調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 2015年米国自動車初期品質調査(IQS)

2015年米国自動車初期品質調査(IQS)

車両全般の不具合は改善傾向にあるものの、テクノロジー領域の不具合指摘が増加 日本の新車初期品質のセグメント別ランキングではトヨタと日産それぞれが2モデルでセグメント1位ブランドランキングではトヨタが1位 東京:2015年8月27日 ― 前年に比べ車両全体の不具合指摘は減少しているものの、ナビゲーションシステムに加え、音声認識やブルートゥースシステムといったテクノロジー領域の不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車初期品質調査SM(Initi

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ