調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年5月7日PR TIMES★フィードバック数:0マーケティング

【調査レポート】“平成”から“令和”へ、改元に合わせた企業の新発表が活況

【調査レポート】“平成”から“令和”へ、改元に合わせた企業の新発表が活況 - 新元号発表から1か月で改元関連プレスリリース数はハロウィンの2.7倍 - 【News TOPICS】・「平成最後」「令和記念」など改元関連のプレスリリースは1か月間で1168本に到達(2019年5月1日正午時点)・令和への改元当日、連休中にも関わらず企業の新発表が活性化。半日だけで異例の81本・10連休直前の駆け込み需要!? 4月26日(金)にPR TIMES史上最多となる単日1000本超のプレスリリース配信 株式会

2019年4月25日NTTレゾナントフィードバック数:0マーケティング

検索から見る「令和」への関心~「令和」が発表された2019年4月1日の時間別検索数を公開~

検索から見る「令和」への関心 ~「令和」が発表された2019年4月1日の時間別検索数を公開~ お知らせ2019年4月24日NTTレゾナント株式会社検索から見る「令和」への関心~「令和」が発表された2019年4月1日の時間別検索数を公開~https://ranking.goo.ne.jp/good/5873/ NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログ

2019年4月25日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

日本の消費者のモバイル利用に関する調査結果を発表

アドビ、日本の消費者のモバイル利用に関する調査結果を発表 生活の中心となったモバイル利用の実態や、銀行やアパレルブランドのモバイルアプリを利用したい傾向が明らかにアドビは、消費者のモバイル利用に関する意識調査「Mobile Marketing Research 2019」を実施しました。この調査は、2019年1月に、日本国内のスマートフォンを所有する消費者1,000人を対象に行ったものです。全世代でモバイルは外出に不可欠調査では、日本国内のスマートフォンを所有する消費者の83%が、外出先で

TMT Predictions 2019 日本版

「TMT Predictions 2019」では、テクノロジー・メディア・通信業界に関して、最新のトピックの分析と将来予測をまとめています。グローバル版の抄訳に加え、日本のプロフェッショナルによる「日本の視点」を掲載しています。 TMT Predictions 2019 日本版 全文TMT Predictions 2019日本版をお届けします。TMT Predictionsはデロイトが2001年から毎年発行しているレポートで、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT) 業界に

2019年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年2月度)「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え4割強が、「ECの試着サービスに、興味あり」調査結果サマリー「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え 個人間商取引(CtoCサービス)を利用した経験がある人のうち、現在利用中のサービスとして「メルカリ」を挙げた人は47.1%で、「ヤフオク!」の46.2%を上回りました。「メルカリ」の利用率を年代別に見てみると、10代(70.0%)、20代(62.3%)

2019年4月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

ジャパンブランド調査2019

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、「ジャパンブランド調査2019」を実施2019年4月15日外国人の訪日意向に大阪・関西万博が大きく貢献(認知は約5割、訪問意向は約4割)株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン

2019年4月18日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング

サイカ、「平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング」発表編集部 2019/4/16 18:17 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区)は16日、オフライン広告領域における独自調査・研究レポートの第7弾として、「平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング」を発表した。 春季の需要増加を見据えたテレビCM出稿が多くなる1~3月、関東地区の民放5局においてCM出演が多かったタレントをランキング形式でまとめたもの。 関東地区で最もCM出稿が多かったのは渡辺直美。出

2019年4月9日オーエスフィードバック数:0マーケティング

47都道府県Weibo運用実態調査

株式会社オーエス、第2回「47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクト」を発表 ~自治体向けに「Weiboアカウント無料相談」を実施中~インバウンド事業を展開し、平成30年度長崎県のWeibo公式アカウントの運用をサポートしていた株式会社オーエス(本社:東京都豊島区、代表取締役:織田 光一)はこのほど、第2回「47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクト」をまとめました。 全国47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクトとは、中国インバウンド対策のため各都道府県の情報を発信するためのWei

2019年4月9日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通、世界24カ国で国際比較した「デジタル社会指標」と「デジタルニーズ充足度」を発表

電通、世界24カ国で国際比較した「デジタル社会指標」と「デジタルニーズ充足度」を発表

2019年4月8日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: 米国における音声広告が、テレビやオンラインなどの広告より人々の興味を引く結果に

Adobe Digital Insights: 米国における音声広告が、テレビやオンラインなどの広告より人々の興味を引く結果に アドビの最新の調査によると、音声アシスタントの技術の普及により音声ベースの広告が新しい活用方法を生み出していることがわかりました。18歳以上の米国の消費者1,000人を対象に調査した「ボイスレポート(2019 Voice Report)」によると、25%の人はスマートスピーカーで音声広告を聞いたことがあると答え、その多くの人が問題ないと回答しました。実際、消費者の

2019年4月4日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

平成30年間のCMタレントランキングまとまる平成のCM女王は上戸彩!

ニュース 平成30年間のCMタレントランキングまとまる 平成のCM女王は上戸彩!平成30年間のCMタレントランキングまとまる 平成のCM女王は上戸彩!株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度、関東地区において平成30年間(1989年1月1日~2018年12月31日)にテレビでオンエアされたCM出演タレントのランキングをまとめました。平成30年間のテレビCM出演累積秒数をもとにしたランキングをみると、最もCMに出演したタレントは「上戸彩」でした。2001年に「日清 カップヌ

2019年4月4日Pathee★フィードバック数:0マーケティング

Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査~実店舗集客の取り組み~

【Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査〜実店舗集客の取り組み〜】 店舗集客のために、検索エンジンの最適化を行なっている担当者はSEO 20.5%、MEO 12.3%となり、ローカル検索への取り組みは後手になっていることが明らかに! 駅から徒歩5分の検索サービス「Pathee」を提供する株式会社Pathee(パシー)(所在地:東京都品川区、代表取締役:寺田真介、以下当社)が展開する店舗向けデジタルマーケティング支援ツール「Patheeパートナー」(https://pathe

2019年4月2日エム・データ★★フィードバック数:0マーケティング

新人メタデータコーディネーターが「令和」について調べてみた!

こんにちは、メタデータコーディネーターの荒川です。ついに新しい元号が「令和」に決まり、昨日4月1日はなんだか楽しい一日でしたね。エム・データのオフィスでも、みんなでそわそわしながらテレビに釘付けでした。首相官邸にもほど近いため、発表直後外からヘリコプターの音が聞こえたりと、「日本が動いているなぁ」とわくわくしました。早くもテレビではお笑い芸人のメイプル超合金・カズレーザーさんの本名が「金子和令(かずのり)さん」であったり、鎌倉小町商店会の会長さんのお名前が「高橋令和(よしかず)さん」であったりと

2019年4月1日WACUL★★フィードバック数:0マーケティング

SaaSを扱うB2Bサイトにおける事例紹介ページの改善策の提言

SaaSを扱うB2Bサイトにおける事例紹介ページの改善策の提言B2B SaaSサービスを提供する企業における事例紹介ページのCVRを最大化する手法に関する調査—調査に至る前提B2B企業におけるウェブサイト設計は見込み客獲得のために重要性が高いウェブサイト設計はB2Bサイトであっても重要である。なぜならば、ウェブサイトにおける資料請求や問い合わせデータを通じて、自社サービスに対して関心の高い潜在顧客からのリードを獲得でき、結果的に営業工数の削減や、コスト削減につながるからである。特に、営業人員が多

2019年3月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Vチューバー」を、10代の約7割が認知

動画&動画広告 月次定点調査(2019年2月度)「Vチューバー」を、10代の約7割が認知10代の約3割に、「ライブ・ビューイング」の経験あり調査結果サマリー「Vチューバー」を、10代の約7割が認知 CG(コンピュータグラフィック)などで制作した架空のキャラクターを使ってYouTubeに動画配信や投稿を行っている「Vチューバー」(Virtual YouTuber)について、「知っている」人は37.5%でした。若年層ほど認知率が高く、10代は67.0%、20代は50.0%の人が認知していました。※「

2019年3月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

20代スマホユーザーの約4割が、「定額制音楽配信サービス」を利用

20代スマホユーザーの約4割が、「定額制音楽配信サービス」を利用 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年2月度)20代スマホユーザーの約4割が、「定額制音楽配信サービス」を利用10~20代が、Instagramに最も多く投稿するのは「ストーリーズに画像」調査結果サマリー20代スマホユーザーの約4割が、「定額制音楽配信サービス」を利用 10代から50代までのスマホユーザーのうち、「現在、定額制音楽配信サービスを利用している」人の割合は23.6%でした。年代別に見ると、10代(28.1

2019年3月25日MCEI東京支部★★フィードバック数:0マーケティング

今、注目の「デジタルマーケティング」、マーケティング実務家はどう実感し、どう活用しているのか?

今、注目の「デジタルマーケティング」、マーケティング実務家はどう実感し、どう活用しているのか? 約8 割の企業が既に開始しているが、本格的な取り組みはまだこれから!AI の活用や、デジタルとアナログの組み合わせがポイント! 最近、欠かせない取り組みが「デジタルマーケティング」。また経団連がAIについて、準備から実用化までの進捗状況を企業が自己採点できるチェックシートを作ったと報じられる今日この頃。●実際の業務・ビジネスの中での取り組みはどの程度進んでいるのか?●果たして本当に有効なのか?●その中

2019年3月25日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表!モバイル広告のTOPメディアソースをランキング パフォーマンスインデックス Edition VIIIで、モバイルおよびアプリマーケティング業界の最新状況が明らかに 2019年3月22日 - モバイルアトリビューションをリードするAppsFlyerは、本日最新のパフォーマンスインデックスをリリースし、進化するモバイル広告業界に関する最も包括的な最新レポートを発表しました。2018年後半の活動を網羅したこのレポートでは、370の

「SNSでの出会い」に関するアンケート調査

SNSで出会う時代? 「SNSでつながった知らない人と実際に会ったことがある」20代36.3% ~SNSで知り合った相手と実際に会ったその後「交流は続いている」40代50.4%~ Vol.125 QOM総研 「SNSでの出会い」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~29歳、40~49歳の独身男女2,

「AbemaTV」が若者のニュース接触態度調査を実施

サービスニュース 「AbemaTV」が若者のニュース接触態度調査を実施 毎日ニュースを見る若者は約70%、ニュース接触するメディアはインターネットが1位に~ニュースを毎日見る若者のうち、およそ5人に1人がAbemaTVでのニュース視聴経験あり~ 株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、15歳~19歳の男女1,000名にニュースの視聴態度や災害・緊急時の情報収集に関するアンケート調査を実施いたしました。「若者のニュース離れ」が

2019年3月15日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019

【スペシャル】アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019 Today’s Topic東京よりもそのほかアジア都市の方が、積極的にオンラインとオフラインを行き来しながら買い物をしているみたいだね! トランスコスモスでは、昨年に引き続き、アジアにおけるオンラインショッピングの利用実態と越境ECへの関心を探ることを目的として「アジア 10都市オンラインショッピング利用調査 2019」を実施しました。この調査は、東京を含むアジア 10都市におけるオンラインショッピング利用者 3200人

2019年3月15日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

2019年3月中高生のニュースに関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」、「両親・家族に聞く」、「友人・知人に聞く」 2022年4月1日の成人年齢引き下げ、91.4%が「知っている」 テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」

2019年3月14日MMDLabo★★フィードバック数:0マーケティング

中高生のフェイクニュースに関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > フェイクニュースに「騙されたことがある」26.3%、「騙されたことはない」73.7%騙された経験者のうち、61.0%がフェイクニュースを拡散してしまった フェイクニュースに「騙されたことがある」26.3%、「騙されたことはない」73.7%騙された経験者のうち、61.0%がフェイクニュースを拡散してしまった MMD研究所は、株式会社テスティ

2019年3月14日電通フィードバック数:0マーケティング

2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析2019年3月14日株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ 株式会社電通D2C/CCI/電通が共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施電通グループ3社(D2C/CCI/電通)は、電通が

2019年3月13日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

ネットエイジア調べ デート中、好感度ダウンを招くポイント活用術 1位「ワリカンして自分の分はポイント支払い」 日本人のポイント活用に関する調査2019モバイルリサーチ()を展開するネットエイジア株式会社()(本社:東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)は、2019年1月25日~1月29日の5日間、「日本人のポイント活用に関する調査」をインターネットリサーチにより実施し、20歳~49歳の男女2,000名(男性1,000名、女性1,000名)の回答を集計いたしました。今後もネッ

2019年3月12日GfKフィードバック数:0マーケティング

2018年コンタクトレンズ市場動向

GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のコンタクトレンズ・メガネ専門店の販売実績データ等を基に、2018年におけるコンタクトレンズ市場の販売動向について発表した*1 。 【概要】・2018年のコンタクトレンズ小売市場は、金額前年比5%増の3,130億円・一箱当たりの税抜き平均価格は3,050円と、前年から3%上昇 【コンタクトレンズ小売市場】2018年のコンタクトレンズ小売市場の販売金額は前年比5%増の3,130億円となった(図1)。販売金額の7割程度を占める1日使い捨てレンズが同6%増と好調で

2019年3月12日メルカリ★★フィードバック数:0マーケティング

「60代以上のフリマアプリ利用実態」に関する意識調査

プレスリリースメルカリ、「60代以上のフリマアプリ利用実態」に関する意識調査を発表60代以上 フリマアプリで約3割が「社会とのつながりを感じる」、その意識差は20代の約3倍~20代の利用目的は「お金を得るため」が約7割、一方60代以上は3.5割と約2倍の意識差~株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科前野隆司教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者・非利用者1,648名を対象に「60代以上のフリマアプリ利用実態」に関する意識調査を実施しました。これまでのフリマアプ

2019年3月11日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

国内調剤薬局市場の調査を実施(2018年)

調剤薬局は調剤報酬改定の影響を受けて利益率が低下し、業績回復は2019年度にずれ込む見通し~大手調剤薬局チェーンはM&Aを含む積極的な新規出店展開で業績拡大の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の調剤薬局市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.調査結果概要2017年度の国内調剤薬局市場は、調剤報酬改定および薬価改定の影響を受け減収企業が多かった2016年度と比較すると増収を達成した企業が多い。しかし、増収を達成した企業も、これまでと比較し

2019年3月8日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2019年2月27日 日本人のポイント活用に関する調査2019ネットエイジアリサーチ・消費者評価ランキング利用しているポイントサービス 1位「Tポイント」2位「楽天スーパーポイント」3位「Pontaポイント」ポイントの貯めやすさ満足度 「楽天スーパーポイント」がダントツ“お得感がある”ポイントの使い方 TOP3は「買い物で使う」「現金化」「特典航空券と交換」デート中、好感度ア

2019年3月8日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2018年の年間テレビCM出稿動向

ニュース 2018年の年間テレビCM出稿動向まとまる CM出演タレントは、関東地区「濱田 岳」がトップ「竹内涼真」も大躍進!2018年の年間テレビCM出稿動向まとまる CM出演タレントは、関東地区「濱田 岳」がトップ「竹内涼真」も大躍進!株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度、関東・関西・名古屋3地区の各民放5局を対象に2018年の年間(1月~12月)のテレビCM出稿動向をまとめました。まず、商品種類別でみると、3地区とも「通信・web系サービス」の出稿量(秒数)が最も

2019年3月8日エビリーフィードバック数:0マーケティング

2018年YouTuber案件王ランキング発表

2018年YouTuber案件王ランキング発表 今年はTOP10の半数以上が美容系YouTuberという結果に ソーシャル動画分析サービス「kamui tracker」(カムイトラッカー)及びYouTube総合情報メディア「かむなび」を運営する株式会社エビリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川恵介)は、今回、2018年の「YouTuberタイアップ動画起用社数ランキングTOP10」を発表します。本ランキングは、kamui trackerで独自に集計したデータを用い、2018年に最もタイア

2019年3月7日ビッグローブ★フィードバック数:0マーケティング

動画に関する意識調査

プレスルーム面白いのは「テレビ番組」6割も、 20代は過半数が「ネット動画・番組」と回答BIGLOBEが「動画に関する意識調査」第1弾を発表~テレビ「自主規制が強くなった」76.1%、原因は「視聴者」過半数に~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「動画に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ず

メールとビジネスチャットツールの利用実態調査

「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」働き方改革促進のカギは、社内メールの負荷軽減にあり ビジネスシーンでの会社非公式チャットツール利用は53%、シャドーITへの危機感薄く サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、2018年12月従業員数200人以上の企業で、主任クラス以上の会社員・経営者500名(有効回答500名)を対象とした、「メールとビジネスチャットツールの利用実態調査」を実施しました。 ◆主な調査結果について◆メールは96%、電話

2019年3月1日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

「No.1表示」広告が与える影響とは?購入意欲やブランドイメージを調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2019年3月1日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

SNS利用に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【若年層男女1,237名】SNS利用に関する調査 2019/02/21最近の若者にスポットを当てた、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて10代、20代男女1,237名(10代男性302名、10代女性311名、20代男性307名、20代女性317名)を対象に「SNS利用に関する調査」を実施!ミレニアル世代の最新SNS利用率や、SNS上での情報収集経験や共有する際の意識など調査の結果

2019年3月1日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

バナー広告と動画広告の不快感

スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 動画&動画広告 月次定点調査(2019年1月度)スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」「レシピ動画アプリ」利用率トップは「クラシル」調査結果サマリースマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 1月にスマートフォンで「バナー広告(静止画の広告)」と「動画広告」の両方を見掛けた人のうち、「動画広告より、バナー広告に不快感を持った」人は10.9%、「どちらも同じくらい不快だった」人は31.9%、「バナ

2019年3月1日テテマーチフィードバック数:0マーケティング

2018年に実施されたInstagramキャンペーン実績ランキング

【CAMPiN調べ】2018年に実施された Instagramキャンペーン実績ランキング SNSマーケティング支援を行うテテマーチ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:上田大介)は、同社が提供するSNSキャンペーンツール「CAMPiN」を利用し、2018年に開催された724件のSNSキャンペーンに関する調査を行いました。 SNSキャンペーンツール「CAMPiN」を利用し、2018年に開催された724件のSNSキャンペーンから調査したInstagramキャンペーン調査結果を報告します。【ペッ

2019年2月28日アディッシュ★フィードバック数:0マーケティング

「SNSビジネス活用とソーシャルリスク・炎上対策の実態」に関するインターネット調査

アディッシュがSNSの企業活用とソーシャルリスク対策の実態調査を実施、企業勤務者1051名の回答結果を公開 67%の回答者がソーシャルリスクの研修や対策を実施と回答。リスク対策が広く浸透 アディッシュは、2018年12月14日~12月21日に、自社でSNSを運用している企業勤務者を対象に「SNSビジネス活用とソーシャルリスク・炎上対策の実態」に関するインターネット調査を実施、1051名の回答を公開しました。利用しているSNSの種類や数、社内体制やソーシャルリスクに対する向き合い方などを調査しまと

2019年2月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

スマホ利用時の検索手法

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年1月度)音声検索は、10代より60代に浸透約半数が、スマホアプリの改変後に「使いにくいと感じた」調査結果サマリー音声検索を、60代の約2割が「文字検索と同程度に利用」 スマートフォンでの検索方法を聞いたところ、「テキスト入力しか利用しない」(52.5%)と答えた人が最も多く、次いで「テキスト入力が多い」(34.3%)、「テキスト入力と音声入力を同程度に利用」(9.8%)、「音声入力が多い」(3.5%)※でした。年代別で見ると「テキスト入力しか利

2019年2月27日RJCリサーチフィードバック数:0マーケティング

訪日外国人SNS投稿ランキング-2018年年間ランキング-

<訪日外国人SNS投稿ランキング -2018年年間ランキング... <訪日外国人SNS投稿ランキング -2018年年間ランキング-> 「USJ」が年間総合・観光レジャー部門の第1位ショッピング部門では「ローソン」、 グルメ部門では「築地市場」がそれぞれ1位にランクイン株式会社RJCリサーチ(東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 耕太郎、以下 RJCリサーチ)と株式会社ナイトレイ(東京都渋谷区、代表取締役:石川 豊、以下 ナイトレイ)は、2社共同で「インバウンドレポート2018」(2018年1

動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート

<動画配信(VOD)市場規模の予測>2018年の市場規模推計は前年の19.5%増、SVOD市場シェアはNetflix・DAZN・Abemaが拡大 動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都港区、代表取締役:梅津 文)は2月20日、2018年の動画配信(VOD)市場と、その後2023年までの市場規模を3つのシナリオで予測し

2019年2月26日フィードフォース★フィードバック数:0マーケティング

フィードフォース、ソーシャルログイン利用状況調査2019を発表

フィードフォース、ソーシャルログイン利用状況調査2019を発表~過去1年間で最も多く利用されたのはLINEログインが56.1%で初のトップに~株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、ソーシャルログイン/ID連携サービス「ソーシャルPLUS」を導入したサイトにおいて、LINE・Yahoo! JAPAN・Facebook・Twitter・Googleの5種類のアカウントを対象に、過去1年間(2018年2月~2019年1月)のソーシャルログ

2019年2月25日インフォデックス★フィードバック数:0マーケティング

重要なのは「信頼」。アンケートで分かったクリックしたくなるバナーとは?

重要なのは「信頼」。アンケートで分かったクリックしたくなるバナーとは?マーケティングを心理学視点で考えるメディア『Web行動心理学研究所(https://wbpl.infodex.co.jp/)』は、2月22日に最新コンテンツを公開。今回は、昨年実施したアンケート調査をもとに、ユーザーがクリックしたくなるバナーを考察した内容になっています。マーケティング、Web広告関係者のみなさまのお役に立てれば幸いです。 マーケティングを心理学視点で考えるメディア『Web行動心理学研究所(https://wb

2019年2月22日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

映像配信サービスに関するアンケート調査(第6回)

映像配信サービスに関するアンケート調査(第6回) ■映像配信サービス視聴経験者は全体の4割、直近1年間利用者は3割強で、2015年以降増加傾向。週1回以上利用者は全体の2割弱、直近1年間利用者のうち5割強、過去調査と比べ増加傾向。■映像配信サービス直近1年間利用者のうち「定額制見放題プランを利用、追加購入はしていない」は3割強、「定額制見放題プランを利用し、新作・限定動画などを追加購入」は1割強。視聴機器は「ノートパソコン」が直近1年間利用者の4割弱、「テレビ」「スマートフォン」「デスクト

2019年2月22日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン第1弾」のマーケティング効果を調査

先頭へ末尾へ調査データ 2019年02月14日ライバル決済アプリを一挙に逆転PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン第1弾」のマーケティング効果を調査 ◆ピークの12月13日には、1日に471万人がアプリを起動◆50代以上のミドル、シニアと女性の関心を獲得◆増加する富裕層ユーザーネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、201

2019年2月22日Teads Japan★フィードバック数:0マーケティング

「効果のある6秒ビデオ動画広告を制作するためには」Teadsリサーチ結果を公式リリース

「効果のある6秒ビデオ動画広告を制作するためには」Teadsリサーチ結果を公式リリース How to make six-second ads work harder ビューアブルでフラウドを排除した広告プラットフォームを提供するTeads(本社:フランス・パリ市、以下「Teads」)は、短い広告がユーザー(ヒト)の感情面に与える影響や、モバイルで6秒の動画広告フォーマットを最大限に活用する方法を明らかにしました。 効果のある6秒ビデオ動画を制作するためにHow to make six-secon

2019年2月21日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第20回)

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第20回) ■インターネットバンキング現在利用者は全体の6割強。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などが利用者の各8割。新生銀行主利用者、住信SBIネット銀行主利用者などでは「振り込み・送金」が最も多い。■最頻利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、住信SBIネット銀行主利用者、ソニー銀行主利用者、三菱UFJ銀行主利用者などで各30%台。■インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が利用者・経験者の7

2019年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

月額制動画配信サービスの利用率

月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位 動画&動画広告月次定点調査 2018年総集編【トレンドトピック版】月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位10代の購買に最も影響を与えた動画広告は「Instagram」調査結果サマリー月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位 2018年9月度調査において、最も多くの人が「利用中」と回答した月額制動画配信サービスは、2017年に引き続いて

2019年2月19日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)実施のお知らせ株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、一般社団法人日本雑誌協会(理事長:鹿谷 史明)及び一般社団法人日本雑誌広告協会(理事長:堀内 丸恵)に協力し、2013年に立ち上げた雑誌広告効果測定調査「M-VALUE」の第6回調査を、2019年3月より実施いたします。近年、広告効果やアカウンタビリティに対する意識が高まる中、雑

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ