調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年9月5日アンダーワークス★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2019年度版を公表

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2019年度版を公表広告からデータ管理、CRMまであらゆる領域のマーケティングテクノロジーを独自調査、13分野930テクノロジーを掲載デジタルマーケティングを支援するアンダーワークス株式会社は、昨年公表した2018年版マーケティングテクノロジーカオスマップを大幅にアップデートし、国内主要マーケティングテクノロジー13分野930テクノロジーの一覧を「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」として公表しました。マーケティングテクノ

サポートサイトの経済効果、トップはdocomo(携帯電話会社)で159億円

サポートサイトの経済効果、トップはdocomo(携帯電話会社)で159億円トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤洋)は、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2019」の結果を発表しました。 本調査では21業種、125製品・サービスのサポートサイトおよびコールセンターについて、利用経験者による評価を行っています。(インターネット調査、有効回答数12,000人、調査期間2019年5月31日〜6月25日)「サポートサイト価値」とは、サイト利用頻度や問題解決率など

2019年9月3日Gushcloud Japan★フィードバック数:0マーケティング

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計 ・インバウンド・デジタル広告市場規模※1は298億円、2020年は506億円・インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模※2は30億円、2020年には63億・日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は249億円、2020年は390億円 東南アジアを 中心に世界11か国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Internationalの日本法人である、株式会社Gushcloud Ja

2019年9月3日ウェブ解析士協会フィードバック数:0マーケティング

【ウェブ解析士資格】 受講者数・受験者数・合格者数(2019年7月1日~7月31日)

【ウェブ解析士資格】 受講者数・受験者数・合格者数(2019年7月1日~7月31日) ウェブ解析士は、成果につながるウェブ解析ができる人材を育成するための認定資格となります。 一般社団法人ウェブ解析士協会(所在地:新宿区、代表理事:江尻 俊章)は、地方創生を掲げており、事業の成果に導くウェブ解析を広く学ぶ機会の創出、研究開発、関心を持つ方の交流促進、就業及びビジネスマッチング機会の創造、情報流通促進を行うことを主軸に考えております。また、若い世代へのウェブ解析に触れるチャンスを提供する社会教

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊 一般財団法人デジタルコンテンツ協会(会長:河口 洋一郎 東京大学名誉教授)は 『デジタルコンテンツ白書2019』(監修:経済産業省 商務情報政策局)を9月1日に発刊いたしました。当協会では2001年より毎年、国内のコンテンツ産業の市場規模の調査を行っております。本白書ではその市場規模の詳細データを掲載すると共に、マンガ/アニメーション/映画/音楽/ゲーム/オンラインゲーム/ライブエンターテインメントなどのコンテンツ分野別動向や、ソーシャルメディア/

2019年8月28日TVISION INSIGHTS★フィードバック数:0マーケティング

企業CMランキング(2019年7月)

TVISION INSIGHTS (以下TVISION)では、独自に計測した視聴質データを基に視聴者がどんなCMを注視していたか、「企業CMランキング(2019年7月)」を作成しました。このランキングは、VI値とAI値をかけあわせた「VI値×AI値」の高い順に順位づけしました。これは専念視聴度合いを示す指標であり、数値が高いほどそのCMがよく注視されていることを示します。VI値×AI値は2019年7月1日の放送から1,000GRPに到達するまでの平均値を使用しており、企業ごとの出稿量の違いを省い

2019年8月27日まーけっちフィードバック数:0マーケティング

1371記事 徹底分析「マーケティング」トレンドの変化を読み取る 3年前との「失敗」キーワード比較

/ / 1371記事 徹底分析「マーケティング」トレンドの変化を読み取る 3年前との「失敗」キーワード比較1371記事 徹底分析「マーケティング」トレンドの変化を読み取る 3年前との「失敗」キーワード比較テクノロジーや顧客・ユーザーのニーズ・視聴媒体など、移り変わりの早いマーケティング業界。 3年後、5年後、10年後はどうなっているのでしょうか。 トレンド・マーケティングの流れと傾向をつかむ為に、まずは過去からの比較を「失敗」というキーワードに焦点をあてて、1300記事以上を比較分析しました!

2019年8月27日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

hakuhodo.movie 「動画生活者統合調査2019」を実施

NEWShakuhodo.movie 「動画生活者®統合調査2019」を実施 テレビ視聴もネット視聴も長い「テレビもネットも層」は消費意欲が6割と高い傾向 2019年08月27日株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)など博報堂DYグループ4社横断の、動画を使ったマーケティング効果の最大化を目指すプロジェクト「hakuhodo.movie(ハクホウドウ・ドット・ムービー)」は、「動画生活者®統合調査2019」を実施いたしました。動画の視聴デバイスが多様化している現在、本調査では「テ

2019年8月22日ヤフー★フィードバック数:0マーケティング

シフォンケーキの失敗理由をデータで解明? ビッグデータで簡単にユーザーの声を集める方法

2019/08/20シフォンケーキの失敗理由をデータで解明⁉ ビッグデータで簡単にユーザーの声を集める方法 こんにちは、Yahoo!ビッグデータレポートチームのいけみーです。今回はビッグデータを使って、まるでアンケートやユーザーヒアリングをしたかのようにユーザーの声を簡単に抽出して可視化する方法をご紹介します。皆さん、仕事をしているとこのような場面に直面することはありませんか?「発売した新製品の評判や不満を知りたい!」「リリースしたサービスに対する要望を把握したい」「隙間ニーズを見つけたいが方法

7.2兆円産業に成長のドラッグストア、40万枚のレシートから分析

7.2兆円産業に成長のドラッグストア、40万枚のレシートから分析~「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」2018年以降のドラッグストア購買行動~報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2019年8月20日~「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」年以降のドラッグストア購買行動~ [調査結果のポイント※()都道府県は本社所在地を記載。 ・POB会員のレシート購入金額から売上シェアを比較すると、19年上期は「1位ウエルシアG

2019年8月20日EVERRISE★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット運用型広告の出稿先50%がGoogle、年間で広告費400億円分

【調査・データ】インターネット運用型広告の出稿先、50%がGoogle 年間400億円分広告運用のデータ収集を支援するサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供する株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田宏昌)はこのたび、インターネット広告媒体費の多くを占める「運用型広告費」のうち、広告運用を行う企業がHARBESTを活用して収集した2018年1年間の計801億円分の運用データについて、広告費の支払先を分析しました。その結果、支払先の上位5社は下記の表の通りでした。HAR

サポートサイト優良企業、 トップはオルビス(化粧品通販・健康食品通販)

サポートサイト優良企業、トップはオルビス(化粧品通販・健康食品通販)トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤洋)は、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2019」の結果を発表しました。 本調査では21業種、125製品・サービスのサポートサイトおよびコールセンターについて、利用経験者による評価を行っています。 (インターネット調査、有効回答数12,000人、調査期間2019年5月31日〜6月25日) ■サポートサイト評価、1位は「オルビス」(化粧品通販・健康食

2019年8月19日ビデオリサーチ★フィードバック数:0マーケティング

第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 結果

ニュース 第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 結果リリース第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、代表取締役社長:望月 渡)は、一般社団法人日本雑誌協会(理事長 鹿谷史明)及び一般社団法人日本雑誌広告協会(理事長 片桐隆雄)に協力し、2019年2月~4月に「雑誌広告効果測定調査」を実施しました。この度、その結果がまとまりましたのでお知らせいたします。 この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備・蓄積すること、また

2019年8月19日オロ★フィードバック数:0マーケティング

音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー

2019年08月19日(月)音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー ※本記事は下記の記事を翻訳し、一部修正を加えたものです。 https://www.semrush.com/blog/voice-search-study/ 音声検索を単にSEOにおけるバズワードとして片づけてしまうのはあまりにも過小評価な気がしますが、いかがでしょう。ほとんどのデジタルマーケターが動向を注視していますが、業界全体としてはまだこの生まれたばかりのテクノロジーに対して試行錯誤

2019年8月9日Bytedance★★フィードバック数:0マーケティング

TikTok Ads 初のオフィシャルユーザー白書

<TikTok Ads 初のオフィシャルユーザー白書> 5G時代の到来に向け根付き始めた「動画文化」で急成長するTikTok。動画ネイティブ世代をリードするTikTokユーザーを徹底解剖! TikTok Adsは、日本におけるTikTokユーザーの動向と実態をまとめた「TikTokユーザー白書(2019.8)」を発表しました。今回の調査では、TikTokユーザーの動向を通して、2020年に本格的に突入する5G時代に向けた生活者の意識変化や行動変容実態が明らかになりました。 < トピックス >

2019年8月9日Libalent★フィードバック数:0マーケティング

夏休みは聖地巡礼へ!みんなが一度は行ってみたい「アニメの聖地」調査、ランキング結果を発表:『文スト』『エヴァ』『艦これ』などが人気

夏休みは聖地巡礼へ!みんなが一度は行ってみたい「アニメの聖地」調査、ランキング結果を発表:『文スト』『エヴァ』『艦これ』などが人気 株式会社Libalent(リバレント)が運営する、会話が楽しいとお出かけはもっと楽しい!をコンセプトに"今気になること"を調査するWebサイト「イマダネ by デカケルJP」では、10~40代の男女を対象に「一度は行ってみたいアニメの聖地」についてアンケート調査を実施しました。 ▼ランキング1位~5位1位:文豪ストレイドッグス/神奈川県横浜市2位:『エヴァンゲリオ

2019年8月7日ネオマーケティング★★フィードバック数:0マーケティング

日常に溢れている広告の影響力に関する調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 立教大学 経営学部の学生が気になることを大調査!! 一都三県の通勤・通学で二路線以上使用している男女に聞いた 日常に溢れている広告の影響力に関する調査日々の通勤や通学であふれている広告、どのように思われている? 電車内の動画広告は効果的なのか!? 立教大学の「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)で

2019年7月31日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通グループ3社、日本初「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通グループ3社、日本初「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計2019年7月29日株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ 株式会社電通●2018年実績は1,123億円(前年比120.6%) ●2019年予測は1,441億円、前年比128.3%の高

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」EC利用者の4割以上が、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」調査結果サマリースマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者に、利用しているサービスを聞いたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次いで「PayPa

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明「Always-on-常時対応」サービス時代に人とテクノロジーによるハイブリッド労働力の活用が顧客の期待に応えるための鍵となる2019年7月23日カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、オピニ

2019年7月26日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた個人情報保護の規制強化による影響実態調査

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた個人情報保護の規制強化に... 企業の広告宣伝担当者200人に聞いた 個人情報保護の規制強化による影響実態 調査世界的な規制強化の波が国内のマーケティング現場にも影響株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第11弾として、「企業の広告宣伝担当者200人に聞いた 個人情報保護の規制強化による影響実態調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。個人情報保護の規制強化による影響実態

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2019年6月度)ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜くクラウドゲームを10代の半数以上が認知調査結果サマリーファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く スマートフォン利用者に、「流行のファッション情報」を調べる際に使うサービスを聞いたところ「Instagram」が29.4%と最も多く、「Google」の28.3%を上回りました。2016年

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年6月度) 20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知

20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知 動画&動画広告 月次定点調査(2019年6月度)20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知「Vlog」視聴経験者の約3割が、「ほぼ毎日視聴」調査結果サマリー20代の約4割が、「Vlog」を認知 日々の出来事を文章ではなく、動画として発信するブログ「Vlog(ブイログ)」について、「視聴したことがある」人は12.4%、「知っているが、視聴したことはない」人は18.1%で、合計すると30.5%が「Vlog」を認知していました。年代別に認知率を見

2019年7月25日C Channelフィードバック数:0マーケティング

2409人のママに「動画視聴」に関する調査を実施

mama+(ママタス )、2,409人のママに「動画視聴」に関する調査を実施4人に1人(※1)のママがほぼ毎日「インターネット動画」を視聴! (※1)2.409人中636人 C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮)が運営するママ向け動画メディア『mama+(ママタス)』(https://www.mamatas.net/)は「動画視聴」についてのアンケートを実施しましたので、その結果を一部抜粋してご報告いたします。ママは毎日、頻繁にインターネット動画を見ている!【2,

2019年7月24日iProspect★フィードバック数:0マーケティング

iProspectがマルチスクリーンの連動による広告パフォーマンスとその影響をグローバル調査したホワイトペーパー「マルチスクリーンの世界」を発表!

CloseWe use cookies to personalise content, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners If you want to change your cookie

2019年7月24日電通デジタル★★フィードバック数:0マーケティング

電通デジタルとアドビ、「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果を発表

…電通デジタルとアドビ、「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果を発表―消費者にとってメリットのあるデジタル体験の積み重ねにより、参照されても構わない個人情報にも変化― 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)とアドビシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下、アドビ)は、日本の消費者1,000人を対象にデジタル体験の好みや企業への期待について調査を実施しました。調査レポートより、主な調査結

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表 日本のユーザーはアプリのインストールから商品の購入までの時間が長い反面、ロイヤリティが高いことが判明モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja)とLiftoff Mobile株式会社(本社:米・パロアルト、代表取締役社長兼共同創設者マーク・エリス)は、

【TVer】2019年4-6月期ユーザー利用状況

【TVer】2019年4-6月期ユーザー利用状況 4-6月期の動画再生数が2億回を突破/6月の月間動画再生数とUB数は記録更新在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営する民放公式テレビポータル「TVer (ティーバー)」の2019年4-6月期ユーザー利用状況をお知らせいたします。 【TVerユーザー利用状況】・4-6月期の動画再生数は2億回を突破 ・6月の月間動画再生数とMAUは月間記録を更新・TVerの認知率は56.0%、F2層は堅調に伸び59.4%に

2019年7月22日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

ビデオリサーチ2019年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる

ビデオリサーチ2019年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる

2019年7月22日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

ビデオリサーチ2019年6月度関西圏ラジオ調査結果まとまる

ビデオリサーチ2019年6月度関西圏ラジオ調査結果まとまる

2019年7月22日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

ビデオリサーチ2019年6月度中京圏ラジオ調査結果まとまる

ビデオリサーチ2019年6月度中京圏ラジオ調査結果まとまる

2019年7月22日チェク・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白 ブランドマーケティング担当者たちは、十分なリーチに達しない場合、ソリューションの使用を控えると語っています。 ニューヨーク(2019/6/10)―――ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)とWebメディア出版社Digidayの調査により、ほぼすべての広告主がブランドセーフティのためにアドベリフ

2019年7月18日YRK andフィードバック数:0マーケティング

昭和後期、平成、令和へと3時代を生き抜く企業の、 ブランド力“上昇ランキング”を発表

昭和後期、平成、令和へと3時代を生き抜く企業の、※ブランド力... 昭和後期、平成、令和へと3時代を生き抜く企業の、 ※ブランド力“上昇ランキング”を発表 1位 サントリー、 2位 SMBCコンシューマーファイナンス、3位 任天堂株式会社 YRK and(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:中許 将一)は、1896年の創業から123年間培ってきたノウハウとナレッジを活かした「リブランドコンサルティング」を展開しています。この度、株式会社日経リサーチ「ブランド戦略サーベイ」のデータを基に、創

2019年7月18日ミック経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ネット広告&Webソリューション市場の現状と展望2019年度版 (第12版)

ネット広告&Webソリューション市場の現状と展望2019年度版 (第12版)ネット広告&Webソリューション市場の現状と展望2019年度版 (第12版)【発 刊】2019年6月28日 【資料体裁・価格】[1]A4版500頁(ハードコピー版)価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格230,000円[3]CD-ROM版価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本)価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF)価格570,000円※価格は消費税を含みません

2019年7月12日オプト★★フィードバック数:0マーケティング

オプト、コネクトム、イグニション・ポイント、『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』を発表

オプト、コネクトム、イグニション・ポイント、『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』を発表 デジタルシフト・オムニチャネル化が進む消費者の購買トレンドを調査 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)と株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)が設置する有店舗事業者のデジタルシフトを支援する組織「オムニチャネルイノベーションセンター」は、新規事業創出、企業のイノベーションを支援するイグニション・ポイ

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

国内キャッシュレス決済市場は2023年度には約126兆円までの拡大を予測 ~モバイル決済の進展とコンタクトレス決済の拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内キャッシュレス決済市場の調査を実施し、市場概況やサービス提供事業者の事業戦略、2023年度までの将来予測を明らかにした。 国内キャッシュレス決済市場規模推移と予測1.市場概況2018年度の国内キャッシュレス決済市場規模(現金以外の支払い手段での決済総額)は約82兆円に達し、2019年度は約89兆円を超える水準まで拡

2019年7月10日メルカリ★★フィードバック数:0マーケティング

「メルカリトレンドワード2019上半期」を発表

プレスリリース「メルカリトレンドワード2019上半期」を発表1位は人気のカードゲーム「スーパードラゴンボールヒーローズ」YouTuberがオススメし売り切れ続出となったスナック菓子も2位にランクイン株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において集計した「メルカリトレンドワード2019上半期」を発表しました。2019年1月~6月に「メルカリ」内で検索されたワードのうち、2018年上半期と比較して、2019年上半期に検索数が急上昇した検索ワードを抽出いたしました。■メルカリトレンドワード201

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度) 休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす

休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度)休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 10~30代の約3割に、プロジェクションマッピングイベントの参加経験調査結果サマリー休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 休日の過ごし方について聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「ショッピング」(76.3%)、次いで「テレビ」(75.9%)、「掃除や洗濯

2019年7月9日スカパーJSAT★フィードバック数:0マーケティング

子どもの夏休みとママの生活に関する調査2019

子どもの夏休みとママの生活に関する調査2019

2019年7月8日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

アドビ、消費者のデジタル体験に関する調査結果を発表

消費者のデジタル体験に関する調査結果を発表 デジタル体験への期待値が高まる中、パーソナライズしたエクスペリエンスの提供がより重要に【2019年7月5日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、日本を含む世界9か国(米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア/ニュージーランド、日本、東南アジア、インド)の消費者約8千人を対象にデジタル体験の好みや企業への期待について調査した「Adobe Digital Experience

サブスクリプションサービスの利用に関するアンケート

サブスク市場は発展みせるも、利用経験者は1割に満たず報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2019年6月28日サブスク市場は発展みせるも、利用経験者は1割に満たず~サブスクリプションサービスの利用に関するアンケート~[調査結果のポイント]・サブスクリプションサービスの認知度は、「内容を知っている」が%、「聞いたことがある」が%に留まり、言葉を認知している方は2割8割の方がサブスクリプションサービスという言葉に馴染みがない。・「サブスクリプションコンテンツサービス」の利用経

2019年7月1日Google★★フィードバック数:0マーケティング

買いたくなるを引き出すために パルス消費を捉えるヒント

買いたくなるを引き出すために パルス消費を捉えるヒント買いたくなるを引き出すために パルス消費を捉えるヒント 買いたくなるを引き出すために パルス消費を捉えるヒント 商品情報に対するアクセス手段が多様化し、さらに購買チャネルの EC 化が進んだことで、人々の買い物行動がより瞬発的になってきていると感じることはありませんか? さまざまな調査結果を見ても、これまで当然とされてきた「購買プロセス」に則ったブランディングセオリーが通用しなくなってきているようです。しかし、生活者一人ひとりの買い物行動を観

Twitter企業公式アカウントの利用実態を調査

ゆるい繋がりが、購買に大きく影響?! 「Twitter企業公式アカウントの利用実態調査」結果発表2019.6.26Twitter上での企業活動は、ユーザーの消費行動に影響を与えているのか?Twitterユーザーは、企業にどんな情報を期待しているのか?その実態を調査しました!4,500万人ものユーザー数を誇り、かつ幅広い層に支持されるTwitter。Facebookやその他SNSが今後クローズドのコミュニケーションの特徴を強めていくとされる中、大規模 × 幅広い層にリーチ可能なメディアとして、今改

2019年6月28日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」 ~「コンテンツファン消費行動調査2019」より~

NEWSコンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」 ~「コンテンツファン消費行動調査2019」より~ 2019年06月27日株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂ストリーミングサービス・動画サービスの活況を背景に、音楽コンテンツが上位を占める株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅)と株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2019‐2023

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2019‐2023」を発表 消費者行動の変化にともなうパーソナライゼーションの波は5G時代の到来でさらに加速し、エンタテイメント・メディア業界のイノベーションと成長を促す本調査の主な結果は、以下のとおりです。世界のエンタテイメント・メディア業界の成長率は引き続き、国内総生産(GDP)成長率を上回り、2023年までの今後5年間に年平均成長率(CAGR)4.3%で成長、世界市場規模は2018年の2.1兆米ドルから、2023

2019年6月25日サイカフィードバック数:0マーケティング

「令和最初の月にテレビCMが多かった商品・業種ランキング」発表

「令和最初の月にテレビCMが多かった商品・業種ランキング」発... 「令和最初の月にテレビCMが多かった商品・業種ランキング」発表「令和」という言葉が用いられたCMは1%未満 (サイカ調査レポート)株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、オフライン広告(*1)領域における独自の調査・研究レポートの第10弾として「令和最初の月にテレビCMが多かった商品・業種ランキング」を発表いたします。これは、令和最初の月である2019年5月のCM放送データを集

BtoBサイト調査 2019

BtoB向けサイトの重要性(1)はじめにBtoB顧客側におけるウェブサイトの利用は着実に進んでいます。製品・サービスの購入のために最もよく参考にする情報源は企業Webサイトであり、他の情報源を大きく上回っています。 しかも、一般にBtoBサイトはターゲットのアクセス率や購入率がBtoCサイトを大きく上回ります。BtoB企業こそ効果的かつ効率的なマーケティングおよび営業支援のツールとして、Webサイトの有効活用が求められています。 【図1】仕事上の製品・サービスの情報源(2018年)(%、複数回答

2019年6月17日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービス

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスの1位は「楽天スーパーポイント」、2位は「Tポイント」 通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスの1位は「楽天スーパーポイント」、2位は「Tポイント」 MMD研究所(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)は、2019年5月16日~5月19日の期間にて「通信会社と利用ポイントに

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

2019.06.12Press Release: 驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、急成長の日本ブランドは資生堂 世界最大規模の広告代理店「WPP」と、その調査・コンサルティング業務を担うカンターは、今年で14年目となる2019年の世界のブランド価値ランキングTop100および、調査レポートを公開しました。このブランド価値の算出には、カンターの消費者調査に基づいて測定されたブランド資産と、企業の財務実績・業績分析を組み合わせて行っており、本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ