モバイル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月3日ミック経済研究所★フィードバック数:0モバイル

ローカル5Gソリューション市場の現状と将来展望 2020年度版

ローカル5Gソリューション市場の現状と将来展望 2020年度版ローカル5Gソリューション市場の現状と将来展望 2020年度版~年平均成長率219.8%の有望市場と有力各社の戦略~【発 刊】2020年6月15日 【資料体裁・価格】[1]A4版230頁(ハードコピー版)価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格230,000円[3]CD-ROM版価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,00

2020年6月3日FROSKフィードバック数:0モバイル

スマホアプリ利用時間増減ランキング

コンテンツへスキップ新型コロナウイルス影響によるアプリ利用増加1位は動画・音楽、減少1位はナビ、スマホアプリ利用時間増減ランキング性別・年代別のレポートがダウンロード可能、レポートの詳細を紐解くオンラインセミナーも開催予定FROSK株式会社(以下、FROSK)では、多くのアプリ開発者が高品質なスマートフォンアプリを作るため、スマートフォンアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツール「SmartBeat」の提供や、情報収集を行なっています。 SmartBeat https://smrtbeat.co

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に 橋本環奈さん出演のCMが大きな話題となったスキマバイトアプリ「Timee(タイミー)」。事前登録が不要で、条件をクリアすれば好きな場所・時間・職種で働けると注目を集めています。サービスの特徴やユーザーの傾向を従来のアルバイト求人アプリと比較しながら調べていきます。 「Timee」は、空いた時間に働きたい人と人手が必要な店舗・企業をつなぐスキマバイトアプリです。従来の単発バイトのような面接や事前登録 は不要で、条件を

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望 前回はモバイル通信キャリアの動向を統計データや各社IR資料等から概観し、契約者向けサポートアプリの利用状況やロイヤルティ、収益構造の変化などを確認しました。今回はいよいよ3月下旬からサービスが始まった5G関連の動向にフォーカスしてみます。 5Gは第5世代(5th Generation)の次世代モバイル通信規格。データが流通するネットワークという通路を4Gの10倍に広げ、超高速、多数同時接続、超低遅延を実現します。デジタルツインやM

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は? 第1回に続き、キャッシュレス決済やEC、金融等の総合的な提供を通じた顧客LTV最大化へ向け、通信キャリア各社の動向を探ります。まずはソフトバンクによるボーダフォン買収以来14年ぶりに第4の通信キャリア・楽天を迎えたモバイル通信事業から概観してみましょう。 一般社団法人電気通信事業者協会によると、日本における携帯電話の契約数は、2019年12月時点で1億8203万件。人口1億2595万人のうち95.7%にあたる1億2393億

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透 2018年のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」に端緒した決済アプリバトルはどうやら4月に本格参入した楽天を含む通信キャリア4社のサービスへ収れんしつつあります。マナミナではこれまでも色々とりあげてきましたが、この連載では通信キャリア各社が目指す市場囲い込み、「スーパーアプリ」へ向けた経済圏構築の動向を事業領域ごとにレポートしてみます。 まずは主要通信キャリア各社グループのアプリ利用状況から市場を概観してみま

2020年1~3月の中古スマホ取引数ランキング発表

TOPNEWS【中古市場調査】商戦期、中古スマホ取引数の増加に寄与~2020年1~3月の中古スマホ取引数ランキング発表 2020.04.23 【中古市場調査】商戦期、中古スマホ取引数の増加に寄与~2020年1~3月の中古スマホ取引数ランキング発表株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証マザーズ・証券コード3135)は、当社が運営するウェブメディア「iPhone 格安SIM 通信」(https://www.kashi-mo.com/media/)にて提供し

2020年3月25日イーエスピー総研フィードバック数:0モバイル

2020年 海外における「ローカル5G」主要プレイヤーの取り組み・ビジョン・方針に関する網羅的な調査

2020年 海外における「ローカル5G」主要プレイヤーの取り組み・ビジョン・方針に関する網羅的な調査(公開資料:35社×195枚付き)【サブタイトル】~ ローカル5Gプレイヤー別に、「海外におけるローカル5G主要プレイヤーの取り組み・ビジョン・方針」の網羅的な調査を実施、「海外のローカル5G」×「プレイヤー別」の徹底探索・抽出・整理≪合計35社×195件の「海外のローカル5G主要プレイヤーの取り組み・ビジョン・方針」×全種類を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~【調査対象】・「海外におけるロー

around20のスマホの中身調査2020

はじめに 女子高生・女子大生の『ダウンロード必須アプリ』9選!アプリの配置にもこだわりあり! アプリ使用の参考は「友達の口コミ」、課金形態は「サブスク課金」と「ちょい足し課金」 寝落ちするまでスマホは手放さない!?最もスマホを使用するのは「寝る前」写真や動画の撮影や動画視聴、SNSのチェックなど、around20すべての行動において、今やスマホなしには考えられません。 今回はaround20のスマホの中身を徹底解説いたします。 ------------------------------

2020年3月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

出前アプリ利用に関する実態調査

約7割が、「出前アプリで、楽しみ方が広がった」 出前アプリ利用に関する実態調査約7割が、「出前アプリで、楽しみ方が広がった」「総合型出前アプリ」利用率1位は「出前館」。「専門型」は「ピザハット」調査結果サマリー 「出前アプリ」を利用する前後での変化を聞いたところ、74.9%が「食事の用意が楽になった」と回答しました。また70.6%が「出前の楽しみ方が広がった」、68.9%が「新しいお店を知ることができた」、67.0%が「食べたことのないメニューを知ることができた」と答えました。 ※ それぞれの項

2020年3月13日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

中高生のスマートフォン事情

個人情報が特定されるリスクも! 中高生の4割超が「SNSに顔や制服姿を投稿」クラスチャットで悪口、SNSでの他者批判や文句、フリマでお小遣い稼ぎ…親が知らない、中高生の「ネットトラブル」リスク 専門家が伝授! ネットトラブルから子どもを守る対策法とは? 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤和弘、以下、ドコモ)では、スマートフォンをはじめとしたデジタル機器の普及にともない、インターネット上でのトラブルについて、予防から解決までワンストップでサポートする「ネットトラブルあんしんサポート」を提供

2020年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回)

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回) ■直近1年間にスマホ決済アプリで支払った人は全体の4割強(スマホ主利用者の6割弱)。2019年調査から大きく増加。男性若年層での比率が高い傾向。スマートフォン主利用者のうち、「PayPay」利用者が4割弱、「楽天ペイ」が2割弱。「Apple Pay」はiPhone主利用者の1割強。■直近1年間のスマホ決済アプリでの週1回以上支払い者は6割弱。2019年より増加。直近1年間の支払い回数のうちスマホ決済で支払った割合が4割以下の層が、半数強。■直近

2020年3月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2020年2月 スマートフォン決済に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマホ決済を普段の支払いで利用する人は約3割に増加 毎日スマホ決済を利用する人は非接触決済が21.2%、QRコード決済が18.3% スマホ決済を普段の支払いで利用する人は約3割に増加 毎日スマホ決済を利用する人は非接触決済が21.2%、QRコード決済が18.3% MMD研究所は、18歳~69歳の男女35,000人を対象に2020年1月27

2020年2月28日App Annie Japan★★フィードバック数:0モバイル

世界で最も消費支出が多い非ゲームアプリは「Tinder」 日本でも白熱するマッチングアプリ市場、アプリ内課金も増加傾向

世界で最も消費支出が多い非ゲームアプリは「Tinder」 日本でも白熱するマッチングアプリ市場、アプリ内課金も増加傾向 モバイル市場データプラットフォームを提供する App Annie (アップアニー、本社:米サンフランシスコ、CEO:Ted Krantz)は、アプリ市場データプラットフォーム「App Annie Intelligence」のデータから、世界全体のマッチングアプリにおけるダウンロード数やアプリの支出、トレンドをまとめました。 2012年以降、世界中で17億以上のマッチングアプリが

2020年2月19日LINEフィードバック数:0モバイル

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査)

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査) 今回はスマホ・モバイル決済サービスの認知、利用シーンや普及の状況について調査しました。ふだん使いできる利便性や増税施策である「キャッシュレス還元」の話題性などから、昨年はキャッシュレス化の波が一気に押し寄せてきた印象もあります。早速、調査結果を見ていきましょう。①マネー・決済系サービスの認知は全般的に上昇。スマホ・モバイル決済サービスは10ポイント増え8割弱に 金融関連の

2020年2月19日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2019年版:スマートフォン利用者実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2019年版:スマートフォン利用者実態調査 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第22弾として「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施致しました。スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,712人を対象に2019年12月26日~

2020年2月10日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

親と子どものスマートフォン利用ルールに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 初めてスマートフォンを子どもに持たせた親の約8割は子どもとスマートフォンの利用ルールを決めている 初めてスマートフォンを子どもに持たせた親の約8割は子どもとスマートフォンの利用ルールを決めている MMD研究所は、2020年1月24日に発表した「今年初めてスマートフォンを持つ子どもの親に関する意識調査」に続き、2019年12月20日~202

2020年2月6日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

モバイルオーダーに関するアンケート調査

■モバイルオーダーを「利用したことがある」は全体の1割強、認知率は6割弱。利用店舗は「ファストフード」が利用経験者の5割弱、「牛丼、餃子、寿司などのチェーン店」が4割弱、「ファミリーレストラン」が2割弱。■モバイルオーダー利用意向者は全体の3割弱、非利用意向者は3割強。若年層での利用意向が高い傾向。利用経験者では8割強の利用意向、認知者・非利用者で3割、非認知者で1割強。利用したい店舗は「ファストフード」が利用意向者の7割強、「牛丼、餃子、寿司などのチェーン店」が5割強、女性若年層では「コーヒー

2020年1月30日App Annieフィードバック数:0モバイル

モバイル市場年鑑2020

『モバイル市場年鑑 2020』2019年のモバイル市場振り返りと今後の予測を発表〜ゲーム、金融、小売業界、動画ストリーミング市場などモバイルで変革した業界の動向を紹介〜 モバイル市場データプラットフォームを提供する App Annie (アップアニー、本社:米サンフランシスコ、CEO:Ted Krantz)は、2019年のモバイル市場に関する包括的なレポート『モバイル市場年鑑 2020』を発表したことをお知らせいたします。モバイル市場年鑑は、アプリ市場データプラットフォーム「App Annie

2020年1月9日イオンリテールフィードバック数:0モバイル

シニアのスマートフォン利用に関する調査

シニアのスマートフォン利用に関する調査 シニアのスマホ利用者の内、73.7%がスマートフォン利用で何かしら難しいと感じている。難しいと感じることの上位は「類似アプリがたくさんあるのでどれを使っていいかわからない、パスワードの管理」 イオンリテール株式会社が提供するイオンモバイルは、2019年10月21日(月)~10月24日(木)の期間で、「2019年11月 シニアのスマートフォン利用に関する調査」を実施しました。スマートフォンを利用していると回答した50歳~79歳の男女1,000人(予備調査10

2019年12月23日ソニー生命保険★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンに関する意識・実態調査2019

「ライフプランナー」および「ライフプランナーバリュー」はソニー生命の登録商標です。

2019年12月6日ソニー生命保険フィードバック数:0モバイル

スマートフォンに関する意識・実態調査2019

「ライフプランナー」および「ライフプランナーバリュー」はソニー生命の登録商標です。

2019年11月22日Adjustフィードバック数:0モバイル

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し

「モバイルファイナンスレポート 2019」をリリース モバイルは、銀行と顧客の関係や、競合との戦い方を一変させています。金融市場のグローバル化が加速し、フィンテック企業は銀行口座がない数十億の人々を顧客に取り込んでいます。また、モバイルとアプリの技術的進化により、現金を使う必要がなくなってきました。モバイルで銀行取引をすることが増えれば増えるほど、物理的な意味における「お金」が生活から姿を消しつつあります。​アプリの市場データと分析ツールを提供するApp Annieとの協力で作成した最新レポート

2019年11月22日YOLO JAPANフィードバック数:0モバイル

「帰国するから」外国人の7割が携帯電話の契約期間1年未満を希望

株式会社YOLO JAPANのプレスリリース一覧 フォロー フォローするとどうなる? フォローするとどうなる? フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。 フォロワー()もっと見る フォローするには、Facebookログインを行う必要があります。 Facebookでログインま

2019年11月1日マイボイスコム★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンに関するアンケート調査(第13回)

スマートフォンに関するアンケート調査(第13回) ■スマートフォン所有率は全体の8割弱で、過去調査より増加傾向。若年層で高く、10~40代8割強~9割。iPhone主利用者は2割強。iPhone主利用者では利用スマホに「満足」と回答した人の比率が他の層より高い傾向。■スマートフォンで利用している機能・サービスは「通話」が所有者の9割弱、「カメラ」が8割弱、「時計、アラーム」「スマートフォン用のWebサイト閲覧」「電卓」「Webメール、パソコンメール、フリーメールなど」「電話帳、アドレス帳」

2019年10月18日Adjustフィードバック数:0モバイル

Adjustが「モバイル成長マップ」レポートを発表

Adjustが「モバイル成長マップ」レポートを発表 高価値を生み出すアプリユーザーを見定め、継続率を高める施策を効果的に行いたいマーケター必読 〜 インストール数以外にも焦点を当てた、新指標「リテンションファクター」を初導入〜 モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)は、初の「モバイル成長マップ」レポートを本日発表しました。2018年にリリースされた約3,500のアプリデ

2019年10月7日IDCフィードバック数:0モバイル

スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し

27 Sep 2019スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し Japan, 2019年9月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のスマートフォンの出荷に関する予測を発表しました。Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker の新しい予測によると、20

2019年9月30日東京商工リサーチフィードバック数:0モバイル

日本の社長 50万人が住む 「マンションの階数」調査

日本の社長 50万人が住む 「マンションの階数」調査 公開日付:2019.09.18 華やかなイメージの社長だが、マンション等に住む社長宅の平均階数は5.35階と意外にも地に足をつけて落ち着いていることがわかった。全国で最も高い平均階数は、東京都の6.12階を抑え、大阪府が6.82階で堂々のトップ。市区郡別では、ウォーターフロントで再開発が進む東京都中央区の13.37階に次いで、大阪市福島区が12.49階で2位に入った。大阪に住む社長は、「ステータスだけでなく、景気づけに高層階に住む」という地元

2019年9月30日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > メイン利用のMVNOシェア、2019年は13.2%、2014年は1.6% 5年で11.6ポイント増 メイン利用のMVNOシェア、2019年は13.2%、2014年は1.6% 5年で11.6ポイント増 MMD研究所は、15歳~69歳の男女40,804人を対象に2019年8月19日~26日の期間で「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調

2019年9月19日レノボ・ジャパンフィードバック数:0モバイル

74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」

[プレスリリース]74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」 レノボ、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施 レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、テクノロジーがもたらす年齢への意識について調査結果を発表しました。 レノボは、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施しました。その結果日本では、74歳以上世代の3人に1人が、日ごろからスマホなどに触れていることで

2019年9月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2019年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

20 Aug 20192019年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 Japan, 2019年8月20日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の従来型携帯電話およびスマートフォン端末の2019年第2四半期(4~6月)の出荷台数を発表しました。2019年第2四半期、国内市場の従来型携帯電話およびスマートフォン端末の合計出荷台数は、前年同期比1

2019年9月5日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

<App Annie調べ>2019年上半期 国内アプリTOP10ランキング発表

<App Annie調べ>2019年上半期 国内アプリTOP10ランキング発表ゲームランキングには海外アプリが多くランクイン 日本市場に進出する海外のアプリパブリッシャーとは!?アプリ市場データを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ、代表:Ted Krantz)は、モバイルアプリのダウンロード数や収益額などの情報を提供しています。アップアニーのオリジナルデータを元に出した2019年上半期(2019年1月1日〜6月30日)における、日本国内のアプリダウンロード数および

2019年8月30日KADOKAWA★フィードバック数:0モバイル

「主要コンテンツ配信アプリの通信量/バッテリー消費量調査」~防災の日は、スマホの利用方法を改めて考える機会に~

「主要コンテンツ配信アプリの通信量/バッテリー消費量調査」~防災の日は、スマホの利用方法を改めて考える機会に~ 長時間の情報取得には、radikoなど音声アプリが有効。YouTubeなど動画アプリの再生時は設定に注意 株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:加瀬典子)は、「主要コンテンツ配信アプリの通信量/バッテリー消費量調査」として、動画・音声コンテンツの再生に対応した、主要スマートフォン向けアプリケーション12種のバッテリー消費量とデータ通信量を調査しました。

2019年8月27日FROSK★フィードバック数:0モバイル

ヘビーユーザーにおける毎日クラッシュ経験している割合、1位QRコード決済系アプリ42%、2位ファイナンス系アプリ34%

ヘビーユーザーにおける毎日クラッシュ経験している割合、1位QRコード決済系アプリ42%、2位ファイナンス系アプリ34% より詳細なアプリジャンル別レポートも提供 FROSK株式会社(以下、FROSK)では、多くのアプリ開発者がよいスマートフォンアプリを作るため、スマートフォンアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツール「SmartBeat」の提供や、情報収集を行なっています。SmartBeat https://smrtbeat.com/この度、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するア

2019年8月9日楽天★フィードバック数:0モバイル

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査 フリマアプリ利用者 シニア女性は、毎月約6千円をお小遣い稼ぎしながらお片付け楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」と共同で、「シニア世代の片付けとフリマアプリに関する意識調査」を行いました。(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 21.5

スマートフォンによる決済サービス利用者の実態把握調査

2019年06月27日 11:00スマホ決済の普及率が5ヶ月で2割増調査で判明!キャッシュレス社会を牽引している場所とは?! 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)は、2019年1月に実施した「スマートフォン決済に関する調査」の後追い調査を2019年6月4日に実施しました。調査によって日常的にスマートフォンで決済をしている人の割合は、前回の

2019年7月4日ソフトバンクフィードバック数:0モバイル

全国1,200人に聞く、スマートフォンの通信利用に関する実態調査

全国1,200人に聞く、スマートフォンの通信利用に関する実態... 全国1,200人に聞く、スマートフォンの通信利用に関する実態調査 約4割が「速度制限(ギガ死)経験者」、 20代男性は約8人に1人が「ほぼ毎月ギガ死」に動画アプリや話題の動画系SNS、テザリングが“ギガ死”を引き起こす?!ソフトバンク株式会社は、2019年3月に、インターネット調査により、10代から60代の大手3キャリアのスマートフォン利用者に「スマートフォンの通信利用に関する実態調査」を実施しました。本調査では、スマート

2019年6月24日MM総研フィードバック数:0モバイル

国内MVNO市場規模の推移(2019年3月末)

国内MVNO市場規模の推移(2019 年3 月末)独自サービス型SIM契約数は前年比21.2%増加 2019年06月13日■ 独自サービス型SIMの回線契約数は前年比21.2%増の1,312.2万回線 ■ 携帯電話(3GおよびLTE)契約数に占める独自サービス型SIMの比率は1ポイント増の7.4% ■ 大手キャリアの対抗策相次ぎ、独自サービス型SIMの成長率は鈍化傾向 ■ 事業者別シェアは楽天が15.7%で1位。UQコミュニケーションズが2位に浮上 ■ MVNE提供分を含む保有回線数ではインター

2019年6月13日CMサイトフィードバック数:0モバイル

【今後使っていきたいスマホ決済サービス】ランキング

PayPayと楽天ペイが頂上争い。【今後使っていきたいスマホ決済サービス】ランキングを発表1位の楽天ペイと2位のPayPayに票が集中し二強状態に。10~60代の男女8,517名の回答を集計。 株式会社CMサイト(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴原 誠治)が企画編集する、「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト『ランキングー!(https://rankingoo.net/)』は、「今後使っていきたいスマホ決済サービスランキング」の結果を、投票者のコメント付きで紹介する記事として公開しまし

2019年6月12日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2019年5月 モバイル通信契約に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」 店舗での契約理由は「店員に分からないことをすぐ聞ける」 オンラインでの契約理由は「好きな時間に申し込める」 店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」 店舗での契約理由は「店員に分からないことをすぐ聞ける」 オン

中古スマホ市場ついに世代交代へ~2019年1~3月の中古スマホ取引数ランキング発表~

2019.05.28 中古スマホ市場ついに世代交代へ~2019年1~3月の中古スマホ取引数ランキング発表~株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証マザーズ・証券コード3135)は、当社が運営するウェブメディア「iPhone 格安SIM 通信」(https://www.kashi-mo.com/media/)にて提供している、フリーマーケットアプリやインターネットオークション等主要4市場を総括した中古スマートフォン相場比較サービスより抽出した中古スマホ取引

2019年6月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

携帯電話端末の下取りサービス利用意向、日本は61.6%、米国は70.0%

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 携帯電話端末の下取りサービス利用意向、日本は61.6%、米国は70.0%、下取りサービスに期待すること「データ消去」「下取り金額が高いこと」「手続きが簡単であること」 携帯電話端末の下取りサービス利用意向、日本は61.6%、米国は70.0%、下取りサービスに期待すること「データ消去」「下取り金額が高いこと」「手続きが簡単であること」 MM

2019年6月3日IDCフィードバック数:0モバイル

2019年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

28 May 20192019年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 Japan, 2019年5月28日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の携帯電話およびスマートフォン端末の2019年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表しました。2019年第1四半期、国内市場の従来型携帯電話およびスマートフォン端末の合計出荷台数は、前年同期比26.5

2019年5月29日NEXERフィードバック数:0モバイル

eスポーツに関するアンケート

【eスポーツに興味がある人のうち、実際にやってみたい人は約8割】eスポーツに関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、インターネットサービス事業、音響機器事業を展開する株式会社TAM(代表:荒木 敦)と共同で「eスポーツに関するアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。 「eスポーツ」に関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮

2019年5月28日J.D. Powerフィードバック数:0モバイル

2019年モバイルルーターサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さい. Main Menu (Japan)ニュース&イベントJ.D. パワーのビジネスは、クライアント企業の業務と、何が顧客ロイヤルティを向上させる要因かを把握することです。J.D. パワーがサービスを提供している世界中の業界において、アナリストがデータに基づいた実用性の高いインサイトの提供を行っています。 サービス提供業界/ ソリューシ

2019年5月27日デジタルアーツ★フィードバック数:0モバイル

第12回未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2019年> ≪第12回未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査≫ネット限定の友達がいる高校生は49.5%、「自画撮り被害」等に対する危機意識が低い ~個人情報漏えいのリスクを認識するも、ネット上の友達には信頼度が高く、簡単に情報や画像を提供 女子高校生の裏アカウント所有率は69.9% リアルな友達に知られたくない本音を吐露~2018年05月24日デジタルアーツ株式会社≪第12回未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査≫ネット限定の

2019年5月17日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

中高生の約7割が「スマホで勉強が捗るようになった」

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強でスマートフォンを活用、 2017年から中学生は0.4ポイント、高校生は2.4ポイント上がる 中高生の約7割が「スマホで勉強が捗るようになった」 中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強でスマートフォンを活用、 2017年から中学生は0.4ポイント、高校生は2.4ポイント上がる 中高生の約7

2019年5月8日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に お知らせ2019年4月23日NTTレゾナント株式会社スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の約3割が「新品の商品購入単価が上がった」非利用者「中古品への抵抗感」約5割、「新品へのこだわり」は約3割と昨年より減少株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1,000名を対象に、昨年4月に続き「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」を実施しました。経済産業省が昨年4月に発表した「平成29年度我

2019年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

スマホゲーム市場に関する調査を実施(2018年)

2017年度のスマホゲーム国内市場規模は前年度比8.9%増の1兆290億円と拡大 ~既存タイトルのほか、複数の新規タイトルが市場を押し上げる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内スマホゲーム市場を調査し、市場における最新動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のスマホゲーム国内市場規模(メーカー売上金額ベース)は、前年度比8.9%増の1兆290億円で市場拡大が続く見通しとなった。複数の有力IP(知的財産)を搭載したタイトルが常にアプリストアの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ