調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える

東京での流行状況です。

ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える

ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える平成26年7月17日福祉保健局 毎年夏に流行する子供の感染症であるヘルパンギーナ、手足口病及び咽頭結膜熱(プール熱)の患者報告数が増加しています。特にヘルパンギーナについては、都内の小児科定点医療機関からの第28週(7月7日〜13日)における患者報告数が、都の警報基準を超え、大きな流行となっています。ヘルパンギーナの患者の約95%は、6歳以下の小児となっています(うち半数以上が2歳以下)。家庭での手洗いの習慣づけや保育所、幼稚園、学校などでの感染予防の

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ