調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月31日ニフティフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コロナ禍で約半数がインターネット利用増|8割以上が安定したネット回線の重要性を実感

暮らしがちょっと便利になる!ITネタファイル 【調査結果】コロナ禍で約半数がインターネット利用増|8割以上が安定したネット回線の重要性を実感新型コロナウイルスの影響でインターネット利用が増え、日々の生活におけるインターネットの重要性が再認識されました。インターネット利用者が増加したことで起きた問題や、自粛期間を通してインターネットに対する意識に変化があったのか。今回、20代~60代の男女4,500人を対象に、IT小ネタ帳で独自調査を行いました。コロナ禍では外出自粛という緊急事態を受け、テレワー

2020年7月1日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期 国内情報セキュリティ市場予測を発表

24 Jun 20202019年下半期 国内情報セキュリティ市場予測を発表 Japan, 2020年6月24日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内情報セキュリティ市場の2019年の実績と2020年~2024年の予測を発表しました。これによると、ソフトウェア製品とアプライアンス製品を合わせたセキュリティ製品の市場は、2019年~2024年の年間平均成長率(CA

2020年6月29日HENNGEフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果

ニュース企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2020年6月に緊急事態宣言下の企業におけるテレワークとVPNに関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。調査概要:企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査 有効回答:309件 調査日: 2020年6月8日〜6月9日 調査方法:インターネット調査(調査委託先:株式会社マクロミル) 調査対象:従業員数100名以上の企業で情報システム部門に従事される方 その他

2020年5月20日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2020年 国内企業の情報セキュリティ実態調査を発表

07 May 20202020年 国内企業の情報セキュリティ実態調査を発表 Japan, 2020年5月7日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2020年1月に実施した、国内企業878社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表しました。調査対象企業に対して2019年度(会計年)の情報セキュリティ投資の増減率を調査した結果、2018年度(会計年)と比べ「投資を増

令和版 決済ニーズのアンケート結果を公開

新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):柴田紳、以下当社)は、実店舗やネットショップでの「決済ニーズ(※)」に対する調査を実施しましたので、その結果について報告いたします。※決済ニーズとは、どの決済方法を利用したいか、それぞれの決済方法にどのような利用動機があるのかなど決済方法に関わる消費者の要求全般を指します。 調査概要調査名:実店舗やネットショップでの決済ニーズに関する調査※

2020年4月3日エスタイルフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

通信費の相場は11,441円!ポケットWi-Fiが安くて人気か

通信費の相場は11,441円!ポケットWi-Fiが安くて人気か 3月4月といえば新生活シーズン真っ盛り。新たな暮らしに向けて引越しをする方も少なくないのではないでしょうか。そんな時に実は厄介なのが「自宅のWi-Fi環境」。光回線・Wi-Fiなどの最新情報を提供する「電気屋さんのWi-Fi入門書」編集部では今回、400名を対象に実施したインターネット料金に関する独自調査を元に自宅のWi-Fi環境の整え方について解説します。【携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査】https://p

2020年4月1日ジェーシービーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キャッシュレスに関する調査

日本全国、決済手段を選ぶ上で最も重視するのは「安全・安心」最も安全だと思うキャッシュレス決済第1位は「クレジットカード」安全・安心の正体は「盗難時の補償」「不正検知システム」「本人認証サービス」と判明 ~“安心”重視の「滋賀県」「埼玉県」「徳島県」、“おトク”重視の「福島県」「愛知県」「沖縄県」など、決済手段選びには地域差が存在~ 株式会社ジェーシービー (本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、決済手段の「安全・安心」に関して、全国47都道府県の20~60

2020年3月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期の攻撃トラフィックレポート

ランサムウェアの悪質化が顕著に、エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックレポートを発表 増加するIoTデバイスに対する攻撃は継続傾向に 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、2019年下半期 (7月~12月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間においては、ランサムウェアの悪質化、感

2020年1月30日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについて

HOME 組織のセキュリティ対策 CVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについてCVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについて2020年年明け早々、世界中のセキュリティ研究者は、Curveballと呼ばれるMicrosoftの重大な証明書の脆弱性(CVE-2020-0601)のセキュリティ調査で大忙しでした。調査の大部分は、パッチを当てていないWindows 10システムが信頼してしまう偽の認証局(CA)で署名された悪意のあるバイナリによる攻撃

NTTコム オンライン、セキュリティソフト業界を対象にしたNPS?ベンチマーク調査2019の結果を発表

NTTコム オンライン、セキュリティソフト業界を対象にしたNPS®ベンチマーク調査2019の結果を発表 ~防御率と軽快さが評価を分ける~NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン)は、セキュリティソフト業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPS®ベンチマーク調査を実施しました。この結果、最もNPS®が高いのは、ESETとなりました。業界全体では、3年連続で、「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」

チェック・ポイント・リサーチ、TikTokに複数の脆弱性を発見

チェック・ポイント・リサーチ、TikTokに複数の脆弱性を発見 住所やメールアドレスなどの個人情報漏えいリスク 包括的なサイバーセキュリティソリューションプロバイダーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point Software Technologies Ltd.、NASDAQ: CHKP、以下チェック・ポイント、https://www.checkpoint.co.jp/)の脅威インテリジェンス調査部門であるチェック・ポイント・リサーチ(Check Point

2019年12月23日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表

ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表最も悪質な脅威としてランサムウェアやフィッシング、ボットネットが浮上 10年以上にわたるAI(人工知能)/機械学習を用いたセキュリティサービスで、業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下:ウェブルート)は 今年で3年目となる「最も危険なマルウェア2019」を公表、2019年最悪のサイバーセキュリティ脅威に光を当てています。最大の攻撃ペイロードをもたらす類のランサムウェアやクリプトマイニング

2019年12月19日LINE★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットの利用環境 定点調査(2019年下期)

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2019年下期)2019.12.17コーポレート 日常的なインターネットの利用環境は、引き続き「スマホのみ利用」が最多LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2016年4月より半期に一度スマートフォン等でのインターネット利用に関する定点調査を行なっており、今回は2019年下期の調査結果となります。■調査サマリー・日常的なイン

フォーティネット、高度なAIと脅威インテリジェンスへの対抗策が進化し、サイバー犯罪者の優位性に変化をもたらすと予測

フォーティネット、高度なAIと脅威インテリジェンスへの対抗策が進化し、サイバー犯罪者の優位性に変化をもたらすと予測 最新の攻撃をプロアクティブに防御するには、統合、高度なAI、実効性の高い脅威インテリジェンスを最大限に活かすセキュリティ戦略の採用が必要 幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)、自動化された(Automated)ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、FortiGuard Labs

2019年12月4日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2019年7月~9月)を公開

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2019年7月~9月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2019年7月から9月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 レポート概要NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。このレポートは

2019年11月29日矢野経済研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コールセンターにおけるAIの活用実態に関する調査を実施(2019年)

コールセンターにおけるAIの活用は進んでいるものの、音声まで含めたオペレーター業務の全てをAIが代替できるようになるのは当面先になる見込み 株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越 孝)は、国内のコールセンターサービス提供事業者におけるAIの活用状況について調査を実施し、オペレーター業務の支援・代替状況について明らかにした。1.調査結果概要国内コールセンターではオペレーターの人材不足が深刻化しており、オペレーション品質の平準化と業務の効率化を支援するAIの活用状況が注目されている。コールセンタ

2019年11月19日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ製品およびサービスの堅調な成長を予測

07 Nov 2019セキュリティ製品およびサービスの堅調な成長を予測 Japan, 2019年11月7日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のセキュリティ関連ハードウェア、ソフトウェア、サービスの支出額に関する予測を発表しました。Worldwide Semiannual Security Spending Guide の新しい予測によると、2019年、セキ

2019年11月11日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エンドポイント・セキュリティ対策型/情報漏洩対策型SOCサービス市場2019

ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ対策型/情報漏洩対策型SOCサービス市場2019本レポートには、標的型攻撃対策運用監視サービス、マネージドEDRサービス、フォレンジックサービス、SIEM運用分析サービスなど全9分野を対象に、国内28ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。「ITR Market View:ゲートウェイ・セキュリティ対策型SOCサービス市場2019」「ITR Market View:エ

2019年11月11日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2019

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2019本レポートには、セキュリティコンサルティング・プランニングサービス、セキュリティ脆弱性診断・検査サービス、スレットインテリジェンスサービス、SOC/CSIRT構築運用支援サービス、OTセキュリティ構築運用支援サービスなど全9分野

2019年11月5日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ゲートウェイ・セキュリティ対策型SOCサービス市場2019

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2020年5月19日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 ITR Market View:ゲートウェイ・セキュリティ対策型SOCサービス市場2019本レポートには、ファイアウォール/UTM運用監視サービス、DDoS攻撃対策運用監視サービス、WAF(Web Application Firewall)運用監視サービス、CASB運用監視サービスなど全9分野を対象に、国内27ベンダーへ

2019年10月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Incident Response report 2018

Incident Response report 2018

2019年8月23日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/press-release/2019/pr-20190822-01.html

DevOpsに関する実態調査 2019

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) ~DevOpsの課題は部門間コミュニケーションとセキュリティの関与~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷

2019年8月6日SAS Institute★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍に

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍にAssociation of Certified Fraud ExaminersがSASとのパートナーシップにより実施した調査で、アドバンスド・アナリティクスと生体認証が不正対策プログラムの中心になることが明らかに アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とAssociation of Certified Fraud Examiners(ACFE)が実施した多

2019年7月22日LINE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットの利用環境 定点調査

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2019年上期)2019.07.18ALL 「スマホのみ利用」の増加傾向続く、全体で初の5割超え、10代は8割超が「スマホのみ利用」LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、インターネットの利用環境に関する調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2016

2019年7月17日ガートナーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、「日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年」を発表「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2019」(8月5~7日、ANA インターコンチネ

2019年6月13日キャップジェミニフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

業界は5G革命に期待するが障壁はいまだ存在する

業界は5G革命に期待するが障壁はいまだ存在する ほぼすべてのインダストリアル企業が5G実用開始後2年以内に実装を計画、その多くがプライベートライセンスへの投資に前向き【2019年6月6日:パリ発】インダストリアル企業は、5G接続をデジタルトランスフォーメーションの最も重要なイネーブラとして受け止め、2年以内にこの技術を実装する計画を立てています。キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートの最新調査レポートによると、この実装計画がプライベート(企業独自の)ライセンスへの関心を刺激し、大規模イン

2019年4月のGlobal Threat Indexを発表 

2019年05月23日 15:302019年4月のGlobal Threat Indexを発表 バンキング・マルウェアの「Trickbots」が久々のランクイン 多目的のバンキング型トロイの木馬Trickbotが2年ぶりにマルウェア・ファミリー上位10種に登場米カルフォルニア州サンカルロス - 2019年5月14日--ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technolo

2019年5月28日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答 Press + Media Contact<本件に関するお客様からの問い合わせ先>Cylance Japan株式会社担当:三浦電話:03-6386-0061prjapan@cylance.com BlackBerry CylanceとSANS Researchの共同調査が示す予測型セキュリティの未来 本発表は、BlackBerry Cylance米国本社のプレスリリース抄訳版です。原文はこちらからご覧頂けます。カナダ・オンタリオ

インターネットサービス提供事業者に対する 「認証方法」 に関するアンケート調査結果 (速報)

~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~ インターネットサービス提供事業者に対する「認証方法」に関するアンケート調査結果(速報)を公開 (2019/05/16)2019年05月16日 インターネットサービス提供事業者に対する 「認証方法」 に関するアンケート調査結果 (速報)フィッシング対策協議会 (東京都中央区、会長:岡村久道) の認証方法調査・推進ワーキンググループ (主

2019年5月10日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:プライバシーに関するグローバル意識調査-1>半数以上がオンライン上での完全なプライバシー確保が不可能と回答

<Kaspersky Labレポート:プライバシーに関するグローバル意識調査-1>半数以上がオンライン上での完全なプライバシー確保が不可能と回答

2019年4月23日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティソリューションに対する世界の支出額は2019年には1,031億ドルに到達する

04 Apr 2019セキュリティソリューションに対する世界の支出額は2019年には1,031億ドルに到達する Japan, 2019年4月4日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界全体のセキュリティソリューション市場の支出額予測を発表しました。最新のI DC Worldwide Semiannual Security Spending Guide では、セキ

2019年2月22日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年10月から12月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。このレポートは、サ

2019年2月5日Mobilus Corporationフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

お客さま窓口の利用実態調査

モビルスの配信するプレスリリースです。新製品や新サービス、会社に関する重要な情報をお伝えします。 【お客さま窓口の利用実態調査】3人に1人がチャットでの問い合わせを経験、うち約9割は利便性を実感し、継続利用を希望。従来窓口への不満は「待たされる」「通話料がかかる」「返信が遅い」~日常生活のチャット浸透が進み、20代では電話・メールを抜いて最も馴染みのある手段に~ Communication Tech CompanyとしてAI技術を活用したコミュニケーションプロダクトを開発するモビルス株式会社(

2019年2月1日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年度セキュリティ意識調査-2

<カスペルスキーレポート:2018年度セキュリティ意識調査-2>無料Wi-Fi利用経験者のうち、6割がVPNを「知らない」と回答 ~無料Wi-Fiのリスクを把握する一方で、その対策となる通信保護への認知は低い~ 情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡健)は、日本国内の18歳から79歳のセキュリティ製品利用者(カスペルスキー製品、他社製品含む)の男女624人を対象に「2018年度 セキュリティ意識に関するインターネット調査」※1

2019年1月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2018年のサイバー脅威

<Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2018年のサイバー脅威>新たなバックドア型マルウェアが40%以上増加 2018年に検知した新たな悪意あるファイルのうち、バックドアと判明したマルウェアは昨年と比較して44%増、ランサムウェアは43%増加しました。また、ユーザーのコンピューターの30%が、この1年間で少なくとも一度はWebベースの攻撃に遭遇していました。これはマルウェア、特にバックドアとランサムウェアが依然としてコンピューターユーザーにとって重大なリス

2019年1月18日KASPERSKY lab★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年サイバー脅威の予測

2019年サイバー脅威の予測

2018年10月マルウェアレポート

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2018.11.30 2018年10月 マルウェアレポートショートレポート「2018年10月マルウェア検出状況」トピック10月の概況画像へのデータ隠蔽技術を悪用するマルウェアがばらまき型メールで拡散重要インフラを狙うサイバースパイグループ「GreyEnergy」 1. 10月の概況2018年10月(10月1日~10月31日)にESET製品が国内で検出したマ

2019年1月11日CrowdStrikeJapanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CrowdStrikeサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018

2018年のセキュリティ侵害の傾向を明らかにした「CrowdStrikeサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018」、企業の検知能力の低さを警告 攻撃者グループの攻撃手法やテクニックのインサイト、インシデントレスポンスの状況分析およびベストプラクティスをも併せて提供 米国時間2018年12月11日にCrowdStrike, Inc.が発表したプレスリリースの抄訳ですカリフォルニア州サニーベール - 2018年12月11日 - クラウドベースの次世代エンドポイント保護の業界リーダーであるCrowd

2018年11月観測レポート

2018年11月観測レポートサマリー当月もDDoS攻撃やマルウェアを利用した攻撃など、様々な攻撃活動を観測しています。まずDDoS攻撃の件数は前月から大きく変動が見られませんでしたが、最大秒間パケット数で276万pps、最大通信量は23.26Gbpsと、先月と比較して2倍程度の規模となる攻撃が発生していました。DDoSを除くインターネットからの攻撃においては、Netis及びNetcore社製ルータの脆弱性を狙った攻撃やSQLインジェクション攻撃を、前月に引き続き多く観測しています。それに加えて、

2018年12月27日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なマルウェア2018

ウェブルート「最も危険なマルウェア2018」を発表 ~今年大きな被害をもたらしている攻撃性のある不正コードやマルウェアとは ~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業団体・一般ユーザーのいずれにも有害となるマルウェアや攻撃性のある不正コードを紹介する最新版レポート 「最も危険なマルウェア2018」を発表いたします。脅威は常に進化しており、サイバーセキュリティ関連の教育

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測本年も、脅威インテリジェンスチームUnit 42の調査結果やパロアルトネットワークスのセキュリティソリューションをもとに、国内外のサイバー脅威について振り返りつつ、2019年にはどのようなサイバー脅威に対して注意を払うべきか解説します。2018年のサイバー脅威の振り返り日々進化する攻撃者と脅威をよりよく理解し適切に対応するため、パロアルトネットワークスは様々なデータの収集・分析を行なっています。クラウド脅威解析サービスWildFire®と脅威イ

2018年12月26日So-netフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットに関する意識調査

【So-net(ソネット) インターネットに関する意識調査を実施】11月21日(水)はインターネット記念日 20代は、「家族」より「お金」より「インターネット」!? ~20代の半数以上が、インターネットがないと友達も減り、恋人にも出会えなかった~ インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」(運営:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)は、11月21日(水)のインターネット記念日に合わせ、全国の20代~60代2,350名を対象に「インターネットに関する意識調査」を実施しま

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

セキュリティ ドリブン ネットワーキングネットワークの保護と高速化、ユーザーエクスペリエンス向上を実現セキュリティファブリックフォーティネット セキュリティ ファブリックは、Broad(幅広い)、Integrated(統合化)、Automated(自動化)という統一されたアプローチを提供します。 製品 ネットワークセキュリティ セキュアアクセス ネットワークの保護と高速化、ユーザーエクスペリエンス向上を実現セキュリティファブリックフォーティネット セキュリティ ファブリックは、

2018年12月20日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年度情報セキュリティに対する意識調査

「2018年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2018年12月11日独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 様々なサービスがオンライン化され、スマートフォン(以下、スマホ)の世帯保有率も75.1%(*1)となるなど、多くの人がインターネットを生活の一部として利用しています。一方、インターネットサービス利用者の金銭や情報の詐取を狙い、その手口も巧妙化の一途をたどっています。その結果、利用者が思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれるケースも少なく

2018 年「インターネットの現状/セキュリティ:Credential Stuffing Attacks(リスト型攻撃)」レポート

アカマイ、リスト型攻撃レポートを発表金融サービス業界が絶え間なく自動アカウント乗っ取りツールの攻撃にさらされている現状を報告 最新の「インターネットの現状/セキュリティ」レポートで、不正なログイン試行件数が世界中で増加していることが明らかに。先の5月から6月の2カ月で 83 億件以上の不正ログイン試行を検出 Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM、以下「アカマイ」)の 2018 年「インターネットの現状/セキュリティ:Credential Stuffing A

2018年12月17日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米の各世代のサイバーセキュリティ意識調査

日米の各世代のサイバーセキュリティ意識調査

2018年12月17日CompTIAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバーセキュリティの動向調査

CompTIA、2018年サイバーセキュリティの動向調査を実... CompTIA、2018年サイバーセキュリティの動向調査を実施アメリカ企業における最新のセキュリティトレンドを発表 ~最新トレンドは社内外での効果的な セキュリティチームの構築すること~ワールドワイドで100ヵ国以上の国と地域で取得されている認定資格を提供するCompTIAは2018年サイバーセキュリティの動向調査を実施し、アメリカ企業における最新のセキュリティトレンドを発表いたしました。(米国は9月発表)全文は、こちらか

2018年12月13日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年度セキュリティ意識調査-1

<カスペルスキーレポート:2018年度セキュリティ意識調査-1>親を持つ回答者の48%が親のインターネット利用に不安 株式会社カスペルスキーが実施したインターネット調査の結果、親を持つ回答者の47.6%が「親のインターネット利用」に不安を感じていることが明らかになりました。この傾向は若い世代の方が強く、30代では74.4%、10代から30代の女性では約80%が不安を感じています。特に30代の人の多くが抱える不安として、親が不正請求、不正送金などの犯罪に巻き込まれることが挙げられました。 情報

2018年12月10日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート中間アップデート

2018年はランサムウェアよりクリプトマイニングが第1位の脅威に「ウェブルート脅威レポート中間アップデート」で判明 ~「ウェブルートがとらえたフィッシング活動は60%以上増加 」など~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、この度、進化するサイバー空間の状況を分析した「ウェブルート脅威レポート中間アップデート」を発表いたしました。2018年上半期の傾向は、より高度化され標

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ