調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月28日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2019

多様化が進む コミュニケーションスタイル消費者間の コミュニケーションの変化「メッセージングアプリ」の利用が13ポイント上昇し、「電話」や「Eメール」の利用を上回った。また「SNS」も10ポイント上昇しており、従来型の音声やテキスト中心から、画像や絵文字・スタンプ等を交えたコミュニケーションが普及・定着してきている。 消費者と企業の コミュニケーションの変化消費者と企業のコミュニケーションではスマホを起点にしたチャネル利用が増加。「チャット」や「メッセージングアプリ」は確実に普及・定着し始めて

2019年11月28日SAS Institute★★フィードバック数:0マーケティング

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス2030年にはカスタマー・エンゲージメントの67%がスマートマシンによって処理されることが明らかに イタリア・ミラノ「SAS Analytics Experience 2019」発アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Futurum Research社と共同で実施した調査「Experience 2030: The Future of Customer Exper

2019年ティーンが選ぶトレンドランキング

> 「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表! 「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表!【ランキング概要】2019年の年間トレンドランキングは、上半期と同様に、テレビに影響を強く受けているだけでなく、テレビとSNS、両方で相乗効果を生み出し、流行につながったものが多くランクインする結果となりました。 【ヒトランキング】1位 『横浜流星』上半期1位に輝いた俳優・横浜流星さんが、年間ランキングでも見事1位にランクイン。上半期に出演した、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で

職場内のSNSの交換状況についての調査

上司とSNSで繋がる派?繋がらない派?社会人の39%上司とSNSを交換していないと回答!職場の人とSNS交換したくない理由とは? ベースメントアップス株式会社が「職場内のSNSの交換状況についての調査」を実施しました。 【調査概要:仕事に関する意識調査】■調査日:2019年11月12日 〜2019年11月19日■調査方法 :インターネット調査■調査人数 :206名■調査対象 :社会人 ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職

2019年11月26日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

DMP/MA市場に関する調査を実施(2019年)

急拡大するDMP/MA市場、2019年には34.4%増の668億円に成長見込 ~DMPは顧客個人を軸としたマーケティング施策展開が加速、MAはAIを活用した予測やオフラインデータとの統合が進展の見通し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内DMP/MA市場を調査し、市場概況、参入企業の動向や将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年のDMP/MA市場規模(事業者売上高ベース)は497億円となった。そのうち、DMP市場規模が107億円、MA市場規模が390億円であった。

CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施

TOPnewsCCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~2019.11.25.CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測2018年-2023年株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京

2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

ログイン デジタルメディアのエコシステムが複雑なものであり、パブリッシャーとメディアバイヤーの双方にそれぞれ固有の課題とチャンスがあります。だからこそPubMaticの製品は、多岐にわたるビジネス環境で機能するように開発されているのです。製品全体を採用することも、個々のモジュールとして使うことも可能。モジュールは単独で使うこともできますし、組み合わせて、クライアントごとに違うニーズを満たすカスタムソリューションを提供することもできます。詳細はこちらから パブリッシャーとバイヤーに完全な広告テ

インフルエンサーマーケティングの実態を調査

> インフルエンサーマーケティング取り組み状況に関する実態調査(メソッド委員会) インフルエンサーマーケティング取り組み状況に関する実態調査(メソッド委員会) 多くのインフルエンサーはWOMJガイドラインに準拠した投稿を実践 一方で「便益(金銭・物品・サービス提供の有無)」明示には課題も インフルエンサーに対し、インフルエンサーマーケティングの実態を調査 日本のWOM(クチコミ)マーケティングの発展を目指すWOMマーケティング協議会(所在地:東京都世田谷区 理事長:井上一郎 略称:WOMJ

2019年11月22日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多 ~ SNSマーケティングにおける消費者の意識調査 ~ SNS投稿で重視するもの、10~20代は『投稿の見た目』/50~60代は『投稿の内容』  株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小嶋 雄介、以下 Macbee Planet)は、データを活用したマーケティングによってプロモーション設計を行うテクノロジー企業です。今回は近年増加しているSNSを活用したマーケティング

2019年11月21日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

排除から共存へ - グローバルデジタルエコノミーに対応するマーケティング戦略が必要な理由(FROM EXCLUSION TO INCLUSION)

ホワイトペーパー「排除から共存へ - グローバルデジタルエコノミーに対応するマーケティング戦略が必要な理由(FROM EXCLUSION TO INCLUSION)」を発表! LGBTQ+の人々の購買力は3兆7000億USD、全世界で女性の消費額は年間18兆USD以上! 未開拓の消費”を掘り起こす!新たなビジネス成長をもたらすインクルージョンの概念インクルーシブマーケティングの最前線を調査 iProspect Japan(アイプロスペクト・ジャパン株式会社、CEO:金井 耕一、所在地:東京都中央

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」 IASが、コンテンツの品質が広告認知に与える影響に関する調査レポートを発表 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年11月16日、Web広告が表示されるコンテ

2019年11月18日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表 増税前の駆け込み需要は若い世代に顕著、10,000円以下の消費財に集中 キャッシュレスサービス利用は高所得層から浸透 インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下Criteo)は、2019年8月1日〜10月25日までの消費増税前後の消費者購買傾向を、2億以上のEC取引実績データの動向から分析し、消費者アンケートと照らし合わせてまとめた調査結果を10

2019年11月18日アスマーク★フィードバック数:0マーケティング

プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査

プレシニア・シニアのネットショッピングに関する実態調査日本は現在、65歳以上が4人に1人を占め、2040年には3人に1人という超高齢化社会。そのため、シニアの消費に対する注目度が高まっています。高齢者のIT利用率も増加し、ネット=若者の物というイメージは過去のものとなりました。そこで今回は、プレシニア/シニアのネットショッピングの利用状況や意識を把握し、その現状と今後の展望を考察するため、以下の調査を実施しました。※本調査では、55~64歳をプレシニア、65~79歳をシニアと定義づけています。

NTTコム オンライン、トラベル業界を対象にしたNPS(R)ベンチマーク調査2019の結果を発表

NPS®ベンチマーク調査 2019【総合型旅行会社・ネット専業型旅行会社】 ロイヤルティの高いユーザーほど、旅の良いところをSNSで発信2019/10/30NTT コム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、総合型旅行会社およびネット専業型旅行会社の利用者を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSのベンチマーク調査を実施しました。有効回答者数は、総合型旅行会社部門が3,789件、ネット専業型旅行会社部門が2,678件でした。<調査対象企業(アルファベット順、50音順)>総

2019年11月14日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

2019年度 第4回『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果

~ レディースファッションHoneys 2年ぶり2度目の1位 ~ 2019年度 第4回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果のご案内 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、このたび利用推進パートナーに認定されている『JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)』の2019年度 第4回調査結果の発表を受け、これをご案内いたします。同調査は、サービス産業生産性協議会が調査主体となって実施している

ライムライト・ネットワークス、コンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表

お問い合わせ資料一覧Login サービスに関するお問い合わせ050-3628-1545ライムライトが選ばれる理由サービス紹介問題解決業種別事例ニュース/イベント ライムライト・ネットワークス、コンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表 ライムライト・ネットワークス、コンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表全世代で8割以上が、YouTubeなど「動画共有サービス」を視聴 10代、20代の女性を中心に「ライブ動画」の視聴が広まる世界最大規模のプライベート・ネットワーク経由で配信されるコ

貯まったポイントは眠らせない!運用意向者は29%

市場調査・マーケティングリサーチならR&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 商品サービスの開発・設計段階から市場導入後の検証だけでなく、ブランド育成にかかわるブランドマネジメントまで、マーケティングプロセスごとに豊富なリサーチ経験があります。お客様の課題解決に向け、多様なマーケティング戦略・テーマに対応します。 R&Dの強み 調査レポート 会社情報 お問い合わせ 調査レポート貯まったポイントは眠らせない!運用意向者は29%令和元年10月29日株式会社リサーチ・アンド・デ

2019年11月13日Taboolaフィードバック数:0マーケティング

ブラックフライデー:消費者が本当に求めている商品とは?

ブラックフライデー:消費者が本当に求めている商品とは? ​ブラックフライデーまで、あとわずか数週間。あらゆる地域で、お買い得商品を手に入れようとする人々が、世界で売上が最も好調であると言われる一日をショッピングにどう有効活用するか、すでに考え始めています。しかし、買い物にデジタルプラットフォームを利用する消費者がますます増えている現在、小売業者はそこで消費者が求めるものを厳密に知ることによって、他社を大きく引き離さなければなりません。そこでTaboolaでは、2018年9月1日から2019年9月

イーベイ・ジャパン、2019年度第3四半期の越境ECトレンドを公開

イーベイ・ジャパン、2019年度第3四半期の越境ECトレンドを公開 ■​カテゴリー別売上ランキング:カメラ関連が好調/「カメラのレンズ、フィルター」が、カテゴリー別成長率で2位に浮上/カメラ関連商品は、売上額別ランキングで2つがランクイン■商品別売上ランキング:国内テーマパークの限定商品が1位/「ムーミンバレーパーク」(埼玉県)限定マグカップが売れ筋TOP/「マジック:ザ・ギャザリング」(日本語版)などカードゲームが引き続き好調 世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベ

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第2弾(生活者編)

消費増税後の実態調査 第2弾 (生活者編)増税で混乱!普段の買い物に迷う生活者が半数以上 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の生活者1,256名を対象に、増税後の買い物意識調査を行いました。【サマリー】軽減税率制度の理解度は、増税前と比較して2割近く増加。増税後の買い物で、生活者は「軽減税率対象・非対象の区別」「キャッシュレス決済ポイント還元対象店舗かどうか」「どの決済方法がお得なのか」について迷っている。食品や日用品と

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)増税開始から1ヶ月、意外な好影響があった企業も 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の小売業150社を対象に、増税後の実態調査を行いました。【サマリー】増税前後で最も大変だったことは「従業員への増税関連の教育」(68.7%)増税後、お客様からの問い合わせで多いのは「軽減税率制度」よりも「キャッシュレス決済」7割以上の企業がキャッシュレス決済の利用率上昇を実感 「イートイン脱税」*に該

2019年11月7日大広★★フィードバック数:0マーケティング

新しい世代の中心18歳に注目した共同調査 “多様性と向きあう世代”の価値観・消費レポート

新しい世代の中心18才に注目した共同調査を実施「次世代ロールモデル研究プロジェクト」から“多様性と向きあう世代”の価値観・消費レポート ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15才から18才の中高生を対象に、多様化する価値観、生活様式、消費スタイル、情報メディア接点、興味・関心の変化など、多面的に検証しました。今回、調査結果からポイントについてレポートします。 報道各位株式会社大広(代表取締役社⻑:落合 寛司)(以下、大広)と日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太)

2019年11月6日オーエスフィードバック数:0マーケティング

第3回「47都道府県Weibo運用実態調査」

検索中国マーケティングの専門家・高橋由彦が47都道府県のWeibo運用を分析/この1年でフォロワーを増やしたのはどこ?/第3回Weibo運用実態調査から インバウンド事業を展開し、自治体や日本企業の中国向けマーケティング活動をコンサルティングしている株式会社オーエス(本社:東京都豊島区、代表取締役:織田 光一)はこのほど、第3回「47 都道府県Weibo運用実態調査」を実施し、同社の中国マーケティング専門家の高橋由彦が分析した結果を発表しました。 株式会社オーエス「中国マーケティングの専門家・高

2019年11月6日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第19回 テーマ:メディアについて

日本財団「18歳意識調査」第19回 テーマ:メディアについて Q.インターネット上の情報を虚偽だと感じたことがあるか(ある84.1% ない15.9%) Q.フェイクニュースに対する法整備の必要性(必要である56.6% 必要はない11.2% わからない 32.2%) 日本財団は9月中旬、「メディア」をテーマに19回目となる18歳意識調査を実施しました。若者のテレビ離れが指摘される中、回答者1000人のうち80%以上がテレビから必要な情報を得ていると答え、ソーシャルメディアやニュースサイト(いずれ

2019年11月6日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表

Home > ニュース > ニュースリリース > 商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~2019/10/29 [データ] 商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~- どの年代でもインターネット利用デバイスはスマートフォンが主流に - 30代以下の約半数は「化粧品」「電化製品」「ファッション」を実店舗で購入する際にオンラインで検討 - 3

2019年11月5日楽天★フィードバック数:0マーケティング

楽天 ヒット番付 2019

楽天、2019年のトレンドを象徴する「楽天 ヒット番付 2019」を発表 - 楽天グループサービスの購買・予約データから2019年の消費を振り返り、来年のトレンドを予測 - 楽天株式会社(東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日「楽天 ヒット番付 2019」を発表しました。 「楽天 ヒット番付 2019」は、「楽天市場」をはじめとする楽天グループの各サービスから膨大な購買・予約データを分析し、そのデータに基づき、一年の消費動向や社会情勢を振り返り、その年のトレ

2019年11月1日Twitter★★フィードバック数:0マーケティング

第15回「Twitterの透明性に関するレポート」

企業第15回「Twitterの透明性に関するレポート」: Twitterルールに違反しているアカウントへの積極的な強制的対応が増加 Twitterは、公共の会話の場を提供するために、より積極的かつオープンに取り組む努力をしています。その一環として、2012年7月から年に2回「Twitterの透明性に関するレポート」を公開しており、TwitterルールやTwitterに寄せられる法的請求を含む、Twitterのさまざまな分野における強制対応の世界的なトレンドを共有しています。このレポートは常に

2019年10月25日Adjust★★フィードバック数:0マーケティング

日本市場モバイルアプリエンゲージメントレポート 2019

28,000を超える世界中のモバイルアプリをサポート モバイルショッピングアプリレポート2019をリリース アプリを効果的に成長させるための独自のインサイトをモバイルマーケターにお届けします。 AdjustとLiftoffの「日本市場モバイルアプリエンゲージメントレポート 2019」日本のアプリ市場は、世界のモバイルマーケターに注目されています。2018年に続き、AdjustとLiftoffは日本市場の最新トレンドを分析した共同レポートをリリースしました。ゲームアプリからマッチングアプリに

2019年10月25日ガートナー★★フィードバック数:0マーケティング

ガートナー、9割のIT部門が経営トップからビジネスの拡大に 寄与していないとみられているとのサーベイ結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、9割のIT部門が経営トップからビジネスの拡大に 寄与していないとみられているとのサーベイ結果を発表「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月12~14日、港区高輪) において、IT部門の活動やIT投

2019年10月23日サウスポー★フィードバック数:0マーケティング

口コミの影響力に関するマーケティング調査

検索口コミには鮮度がある! 女性消費者の多くが「6ケ月以上前の口コミは、商品購入の際の参考にしない」というマーケティング調査結果から考える、SNS・口コミ対策とは 継続的に実施するのが効果的な口コミ対策。SNS・口コミ対策のプロが、ノウハウをまとめた書籍『多馬力マーケティング 選ばれる商品になるための口コミの強化書』を刊行。「口コミ施策」のタイミングを思案する、化粧品メーカー・食品メーカーの販売促進・PR・マーケティング担当者に。 生活者動向をとらえ販売促進につなげるサービスを提供している株式会

2019年10月23日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

Twitterキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアTwitterキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】 2019/10/17 2019/10/18Lab(男子高校生641名、女子高校生612名、男子大学生577名、女子大学生577名)を対象に「Twitter」に関する調査を実施しました。Twitterのアカウント所持率や利用頻度、企業アカウントのTwitter上のキャンペーン参加率や参加後の態度変容などに関する調査結果をご覧ください!また、こ

2019年10月23日テスティーラボフィードバック数:0マーケティング

YouTuberに関する調査【中高生・大学生対象】

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアYouTuberに関する調査【中高生・大学生対象】 2019/10/23Lab(中高生男子287名、中高生女子305名、大学生男子231名、大学生女子253名)を対象に「YouTuber」に関する調査を実施しました。「YouTube」の視聴頻度や「YouTuber」へのイメージ、消費行動などに関する調査結果を御覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウン

2019年10月21日フィードフォース★フィードバック数:0マーケティング

データフィード利用状況調査2019

フィードフォースのデータフィード管理ツール「dfplus.io」、データフィード利用状況調査2019を実施 ~管理データフィード数は4.1に増加、LINE・Yahoo! 新媒体の利用が進む~ 株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、マーケティング・広告運用チームのためのフィード管理ツール「 dfplus.io 」において、データフィード利用状況調査2019を実施しました。調査の結果、各企業の管理データフィード数は平均4.1フィ

2019年10月21日インターブランド★★フィードバック数:0マーケティング

Best Global Brands 2019

CloseHomeOur PhilosophyIconic MovesAboutLife at InterbrandBest BrandsNewsViewsContactFollowTwitterFacebookLinkedInInstagram

2019年10月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上

約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)』~「5G」に最も期待するのは「ネット利用のしやすさ」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の

2019年10月18日Zuora Japan★★フィードバック数:0マーケティング

サブスクリプション・エコノミーはこの7年半で350%以上成長

サブスクリプション・エコノミーはこの7年半で350%以上成長 *本リリースは2019年10月3日に米国で発表したプレスリリースの抄訳をベースにしていますZuoraのサブスクリプション・エコノミー・インデックスに新たに組み入れられた業界(製造およびIoT)が、サブスクリプション収益成長率でトップに立ち、業界ベンチマークの5倍以上の成長を記録カリフォルニア州サンマテオ -- 2019年10月3日 -- クラウドベースのサブスクリプション・マネジメント・プラットフォームのリーディングプロバイダーであ

2019年10月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2019年)

2018年度のコールセンターサービス市場は前年度比2.9%増の9,419億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比2.2%増の4,847億円~コールセンターサービスは顧客企業における人材不足からアウトソース需要が堅調に推移、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化への対応が進む~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。​

2019年10月16日ドゥ・ハウス★★フィードバック数:0マーケティング

「商品のキャッチコピー」に関する調査結果

2019.10.08「商品のキャッチコピー」に関する調査結果店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れ、様々なプロモーションが行われています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?今回の調査では、アテンションをとるためのキャッチコピーや、サンプリングやインスタグラムなどのプロモーションの影響度合いについて調査しました。調査サマリ女性の商品購入経験がもっとも多いキャッチコピーは「売り上げNo.1」。「医者がすすめる」と

2019年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1

経営企画・マーケティング担当者400名に聞く 「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」

経営企画・マーケティング担当者400名に聞く「高齢者市場攻略... 経営企画・マーケティング担当者400名に聞く 「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」多くの企業が高齢者マーケティングの必要性を認識するものの、 具体的なアクションを展開している企業は約2割 株式会社日本能率協会総合研究所(東京都港区・代表取締役社長:譲原 正昭)では、高齢者人口増大という人口動態的変化を受け、高齢者市場を攻略すべくマーケティング戦略を検討する企業が増えているのを背景に、クライアントの高齢者マーケティ

2019年10月10日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる ~メールチェックの時間は調査7か国で最短。電子メール利用実態調査2019年版より~【2019年10月10日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、電子メール利用実態調査「2019 Consumer Email Survey」を発表しました。この調査は、2019年7月に、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、インド、日本の各国約1

第4回魅力度ブランディング調査

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

2019年10月7日LINEフィードバック数:0マーケティング

注目のヒゲダン、EXITもランクイン。2019年9月期の若者のトレンドを調査

【LINEリサーチ】注目のヒゲダン、EXITもランクイン。2019年9月期の若者のトレンドを調査 LINEリサーチでは、四半期毎に全国の15~24歳の男女に対して、最近の流行について自由記述形式で調査しています。今回は、2019年9月期の調査結果をお伝えします!2019年9月期の流行トレンド第1位は、前回に引き続き「タピオカ」。まだまだ圧倒的な人気が続いており、前回値(6月度)を0.8%ほどさらに上回った結果でタピオカブーム継続中の様子です。第2位には日本テレビ系列で2019年7月から2クー

「ブランドは信頼に値するのか」エデルマン、日本の調査結果発表

消費者はブランドに対する信頼に基づいて購買を決定している そ... 消費者はブランドに対する信頼に基づいて購買を決定しているその反面で、ブランドを信頼しているのは3人にひとり~「ブランドは信頼に値するのか」エデルマン、日本の調査結果発表~ エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロス・ローブリー) は本日、世界 8 カ国、16,000 人を対象に実施した消費者意識調査「2019 エデルマン・トラストバロメーター スペシャルレポート:ブランドは信頼に値するのか」(2019 Ed

2019年10月1日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

データドリブンコマース 新たなデジタルエコノミーのコマースで勝つ方法

アイプロスペクトのウェブサイトは、コンテンツのカスタマイズ、ソーシャルメディア機能を提供、トラフィックの分析にCookieを使用しています。 また、サイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。Cookieの使用に同意する場合は、引き続きWebサイトを使用してください。 Cookieの設定を変更する場合、詳細については、Cookies ポリシーをご覧ください。 インサイト データドリブンコマース- 新たなデジタルエコノミーのコマースで勝つ方法 - 202

2019年10月1日Yextフィードバック数:0マーケティング

金融機関のオンライン上の情報の内、最新情報として更新されている比率はわずか平均33%

金融機関のオンライン上の情報の内、最新情報として更新されている比率はわずか平均33% ~ 米国Yext(イエクスト)の最新調査より ~ ※本リリースは、米国 Yext, Inc.が 2019 年 6月11日(現地時間)に配信した英文リリースに基づき作成した日本語抄訳です。検索エンジンや地図アプリ、SNS上などでの企業や店舗の正しい情報発信を可能にするプラットフォームを提供するYext(NYSE:YEXT、日本法人:株式会社Yext(イエクスト)、代表取締役会長兼CEO:宇陀 栄次)は、独立系調査

2019年9月30日MM総研フィードバック数:0マーケティング

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査 2019年09月18日■利用率トップは「フリマアプリ」。2位は「スマホゲーム」、3位は「QRコード決済」■モノを限定した「カーシェア」「シェアサイクル」は、利用率2.0%弱、利用意向は2倍以上■フリマアプリ利用者の88.8%が「メルカリ」■アパレルを中心としたサブスクリプションの利用率は1.7%、利用意向は10.5% MM総研(東京都港区、所長・関口 和一)は9月18日、全国の20代から60代の男女1,061人を対象に実施した「フリマ

2019年9月27日Integral Ad Science★フィードバック数:0マーケティング

メディアクオリティレポート2019年上半期版

IASがビューアビリティ、アドフラウド、ブランドリスクのベンチマークを含む最新メディアクオリティレポート日本語版を発表 グローバルではビューアビリティ70%の最高値を記録、日本ではブランドリスクが大幅に改善したものの、他指標はさらなる取り組みが求められる結果に 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージング

2019年9月27日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyer、2019年上半期(第9版)のパフォーマンスインデックスを発表

AppsFlyer、2019年上半期(第9版)のパフォーマンスインデックスを発表 調査開始以降初めて、Googleがアプリマーケティング最大のメジャープレイヤーに輝く 〜Facebookは昨期に引き続き、グローバルパワーランキングで首位をキープ〜 モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下AppsFlyer)は本日、2019

2019年9月27日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

Web広告を「あまり表示してほしくない」が9割! 大半が苦手意識も「興味があればクリックする」も4割 

Web広告を「あまり表示してほしくない」が9割! 大半が苦手意識も「興味があればクリックする」も4割〜 Web広告に関する意識調査 〜 クライアントの売上を伸ばすプロモーション戦略を提供する株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小嶋 雄介、以下 Macbee Planet)は、全国の10代~60代男女500人を対象にWeb広告に関する意識調査を実施いたしました。 近年、スマートフォンの普及など、個人がインターネット環境に触れる時間が長くなったことを受け、Webを活用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ