グローバル調査です。

図表でみる教育2013

10 October 2019 OECDの新報告書、The Heavy Burden of Obesity – The Economics of Preventionによると、肥満に起因する疾病により、今後30年間にOECD諸国で9000万人以上が死亡し、余命がほぼ3年縮まります。また、肥満とそれに関連する症状により、OECD諸国のGDPは3.3%下落し、1人当たり年間360米ドルという重い負担が個人のしかかっています。 9 October 2019 OECDは本日、国際社会が経済のデジタル

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Pleiades30_normal

図表でみる教育 2013 | OECD東京センター http://t.co/RbgXdRXQC8 via @OECDTokyo

2010.9.8_normal

図表でみる教育 2013 | OECD東京センター http://t.co/RbgXdRXQC8 via @OECDTokyo

Img_2633s_normal

経済危機の中、教育の価値は上がっている ふむ RT OECD東京センター http://t.co/tc1zNCjIKp @OECDTokyoさんから

4e3cc0654c8e24cddb6d7cba69763079_normal

「より教育を受けた人ほど、喫煙者や肥満になりにくい」という事実は、「海賊の減少が地球温暖化の原因」であることと同じくらいに明白だ。  →  http://t.co/4eIhjMwf6A @OECDTokyo ……大丈夫かOECD?

Default_profile_2_normal

経済危機の中、教育の価値は上がっている http://t.co/cVtod6tE52 教育格差が、経済格差につながっているという状態は、貧困から抜け出すのが難しいという状態だと思う。 #npuh

B604a520bd17b6a79895684a2b3cd932_normal

OECD東京センター  経済危機の中、教育の価値は上がっているhttp://t.co/HhELNd732e @OECDTokyoさんから

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ