調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 台湾企業が材料に侵攻、ポリイミドは戦国時代に

台湾企業が材料に侵攻、ポリイミドは戦国時代に

台湾企業が材料に侵攻、ポリイミドは戦国時代に Y'sの業界レポート台湾企業が材料に侵攻、ポリイミドは戦国時代に記事番号:T00027662 電子材料分野ならば日本や米国の企業が圧倒的に強い。そんな常識が今、過去のものになり始めた。台湾と韓国で急速に成長するメーカーが登場したからだ。それらのメーカーは柔らかく屈曲するプリント基板(Flexible Printed Circuit, FPC)を構成する主要材料であるポリイミド・フィルム(PI)を手掛けている。莫大な消費量を誇る台湾のFPC関連メー

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ