調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究報告書

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究報告書

辻哲夫客員研究員のコラムが月刊「Wedge」8月号に掲載されました辻哲夫客員研究員の「増加する高齢者と医療需要地域一帯在宅ケアで解決を」コラムが、月刊「Wedge」8月号『あなたの知らない東京問題-膨張続ける都市の未来‐』に掲載されました。フレイル予防活動を推進する東大IOG発案のコンテンツ紹介➀「フレイル予防を軸とする住民主体活動推進マニュアル」 2019年度-2020年度 日本医療研究開発機構・長寿科学研究開発事業「「地域高齢者のエンパワメントによるフレイル予防推進と健康長寿のまちづくり」の

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ