調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年10月5日Repro★★フィードバック数:0マーケティング

Web・アプリ接客ツールの利用状況に関する調査結果

8割以上がカスタマーサクセスの必要性を実感。「Web・アプリ接客ツール」の利用状況に関する調査結果 施策内容は直帰対策など、サイト内施策が中心 世界66か国7,300以上の導入実績を持つCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するRepro株式会社は、株式会社ナノベーションと共同で「Web・アプリ接客ツールの利用状況」に関するアンケート調査を実施しました。※調査期間2020/7/27〜2020/8/31回答者数=101名 調査対象者は「自社のWebサイト

2020年9月25日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表

Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表 口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進上の世代ほど無料アプリを好み、Z 世代とミレニアル世代はアプリ内で商品を購入する傾向日本のモバイルアプリユーザーはコンテンツを無料で利用できる限り、アプリ内広告に対して好意的世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニー、Criteo(クリ テオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フ

約7割が“ウェビナー疲れ” ? ウェビナー視聴に関する実態調査

約7割が“ウェビナー疲れ” ? ウェビナー視聴に関する実態調査新型コロナウイルス感染症拡大により、展示会などオフラインの営業機会が減少、BtoB企業はオンラインでの集客・営業に力を入れています。ウェビナーはうまく活用することで見込み顧客との接点を生み出せる手法で、頻繁に見かけるようになりました。ではウェビナーを受講する側はどう感じているのでしょうか?調査結果サマリー会社員の7人に1人がウェビナー参加経験あり 事前の調査で2,404名の会社員に2020年に入ってからのウェビナー参加状況を聞いたとこ

2020年9月24日アンダーワークス★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2020

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2020国内で利用可能なマーケティングテクノロジーのうち、主要なものを16分野109カテゴリーに分類し、1234種類のテクノロジーとして一覧化したものです。2020年現在の日本国内における主要マーケティングツールを俯瞰できる内容になっています。 以下のフォームにご記入後、「同意して申込む」をクリックしてください。ご登録完了直後にご登録されたEメールにカオスマップダウンロード専用URLをお送り致します。「同意して申込む」をクリックすることによ

2020年9月24日ヤプリ★★フィードバック数:0マーケティング

アプリ担当者の「働き方」実態ト調査

アプリ導入で「効果を実感」が7割以上。「アプリ担当者の『働き方』実態調査(2020年版)」で明らかにーーヤプリ調査 専任のアプリ担当者はわずか14%。アプリ運用の課題は「専門知識不足」 アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供する株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文、以下「ヤプリ」)は、2020年9月24日(木)、アプリ担当者の「働き方」をテーマとしたアンケート調査を実施しました。90名から回答をいただき、7割以上がアプリ運用にプラスの効果を実感していることが明ら

デジタルD2Cの市場規模、2025年には3兆円に達すると予測

プレスリリース 報道関係者各位 2020年9月8日株式会社 売れるネット広告社 『売れるネット広告社』は「デジタルD2C」の市場動向調査を行いました。本調査では、「デジタルD2C」を、ネットメディアを通じて自社ブランドの商品を消費者に直接に販売する事業と定義したうえで2019年の市場規模を推計し、2025年までの年間の国内市場規模予測を算出しております。本調査内容及びグラフはご自由にご利用いただけます。 D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で、“消費者に対して商品を直接的に

2020年9月24日フルスピードフィードバック数:0マーケティング

Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開

HomeニュースリリースGoogle マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~ Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~インターネットマーケティング支援を行う株式会社フルスピードは、地図アプリや地図サービス、Google マップの使用状況に関するアンケート調査を実施いたしました。その結果を公開します。リニューアルをし提供開始した、新しい「フルスピードMEO

2020年9月18日リスキーブランドフィードバック数:0マーケティング

ステイホームの影響か?LINE、YouTube、Twitter、Instagramが大幅伸張/ SNSユーザーの動向と価値観。

ステイホームの影響か?LINE、YouTube、Twitter、Instagramが大幅伸張/ SNSユーザーの動向と価値観。 株式会社リスキーブランド(本社:東京都渋谷区、代表:田崎和照)は、同社が実施する生活意識調査「MINDVOICE®」データを使い、SNSユーザーの動向と価値観についての分析結果をご報告します。 Source: RISKYBRAND MINDVOICE® 2020分析対象:15-74歳(一部15-64歳)一般生活者男女個人標本数:N=4,400(2020年)*時系列データ

インフォグラフィックでみる!「LINE公式アカウント」に関する調査

インフォグラフィックでみる!「LINE公式アカウント」に関する調査 83.4%が公式アカウントを登録し、約3人に1人は商品購入経験あり! コロナショックで自治体情報へ過半数が、LINEで自治体の情報を確認している/したいと思っている! ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)は、LINE公式アカウントについて、全国のLINE利用者611名を対象に行ったアンケート調査の結果をまとめたインフォグラフィックを発表いたします。 調査期間:2020年6月19日~6月20

2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年7月度)動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」視聴する動物動画は、圧倒的に「犬」と「猫」調査結果サマリー動物動画を視聴する人のうち、動物動画を「毎回、最後まで視聴する」人は23.0%でした。年代別で見てみると、10代(34.0%)、20代(37.6%)、30代(25.8%)、40代(16.0%)、50代(13.9%)、60代(10.8%)でした。10代では3割以上、20代では4割近くが、毎回、動物動画

2020年9月1日読売広告社★★フィードバック数:0マーケティング

住民が「愛着」や「誇り」を感じる街をランキング『シビックプライドランキング2020 発表』 シビックプライド総合1位は「港区」

ー読売広告社 都市生活研究所ー 住民が「愛着」や「誇り」を感じる街をランキング『シビックプライドランキング2020 発表』 シビックプライド総合1位は「港区」 関東TOP3「港区」「文京区」「目黒区」、関西TOP3「西宮市」「箕面市」「吹田市」株式会社 読売広告社(本社:東京都港区 代表取締役社長:藤沼大輔)都市生活研究所では、2008年より市民や街に関わる人たちが、その地域、街に対して持つ意識「シビックプライド」に関する研究を行っています。この度、2018年に引き続き、関東圏(1都6県)・関西

2020年8月31日NEXERフィードバック数:0マーケティング

【2020】夜のニュース番組の満足度リサーチ結果

/ / 【2020】夜のニュース番組の満足度リサーチ結果【2020】夜のニュース番組の満足度リサーチ結果今回は、夜のニュース番組の満足度リサーチをおこないました。その結果から満足度ランキングをご紹介します。事前調査で夜のニュース番組の視聴についてリサーチ満足度調査をおこなう前に、まずは全国のみなさんに「夜のニュース番組の視聴」について聞きました。「夜のニュース番組」として今回は、平日22時頃から0時頃までに地上波各局で放送中の6つのニュース番組について聞いています。事前調査概要インターネットで

BtoBのオウンドメディア実態調査

企業がオウンドメディア運用にもっとも期待することとは?BtoBのオウンドメディア実態調査調査結果サマリーBtoBのオウンドメディアに期待すること1位は「SNS上でのプレゼンス向上」オウンドメディアに期待することで最も支持が多かったのは「SNS上でのプレゼンス向上」で35.90%でした。「売上貢献」が33.33%、「カスタマーサクセス」が30.77%と続いています。「SNS上でのプレゼンス向上」、つまりSNS上での露出が増すことによって「指名検索」が増加し質の良いリードが獲得できるということでしょ

2020年8月24日トレンダーズフィードバック数:0マーケティング

「Twitterにおける美容情報収集」に関する意識・実態調査

MimiTV、Twitterにおける美容情報収集の実態を調査 6割以上が「クチコミやレビューが少なくて買わなかった」経験あり 参考になるクチコミのポイントは「本音で書かれていること」 株式会社MimiTV(所在地:東京都渋谷区、代表:黒川涼子)が運営する美容メディア「MimiTV」は、この度「Twitterにおける美容情報収集」に関する意識・実態調査をおこないました。近年、美容商品のマーケティングに欠かせないツールとなりつつあるSNS。特に今年は、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響も

サポートサイト優良企業 1位は「スカパー!(有料放送サービス)」  ―トライベック・ブランド戦略研究所調べ―

サポートサイト優良企業 1位は「スカパー!(有料放送サービス... サポートサイト優良企業 1位は「スカパー!(有料放送サービス)」―トライベック・ブランド戦略研究所調べ―株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2020」の結果を発表しました。本調査では20分野、133製品・サービスのサポートサイトおよびコールセンターについて、利用経験者による評価を行っています。(インターネット調査、有効回答数12

「新型コロナがもたらした【新しい生活様式】における消費者のSNS利用実態調査」結果発表

ニューノーマル時代、企業はSNSをどう活用すべき?「新型コロナがもたらした【新しい生活様式】における消費者のSNS利用実態調査」結果発表2020.08.20新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の世界的な流行は、日々の買い物、食事のスタイル、働き方や休日の過ごし方、人との交友の仕方まで、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。今回は、その中でも人々の「消費行動」に焦点を当て、新型コロナ前後で人々の「買い物」に関する意識や行動はどのように変化したかの消費行動の意思決定にSNSがどのような影

2020年8月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査

76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割 マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割マーケターが選ぶ、SDGs企業は「トヨタ自動車」調査結果サマリーSDGs を認知しているマーケターに、マーケティング施策にSDGs を採り入れるべきと思うかを聞いたところ、「そう思う」と答えた人は32.3 %、「やや思う」人は43.8 %で、あわせて76.1%が採り入れるべきと考えていることがわかりました。一方、「マーケティング施策

2020年8月19日PTP★★フィードバック数:0マーケティング

広報部のテレワークで最も困っているのは、メディア露出チェック

広報部のテレワークで最も困っているのは、メディア露出チェック

2020年8月19日LINE★フィードバック数:0マーケティング

LINEリサーチ、マッチングアプリ/サービスでの出会いに関する調査を実施

【LINEリサーチ】マッチングアプリ/サービスでの出会いについて20~30代の約半数が「よいと思う」と回答 利用意向は、男性は幅広い年齢層、女性はより限定的な年齢層で高まる傾向 LINEリサーチ、マッチングアプリ/サービスでの出会いに関する調査を実施 LINE株式会社では、同社が保有する約529万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。このたびLINEリサーチでは、日本全国の18~69歳の男女を対象に

2020年8月13日SMNフィードバック数:0マーケティング

2020年7月度テレビCM放送回数ランキングを発表!

2020年7月度テレビCM放送回数ランキングを発表! ~コロナ禍で変化するコマーシャルメッセージ~ SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)の子会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年7月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの回数を調査し集計しましたので、お知らせいたします。 ■2020年7月度の概要2020年7月度の商品別ランキングでは、チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リ

2020年8月13日Snaplace★フィードバック数:0マーケティング

「オンライン映え消費」に関する実態調査

オンライン映えが消費を刺激!?実際に皆が買った映えアイテムを紹介します新型コロナウィルスが猛威を振るう中、外出がし辛い世の中になり、今まで対面で行っていたことをオンライン上で済ますことが増えてきました。ZOOMなどのオンラインビデオ通話を用いて仕事のミーティングをするだけではなく、恋人や結婚相手を探す男女がオンライン上で交流をする「オンライン婚活」や複数の仲間と集まって一緒にお酒を飲む「オンライン飲み会」など様々な形でビデオ通話を活用しているが現状です。そんな中、画面越しでも自分をよりよく見せる

2020年8月11日WACUL★★フィードバック数:0マーケティング

B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査

Webサイトは流し読みされる。B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査調査に至った背景丹精込めて作ったWebサイトは本当に見られているのか?自社のWebサイトとなるとテキストやデザインの細部にまでこだわって作り込んでしまいがちだが、はたして丹精込めて作ったWebサイトは訪問者にどれほど見られているのだろうか。肝心なCV獲得に寄与しているのだろうか。今回は、株式会社WACULの提供するアクセス解析ツール「AIアナリスト」に蓄積されたGoogleアナリティクスのデータを用いて、CV獲得を目

「新型コロナウィルスにおける自粛期間と現在の意識変化」に関する意識調査

新型コロナウィルスによって、自粛期間(20年5月)の毎日会社出勤は5割台に、7月は7割台に回復。一方で、家事の負担増は自粛後も約2割増加。 ブルーカレント・ストラテジー、【新型コロナウィルスの「自粛期間」から「現在」の生活の変化】に関する意識調査 世界で80を超える拠点を構えるグローバルコミュニケーションコンサルティングファーム、フライシュマン・ヒラードグループの「事業」「ブランド」「マーケティングコミュニケーション」戦略策定に特化したカンパニーブランド、ブルーカレント・ストラテジーは、日本在住

新型コロナ禍における2020年上期インターネット広告市場動向および2020年下期業種別出稿動向予測を発表

TOPnews新型コロナ禍における2020年上期インターネット広告市場動向 および2020年下期業種別出稿動向予測を発表2020.08.06.新型コロナ禍における2020年上期インターネット広告市場動向 および2020年下期業種別出稿動向予測を発表株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)は、2020年7月上旬、国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象に新型コロナ禍における「イ

2020年8月7日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて 日本財団は6月下旬、「SNS」をテーマに28回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、94%がSNSを利用し、1日2時間以上の利用が約6割に上っています。経験者の75%が「SNSは生活に必要不可欠」、44%は「依存している」と回答、約20人に一人が「根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがある」と答えています。調査結果ポイントSNS利用経験 94% 過半数が1日2時間以上使用主な使途「情報収集」80.4%、「友人とのやり取り」 75.5%

2020年8月7日ホットリンク★★フィードバック数:0マーケティング

ダークソーシャルのユーザー行動に関する調査

[詳細版]ホットリンク総研が解説する、ダークソーシャルに関する調査結果こちらのコラム限定で、ホットリンク総研メンバーや、外部の有識者(みる兄さん、三川夏代さん、りょかちさん)による解説を記載しております。このユーザー行動のデータを踏まえ、「このようなユーザー行動が起きている。ではソーシャルメディアマーケティングにどう活かすか?」の観点で読んでみていただければと思います。SNSが浸透した現代では、情報を広く伝播できるSNSマーケティングの重要性は高まっています。SNSマーケティングにおいては、Tw

2020年8月6日アイズ★★フィードバック数:0マーケティング

「コロナ禍と広告・マーケティング」調査結果レポート

最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト 公開日:2020年07月22日 更新日:2020年07月22日2020年下半期の企業の広告宣伝費は回復傾向 / 「コロナ禍と広告・マーケティング」調査結果レポート 本調査レポートについて約6万人の広告・マーケティング従事者が登録するメディアレーダーにおいて、会員向けのアンケートを実施しました。新型コロナウイルスの影響下で、企業の広告宣伝費がどうなっており、今後どうなっていくのかについて、調査結果をもとにまとめております。調査概要・

2020年7月31日Faber Companyフィードバック数:0マーケティング

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 2020.07.29 約半数「ウェビナー参加が増えた」が、6割は「ながら見」。「通信環境」「参加感」「アーカイブ視聴」などに改善点1,500社のWebマーケティングを支援中の株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、代表取締役:稲次正樹・古澤暢央)は、Webマーケター

2020年7月31日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査

企業の広告宣伝担当者201人に聞いた テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査外出自粛緩和の動きを受け、6割以上が セミナーをオンラインから対面開催に戻す意向 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第20弾として、「企業の広告宣伝担当者201人に聞いた、テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大への対応としてテレワークを取り

2020年7月29日Momentum★フィードバック数:0マーケティング

エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020

エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020 ~代理店規模による意識格差が明確に~ エージェンシーに対するアドベリフィケーション意識調査2020 ~代理店規模による意識格差が明確に~ この度、インターネット広告代理店(以下、エージェンシー)を対象としたアドベリフィケーションに関する意識調査を発表いたしました。モメンタムでは、アドバタイザー(以下、アドバタイザー)を対象とした同様の調査も2018年、2020年に実施しました。広告事業者のアドベリフィケーションに関する意識を定点的に観

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

QRコード決済の利用率は48%。 外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化インフキュリオン、「決済動向2020年6月調査」を発表 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、新型コロナウイルス感染拡大や2020年6月に終了した「キャッシュレス・消費者還元事業(※)」に伴う、キャッシュレス決済利用の変化を調査しました。調査では、全体の半数の方がQRコード決済を利用していることが分かりました。また、キャッシュレス決済はポイント等の特典が有利だからという点に加え利

2020年7月28日シグナルフィードバック数:0マーケティング

コロナ禍、世代で分かれる情報・メディアとの距離感

Z世代、8割がSNSの情報「信じられない」 頼みの綱は「両親」!まん延するインフォデミック 4人に1人が不要な買いだめ、誤情報拡散経験アリ 【コロナ禍、世代で分かれる情報・メディアとの距離感】ベクトルグループにおいてWEBを活用した総合的なPR活動を支援する株式会社シグナル(本社:東京都港区、代表取締役:草場大輔)は、新型コロナウイルス感染症による生活の変化が、情報やメディアに対する消費者の意識にどのような影響を与えているかを明らかにするため、「コロナ禍における情報・メディアに対する意識調査」を

年齢や性別、購入履歴に基づいて内容が最適化された 「パーソナライズDM」は生活者に受容される傾向に

TOPニュースリリース 2020年年齢や性別、購入履歴に基づいて内容が最適化された「パーソナライズDM」は生活者に受容される傾向に 否定的な回答が2018年調査から約11%減少年齢や性別、購入履歴に基づいて内容が最適化された「パーソナライズDM」は生活者に受容される傾向に2020年7月15日 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、生活者の意識とダイレクトメール(以下DM)を取り巻く実態や時系列変化から見えるトレンドの定点的な把握を目的に、2014年、20

2020年7月27日インプレスフィードバック数:0マーケティング

動画配信に関する調査結果2020

市場調査、技術動向、戦略分析などのご依頼、調査報告書、分析データはインプレス総合研究所へ 有料の動画配信サービス利用率は21.5%、COVID-19の影響でネット動画利用が大幅増 ~動画配信に関する調査結果2020~ インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、動画配信ビジネス市場の動向を調査し、動画配信に関する調査結果を発表いたします。また、本調査結果の詳細は新産業調査レ

2020年7月22日SMN★フィードバック数:0マーケティング

2020年6月度テレビCM放送回数ランキング ~“withコロナ”時代に沿った放送内容へ~

2020年6月度テレビCM放送回数ランキング ~“withコロナ”時代に沿った放送内容へ~ SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)の子会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年6月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの回数を調査し集計しましたので、お知らせいたします。 ■2020年6月度の概要2020年6月度の企業別ランキングでは、「興和」が5月度に引き続き1位となりました。ランキング

ソーシャルメディアに関する意識調査2020年度版

株式会社オレンジスピリッツソーシャルメディアに関する意識調査2020年度版を公開いたしました2020年7月9日 株式会社オレンジスピリッツ(本社:東京都中央区、代表取締役:野口 洋一)は、ソーシャルメディアに関する意識調査2020年度版を公開いたしました。今回の調査では主にどのような手段で事業者からのお知らせを受け取っているか、どのようなお知らせが好まれているかなどの実態を調査しています。顧客にお知らせを読んでいただきたい事業者様の参考にしていただければ幸いです!■記事内容 ・2020年現在もお

2020年7月22日Google★★フィードバック数:0マーケティング

自粛から一転、“再開モード”から見えてきた新たなニーズと定着──Google トレンドに見る 6 月以降の変化

自粛から一転、“再開モード”から見えてきた新たなニーズと定着──Google トレンドに見る 6 月以降の変化自粛から一転、“再開モード”から見えてきた新たなニーズと定着──Google トレンドに見る 6 月以降の変化自粛から一転、“再開モード”から見えてきた新たなニーズと定着──Google トレンドに見る 6 月以降の変化 5 月 25 日の全国緊急事態宣言解除を受け、6 月から 7 月にかけては、それまでの自粛モードから“再開モード”へと切り替わりました。首都圏を中心に再び感染が拡大

2020年7月22日Shirofune★フィードバック数:0マーケティング

【調査】売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題に 広告代理店の経営者83人へのアンケートで分かった課題の傾向

【調査】売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題に 広告代理店の経営者83人へのアンケートで分かった課題の傾向 Google・Yahoo!・Facebook・Instagramの広告運用自動化ツール「Shirofune」では、BtoB営業・マーケティングのデジタル化支援を行う株式会社才流と合同で、広告代理店83社の経営者に向けたアンケートを実施しました。アンケート実施目的広告代理店に向けたサービスや機能開発、マーケティング施策を検討するにあたり、広告代理店の経営層に限定したアン

2020年7月21日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

ユーザーレビューやユーザーからの質問を活用して、eコマースのパフォーマンスを向上させよう

アイプロスペクトのウェブサイトは、コンテンツのカスタマイズ、ソーシャルメディア機能を提供、トラフィックの分析にCookieを使用しています。 また、サイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。Cookieの使用に同意する場合は、引き続きWebサイトを使用してください。 Cookieの設定を変更する場合、詳細については、Cookies ポリシーをご覧ください。 当社は、ターゲットとなるオーディエンスとその購買パターンを理解するために、長い時間をかけ尽力してい

2020年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9%

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9% モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年5月度)~ラジオがきっかけで、「商品を購入した」人は約2割~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年5月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~

2020年7月8日LINEフィードバック数:0マーケティング

緊急事態宣言期間中における「LINE」利用動向に関するレポートを発表

緊急事態宣言期間中における「LINE」利用動向に関するレポートを発表2020.06.29ALL コミュニケーションツールとしてだけでなく、生活を支えるインフラとしての価値を拡大ユーザー利用では、グループ/ビデオコミュニケーションや情報収集としての利用が飛躍的に増加さらに、企業とユーザーを直接つなぐ情報発信ツールとして、LINE公式アカウント新規開設数も増加LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、緊急事態宣言期

2020年7月6日バルクフィードバック数:0マーケティング

これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】

Vol.113 これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】 Vol.113 これからの生活者サーベイ 【コロナ前後のメディア接触状況の変化】調査日時:2020年6月17日(水)~6月18日(木) 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、今後の消費は、どのように変化していくのでしょうか。「これからの生活者サーベイ」と題し、生活様式も大きく変わり、今後、生活者がどのように変化していくのかについて、バルクでは、定期的にアンケートを実施し、発表しています。今回は、201

2020年7月6日テテマーチフィードバック数:0マーケティング

Instagram活用に成功する企業 / 失敗する企業の傾向とは?

279社の企業調査で分かった、Instagram活用に成功する企業 / 失敗する企業の傾向とは? 成果を実感している企業は「市場調査を目的としている」「フィード投稿の保存数を目標に置いている」「数値レポートを定期的に作っている」「競合調査ツールを導入している」 企業のSNS活用を支援するテテマーチ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:上田 大介)は、279社の企業の担当者に対し、Instagramの活用状況についてのアンケート調査を実施しました。「成果を実感している」と答えた企業とそうでない

2020年6月30日ベーシック★フィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルスの感染拡大によるWebマーケティング活動の変化に関する調査

BtoBマーケターの8割以上が「コロナ禍で実施/検討している マーケティング施策について不安やノウハウ不足を感じる」と回答〜『新型コロナウイルスの感染拡大による Webマーケティング活動の変化に関する調査』を実施〜オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」を提供する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は、2020年6月7日から12日、BtoB企業のマーケティング担当者279名を対象に「新型コロナウイルスの感染拡大によるWebマー

2020年6月30日オロフィードバック数:0マーケティング

コロナ禍のオンライン検索事情を調査

コロナ禍のオンライン検索事情を調査!~世界の人々はどんな娯楽をオンラインに求めているのか~報道関係者各位株式会社オロは、コロナ禍における世界の人々のオンライン検索事情を「SEMrush」のキーワード検索を用いて調査しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大より、各国で外出自粛やロックダウンなどの対策がなされました。それにより、学校の学習や仕事、運動など、さまざまな活動がオンラインで行われるようになっています。また、飲み会などの人との交流や娯楽も同じくオンライン化しています。そこで今回、外出が自

2020年6月29日メルカリ★フィードバック数:0マーケティング

フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査

フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査フリマアプリでの売却比率が10%上がれば、フリマアプリ利用者が新品に支払える上限金額も上昇「メルカリ」での取引が多いジーンズで+約2,000円、タブレット端末で+約2,400円メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 山本晶准教授と共同で、20代〜30代のフリマアプリ利用者・非利用者1,648名を対象に、フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査しました。2020年2月にメル

2020年6月25日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

新聞の折込チラシの閲覧に関するアンケート調査(第4回)

新聞の折込チラシの閲覧に関するアンケート調査(第4回) ■新聞購読者6割弱のうち、折込チラシを見る人は9割弱、「ほぼ毎日見る」は6割。内容をよく読む折込チラシは「スーパー」がチラシを見る人の約85%、「ホームセンター」「ドラッグストア・薬局」が各5割前後。■折込チラシの見方で多いのは「特売、セール、バーゲンをチェック」「商品の価格を確かめる」が各6割前後、「お買い得商品をチェック」「店舗間で価格を比較」が各4割前後など、価格情報をチェックする傾向がうかがえる。■折込チラシがきっかけとなって

2020年6月25日adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust、2020年モバイルショッピングアプリレポート発表

Adjust、2020年モバイルショッピングアプリレポート発表 ショッピングアプリでの購入率 昨対比で40%増 消費者のモバイルショッピングアプリの利用率益々増加 日本におけるショッピングアプリのインストール単価(CPI)は昨対比で約2倍の5.69ドルに増加した一方、登録・購入へのコンバージョン率は高水準をキープ グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル、日本ゼネラルマネージャー

2020年6月25日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

「24時間テレビ43 愛は地球を救う 動く」全国で推計8145.2万人が視聴

ニュース 「24時間テレビ43 愛は地球を救う 動く」 全国で推計8145.2万人が視聴~「全国32地区 テレビ視聴率・到達率」から「平均視聴人数・到達人数」を推計~「24時間テレビ43 愛は地球を救う 動く」 全国で推計8145.2万人が視聴~「全国32地区 テレビ視聴率・到達率」から「平均視聴人数・到達人数」を推計~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は8月22日(土)~23日(日)の2日間にわたり放送された「24時間テレビ43 愛は地球を救う 

2020年6月25日Brightcove★★フィードバック数:0マーケティング

ブライトコーブ・グローバル・ビデオ・インデックス 2020年第1四半期レポート

2020年1月~3月、コロナ渦によるテレワーク移行の影響で企業の動画利用がほぼ倍増 ~ブライトコーブ、コロナ渦のメディア視聴動向を示す2020年第1四半期の動画視聴レポートを発行~当該リリースは、2020年6月8日ボストン発配信リリースの抄訳です。2020年6月8日、ボストン発 - 動画配信クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下、米国ブライトコーブ)は、同日、2020年第1四半期のBrightcove Global Video Ind

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ