調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

令和初「ユーザビリティランキング2020」発表

令和初「ユーザビリティランキング2020」発表リニューアルし... 令和初「ユーザビリティランキング2020」発表 リニューアルした企業が大幅ランクアップ~ 半数の企業でCX向上に向けたサイト改善意識の高まり ~トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)および子会社である株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、「ユーザビリティランキング2020<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユ

2020年1月28日オリジナルラボフィードバック数:0マーケティング

コピーライターについてアンケート

1月28日はコピーライターの日!コピーライターって何をする人?有名なキャッチコピーは何?コピーライターについて徹底アンケート!! 1枚からWeb上でオリジナルTシャツが作れる「TMIX(ティーミックス)」は、話題のネタや様々なイベントについてアンケートを行い、調査結果をお届けします。1月28日はコピーライターの日です。コピーライターという職業は聞いたことがあっても、何をしている人なのかはピンとこない人も多いと思います。なので、コピーライターの日にちなんで、コピーライターの職業や、有名なキャッチ

2020年1月28日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験 動画&動画広告 月次定点調査(2019年12月度)YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験年末年始、動画視聴のデバイスとして「テレビ」「スマートフォン」がほぼ同率調査結果サマリー YouTube で、スキップできない、6 秒以下の短い動画広告(バンパー広告)を視聴したことがある人のうち、バンパー広告の視聴後、「その商品・サービスを検索したことがある」人は24.1 %、「広告元のサ

2020年1月27日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

化粧品メーカーのブランドイメージに関するアンケート調査(第4回)

化粧品メーカーのブランドイメージに関するアンケート調査(第4回) ■『信頼性・安心感』『親近感』がある化粧品関連企業は、「資生堂」「花王」「カネボウ化粧品」が上位3位。4位以下は、『信頼性・安心感』では「コーセー」「DHC」「ファンケル」「ポーラ」、『親近感』では「ちふれ化粧品」「コーセー」「DHC」となっている。■『企画力・開発力』がある化粧品関連企業は、「資生堂」「花王」「DHC」が各2~3割。■『独自性がある』は、「再春館製薬所」「資生堂」「DHC」が各10%台、「いずれもない」が4

2020年1月24日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2019年12月中京圏ラジオ調査結果

ニュース ビデオリサーチ2019年12月度中京圏ラジオ調査結果まとまるビデオリサーチ2019年12月度中京圏ラジオ調査結果まとまるニュース お問い合わせ

2020年1月24日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2019年12月度関西圏ラジオ調査結果

ニュース ビデオリサーチ2019年12月度関西圏ラジオ調査結果まとまるビデオリサーチ2019年12月度関西圏ラジオ調査結果まとまるニュース お問い合わせ

2020年1月17日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

ビデオリサーチ2019年12月度首都圏ラジオ調査結果まとまる

ニュース ビデオリサーチ2019年12月度首都圏ラジオ調査結果まとまるビデオリサーチ2019年12月度首都圏ラジオ調査結果まとまるニュース お問い合わせ

2020年1月16日本田技研工業フィードバック数:0マーケティング

家族でのおでかけとSNS投稿について

子育てパパママに人気のおでかけハッシュタグは「幼稚園ママ」「親バカ部」「男の子ママ/女の子ママ」 「家族全員で毎週おでかけ」41.8% おでかけ時の悩み1位「荷物を“減らそうとがんばる“荷作り」70.1% 本田技研工業株式会社は、ミニバン型乗用車「STEP WGN(ステップワゴン)」をはじめとする車を通じ、家族がドライブや車の中で一緒に楽しめる時間を提供することを目指しています。今回、家族全員でのおでかけ事情を明らかにするために、2人以上のお子さんがおり、一番上のお子さんの年齢が3~9歳である3

2020年1月16日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査

ホーム プレスリリース調査結果により、75.5%がデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と回答-「大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査」結果- 【PRESS RELEASE】2020年1月16日株式会社富士通総研調査結果により、75.5%がデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と回答-「大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査」結果-富士通総研は(注1)、大企業におけるデジタルマーケティングの成果を出すポイントを探ることを目的に取り組み実態を調査しました。

2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」

2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」 「アドテック東京」をはじめとした、国内主要マーケティングカンファレンス参加の広告主に聞いた「マーケターアンケート2020」集計結果を発表。今年実施のカンファレンスにここで得られた企業のニーズを反映。 マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、同社が主催するマ

2020年1月15日TVISION INSIGHTSフィードバック数:0マーケティング

企業CMランキング(2019年11月)を発表

企業CMランキング(2019年11月)を発表 2019年11月に全業界で最もCMが見られていたのは、日本生命保険 人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢から「視聴質」データを取得・提供するTVISION INSIGHTS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:郡谷康士 以下「当社」)では、独自に計測した視聴質データを基に、視聴者がどのようなCMを注視していたかを調査・分析しています。今回は月間で最も見られていたCMを調査する「企業CMランキング(2019年11月)」を作成しました。

2020年1月15日コムニコ★フィードバック数:0マーケティング

5,000人に聞いた!Twitterキャンペーンに関する意識調査

2020年に押さえておきたい!Twitterキャンペーン成功のコツ 2019年10月28日~31日までの4日間、株式会社コムニコ企画のハロウィンをテーマにしたインスタントウィンキャンペーン「#みんなでトリックorリツイート キャンペーン」を開催。Wチャンスキャンペーンも並走して行い、これに参加したユーザーへウェブアンケートを実施。売上/ブランド好意度向上においてのTwitterキャンペーンの効果について、5,165名の回答から得た調査結果をご紹介します。なお、調査結果の詳しい資料のダウンロードも

第38回 Ponta消費意識調査

第38回 Ponta消費意識調査 2019年12月発表ポイント還元で、キャッシュレス決済の利用頻度が「増えた」は、50.6%ポイント還元終了した後も 「変わらない」 が約6割以上 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第38回 Ponta消費意識調査」を「Pontaリサーチ」にて2019年11月29日(金)~ 12月5日(木)に

2019年12月27日ピクスタフィードバック数:0マーケティング

Creative Trend 2020

検索ワード、販売動向から写真・イラスト表現の2020年トレンドを予測「Creative Trend 2020」発表 2020年1月22日(水)にはデザイナー向けイベント『アートディレクターと語るビジュアルトレンド』も開催 ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416、以下「ピクスタ」)が運営する、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」(https://pixta.jp)は、PIXTAサイト内で検索されたキーワードと販売され

TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN

TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN~ニールセン2019年日本のインターネットサービス利用者数/利用時間ランキングを発表~ ・トータルデジタルで日本人口の半数以上がGoogle、Yahoo Japan、YouTubeを月1回以上利用・スマートフォンアプリの利用率1位は昨年に続き「LINE」、2位には「YouTube」がランクイン・利用時間シェアでは「Instagram」「Facebook」「スマートニュース」アプリがTOP10入り 東京、2019年12月19日 - 視聴

2019年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」

最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』 ~月額制動画配信サービス利用者の4割が、有料サービスを複数利用~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』の結果を発表します。本調査は、17

マーケター実態調査 2019年

アライドアーキテクツ、「マーケター実態調査 2019年」を実施4割以上が重要業務に時間を割けていないと回答2019年12月26日  ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)は、マーケターの実態を調査するためアンケートを実施し、アライドアーキテクツのイベント及びセミナーに参加した企業に所属するマーケター92名が回答しました。昨今、スマホやSNS、各種メディア

2019年12月24日ヴァズ★フィードバック数:0マーケティング

フォトジェニックトレンド2019

2019年、料理SNSでシェアされた写真のトレンドは「明日できる、ワンランク上の世界観」!2020年の予想も発表。 ~累計2,000万枚の料理写真投稿アプリ「SnapDish」が選ぶ「フォトジェニックトレンド2019」を発表!~ 料理写真共有アプリ「SnapDish」 (スナップディッシュ) を運営するヴァズ株式会社(所在地:東京都武蔵野市、代表取締役:舟田 善)は、2019年の食トレンドを表す「フォトジェニックトレンド2019」を選出しましたので、ここにお知らせします。当社は、時代とともに変化

2019年度Media in Mindデジタルメディア調査

IPG メディアブランズのデジタルメディア調査Media in Mindの結果、“2030年に実現・普及が期待される技術”トップ3は「ナノテクノロジー」「iPS細胞、ゲノム編集」「介護ロボット」 2019年度Media in Mindデジタルメディア調査では、第四次産業革命まっただ中と言われる現代において、10年後の2030年には、私たちの生活が大きく変わることが予想される中、通常のデジタルメディアの利用に関してだけでなく、生活者はどのような新しい技術に期待をしているのかを聴取いたしました。

Tカードの商品クチコミサービス「カッテミル」、2019年間ランキングを発表!

ニュースリリースTカードの商品クチコミサービス「カッテミル」、2019年間ランキングを発表!ユーザー評価1位は「アサヒ スーパードライ 瞬冷辛口」 最もクチコミを集めたのは「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」 https://km.tsite.jp/html/2019ranking/ CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、Tカードのお買い物履歴から商品のクチコミができるサービス「カッテミル」における「2019年 カッテミル年間ランキング

2019年12月20日テスティーラボフィードバック数:0マーケティング

Instagramキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアInstagramキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】 2019/12/06 2019/12/17Lab高校生296名、女子高校生502名、男子大学生333名、女子大学生500名)を対象に「Instagramキャンペーン」に関する調査を実施しました。Instagramキャンペーンの参加経験率やキャンペーンを知ったきっかけ、キャンペーン参加後の態度変容などをご覧ください!また、この調査データを

ブランドに対する「熱狂度」「推奨意向度」や 熱狂者の特性を明らかにする『熱狂ブランド調査 2019』を公開

Titleブランドに対する「熱狂度」「推奨意向度」や 熱狂者の特性を明らかにする『熱狂ブランド調査 2019』を公開 Category プレスリリース DateDec 19, 2019 「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたび4年連続の実施となる熱狂ブランド調査』の調査レポートを公開いたしました。2019年度は「定額制音楽配信サービス」を新たに含む20カテゴリー

2019年12月19日ベーシック★★フィードバック数:0マーケティング

BtoBマーケティング担当者の6割がオウンドメディアに対して前向き、3割が開始から1年で成果を実感したと回答

BtoBマーケティング担当者の6割がオウンドメディアに対して前向き、3割が開始から1年で成果を実感したと回答 〜BtoBマーケティング担当者を対象にオウンドメディアについてアンケートを実施〜BtoBのWebマーケティングツール「ferret One」を提供する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は、11月6~13日、BtoB企業のマーケティング担当者142名を対象に、オウンドメディア※1実態調査を実施しました。2019年には大手企業が運営するオウンドメデ

テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019

J:COM調べ “番組を見逃した!” それでも見たいとき 平... J:COM調べ“番組を見逃した!” それでも見たいとき平成世代は「テレビ局の見逃し配信」、 バブル・団塊世代は「再放送を待つ」~テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019~株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)は、テレビ放送と動画配信サービスが1台で楽しめるJ:COM TVの新STB「J:COM LINK」の提供開始にあわせて、テレビを見ることがある“平成世代”(

2019年12月16日Yext★★フィードバック数:0マーケティング

2020年の検索トレンド:消費者の検索行動はより活発に

2020年の検索トレンド:消費者の検索行動はより活発に ~ 年間を通じた顧客の検索の傾向を米国Yextが調査 ~ ※本リリースは、米国 Yext, Inc.が 2019 年 11月21日(現地時間)に配信した英文リリースに基づき作成した日本語抄訳です。自社ブランドサイト、検索エンジンやマップ、SNSなどの、あらゆるデジタル・サービス上で企業の正しい情報発信を可能にするYext(NYSE:YEXT、日本法人:株式会社Yext(イエクスト)、代表取締役会長兼CEO:宇陀 栄次)は、消費者の過去1年間

2019年12月13日電通デジタル★★フィードバック数:0マーケティング

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2019年版を発表

「70%が着手」と本格化進む日本企業のDX 成果創出のカギは経営トップのコミットメント - 電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2019年版を発表 -2019年12月13日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、株式会社日経BPコンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2019年度)」を実施しました。同調査レポートより一部調査結果を発表します。<本調査結果の

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テ... テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いたテレビCMに対する価値評価 2019年版50%以上がテレビCM投資増、動画広告と比較し期待効果に乖離が生じる結果に株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第14弾として、「テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テレビCMに対する価値評価 2019年版」を実施いたしましたので

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

シニア関連市場に関する調査を実施(2018年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 消費の主役として注目、拡大するシニア関連市場 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2017年のシニア関連市場を調査し、業界別の動向と企業戦略を明らかにした。1.市場概況今回算出した2017年のシニア関連主要マーケットの総市場は、50兆5,673億円と前年比2.0%の増加となっている。大分類によるカテゴリー別にみると、介護・リハビリ市場が前年比1.1%増、住宅市場が同7.3%増、宅配市場が同3.2%増、各種支援サービス市場が

2019年12月12日JIAA★★フィードバック数:0マーケティング

JIAA、インターネット広告に関するユーザー意識調査結果を発表

Skip to contentJIAA、インターネット広告に関するユーザー意識調査結果を発表 2019.12.11JIAA、インターネット広告に関するユーザー意識調査結果を発表 -「キーワードは“信頼性”」ユーザーの9割が広告を受容ユーザーの6割が広告役割・メリットを理解ユーザーの8割が情報活用に不安を感じているJIAAがインターネットユーザー全国5,000人に対して実施した「2019年インターネット広告に関するユーザー意識調査」において、インターネットユーザーは広告の役割やメリットを理解して

テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019

テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019

オンラインビデオの状況 2019

ライムライトが選ばれる理由サービス紹介問題解決業種別事例ニュース/イベント ライムライト・ネットワークス、「オンラインビデオの状況 2019」調査結果を発表 ライムライト・ネットワークス、「オンラインビデオの状況 2019」調査結果を発表 テレビ離れが深刻化するも、ネットでのまとめ視聴が浸透 – 視聴コンテンツは、身近な人からのお勧めよりも「サービスからのお勧め」 –東京―日本高品質のオンライン動画体験とリアルタイムエッジ対応のワークフローを提供するライムライト・ネットワークスの日本

在日中国人女性のSNS利用実態を調査

在日中国人女性のSNS利用実態を調査商品試用がきっかけで98%が他者推奨、76%が購入を経験、高いクチコミ生成率や購買への影響が明らかに2019年12月10日  ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)は、当社が独自に構築する日本最大級の在日中国人女性コミュニティー「BoJapan」を対象に、中国SNSの利用実態を調査するためアンケートを実施、日本国内に住

2019年12月6日TVISION INSIGHTS★フィードバック数:0マーケティング

サザエさん一家がCMの中に!?サザエさんコラボCMはTwitterで話題になっただけでなく視聴質も高かった

サザエさん一家がCMの中に!?サザエさんコラボCMはTwitterで話題になっただけでなく視聴質も高かった TVISION INSIGHTS株式会社TOP » 調査結果 » サザエさん一家がCMの中に!?サザエさんコラボCMはTwitterで話題になっただけでなく視聴質も高かった TVISION INSIGHTS (以下TVISION) では独自に計測した視聴質データを基に、2019年11月24日(日)の18時30分から20時にフジテレビで放送された『サザエさん放送50周年記念スペシャル

2019年12月5日Brightcoveフィードバック数:0マーケティング

ブライトコーブ、グローバル・ビデオ・インデックスレポートを公開

日本・韓国における動画視聴の約8割がモバイルデバイスから:ブライトコーブ、グローバル・ビデオ・インデックスレポートを公開 成長するOTT基盤における視聴者行動を解き明かす四半期レポート 動画用クラウドサービスの大手プロバイダーであるブライトコーブ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長兼本社シニアバイスプレジデント:川延 浩彰、以下 ブライトコーブ)は、日本を含むグローバルの視聴者が、どのように動画を視聴しているか、どのようなデバイスで視聴しているか、そしてどのようなタイプの動画コンテンツを

2019年12月5日FULLERフィードバック数:0マーケティング

フラーとエム・データ、「TVCMの放映回数とモバイルアプリ利用に関する調査」を実施

当サイトは、サイトの利便性、品質の維持と向上、および、より安全な環境の提供を目的に、 プライバシーポリシー に基づいてCookieを使用します。Cookieの使用に同意いただける場合は、「同意する」をクリックしてください。フラーとエム・データ、「TVCMの放映回数とモバイルアプリ利用に関する調査」を実施TVCMの放映によるアプリ利用の変化には短期と中長期「2つの波」が存在。2019-11-26アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社(本社:千葉県柏市

2019年12月4日セガゲームスフィードバック数:0マーケティング

シニア世代におけるサブスクリプションサービスに関する調査

<シニア層の趣味活動を応援するウェブサイト『シュミカツ!』 シニア世代アンケート>サブスクリプションサービスに関する調査結果~サブスクリプションサービスのシニア世代攻略のカギはワンコイン!?~ シニアにおけるサブスクリプションサービス利用経験率は約1割 未利用者の5割以上が「今後利用してみたい思うサービスがある」と回答し、1ヶ月に支払っても構わないと思う価格帯は「500円以下」が最多 近年、製品やサービスを購入するのではなく、一定期間の利用に対して代金を支払う定額サービス「サブスクリプションサー

2019年12月4日True Dataフィードバック数:0マーケティング

ドラッグストア2019年10月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2019年10月のインバウンド消費調査〉イン... 〈ドラッグストア2019年10月のインバウンド消費調査〉 インバウンド人気の「ピーチ」、ハンドクリームにも ~インバウンド消費購買金額は、前年同月比で約2割の減少~データマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年10月のインバウンド消費動向調査を発表します。当社の調査によると、ドラッグストアにおける1店舗あた

2019年12月3日ネオレアフィードバック数:0マーケティング

「プリクラ」に関するアンケート調査

【イマドキのプリクラ事情】なぜ若者はスマホ時代に“400円”のプリクラを撮るのかについての実態調査 プリクラは特別な日の記念に、カメラアプリは日常のひとこまの記録。 女子高生・女子大生を中心とした若者向けのサービスの企画・コンサルティングを提供する株式会社ネオレア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:戎 光璃)は、女子高生・女子大生150名に対して「プリクラ」に関するアンケート調査を実施いたしました。 〈調査背景〉 最初のプリクラであるアトラス社製の「プリント倶楽部」が渋谷のゲームセンターに登場した

2019年11月29日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

C to C(個人間取引)市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています フリマアプリの好調からCtoC物販市場規模は1兆円突破 物販・サービスいずれの分野も、一部の大手企業が市場拡大を牽引 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、2018~2019年における国内CtoC(個人間取引)市場を調査し、現況、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。 図1.CtoC物販分野 市場規模(流通総額ベース、単位:億円) 図2.CtoCサービス分野 ジャンル別市場規模(成約総額ベース、単位:億円)1.市場概況

2019年11月28日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2019

多様化が進む コミュニケーションスタイル消費者間の コミュニケーションの変化「メッセージングアプリ」の利用が13ポイント上昇し、「電話」や「Eメール」の利用を上回った。また「SNS」も10ポイント上昇しており、従来型の音声やテキスト中心から、画像や絵文字・スタンプ等を交えたコミュニケーションが普及・定着してきている。 消費者と企業の コミュニケーションの変化消費者と企業のコミュニケーションではスマホを起点にしたチャネル利用が増加。「チャット」や「メッセージングアプリ」は確実に普及・定着し始めて

2019年11月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者100人に聞いた Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版

企業の広告宣伝担当者100人に聞いたCookie等を用いたユ... 企業の広告宣伝担当者100人に聞いた Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版直近1年間で、広告効果測定の手段として強く不足を感じる層が増加株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第13弾として、「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版」を実施いたしましたので結果を発表いたします。本レポートは、

2019年11月28日SAS Institute★★フィードバック数:0マーケティング

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス2030年にはカスタマー・エンゲージメントの67%がスマートマシンによって処理されることが明らかに イタリア・ミラノ「SAS Analytics Experience 2019」発アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Futurum Research社と共同で実施した調査「Experience 2030: The Future of Customer Exper

職場内のSNSの交換状況についての調査

上司とSNSで繋がる派?繋がらない派?社会人の39%上司とSNSを交換していないと回答!職場の人とSNS交換したくない理由とは? ベースメントアップス株式会社が「職場内のSNSの交換状況についての調査」を実施しました。 【調査概要:仕事に関する意識調査】■調査日:2019年11月12日 〜2019年11月19日■調査方法 :インターネット調査■調査人数 :206名■調査対象 :社会人 ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職

2019年ティーンが選ぶトレンドランキング

> 「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表! 「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表!【ランキング概要】2019年の年間トレンドランキングは、上半期と同様に、テレビに影響を強く受けているだけでなく、テレビとSNS、両方で相乗効果を生み出し、流行につながったものが多くランクインする結果となりました。 【ヒトランキング】1位 『横浜流星』上半期1位に輝いた俳優・横浜流星さんが、年間ランキングでも見事1位にランクイン。上半期に出演した、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で

2019年11月26日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

DMP/MA市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 急拡大するDMP/MA市場、2019年には34.4%増の668億円に成長見込 ~DMPは顧客個人を軸としたマーケティング施策展開が加速、MAはAIを活用した予測やオフラインデータとの統合が進展の見通し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内DMP/MA市場を調査し、市場概況、参入企業の動向や将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年のDMP/MA市場規模(事業者売上高ベース)は497億円となった。そのうち、DMP

CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施

TOPnewsCCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~2019.11.25.CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測2018年-2023年株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京

2019年11月22日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多 ~ SNSマーケティングにおける消費者の意識調査 ~ SNS投稿で重視するもの、10~20代は『投稿の見た目』/50~60代は『投稿の内容』  株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小嶋 雄介、以下 Macbee Planet)は、データを活用したマーケティングによってプロモーション設計を行うテクノロジー企業です。今回は近年増加しているSNSを活用したマーケティング

インフルエンサーマーケティングの実態を調査

> インフルエンサーマーケティング取り組み状況に関する実態調査(メソッド委員会) インフルエンサーマーケティング取り組み状況に関する実態調査(メソッド委員会) 多くのインフルエンサーはWOMJガイドラインに準拠した投稿を実践 一方で「便益(金銭・物品・サービス提供の有無)」明示には課題も インフルエンサーに対し、インフルエンサーマーケティングの実態を調査 日本のWOM(クチコミ)マーケティングの発展を目指すWOMマーケティング協議会(所在地:東京都世田谷区 理事長:井上一郎 略称:WOMJ

2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート サマリー モバイル広告の予算がウェブからアプリへとシフトし、CPIキャンペーンだけでなくブランディングのために広告主がアプリ内広告を今後益々活用していくと予想されるなかで、アプリ内広告市場について理解することは重要です。PubMaticは、株式会社デジタルインファクトと共同で、メディアバイヤーを対象に2019年の国内市場のアプリ内広告の意識調査を実施しました。この調査のハイライトは以下となります。デジタル広告予算全体のアプリ内広告予

2019年11月21日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

排除から共存へ - グローバルデジタルエコノミーに対応するマーケティング戦略が必要な理由(FROM EXCLUSION TO INCLUSION)

ホワイトペーパー「排除から共存へ - グローバルデジタルエコノミーに対応するマーケティング戦略が必要な理由(FROM EXCLUSION TO INCLUSION)」を発表! LGBTQ+の人々の購買力は3兆7000億USD、全世界で女性の消費額は年間18兆USD以上! 未開拓の消費”を掘り起こす!新たなビジネス成長をもたらすインクルージョンの概念インクルーシブマーケティングの最前線を調査 iProspect Japan(アイプロスペクト・ジャパン株式会社、CEO:金井 耕一、所在地:東京都中央

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お知らせ