコロナの今年の夏に対する学生たちの考えや過ごし方を探

2020年7月15日VIホールディングフィードバック数:0ライフスタイル

ワーママ1,026人のヘアケア事情を調査

【ワーママ1,026人のヘアケア事情を調査!】あなたのオバ髪対策は大丈夫?若さは"髪"で決まる! 見た目年齢に重要な要素TOP3は『艶のある髪』『ハリのある肌』『手荒れや、シミのない手』 VIホールディング株式会社(本社所在地:岐阜県岐阜市、代表取締役:横井 豊実)は、30代~40代のワーママを対象に、「ワーママのヘアケア」に関するアンケート調査を実施しました。 ふとした時に鏡を見て「老けたな…」と思うことはありませんか?女性なら「いつまでも若くいたい!美しくありたい!」と思うものですが、仕事

2020年7月15日nana musicフィードバック数:0ライフスタイル

自宅での音楽の楽しみ方”に関する調査結果を発表

Stay Homeで、音楽の楽しみ方はどう変化した?“自宅での音楽の楽しみ方”に関する調査結果を発表 ~ 約50%が「自宅で歌う時間が増えた」と回答。4人に1人が、自宅で音楽を楽しむために何らかの機材やグッズを購入したことが明らかに ~ スマホでつながる音楽コラボアプリ「nana」を運営する株式会社nana music(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:文原明臣)は、nanaユーザー601名を対象に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による音楽の楽しみ方の変化について調査を実

2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

2020年7月14日アイランドフィードバック数:0ライフスタイル

withコロナ時代の料理や生活に関する意向調査

「みんなの暮らしを、もっと楽しく、わくわく、心地よく」ライフスタイルメディアカンパニー アイランド株式会社 withコロナ時代の料理や生活に関する意向調査~72%が「暮らしや人生に対する価値観が変わる」、 56%は「料理をする機会が増える」~ ニュースリリースwithコロナ時代の料理や生活に関する意向調査~72%が「暮らしや人生に対する価値観が変わる」、 56%は「料理をする機会が増える」~アイランド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟飯原 理咲)が運営する、日本最大級の料理ブログのポー

新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化

全国男女3,000名調査 「新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化」アンケート報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2020年6月30日「新型コロナウイルス感染拡大前後における生活と意識の変化」新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除から1か月が経過しました。手洗い・うがいの徹底や、マスクの着用や、3密(密集・密接・密閉)を避け、日常生活では人との距離をとる(ソーシャルディスタンス)など、新しい生活様式が浸透しつつあります。そこで今回は、フィール

2020年7月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

家での過ごし方に関するアンケート調査

■今年の3~5月頃の平日の在宅時間が「24時間」は3割弱、専業主婦や無職などで40%台。家で過ごす時間が増えた人は7割弱、女性での比率が高い。男性30代では「変わらない」が他の層より比率が高い。■家ですることが増えたのは「掃除、部屋の片づけ・整理など」「インターネットの閲覧・検索など」「テレビや録画」「動画共有サイト」などが各2割前後。「SNS」「動画共有サイト」「ゲーム」などは若年層での比率が高い傾向。■家で過ごすために購入したのは「インスタント、冷凍食品、レトルトなど」が3割強、「その他食品

2020年7月14日J.D. Powerフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍により三大都市圏で7割の世帯が電気使用増加と回答

コロナ禍により三大都市圏で7割の世帯が電気使用増加と回答 全3エリアで楽天でんきが総合満足度第1位。 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、J.D. パワー 2020年新電力切り替え満足度調査℠の結果を発表した。今回、初めての実施となった当調査は、関東・中部・関西の3地域において1年以内に新電力に申し込みをしたユーザーを対象とし、本年5月に実施した。関東

2020年7月14日スターツ出版フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍によってお金の使い方はどう変わった?

コロナ禍をきっかけに「食料品」「テイクアウト」「お酒」など家での飲食に関わることにお金をかけるようになった人が多かった。子どもがいる人は家での食費がかさんでしまった、と必然的にお金がかかった人が多かったようだけど、子どもがいない人は、「普段よりもおいしいものや体にいい品質のものなどを買うようになった」「テイクアウトやお取り寄せを楽しんだ」「オンライン飲みが増えてお酒の購入頻度が増えた」など、自粛により外食を我慢していた分、家の中での飲食を楽しむために積極的にお金をかけていたよう。また57.7%が

2020年7月14日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査

夫の“家の中の美化意識”は高まる一方、“身だしなみ意識”は低下 特にルーズになってしまった身だしなみは“ニオイケア” 在宅ワーク・外出自粛における夫婦の意識調査 働き⽅改⾰や感染症対策の影響で、在宅ワークを実施するなど「家の中で過ごす」時間が増えています。ミドル男性向けコスメブランド「ルシード」を展開するマンダムは、働く35~49歳の既婚男女444名に「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」に関する調査を実施しましたのでご報告します。 【調査概要】調査⼿法:インターネットリサーチ

2020年7月13日サントリー★★フィードバック数:0ライフスタイル

アジア初!健常人を対象にした「習慣的な水分摂取による健康増進効果」に関する研究を実施

アジア初!健常人を対象にした 「習慣的な水分摂取による健康増進効果」に関する研究を実施。 起床後と就寝前2時間以内の習慣的な水分摂取には、 血圧低下、体温上昇(少なくとも低下抑制)、 腎機能低下抑制、血中老廃物希釈への効果があることを確認。  サントリーグローバルイノベーションセンター(株)が実施した研究、「水分摂取による健康増進効果の検討」により、習慣的に起床後と就寝前2時間以内に水分摂取することには複数の健康増進への効果があることが認められました。この研究は4月20日(月)に、栄養学の分野で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ