調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル

ライフスタイル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月28日Clearフィードバック数:0ライフスタイル

日本酒の飲用に関する消費者動向調査

日本酒を週4日以上飲む20〜30代の「日本酒女子」が急増!男性は家でひとり飲み、女性は外でひとり飲み傾向 ― 日本酒専門WEBメディアSAKETIMES消費者動向調査 日本酒に特化した事業を行う株式会社Clear(所在地:東京都渋谷区代官山町3-13、代表取締役:生駒龍史、以下「当社」)は日本酒を飲用する成人男女2,014名に「日本酒の飲用に関する消費者動向調査」を行いました。調査の結果、日本酒を週4日以上飲む20〜30代の「日本酒女子」が急増していることが判明しました。 株式会社Clear

2019年2月27日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「乳酸菌」に関する調査

2019.02.20「乳酸菌」に関する調査結果乳酸菌にはたくさんの種類があります。数年前から話題になった乳酸菌入りチョコレートや、冬から春先にかけて毎年話題になる乳酸菌。様々な効果を期待される乳酸菌が多くあります。生活者は乳酸菌をどのようにとらえ、どれくらい摂取しているのかなど調査しました。調査サマリ乳酸菌摂取率、20代は63.1%、60代は81.4%。上の年代ほど摂取率が高い傾向がある乳酸菌入りお菓子を週3-4日以上喫食する人は、男性で45.8%となり、女性よりも多い乳酸菌摂取時に重視すること

2019年2月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回) ■2018年の生活に満足できた人は全体の5割強、女性での比率が高い。男性30~50代では満足できなかった人が各6割と高い。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱、男性30代での比率が低い。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の4割弱、「収入が少ない・減った」「出費がかさむことがあった・支出が多かった」が各2割。■経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目は「食料

2019年2月27日ハツーモフィードバック数:0ライフスタイル

男性上司の薄毛に関するアンケート調査

内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。 【掲載メディア実績】朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数 薄毛上司が恋愛対象になる女性はたった25%! ~薄毛男性の上司は女性部下から、どう見られているのか?~男性にとって、薄毛はに繋がります。ストレス社会や少子高齢化で、ハゲや薄毛男性は増加する一方です。女性の社会進出は当たり前となった今、職場ではどこも女性社員が多

2019年2月26日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

「お酒の種類別の飲む頻度」に関する調査

>> 日本人はビール好き! 83.9%が月に1回以上飲んでいる ~女性、若年層には「サワー/チューハイ」、シニアには「ビール」が人気~2019-02-172019-02-17 ・「ビール」が最もよく飲まれているアルコール。83.9%が月1回以上ビールを飲む・「サワー/チューハイ」「ワイン」「カクテル」は男性よりも女性に人気・若い世代は「サワー/チューハイ」、シニア層には「ビール」が人気 ワインバザールが先日公開したレポート「4人に1人が「まったく飲まない」。日本人のアルコール離れは進んでいる?」

2019年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

スープ・汁物に関するアンケート調査(第3回)

スープ・汁物に関するアンケート調査(第3回) ■好きなスープ・汁物は「味噌汁」「豚汁、けんちん汁」が各7~8割、「コーンスープ(洋風)」が5割強、「クリームシチュー」「ビーフシチュー」「お吸い物」「たまごスープ」「ポタージュ」が各40%台。■スープ・汁物を毎日1回以上食べる人は全体の4割強。飲食場面は「夕食」がスープ・汁物飲食者の約75%、「朝食」「昼食」「温かいものが食べたい」が各3~4割。食べる理由は「スープ・汁物が好き」が、スープ・汁物飲食者の5割弱、「体が温まる」「野菜をたくさん食

2019年2月26日バザールフィードバック数:0ライフスタイル

「お酒を飲む頻度」に関する調査

4人に1人が「まったく飲まない」。日本人のアルコール離れは進んでいる? 若い世代は特に顕著に株式会社バザールが運営するワイン情報サイト「ワインバザール」は、20歳以上の男女6553人を対象に、「お酒を飲む頻度」に関する調査を実施。ワインバザールにて調査レポート()を公開しました。【調査のポイント】59.8%が「月に1回以上お酒を飲む」、24.7%は「まったく飲まない」「毎日飲む」男性26.5%、「まったく飲まない」女性31.2%「毎日飲む」60歳以上で28.5%、20代は10.6%【調査詳細】日

2019年2月25日夢の街創造委員会フィードバック数:0ライフスタイル

体調不良の時の食事の準備に関する調査

体調不良の時に困ることは!?「食事の準備」や「食材の買い物」など食事にまつわる家事が上位に 体調不良時の食事は「うどん」や「おかゆ」などの定番メニュー 出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、出前館会員を対象に体調不良の時の食事の準備に関する調査を行いましたので、その結果を報告いたします。 <調査結果サマリ>1. 体調不良の実態● 体調を崩しやすい時期体調を崩しやすい時期は、風邪やインフルエンザの流行る12月~2月に回答が集中する結果となりました。1位 1月(42.3%)

2019年2月22日インサイトテック★フィードバック数:0ライフスタイル

「スマホ決済への不満」 実態調査

「スマホ決済への不満」 実態調査

2019年2月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーターの飲用に関するアンケート調査(第9回)

ミネラルウォーターの飲用に関するアンケート調査(第9回) ■ミネラルウォーター飲用者は全体の7割弱。ミネラルウォーター飲用者に占める週1回以上飲用者は4割弱。アルカリイオンの水主飲用者、コントレックス主飲用者などでは、飲用頻度が高い傾向。■ミネラルウォーターの飲用場面は「のどが渇いた時」が飲用者の4割強、「水分補給」が3割強、「お風呂上がり」「起床時」「仕事・勉強・家事の合間」「寝る前」などが各2割。飲用頻度が高い層では「のどが渇いた時」「起床時」「お風呂上がり」が上位3位。■ミネタルウォ

疲労対策に関する調査

全国の20歳以上の男女1000人に聞いた「疲労対策に関する調査」 現代人の疲れの最大の原因は「睡眠不足」!!疲れに効きそうだと思うものはやっぱりビタミンC!?イメージしやすい身近な栄養素や食品が購入されやすい? 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2019年1月15日(火)~2019年1月16日(水)の2日間、全国の20歳以上の男女1000名を対象に「疲労対策」をテーマにした

2019年2月21日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コインランドリーに関するアンケート調査

■直近1年間コインランドリー利用者は全体の2割、利用経験者は6割。利用頻度は「年1~2回」がボリュームゾーン。利用者に占める月1回以上利用者は2割強。男性や若年層での比率が高い傾向。利用時間帯は「平日・午前中」「休日・午前中」がボリュームゾーン。■利用場面は「毛布やシーツ、カーテンなど大物を洗う」が、直近1年間利用者の6割弱、「乾燥機を使いたい」が3割強、「自宅では洗いにくいもの」「洗濯物の量が多い」が各1割強。利用時の重視点は「アクセスの良さ」が直近1年間利用者の7割強、「料金」が4割強、「駐

2019年2月21日ウルクスフィードバック数:0ライフスタイル

薄毛に関するアンケート調査

薄毛進行前の人は悲観的!?”薄毛が気になり始めた”人は「正直、薄毛治療が不可能だと思っている」率が約3割。 20代~50代の男女219名に薄毛に関する意識調査。 WEBメディア事業を展開する株式会社ウルクス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:小田 憲之)は、口コミ評判メディア【育毛剤ナビ】(https://ikumou-hair.jp/ )にて、薄毛に関するアンケート調査(20代~50代男女219名が回答)の結果を発表しました。 「薄毛」は、男女ともに抱える毛の悩みです。実際にどれぐらいの

2019年2月20日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

豆腐に関するアンケート調査(第3回)

■豆腐を食べる頻度は「週2~3回」「週1回」がボリュームゾーン。週1回以上食べる人が7割強。豆腐を食べる場面は「夕食」が、豆腐を食べる人の9割弱、「朝食」「昼食」「暑い」「お酒のおつまみ」「さっぱりしたものが食べたい」などが2割弱。■普段食べる豆腐関連食品は「油揚げ(薄揚げ)」「厚揚げ(生揚げ豆腐)」が全体の各60%台、「がんもどき」が3割強。■豆腐を食べる人が好きな豆腐料理は、「冷奴」が7割強、「麻婆豆腐」が6割弱、「揚げ出し豆腐」「湯豆腐」「豆腐のみそ汁」「すき焼き」が各4割強。よく食べる豆

ミレニアル世代と親世代、「住まいと暮らし」の価値観を調査

ミレニアル世代と親世代、「住まいと暮らし」の価値観を調査2019年2月19日各位株式会社ジャパンネット銀行住まいを「モノ」ではなく「コト」として楽しむ若者たち 「アドレスホッピング」「デュアルライフ」など新しい暮らし方への関心も 「パートナーはいらない・同居を望まない」ミレニアル世代も約3割に!株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、このたび、ミレニアル世代およびその親世代を対象とした、「住まいと暮らし」に関する意識・実態調査を行い

2019年2月19日ロッテフィードバック数:0ライフスタイル

受験期の健康に関する調査

受験生の親に聞いた「受験期の健康に関する意識調査」約8割の親が「腸内環境の改善が健康につながる」と回答するも、自分自身の腸内環境改善のために具体的な行動を日常的に実施しているのは2割強8割弱の親が「子どもが受験生になってから悩むことが増えた」と回答 お悩み1位は「子どもの成績の伸び悩み」母親は「子どもの健康」が1位に 株式会社ロッテのチョコレートブランド「乳酸菌ショコラ」は、大学受験シーズンに向け、受験生の親400名を対象に、インターネットによる『受験期の健康に関する意識調査』を実施いたしました

2019年2月15日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

食のジャンルに関するアンケート調査(第4回)

食のジャンルに関するアンケート調査(第4回) ■好きな料理のジャンルは「和食」8割強、「洋食」「中華料理」「イタリア料理」が各5~6割、「B級グルメ」「ジャンクフード」「フランス料理」「韓国料理」が各2~3割。「イタリア料理」「韓国料理」「洋食」などは、女性での比率が高い。■最も好きな料理のジャンルのイメージは、和食は「季節感」「庶民的」「ヘルシー」「伝統的」が各4~5割、洋食は「庶民的」「気軽」が各6割弱、中華料理は「庶民的」「気軽」が各4~5割。フランス料理は「高級」、韓国料理やタイ料

2019年2月15日脱毛ニーナ編集部フィードバック数:0ライフスタイル

「脱毛のお手入れ時期」に関する調査

冬シーズンの脱毛ケア、1ヶ月以上も脱毛しないが普通?!脱毛の... 冬シーズンの脱毛ケア、1ヶ月以上も脱毛しないが普通?! 脱毛のお手入れ時期に関するアンケート脱毛に関するノウハウサイト『NII-NA[ニーナ]』を運営するNII-NA編集部では、女性135名を対象に「脱毛のお手入れ時期」に関する調査を実施しました。冬シーズンの脱毛期間や、脱毛を怠ったことによるエピソードを多数、公開しています。「脱毛のお手入れ時期」に関するアンケート■「脱毛のお手入れ時期」に関するアンケート<調査内容>年間

2019年2月15日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ショッピングモールに関するアンケート調査(第4回)

ショッピングモールに関するアンケート調査(第4回) ■ショッピングモール利用頻度は「数ヶ月に1回以下」が4割強でボリュームゾーン。月1回以上利用者は全体の5割、女性や若年層での比率が高い傾向。一人で行く人は、直近1年間利用者の5割弱。■直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」が各6~7割、「婦人服」「書籍、雑誌、CD・DVD・BD」「靴、財布、かばん」などが各2割。利用ショップ・サービスは「スーパーマーケット」が約65%、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」

2019年2月15日ビースタイルフィードバック数:0ライフスタイル

働く主婦が経験した身体の症状で、仕事の生産性を著しく下げるのは?

働く主婦が経験した身体の症状で、仕事の生産性を著しく下げるのは?「頭痛」71.6% 仕事中に悩んだことがある身体の症状「肩・首こり」:73.3%~しゅふJOB総研調査~主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『身体の症状と生産性』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。(有効回答数528件) ■調査結果概要1.仕事中に悩まされたことがある身体面の症状「肩・首

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

歯ブラシに関するアンケート調査(第4回)

歯ブラシに関するアンケート調査(第4回) ■歯磨きをする回数は1日「2回」が5割弱。歯のお手入れの際「歯ブラシ」使用者が9割弱、「歯磨き粉」が6割弱、「歯間ブラシ」「デンタルフロス、糸ようじ」「マウスウォッシュ」が各3割。■歯ブラシ選定時の重視点は「毛先の固さ」が使用者の5割強、「ヘッドの大きさ」「価格」が各4割弱、「毛先の形状」「歯ブラシの柄の形・持ちやすさ」が各20%台。「ヘッドの大きさ」などは、女性での比率が高い。■電動歯ブラシ・音波・超音波歯ブラシ使用者は全体の2割強。選定時の重視

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

イマドキの生活必需品に関するアンケート調査(第3回)

イマドキの生活必需品に関するアンケート調査(第3回) ■生活充実度は、現在約65%、5年後6割弱。現在充実している人は女性や60・70代で高く、男性30・40代で低い。■生活必需品(モノ)は「冷蔵庫」が7割強、「パソコン」「電子レンジ」「エアコン」「炊飯器」「インターネット」「スマートフォン」「テレビ」などが各5~6割。過去調査と比べ「冷蔵庫」「電子レンジ」「エアコン」「スマートフォン」などが増加、「パソコン」「自家用車」「新聞」「固定電話」「携帯電話」などが減少傾向。■生活必需品(サービ

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニコーヒーに関するアンケート調査(第6回)

コンビニコーヒーに関するアンケート調査(第6回) ■コンビニエンスストア利用者のうち、コンビニコーヒー直近1年以内購入者は6割。週1回以上購入者は全体の2割強、直近1年間購入者の4割弱。「セブンイレブン」での購入者が直近1年以内購入者の7割強、過去調査と比べ「ローソン」が増加傾向。■コンビニコーヒー購入理由は「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」が直近1年間購入者の各4~5割、「味が本格的」「できたてが飲める」などが各3割弱。購入時の重視

2019年2月14日RABOフィードバック数:0ライフスタイル

『猫様との生活』調査

Catlog(キャトログ)を展開するRABO、『猫様との生活』調査を実施。多くの飼い主が頻度高く猫様をお留守番をさせており、留守中の様子が気になりつつも、対策を打てていない現状が明らかに。 「週1日以上、猫様がお留守番をしている」71%、「毎日お留守番」も29%。一方57%が「留守番対策をしていない」。エリアや飼育頭数・猫様の年齢などによる、留守番状況や見守り状況に違いが見られました。 「猫の生活をテクノロジーで見守る。」Catlog(キャトログ https://rabo.cat/catlog)

2019年2月13日ザ・フォウルビフィードバック数:0ライフスタイル

「乾燥」に関する意識調査

【あなたのケアにお肌は満足していない!?】自宅で行うケアで満足な結果が得られなかった経験のある女性は78.1%もいることが判明!今のあなたに最も必要なケアは「乾燥」?それとも・・・? 「ジェイエステティック」の「フェイス&デコルテ」で​乾燥やお顔の冷え性改善を 脱毛・フェイシャルエステ・痩身エステの「ジェイエステティック」は、全国20代~40代の女性に、「乾燥」に関する意識調査を行いました。寒さの厳しいこの冬の乾燥ケアについて、現代の若い女性はどのようなケアをしているのでしょうか。 今年は暖冬だ

2019年2月13日銀座矯正歯科フィードバック数:0ライフスタイル

写真写りに関する意識調査

#顔がインスタ映えしない?若者の7割以上が「写真を撮られることが苦手」と感じていることが判明!その理由とは・・・? 目立たない裏側矯正、その治療の速さを追求する。 ”医療法人社団真美会 銀座矯正歯科”は、全国20代~30代の男女に「写真写りに関する意識調査」を実施し、『インスタ映え』や『フォトジェニック』などの言葉が流行っている中で、皆さんの写真写りへの意識について調査致しました。 2012年10月6日にInstagramのiPhoneアプリがリリースされて以降、「インスタ映え」や「フォトジェ

「スメハラ」に関する意識調査

バレンタイン目前!OLに聞く、「男性の絶対許せない所」ダントツ第1位は○○という意外な結果に… セクハラ、パワハラ、スメハラ・・・とハラスメントがキーワードの昨今。一体、女性たちは何のハラスメントに嫌悪を抱いているのでしょうか? バレンタインを間近に控え、世の中の男性たちはソワソワし始めるのではないのでしょうか。しかし、女性が男性を見る目は時代の変化と共に様々なものに移り変わり、それに対応しようとすると男性はとても大変ですね。しかし女性は「これだけは絶対に嫌!」という、"最も許せない男性の嫌な部

女子中高生のファッションとショッピングに関する調査

【プリキャンティーンズラボ byGMO】「女子中高生のファッションとショッピングに関する調査」 ~『パパのおさがり』を着たことある子が約3割にのぼることが判明! ファッションアイテムの購入金額は1回あたり平均4,486円~ 2019年1月31日報道関係各位GMOメディア株式会社===============================================================10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」「女子中高生のファッションとショッピ

2019年2月8日アイペット損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

ペットに関する支出調査

【ペット保険のアイペット】ペットの病気やケガの診療費は、想定... 【ペット保険のアイペット】 ペットの病気やケガの診療費は、想定していたよりも高額!? 約4割のペット飼育者が想定以上にお金がかかったと回答 ~ペットに関する支出調査~ アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山村鉄平、以下「アイペット」)は、犬・猫(以下、「ペット」)の飼育者1,085名を対象に、昨年(2018年)の「ペットに関する支出調査」を実施いたしました。【調査結果】 ・2018年における、ペット関

2018年12月度一般用医薬品薬効別ランキング

インバウンドの堅調な売上が貢献し、市場全体も活況 売れ筋の目薬、最近の傾向は? 2018年12月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング 株式会社アンテリオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢、以下アンテリオ)は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2018年12月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。1.前年比3か月連続のプラス。過去4年の12月で最も高い販売金額を記録 「一般医薬品(OTC)市場の販売金額推移」12月のOTC関連薬市場の販売

2019年2月5日第一三共ヘルスケアフィードバック数:0ライフスタイル

家事と、手荒れに関するアンケート調査

女性1,000名に調査!家事に対する男性への本音、手荒れのお... 女性1,000名に調査!家事に対する男性への本音、 手荒れのお悩みに関するアンケート結果を公開第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、20代~50代の女性を対象に、家事と、手荒れに関するアンケート調査(以下「当調査」)を実施しました。【図1】パートナー(夫・恋人)と同居している、女性の家事担当割合当調査の結果、平日では6割以上の女性がほとんどの家事(9割~10割)を担当している一方、休日では年代が若くなるほど、

2019年2月4日アラン・プロダクツフィードバック数:0ライフスタイル

薄毛に関する調査

『70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔』~ヘアラボ×育毛剤... 『70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔』 ~ヘアラボ×育毛剤売り上げNo.1メーカーによる 1,139人への大規模共同調査を実施~株式会社アラン・プロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:花房 弘也)が運営する髪の悩みの総合メディア「ヘアラボ」は、ヘアラボ会員1,139人を対象に薄毛に関する調査を行いました。その結果、薄毛で悩んでいる男女の70%以上が、薄毛対策は予防としてやるべきだと回答。なお、本調査は「チャップ

2019年2月4日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

鯖(さば)に関する調査

鯖(さば)調査 ぐるなび総研 2018年「今年の一皿®」は 鯖(さば)鯖が好きな人は9割 ブランド鯖認知度No.1は“関さば”株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、株式会社ぐるなび総研(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:滝久雄 以下、ぐるなび総研)がその年の日本の世相を反映し象徴する食として発表する2018年「今年の一皿」に、「鯖(さば)」が選ばれたことをうけ、鯖(さば)に関する調査を実施しました。詳細は以下の通りです。■ポイント■①鯖料理が

2019年2月1日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

外食市場調査(2018年12月度)

外食市場調査(2018年12月度)

2019年2月1日パナソニックフィードバック数:0ライフスタイル

子育て世帯における冬場の生活実態調査

<子育て世帯における冬場の生活実態調査>子育て世帯の母親のうち6割が「湯冷めママ」!?“体の冷え”が「快眠」の妨げに…… ~ 入浴後も家事・育児に追われる親は9割以上、親の約半数が「快眠できていない」 / 快眠のポイントはリビング・寝室での「暖房の利用」と「室温コントロール」~パナソニック株式会社は、0歳~8歳までの子どもを持つ25歳~40歳の男女426名を対象に、子育て世帯における冬場の生活実態調査を株式会社オールアバウトの協力のもと実施しました。本調査では、現代の子育て世帯においては多くの

「免疫チェックポイント阻害剤」治療に関するWEBアンケート

肺がん治療を行う全国の医師に調査 「免疫チェックポイント阻害剤」 治療選択の実態 1次治療で患者へ複数の治療選択肢を提示しているのは21% より良い治療のために必要な選択・サポートとは 株式会社アンテリオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢)は2018年8月、全国の100床以上の病院で肺がん治療を行っている医師を対象に、「免疫チェックポイント阻害剤(※1)」治療に関するWEBアンケートを実施しました。免疫チェックポイント阻害剤は、新しい効能・効果が追加され、診療ガイドラインが更新さ

2019年2月1日スターツ出版フィードバック数:0ライフスタイル

冬の健康の悩みと温活に関する意識調査

・外に出ることが多い仕事柄、温かい物ばかり飲んではいられないので、夜だけは温かいお茶と朝は白湯を飲んでいます。そうめんなど冷たい食べ物にも生姜を下ろしたものを入れたりしてチョコチョコ温活っぽいことしてます。(mamonekoさん) ・夏でも必ず靴下を履いて寝てます。あとは夏だと逆に冷房が効いて寒いことがあるから、いつもスカーフを膝掛けがわりに持ち歩いてる。(けんらんさん) ・白湯を飲むっていいみたいですね。ついついお茶にしちゃうんですが、飲もうって思いました。(さくっこさん) ・夏は冷房で体が冷

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

口臭対策に関するアンケート調査

■他人のにおいで気になるものは「口臭」「体臭」が各6割強、「たばこ」「加齢臭」「ワキ」「香水」「汗」「足先や靴、靴下」などが各4~5割。■自分の口臭が気になる人は全体の5割弱。男性60・70代では、気にならない人が多い傾向。他人の口臭が気になる人は全体の7割弱、女性30~40代で高く、男性10・20代で低い。■自分の口臭が気になる場面は「他の人と会話」が全体の5割強、「匂いが強い物を食べた後」「他の人の口臭が気になるとき」「起床時」「口の中が乾燥している・ねばついている」などが各2割。■口臭対策

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回)

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回) ■お酒飲用者は全体の7割強、過去調査より減少傾向。週1日以上飲用者は5割強。好きなお酒は「ビール」がお酒飲用者の約65%、「サワー、チューハイ」「ワイン」が4割弱。女性20~40代では「サワー、チューハイ」が1位。最初の一杯が「ビール」の人は、お酒飲用者の5割強。■お酒を一人で飲む人はお酒飲用者の6割弱、男性での比率が高い。一緒に飲む人は、「配偶者(夫・妻)」「友人(同性同士)」が各3~4割。過去調査と比べ「配偶者(夫・妻)」が減少傾向。■お酒を

ナッツに関する消費者調査

日本人から最も愛されているナッツは「アーモンド」認知・話題・... 日本人から最も愛されているナッツは「アーモンド」 認知・話題・理解・喫食のいずれもトップに!カリフォルニア・アーモンド協会 ナッツに関する消費者調査を実施世界最大のアーモンド生産地である米国カリフォルニア州の約 6,800のアーモンド生産農家ならびに100を超える製造加工業者で組織される「カリフォルニア・アーモンド協会」(本拠地:米国カリフォルニア州モデスト)では、本日、世界の主要マーケットを対象に実施しているナッツに関す

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

肌の乾燥対策に関するアンケート調査(第4回)

肌の乾燥対策に関するアンケート調査(第4回) ■「肌がカサカサする」が全体の5割弱、「肌にかゆみがある、むずむずする」「表面が粉を吹く」「つっぱる」「ひび割れる」が各2割強。一年を通じて乾燥肌の層では「カサカサする」「つっぱる」「表面が粉を吹く」などの比率が高い。■乾燥肌の自覚がある人は全体の7割強、男性6割弱、女性9割弱。「一年を通じて自覚がある」は2割弱、「季節により」が5割強。乾燥を感じるのは「くちびる」「手」「かかと、足の裏」「口まわり」「足のすね」などが各3~4割。■肌の乾燥対策

生活習慣・トクホ飲料の飲用に関する調査報告

健康のために新年から「生活習慣を改めたい」人は54.7%で半数以上。 気になる生活習慣は「運動不足が最多」~「生活習慣・トクホ飲料の飲用に関するアンケート調査報告」~報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2019年1月18日健康のために新年から「生活習慣を改めたい」人は、~「生活習慣・トクホ飲料の飲用に関する調査報告」~[調査結果のポイント] ・健康のため新年から「生活習慣を改めたい」と思う方は%で半数以上。 ・自身の生活習慣で気になることは、「運動不足の生活」が%でもっ

2019年1月30日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2018年度「企業の睡眠負債」実態調査

【2018年度「企業の睡眠負債」実態調査】ビジネスパーソンの働き方に起因する3大睡眠課題が判明、7割以上が自身の睡眠に不満、働き盛りの女性の睡眠課題大 日中の眠気の悩みは深刻、6割近くが生産性低下に影響と回答30代の働く女性9割が睡眠に不満、家庭の分担未だ変わらず睡眠にしわ寄せか テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech(スリープテック)事業を展開する株式会社ニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表取締役:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、都内日勤企業を中心に会社員5

2019年1月30日萬祥フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症の対策に関する意識調査

国民病である花粉症が悩ませるのは「症状」ではなく「副作用」!?クスリの副作用により仕事に支障をきたした経験がある方は49.5%と判明。医療従事者や運送業に従事する方はクスリの服用にためらいも・・・。 【花粉症】クスリのつらい副作用にさようなら~花粉からあなたを守る~ 萬祥株式会社は、全国20代~60代男女に「花粉症の対策に関する意識調査」を実施し、国民病といっても過言ではない花粉症における対策方法、また、仕事への影響について調査しました。 日本人の約4割が花粉症と言われている程、花粉症の症状には

2019年1月30日明治フィードバック数:0ライフスタイル

日本とフランスでスイーツの代表・チョコレートの嗜好調査

明治ザ・チョコレート presents 日・仏「大人舌」意識調査 フランス人は、幼少期からビターチョコを食べて「大人舌」を育てることが判明 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、日本とフランスで、スイーツの代表・チョコレートの嗜好調査を実施しました。その結果、フランスではビターチョコレートが好まれる一方、日本では、ミルクチョコレートが多くの支持を得ていることがわかりました。ビターチョコレートを好むフランスでは、子供のころから、ビターチョコレートを親から与えられ、カカオの魅力を理解、チ

2019年1月30日オリジナルラボフィードバック数:0ライフスタイル

カラオケについてアンケート調査

1/19はカラオケの日。カラオケについてアンケート調査!「カラオケで盛り上がる曲といえば?」 1枚からWeb上でオリジナルTシャツが作れる「TMIX(ティーミックス)」は、話題のネタや様々なイベントについてアンケートを行い、調査結果をお届けします。この度、1/19のカラオケの日に合わせて歌やカラオケに関するアンケート調査を行いました。(調査方法:インターネットリサーチ、調査対象:20代〜60代男女、調査日:2019年1月10日)アンケートに関連するオリジナルのTシャツやグッズについてもご紹介し

2019年1月30日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

「胃の不調」に関する調査

最も不調を感じていない「胃強県」は千葉最も不調を感じている「胃弱県」は兵庫・長崎 胃弱改善・予防に食べる食品ベスト3は、ヨーグルト、納豆、豆腐~47都道府県「胃の不調に関する実態調査」~ QLifeは、全国47都道府県の20歳~59歳の有職者男女4,888人を対象に、「胃の不調」に関する調査を実施した。 健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業をおこなっている株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都港区、代表取締役:有瀬和徳)は、2018年12月6日~12月7日に全国4

2019年1月29日リゼクリニックフィードバック数:0ライフスタイル

働き世代の老後や介護、ムダ毛に関するアンケート調査

◆アンダーヘア脱毛の新常識!脱毛ブームは中高年まで浸透~介護経験者の6割以上『介護脱毛』は必要と回答~ ◎【介護経験者に聞く最も大変だと感じたこと】排泄の介助(63.8%)が1位 日本の超高齢化社会が急激に進むなか今年は相続法の改正や外国人労働者受け入れ拡大に向けた法律が施行予定で「介護」業界は大きな影響を受けると考えられます。脱毛業界でも昨今、とある変化が起きています。【自身が介護されることを想定して介護者に迷惑をかけないように】と「アンダーヘアの脱毛(=介護脱毛)」をするミドル世代が増加

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ