Incident Response report 2018

インシデントレスポンスの50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼Kasperskyのセキュリティ専門チームが、2018年に依頼を受け対処したインシデントレスポンスについて分析した結果、対応依頼の約56%が、依頼のあった組織がサイバー攻撃を受け、不正送金、ランサムウェアによる暗号化やサービス提供が不能な状態など、明らかな被害を受けた後に行われていました。一方、依頼の44%は初期段階の攻撃検知後に対処され、深刻な被害を受ける前に顧客を守ることができました。[本リリースは、2019年8月30日にKas

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ